羽鳥慎一モーニングショー 2017年10月19日放送回

放送日 2017年10月19日(木) 8:00~ 9:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

ニュース (ニュース)
08:00~

おとといの中国・広東省にて、動き出したの車の上に鉄柱らしきものが突然倒れた。車はぺしゃんことなり、屋根部分が外れ落ちた。フロントライトもショックで故障したのか点滅を続けている。九死に一生を得た運転していた男性は「何が起きたのかわからなかった。頭が真っ白だった。」など述べた。地元メディアによると、男性は足首を骨折したものの命に別状はない。

キーワード
広東省(中国)

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像から出演者挨拶。

BGM:「Morning Show」/葉加瀬太郎

キーワード
Morning Show
葉加瀬太郎

ニュース (ニュース)
08:01~

おとといの中国広東省にて、走行中の車に巨大鉄柱が倒れるも、運転していた男性が無事だった事故について羽鳥慎一は「骨折はしてますけれども、骨折で済んでよかった。隣で工事してて、クレーン車のアームなんです」など述べた。

ことし6月に東名高速道路で夫婦が死亡した事故で、福岡・中間市の容疑者と同じ苗字の無関係な男性が容疑者の父だとネット上に拡散されて嫌がらせの電話を受けている。嫌がらせ電話が殺到しているのは福岡・北九州市にある石橋建設工業。きっかけは容疑者の名字と福岡という共通点からすぐさまネット掲示板に容疑者の勤務先として書き込まれたのが全く関係ない石橋建設工業だった。社長の被害男性は容疑者の父という誤った情報が書き込まれた。直後から始まった誹謗中傷の嵐。容疑者逮捕の翌日にはネットの書き込みだけでなく、電話が会社に直接来るように。容疑者の逮捕翌日の嫌がらせ電話は1日100件。3日目で会社を休業へ。さらに被害男性は「13日の日は子どもに学校を休ませました。上の中学校の子は女の子なんですけど、怖がって泣いていましたね」など話す。

仙台市急患センターは深夜帯の勤務時間が午後10時45分~翌日午前7時30分。労働基準法上は最低1時間の休憩が必要。休憩タイミングはこれまで看護師らの判断に委ねられていたが、試験的に午前3~4時を休憩時間とし、診療中止に。ただ、一部看護師は市民が救急医療を受ける機会が減るとのことで独自に受け入れを継続。玉川徹は「なんで雇えないとなると、救急って人がやりたがらない。大変だから。深夜であれだけのプレッシャーでやるわけだから、それに見合う報酬が必要も医療報酬って点数で決まっているから認められないと思う。だからそこを変えるしかない。」など述べた。

キーワード
広東省(中国)
北九州市(福岡)
東名高速
仙台市急患センター
労働基準法
石橋建設工業
過失運転致死傷
デマ

ニュース (ニュース)
08:10~

東名高速道路の事故で逮捕された容疑者の父と間違われた石橋建設工業社長の男性は誤った情報でたいへん迷惑を被っている。そういった状況を広く知ってほしいとのことでこの取材に応じた。大きな原因は嘘情報がまとめサイトに掲載されたこと。まとめサイトはネット情報を個人がまとめたもので誰でも投稿可能。運営者・責任者の情報なし。嘘情報が他サイトや大手掲示板に引用され拡散されていった。その後、最初に記事を掲載したまとめサイトが間違いに気づき、その記事を削除してもすでに拡散されてしまった後なので、石橋建設工業に抗議の電話や誹謗中傷の書き込みが相次いだ。こういった事を受け、石橋建設工業も警察に相談したが、社長の男性は「警察に相談したら『被疑者を特定できないと被害届は出せない。特定できたら被害届を出せる』と言われた」など話す。弁護士は「相手を特定するのに非常に時間と費用がかかるので特定できないことが多い。立件は非常に難しい」など話す。

現在の東京・渋谷の様子を伝えた。東京都心では今朝、最低気温9.9℃を観測。10月中旬までに10℃を下回ったのは31年ぶりのこと。台風21号がこのまま列島上陸となれば過去3番目に遅い記録となる。観測史上最も遅い台風だった1990年11月の台風28号は和歌山県に上陸し、死者4人負傷者12人を出し、西日本から北日本の広い範囲で大雨と防風による大きな被害となった。2004年の台風23号では川が氾濫し観光バスが水没するなど、秋雨前線の影響も伴い記録的な大雨となった。2013年の台風26号では伊豆大島に大規模な土砂災害が発生した。現在も急速に発達しながら北上を続けている台風21号。今後さらに勢力を拡大する恐れもある。

