外国人和食料理人No.1決定戦 2016年3月19日放送回

放送日 2016年3月19日(土) 14:20~16:00
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
14:20~

オープニング映像。世界各国で日本食のお店は8万件以上を数える。外国人和食料理人5人が極上の和食を披露し対決する。

外国人和食料理人No.1決定戦 (バラエティ/情報)
14:21~

出演者らが挨拶をした。榊原郁恵さんは外国に行って食べた和食はちょっと間違えてる感があったと話した。審査員となる野永喜三夫さん、中村孝明さん、神田川俊郎さんの紹介。今回の和食のテーマは「春の食材」である。

中国・北京「北京泰富ホテル」にある和食料理店「道」は全員が中国人料理人。和食歴25年で料理長を務めるグー・ジェンジェさんは、調理師専門学校の授業で食材を生で食べる文化を知り和食に対する好奇心が湧いたという。独創的な演出が得意とするグーさんは、春食材として山口・下関産のさわらを使用。

中国ではサゴシが一般的だが、今回グー・ジェンジェさんはさわらを使用。野永喜三夫さん曰く塩の当て方で旨味が違ってくると解説。卵・たけのこ・そら豆などを炒め、さわらで包み、お酒と塩で味付けし蒸す。北京ダックに油を掛け、パリパリに揚がった皮を切る。皮にクリームチーズ・酢飯や具材を乗せ巻き寿司にする。「さわらと春野菜の蒸し物」と「北京ダック巻き寿司」の完成。

審査員が味・見た目・手際などを総合的に判定し、各自100点、合計300店で評価する。グー・ジェンジェさんの「さわらと春野菜の蒸し物」と「北京ダック巻き寿司」の実食。神田川俊郎さんは最高に美味しいと絶賛し、野永喜三夫さんは春らしさを感じると語った。

キーワード
さわら
北京市(中国)
下関市(山口)
天安門広場
紫禁城
北京泰富ホテル
さわらと春野菜の蒸し物
北京ダック巻き寿司
たけのこ
そら豆
サゴシ
北京ダック
精選寿司
天ぷら盛り合わせ

外国人和食料理人No.1決定戦 (バラエティ/情報)
14:37~

「さわらと春野菜の蒸し物」と「北京ダック巻き寿司」を披露したグー・ジェンジェさんの評価は、合計282点という結果になった。

北海道「木ニセコ」にある「杏ダイニング」で働く外国人和食料理人のアシュリー・ヒュウイスさんは、総料理長の前田伸一さん曰く、センスも才能も抜群とのこと。中でも揚げ物が得意で、衣を広げるために油の中に指を入れる技を披露。以前は出身地のオーストラリアでフレンチレストランのシェフをしていたが、前田さんが作る和食の美しさに惚れ込み和食の道へと進んだ。和食は無駄を出さないことから、食材に対する真摯な姿勢にも感動したという。札幌市中央卸売市場 場外市場「根室かに市場」で購入した、1165gを誇る厚岸産の毛ガニで勝負。

アシュリー・ヒュウイスさんは毛ガニを使った調理に挑む。毛ガニをキノコを鍋で炊き、殻は炙って驚きの食材に変身させるという。

キーワード
さわらと春野菜の蒸し物
北京ダック巻き寿司
炙り握り
銀聖サーモンの田楽
冬の膳
毛ガニ
厚岸郡(北海道)

外国人和食料理人No.1決定戦 (バラエティ/情報)
14:48~

アシュリー・ヒュウイスさんは毛ガニの殻と身を火で炙った。針生姜をかつらむきにして千切りにした。毛ガニの天ぷらを揚げた。さらに毛ガニの炊き込みご飯も完成。ミルミキサーで炙って焼いたカニの殻を粉状にした。蒸したカニの身を炊き込みご飯にちらして完成。アシュリー・ヒュウイスさんは毛ガニの天ぷら、毛ガニの炊き込みご飯、毛ガニと春野菜の酢の物を完成させた。

審査員がアシュリー・ヒュウイスさんのカニづくしを実食した。神田川俊郎は天ぷらのカニ塩がいい、勉強になったとコメント。中村孝明は炊き込みご飯がうますぎるとコメント。炊き込みご飯に出汁をかけお茶漬けでもいただいた。

キーワード
毛ガニ
針生姜

外国人和食料理人No.1決定戦 (バラエティ/情報)
14:58~

カニづくしの料理を披露したアシュリー・ヒュウイスさんの評価は、合計288点という結果になった。

タイでは日本食がブームとなっていて、そのお店の数は2000以上。中でもバンコクにある「菜の花」は18年前にオープンした老舗で、「鯛めし会席」などの本格的な日本食をタイ人が作っている。そんなこの店の料理長、ジャラン・ディプアクさんが参戦する。和食ワールドチャレンジで優勝経験もある。

ジャラン・ディプアクさんが日本食を調理。新鮮なイイダコはさばき、霜降りの下処理。車えび、うるいやこごみといった山菜なども下処理し、桜の塩漬けを混ぜたもち米に盛り付ける。もち米に混ぜることで具材の調和性が生まれるのがこだわり。

ジャラン・ディプアクさんが調理した「春のおこわ蒸し」を、審査員が実食し審査した。

キーワード
タイ
菜の花
鯛めし会席
バンコク(タイ)
和食ワールドチャレンジ
うるい
こごみ
たけのこ
イイダコ
車えび
はまぐり
春のおこわ蒸し

外国人和食料理人No.1決定戦 (バラエティ/情報)
15:16~

ジャラン・ディプアクさんの評価は、合計282点という結果になった。

赤坂「炭火割烹 しろさか」で働くマックス・バーバーさんが続いての挑戦者。来日から2年、和食歴1年というが急成長しているイギリス人和食料理人。母親が日本人で、幼少から日本の味に触れ自然と和食料理人を目指すようになったという。今回のために、北九州市合馬のたけのこを調達した。

マックス・バーバーさんが日本食を調理。

キーワード
赤坂(東京)
炭火割烹 白坂
合馬(福岡)
合馬観光たけのこ園
たけのこ
  1. 3月19日 放送