関ジャム 完全燃SHOW 何でこんなに気持ちイイ?コーラス&ゴスペルの世界

『関ジャム 完全燃SHOW』(かんジャム かんぜんねんショウ)は、テレビ朝日系列で2015年5月10日より放送されている音楽バラエティ番組で、関ジャニ∞の冠番組。関ジャニ∞が毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月22日(日) 22:57~ 0:05
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
22:57~

今夜は、コーラス&ゴスペルの世界。

オープニング (その他)
22:59~

オープニング映像。

検証 コーラス&ゴスペルのキモチ良さ!!プロが歌いまくってバラすハモリの極意 (バラエティ/情報)
22:59~

今夜は拡大スペシャル、コーラス&ゴスペル。ゴスペルは海外のイメージだが、最近は日本でも注目されている。そもそもゴスペルとは何か、ルーツや魅力が明らかに。さらに素人の秋山がプロの歌に参加する。気持ちいい歌の秘密を伝授するのは、今井マサキ、高尾直樹など総勢16名。

ゲストを紹介。Goose houseが平原綾香「Jupiter」を歌った。ゴスペルシンガーたちが「Oh Happy Day」を歌った。川田裕美は「あの気持ちいい音の重なりってどうなっているのかすごく気になる」と感想を述べた。

Goose houseの歌った「Jupiter」が、なぜ気持ちよく聞こえるかを分析。そこには4つの秘密があった。「Jupiter」を分解すると4つのパート分けがあり、メロディー、上ハモリ、下ハモリ、ステイに分かれる。一定の音程のステイが他のパートの音とぶつかりアクセントになるという。

気持ちよく聞こえるハモリの秘密を解説。基本はメロディーの上下3度・5度、3つの和音だという。3度と2度のハモリを聴き比べ、秋山は「全然3度の方が気持ちいい」とコメント。秋山は自作の「従兄弟」という歌を歌い、Goose houseのメンバーが3度上ハモリで合わせた。

キーワード
Little Glee Monster
Love To The World
松任谷由実
吉田拓郎
矢沢永吉
春だったね
鈴木雅之
安室奈美恵
め組のひと
RATS&STAR
平原綾香
Jupiter
Goose house
Oh Happy Day
千の風になって

検証 コーラス&ゴスペルのキモチ良さ!!プロが歌いまくってバラすハモリの極意 (バラエティ/情報)
23:14~

どんな曲でもプロが歌えば気持ちいいコーラス、ゴスペルになるかをジャンル違いの歌をアレンジして検証。課題曲はエグスプロージョン「本能寺の変」でロック調の曲調&シンプルなサビで披露。リズミカルなコーラスや後ろでリズムを生むコーラス、下ハモリやボイスパーカッションなどをしていた。

プロのコーラステクニック「和音の積みを瞬時に理解」について実演解説。和音の積みとは和音を展開するということで「どんなときも。」のコーラスを和音で展開してみせた。

続いてのプロのコーラステクニックは「ビブラートは千差万別」。高尾直樹はビブラートには音程の上下だけでなく声量による奥行きのあるビブラートを使い分けていると説明。

どんな曲でもプロが歌えば気持ちいいコーラス、ゴスペルになるかをジャンル違いの歌をアレンジして検証。続いての課題曲の薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」をゴスペルチームが披露。

今夜のジャムセッションはAIの「ハピネス」。関ジャニ∞メンバーは豪華なメンバーで気持ち良かったと話した。

このあとは、豪華すぎるコーラスに注目!!

ゴスペルは教会音楽を指し、聖書の神の言葉を歌にして届ける。楽譜がなく、誰かが感じたことを歌い、他の歌い手がそれに応えて歌い出す。ゴスペルにおけるコール&レスポンスをスタジオで実演して見せた。素人の秋山竜次が参加することになったが、「さっきから説明がなさすぎ」と吐露。とりあえずゴスペルのよくあるリズムに合わせて挑戦した。教会では神父によって行われることもあるという。

「Oh Happy Day」などゴスペルの曲の歌詞にはメッセージ性があり、起源は奴隷制の時代だった17世紀のアメリカに遡る。奴隷として迫害された人々は歌うことで神を祈り、ゴスペルは困苦の中でも生きる希望を見出す大衆音楽となった。あくまで教会音楽で、老若男女問わずに歌い、互いに力づけ合うことを志向する。他にもゴスペルはビートがある独自のリズムが特徴的で、「アメイジング・グレイス」を同じ三拍子の賛美歌、ゴスペル調を出演者が聴き比べ。後者だと拍子が違って聞こえたり、声に強弱が加わる。

秋山が「千の風になって」を歌い、Goose houseが3度・5度上ハモリで合わせた。秋山は「すごい気持ちいい」と感想を述べた。続いて、歌詞以外の言葉のコーラス「ウーアー」について解説。ウーとアーの使い分けがポイントで、サビ前にアーを入れると盛り上がるという。今井マサキは、バックコーラスはアーティストの背中や肩を見て音量やタイミングを合わせると話した。

歌詞の言葉以外のコーラスは、ウーアーの他にシュビドュワ、ダバダバなどがある。シュビドュワは言葉の輪郭がハッキリしているので、リズムを出したいときに使うという。高尾直樹らが「め組のひと」のコーラスを実演し、リズムを生むコーラスのキレについて解説した。秋山、安田がシュビドュワに挑戦。秋山は叱られ、安田は絶賛された。

キーワード
エグスプロージョン
本能寺の変
どんなときも。
薫と友樹、たまにムック。
マル・マル・モリ・モリ!
AI
ハピネス
ゴスペル
Oh Happy Day
アメイジング・グレイス
千の風になって
オトノナルホウヘ→
ハッピークリスマス
Jupiter
松任谷由実
吉田拓郎
矢沢永吉
落陽
鈴木雅之
RATS&STAR
め組のひと

スタジオライブ (演技/演奏)
23:55~

今井マサキ×高尾直樹×Goose house×松谷麗王×関ジャニ∞がAIの「ハピネス」をセッション。

このあとは、今夜、色々あった秋山が一言!!

キーワード
AI
ハピネス
秋山

番組宣伝 (その他)
00:01~

MUSIC STATIONの番組宣伝。

エンディング (その他)
00:01~

コーラス&ゴスペルについて学んだロバート秋山は「ステイ」が気になったと話した。

「関ジャム 完全燃SHOW」の次回予告。

番組宣伝 (その他)
00:02~

「やべっちFC」の番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月22日 放送
  3. 次回の放送