気象予報士の河波貴大さんが解説。今朝、大型の台風になった台風21号は現在沖縄の南の海上を北寄りに進んでいる。21日には非常に強い勢力に発達し22日には沖縄に接近、週明けには日本列島に接近上陸する可能性が高い。今年列島に接近上陸する台風としては最強クラスとなる恐れがある。22日は台風からの湿った空気で前線の活動が活発になり、西日本、東日本の太平洋側を中心に大雨となる恐れがあり、週明けには台風本体の影響で大荒れの天気となる予想。

日曜日の衆議院総選挙まであと3日。全国で候補者の応援に奔走する自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長は宮里藍や安室奈美恵現役引退などご当地ネタで切り込み、自民党が前回の衆院選で小選挙区では全敗した沖縄に乗り込んだ。モーニングショーの直撃に「沖縄はいいものいっぱいある。それを生かしてもっと県民生活をよくできて、沖縄の魅力を国づくりの大きな柱につなげていく」など述べた。希望の党・小池百合子代表は得意の百合子節で安倍政権を批判。「みんな何か訳がわからないうちに解散して、訳がわからないうちにあと3日で選挙だと投票日だという話で、なんだかキツネにつままれたようなそんな選挙ではないでしょうか」など述べていた。公明党の山口那津男代表の「なっちゃんです」は恒例の挨拶に。さらに鉄人28号ゆかりの地である神戸市長田区では鉄人28号の歌の替歌を披露。かつての民主党政権と現在の実行政権を比較して実績をアピール。

衆院選も終盤に入り、各党の戦略・演説の内容にも変化が出ている。朝日新聞によると、比例投票先を政党名を挙げて聞いたところ、自民党は34%と堅調。立憲民主党は13%で希望の党の11%を上回る。以下、公明党7%、共産党5%、維新4%。また、安倍晋三総理に今後も総理を「続けてほしい」は34%。「そうは思わない」は51%で半数に。年齢別・比例投票先を見ると、18~29歳では41%が自民党と答え、希望13%、立憲6%を上回る。60代では、自民27%、希望10%、立憲20%と立憲の支持が比較的高く。白川昌見は立憲が野党第一党となる可能性について「野党第一党が希望になるのか立憲になるところが注目されている。立候補数で言うと希望が200人超。立憲は78人ですから本来なら数的には希望というところなんですが、立憲に勢いが出ているということで立憲がひょっとしたら野党第一党へ伺うかもしれない見方が出ている」など述べた。18~29歳の自民への比例投票率は41%。細川隆三「就職率がいまいいんですよね。そういった所で若者の支持が高いといったところを肌で感じる」など述べた。安倍総理に総理を続けてほしいかで「そうは思わない」が51%だったことについて細川は「内閣支持率を見てもこれまでの安倍総理のやってきた選挙は支持率の方が多い。不支持率が逆転する中で自民党が優位な戦いをしていることに不思議な感じがする」など述べた。

高木美保は「面白そうなの書いていっぱい見てもらえればいっぱいお金が儲かるとかね、そういう単純な理由でやると逆にそれに対して賠償をしないといけない責任を自分も負う可能性もある。そういうことも考えて、確認できないことは勝手に広めないっていう感覚を自分の中に養わないといけないなっていうことを感じる」など述べた。

共産党・小池晃氏はおとといの札幌市の演説で「国会でいろいろ追及しても記憶がないと言う。記録があるでしょと言うと捨てましたという。私たちが見つけてくると怪文書だという。それが本物だと分かると内容が正確でないという。ああ言えばこう言うがひどすぎる」など述べた。立憲民主党・枝野幸男氏はきのうの新潟市の演説で「なかなか声が出なくなってしまっております」と喉が悲鳴をあげる。合唱部で鍛えた声も枯れる熱弁で「草の根からの本当の民主主義は暮らしの足元にしっかりと光を当てた。本当の経済再生を地域再生を日本の再生を進めていきたい」など述べた。日本維新の会・松井一郎氏はきのうの大阪市の演説で消費増税について「安易に増税を許してそれをするんじゃなくて、まずは一度役所の中の税金の使い方を見直してからね、どうしても足りないときに増税する」など述べた。抜群の知名度を武器に駆けずり回る社民党・福島瑞穂氏は15日の都内の演説で「民主主義は数さえあれば何でもできる。何でも強行できる。そんなものではありません」など述べた。日本のこころ・中野正志氏は孤軍奮闘。きのうの東京・中央区の演説で北朝鮮問題について「この日本の危機、そして北朝鮮の軍事的な脅威・暴走、これを克服する力。決して今の野党の皆さまにおゆだねするわけにはいかない」など述べていた。

