羽鳥慎一モーニングショー 2018年11月9日放送回

放送日 2018年11月9日(金) 8:00~ 9:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

ニュース (ニュース)
08:00~

オープニング映像とキャスターの挨拶。

オープニングテーマ:「Morning Show」/葉加瀬太郎

ルクセンブルクでネズミがネコに応戦し撃退。

ルクセンブルクでネズミがネコに応戦し撃退した映像が流れた。

CNNの記者がホワイトハウスの出入り禁止に。記者は長年ホワイトハウスの取材を担当していた。

キーワード
Morning Show
葉加瀬太郎
ネコ
ネズミ
ルクセンブルク
ジム・アコスタ記者
トランプ大統領
CNN
トムとジェリー
ホワイトハウス
ジム・アコスタ記者のツイッター

ニュース (ニュース)
08:05~

CNNの記者がホワイトハウスを出禁に。トランプ大統領に批判的な記者として衝突を繰り返していた。大統領当選後の記者会見や、中間選挙後の記者会見でもヒートアップ。記者はロシア疑惑について追及。トランプ大統領は「フェイクニュースを流すなら国民の敵だ」と発言。ホワイトハウスは出入り禁止の理由は女性スタッフへの態度としている。CNNはこれを民主主義への脅威とし、受け入れられないとしている。

ホワイトハウスはCNN記者を出入り禁止にした理由について、マイクを取り上げようとした女性研修生を手で制したことを挙げている。ニューヨーク・タイムズは、数千万のアメリカ人がニュースを委ねている報道機関を締め出すべきではないと批判。ホワイトハウス記者会も、記者証を記者を罰する道具として使う政権の決定に抗議するとしている。ニューヨーク・ポストは、ナスシシズムだった、FOXは恥ずべきものだったと記者を批判した。

週刊文春が日本テレビのバラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」の世界の祭り企画、5月20日の「ラオス橋祭り」のでっち上げ、”やらせ疑惑”を報じた。2007年から放送開始の海外ロケバラエティー。番組では、宮川大輔さんがラオス・ビエンチャンで年に一度の橋祭りとして紹介。記事ではラオスでは橋祭りなんて聞いたこと無いというコメントを紹介している。日テレは現地のコーディネート会社からの提案を受けての企画だったと全面否定。

「橋祭り」についてトーク。セットの設置について。関わったタイ人は、日本の番組に頼まれてセットを作ったと証言。準優勝者は1位は1万7000円だったと証言。日本テレビは現地の提案を受けて成立した企画で、番組企画ではないと主張。番組から賞金を渡した事実もないとした。駐日ラオス大使館は、「橋祭り」は聞いたことがなく、ラオスではあまり自転車に乗らないという。現地コーディネート会社は、東南アジアのテレビ局で取り上げられるほど人気で、村単位で開催されているなどの情報を出し、企画が決定した。日本テレビは開催実績を確認しないまま作業を進めたため、「橋祭り」が毎年行われているような誤解を招く表現となったとし、反省すべき点との見解を示した。

吉永みち子は「大統領にあそこまでやりとりできる人はなかなかいない。今後どのような展開になるか。」などとコメント。長嶋一茂は「トランプのマスコミへの姿勢。嫌いな人は入れたくない。ジャーナリズムは民主主義成立の一部分。この大統領だったらヤバイと思ったほうがいい。」などとコメント。玉川徹は「記者は質問をしているだけ。トランプ大統領は記者に対して侮辱と思われる言葉を言っている。記者はよく怒らないでやっている。気に入らないから侮辱するというのは国のトップとしてどうなのか。」などとコメント。

ラオスを緊急取材!疑惑1、祭りは存在するのか。現地の人によると、当日はコーヒーフェスティバルが行われ、「橋祭り」は横でやっているイベントと思っていたという。が、コーヒーフェスティバル側は無関係だと主張した。また、駐日ラオス大使館も、橋祭りは存在しないという。疑惑2、参加者は賞金で集められた子どもたち?記事は参加したのは地元サッカークラブの子どもたちで、賞金が渡されたというが、日本テレビ側は賞金は渡していないという。タイのコーディネート会社は、1位から3位に賞金を渡したという。日本テレビ側も毎年恒例の祭りかのような誤解を招く表現だったと言う点については謝罪している。

「橋祭り」の現地コーディネート会社社長がインタビューに解答。企画は社長が提案し、祭りがラオスにもあり、年に一度と言ったのは私達の間違いとした。ビエンチャンでの開催は、コーヒーフェスティバルがありメコン川も紹介できるため、自分たちの祭りに来てくれるのではと考えたという。参加者は事前に公募し、参加したのは20人のサッカーチームとのこと。今回のセットは社長が受け持って製作し、大きなボールなどは祭りにはもともとないもの。設営費は現地会社の方で撮影経費で処理しているという。謝礼の有無、金額などを決めたのは現地会社。ビエンチャンで開催されているのは日本テレビには言っていないかもしれないという。

影山教授は「やらせと演出の区別は難しいが、0を1にしてはいけない。好ましい番組作りではなかった」などとコメント。

吉永みち子は「伝統の祭りと紹介してしまったのはラオスの人にも失礼。」などとコメント。長嶋一茂は「曖昧な部分を演出するような雰囲気が現場にあったかもしれない。毎週のように数字をとらないといけないプレッシャーがある。何年もやっていた祭りとは思えないが、これを良いと思う視聴者も悪いと思う視聴者もいる。」などとコメント。玉川徹は「リアルタイムで見ていた。SASUKEみたいだと思った。セットにはとんでもない額がかかっている。人が乗れるくらい頑丈に作っている。コーディネーターが勝手にやった費用ではない。プロデューサーの決裁がなければ無理。」などとコメント。