スタジオ解説。選挙戦終盤、自民党は49選挙区を重点区に指定し、安倍総理は21日に都議選の大敗の1つの要因となった秋葉原で演説を検討している。細川隆三は「やらないならやらないで逃げたと言われる。安倍さんは変わったところを見せればいい」などとコメント。

スタジオ解説。公明党は、北海道10区、神奈川6区を重点地区に指定。公示日以降、HPに日程が載った街頭演説の回数(選挙区のみ)は、9候補のうち、北海道10区は14回、神奈川6区7回行い、10日の公示直後、山口代表の第一声は、北海道10区で行なった。

スタジオ解説。希望の党・小池代表は、公務と応援の二足のわらじを両立している。全候補者に「気持ちが折れては勝ち抜けません。諦めず、めげずに粘り強く頑張ってください」と激励メールを送っている。白川昌見は、経験がない新しい人中心に毎日送っているという別のメールを紹介し、「逆に危機感の表れ」と解説。

民進党・前原代表は「苦しい戦いをしている仲間がいる。『間違っていなかった』というつもりはない。しかし私はこの道を進んでいきたい」とし、白川昌見は、「今は批判されるかも知れないが、このまま押し通していくことを前原さんとしては言っている。ただ周りがなかなかついていくのかどうなのかというところではある」と解説。

立憲民主党の枝野幸男代表は全国を回っていて、与党に対抗するために「戦略的投票」と言う言葉を使っていたが、これは好きな人と普通の人と嫌いな人がいるが、好きな人が勝てなさそうな時は普通の人に投票することで、選びたくない候補を当選させないということを表している。これによって野党議員を勝たせて自民党・公明党与党の議席を減らす事ができるという。しかし、支持している人は入れないが、誰も支持していない人に勝たせたくない人に投票させないと言うかたちで野党を統一させる狙いがあるが、一方で論理的には希望の党が勝ちそうな選挙区な希望の党に入れてくださいと言っているようにも取れる。そのためにこれは無党派層を狙った発言であるとスタジオでは見ていた。

スタジオ解説。日本維新の会は、地元大阪で苦戦といわれるなか、幹部を集中させ、応援している。松井代表は、党首討論などで選挙戦前半は関東にいたが、後半は地元で全力応援し、「消費税」「教育無償化」「議員が身を切る改革」などお金の話をメインにしている。

共産党は比例での勝利を目指すために大都市を巡っている。小池晃書記局長は「選挙区では野党統一候補を勝たせ、あと1週間で比例では共産と言う流れを浸透させる」と述べていて、志位和夫委員長も共産党が一番がいいかと聞かれると「比例が主な答えなんです」と述べた。

社民党の吉田忠智党首さんは九州・大分県などでの比例の確保を目指していて「立憲・共産・社民3党の連携を強化して戦う」と話した。日本のこころの中野正志代表は地元宮城県のある東北での比例での議席確保を目指していて「選挙区では自民党候補、比例では日本のこころを書いてください」と述べた。

希望の党では戦略を次々と変更しているのだという。

キーワード
東名高速
台風21号
台風28号
台風23号
台風26号
小泉進次郎筆頭副幹事長
小池百合子氏
山口那津男氏
小池晃氏
枝野幸男氏
松井一郎氏
福島瑞穂
中野正志
自民党
希望の党
公明党
共産党
立憲民主党
日本維新の会
社民党
日本のこころ
安倍晋三首相
デマ
石橋建設工業
誹謗中傷
渋谷(東京)
港区(東京)
銀座(東京)
和歌山県
舞鶴市(京都)
伊豆大島
WELQ
まとめサイト
選挙戦
宮里藍さん
安室奈美恵さん
引退
安倍政権
鉄人28号
那覇市(沖縄)
足利市(栃木)
横浜市(神奈川)
長田区(兵庫)
安倍晋三さん
安倍総理
秋葉原(東京)
消費税
都議選
民主主義
札幌市(北海道)
新潟市(新潟)
大阪市(大阪)
東京都
中央区(東京)
衆院選
朝日新聞
山口代表
小池百合子代表
9条
衆議院
参議院
内閣支持率
前原代表
民進党
憲法
改憲
枝野幸男代表
松井代表
無党派層
小池晃書記局長
志位和夫委員長
吉田忠智党首
立憲
共産
大分県
中野正志代表
宮城県
自民

ニュース (ニュース)
08:52~

衆議院選挙まであと3日、希望の党候補者がこのタイミングで戦略を変更し、波紋が広がっている。党の公約と異なる主張をする候補者も出始めた。さらに希望の党という名前を出さずに戦う戦略の候補も。白川昌見は「特に民進党から希望の党へ移った人たちを中心に、今まで自分を応援してくれていた支援者から『何か信念を変えたんじゃないか』『今まで言ってきたことと違うんじゃないか』と言われ、説明に窮している方がいる。もちろん希望の党の名前を前面に出して闘っている方もいる」など述べた。香川1区は自民・平井卓也氏と希望・小川淳也氏の一騎打ち。小川氏は「希望の党に入り、複雑な思いもある。民進分裂したが元は同じ仲間なので選挙後再合流もある」などときのう街頭演説で語っていた。小川氏は自身のホームページで憲法9条の改悪について明確に反対。希望の党・政策協定書には「憲法改正を支持し、憲法改正議論を幅広く進めること」など記載。希望の党公約は「憲法9条をふくめ憲法改正議論をすすめます」など記載。選挙区の有権者からは「どういうふうに整合性とるのか」「希望から出る事自体違和感がある」「矛盾感じるけど小川さんならうまくやるんじゃない」などの声も。玉川徹は「かばうわけではないですけど改悪に反対って言っているんですよね。変えることに反対とは言っていないんですよ」など、細川隆三は「希望の党も議論はOK。小川さんも議論することはOKだと」など述べた。

自民党・平井卓也氏はこれまでと違い「1対1の選挙戦は初めてなので、自分の足場を固めるので大変」など、小川氏が希望の党に入るにあたり「小川氏は政治信条に関わる部分なら思い切って踏み絵にサインしたならその責任を感じるべき」など述べていた。希望の党・小川淳也氏はホームページ上で「憲法9条改悪については明確に反対」の文言から「9条1項2項を変えることには反対。新たに3項を加えて自衛隊のあり方を議論するのは賛成。希望の党の憲法改正議論の範囲内で造反ではない」などとコメントを変更。玉川徹は「変えるという政党と議論するという政党がある。議論するですってことなのね」など述べた。

キーワード
小川淳也氏
平井卓也氏
希望の党
自民党
憲法9条
衆議院選挙
民進党
参議院選挙
共産党
小川氏のホームページ
憲法改正
自衛隊
小池さん
集団的自衛権
小川氏

ショーアップ (バラエティ/情報)
09:02~

写真を投稿したのは、静岡県の大井川鉄道。SLが有名で、他の私鉄で引退した車両を数多く購入し、再び走らせているため、路線は“動く鉄道博物館”とも呼ばれている。今週日曜日も西武鉄道からやってきた西武E37形電気機関車がデビュー初日を迎え、多くの鉄道ファンが駆けつけた。しかし道路を占有していることを正当化するような張り紙が。設置時刻は10月14日17時と書かれ、イベントは15日のため、前日から場所取りしていたということに。文章の中には 「無断移動・無断撤去で入った場合、順番無視・順番厳守違反として最悪の場合、ポアされることがある」と過激な表現で書かれていた。

きょうは、一部の撮り鉄が迷惑行為、有名撮影スポットであきれた場所取りを特集。

キーワード
大井川鉄道
撮り鉄
大井川鉄道ツイッター
大井川鉄道のツイッター

そもそも総研 (バラエティ/情報)
09:12~

投開票まであと3日となっているが、重要な争点となっているのが憲法9条は第1項と第2項があり、第1項では「戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」とあり、第2項では「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない」とある。これを戦後から守ってきたが、これを変えるのか否かを各党にインタビューした。

エンディング (その他)
09:51~

エンディングの挨拶。

  1. 前回の放送
  2. 10月19日 放送
  3. 次回の放送