キーワード
ジム・アコスタ記者
トランプ大統領
CNN
週刊文春
世界の果てまでイッテQ!
イッテQ!
ホワイトハウス
フェイクニュース
移民
ロシア疑惑
ニューヨーク(アメリカ)
ワシントン(アメリカ)
サンダース報道官
サンダース報道官ツイッター
ニューヨーク・タイムズ
ホワイトハウス記者会
ニューヨーク・ポスト
FOX
民主主義
宮川大輔
記者クラブ
橋祭り
週刊文春デジタル
バンコク(タイ)
ビエンチャン(ラオス)
駐日ラオス大使館
コーヒーフェスティバル
日本テレビ
文春
メコン川
港区(東京)
SASUKE
宮川くん

羽鳥パネル (ニュース)
08:41~

紛争地域の米軍人になりすまし、SNSでラブコールを送り、お金を詐取する国際ロマンス詐欺。日本の40~60代女性が続々被害にあっている。

国際ロマンス詐欺とは、米軍人を名乗る人物からSNSを通じて一度も会うことなく相手に恋愛感情を抱かせ、様々なストーリーで多額の金を詐取する詐欺。英語のメッセージには日本語訳がつくこともあるという。仙台市の60代女性のケースでは、5月に友達申請され、7月に戦争が激しくなってきたから軍をやめたい、司令官に頼んでくれないかと相談が来る。司令官に相談すると、男を日本に送るために民間機100万円が必要と言われ振り込んでしまう。メールアドレスはUSアーミードットコムだが、実際は誰でもとれるフリーアドレスだという。

国際ロマンス詐欺について。Aさんはアメリカ人男性からSNSで友達申請があった。米軍大尉で、クウェートで平和維持活動中で、妻と死別していると話していた。Aさんは英語の勉強になると思って申請を承認した。毎日バラの写真と「アイラブユー」などの言葉が送られてきたという。知り合って1週間で結婚話が持ち上がり、子供と思われる人物から連絡がくる事も。2~3日連絡が来ず、攻撃を受けたと連絡が来て、Aさんは恋愛感情を持つように。軍人を名乗る男は、金塊をもらったとして写真を送り、金塊を預かってほしいと連絡。Aさんのところに海外の宅配業者から誰にもわからないように、送料50万円など、その他保釈金などを振込んだ。1000万円を元夫に金を無心すると娘に注意され被害が発覚。吉永みち子は「毎日愛してるとか言われ慣れてないから、いいなと思うかもしれない。」などとコメント。

玉川さんがどんな属性の人が被害に遭っているのかと聞くと、新川さんは「アンケートによると、心に隙間がある人、寂しい人」などと答えた。

キーワード
国際ロマンス詐欺
熊本市(熊本)
LINE
仙台市(宮城)
ハニートラップ
クウェート
オランダ
バラ

羽鳥パネル (ニュース)
08:59~

長嶋さんは「マニュアルがあり、完全に組織化されている。」とコメント。では、なぜ信じてしまうのか。だましのテクニックを3つ紹介。1つ目は精巧な偽パスポートや軍の偽IDカード。米軍関係が多いという。2つ目は、現金や金塊のフリー素材の写真が送られてくる。新川さんは「最初はトラブルから始まり、助けてあげないとという心からお金を送るケースが多いという。」と話す。3つ目は同情を誘う。母親が入院したが、船上で銀行にアクセスできないので代わりに振り込んで欲しいなどと話されるという。写真は実際の軍人の写真が盗まれたものもあるという。

急増 国際ロマンス詐欺 犯行グループの写真入手

玉川さんがどんな属性の人が被害に遭っているのかと聞くと、新川さんは「アンケートによると、心に隙間がある人、寂しい人」などと答えた。

キーワード
国際ロマンス詐欺

羽鳥パネル (ニュース)
09:16~

国際ロマンス詐欺は40~60代女性を中心に、被害人数は1年間で348人。被害額は30万~1500万円。総額で1億2千万円の被害にあった人も(国際ロマンス詐欺撲滅協会調べ)。軍の結婚証明書で結婚していると思わされ、小出しに少しづつ取られ、自己破産に追い込まれる人も。ガーナの詐欺グループはパソコンを使って詐欺を行なっている。ITに精通している人が現地で会社のような組織を設立している。

キーワード
国際ロマンス詐欺
国際ロマンス詐欺撲滅協会
自己破産
IT

ショーアップ (ニュース)
09:23~

完結目前に”不死の病” 知られざる親子の絆

キーワード
走れ!T校バスケット部

ショーアップ (ニュース)
09:28~

広範囲で荒れた天気に 都心も傘の出番 日差し(少)でヒンヤリ

キーワード
走れ!T校バスケット部

天気予報 (ニュース)
09:38~

最新イージス艦 なぜ事故が起きた?

番組宣伝 (その他)
09:48~

「あなたには渡さない」の番組宣伝。

エンディング (その他)
09:51~

エンディングの挨拶。

「じゅん散歩」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 11月9日 放送
  3. 次回の放送