関ジャム 完全燃SHOW 売れっ子音楽Pが選ぶ2017年ベストソング10

『関ジャム 完全燃SHOW』(かんジャム かんぜんねんショウ)は、テレビ朝日系列で2015年5月10日より放送されている音楽バラエティ番組で、関ジャニ∞の冠番組。関ジャニ∞が毎回様々なアーティストをゲストに迎え、一夜限りのジャムセッションやトークを繰り広げる番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月21日(日) 23:25~ 0:20
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
23:25~

業界の売れっ子音楽P 独自の目線で選ぶ2017年名曲ベスト10。

オープニング (その他)
23:27~

オープニング映像。

業界の売れっ子音楽P 独自の目線で選ぶ2017年 名曲ベスト10 (バラエティ/情報)
23:27~

第5位は、奇妙礼太郎「君はセクシー」です。まるでストーリーテラー。空気を変える不思議な歌声が注目。

第4位は、吉澤嘉代子「残ってる」。イントロは、あの名曲へのオマージュ?映画のワンシーンのような歌です。

スタジオトーク。吉澤嘉代子の「残ってる」について蔦谷好位置は「イントロ聴いた時、帰れない二人だなと思った。歌詞を聴くと似せてる理由がわかったと話した。実際にイントロを聴き比べてみると似ていた。またあいみょんの「愛を伝えたいだとか」はグローヴァー・ワシントン・ジュニアのヒット曲「Just The Two Of Us」のコード進行を使っており、このほかにも「丸の内サディスティック」もそうだと解説した。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第3位はSHISHAMOの「魔法のように」。「鏡の中の私はきっと誰よりもかわいい」で終わるのではなく、「そう思えますように」で終わるところも素敵だと解説した。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第2位はTWICEの「TT」。本来は声に出して読むはずのない「TT」という泣き顔の絵文字を声に出したらこんなにもキャッチーに聞こえるのだという衝撃と解説した。

蔦谷好位置が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第3位は平井堅の「ノンフィクション」。アコギだけでいきたいという平井のアイデアもあったようで前半部分の緊張感がものすごく良いと解説した。

蔦谷好位置が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第2位はOfficial髭男dismの「Tell Me Baby」。「車を路肩に停めて聴いた曲。ラジオから流れてきたイントロを聴いた時ブルーノ・マーズの新曲かと思った」と解説した。

スタジオトーク。いしわたり淳治は「TT」について「ずっとあの顔文字はみんな知っていたのに何で誰もやらなかったんだろう」と話した。Official髭男dismの「Tell Me Baby」については蔦谷好位置は「関ジャニのライブをみに行く途中で聴いた」と話した。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第1位は菅田将暉の「呼吸」。演じるという意識が入ったキザな雰囲気、ざらざらした声の質感、凛とした立ち姿、どれもが今の日本の音楽には新鮮に映りますと解説した。

業界の売れっ子音楽Pのいしわたり淳治と蔦谷好位置が独自の目線で選ぶ2017年名曲ベスト10を紹介。

蔦谷好位置が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第1位は米津玄師の「灰色と青」。蔦谷は「米津玄師はぶっちぎりの1位。日本で1番自由を手に入れて成功しているアーティストだと思う」と話した。サビ前Bメロのラストの緩和、サビ頭の緊張が良く、さらにサビではテンションを多様しており「なかなかできない」と解説した。

オープニングトーク。いしわたり淳治、蔦谷好位置を紹介し、2016年に選んでいた曲を紹介。高橋茂雄は「この番組で知ったチャットモンチーのmajority bluesを聴いている」と話した。

いしわたり淳治が選んだ第10位は高橋優の「ルポルタージュ」。「彼はやさしい歌と激しい歌がまったく並列で同居している。この曲は激しいサイドの曲で綺麗な心で汚い言葉を書いている感じがします」と解説した。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第9位はあいみょんの「君はロックを聴かない」。「ロックを聴く人とロックを聴かない人は明らかに違う人種だという実感のある世代が書いた歌詞という感じがして新鮮に聴こえた」と解説した。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第8位はDoughnuts Holeの「おとなの掟」。「好きだの嫌いだのと白黒つけない、グレーな感情を書き上げてしまう技術はさすがの一言です」と解説した。

第10位は、美メロなのにバカバカしい歌詞2017年一番笑った曲として、SEVENTEEN AGAiN「絶対君じゃ嫌なんだ」。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第7位はDAOKO×岡村靖幸の「ステップアップLOVE」。「近年のJ-POPの歌詞は歌詞の内容を問われる時代が長く続いていたような気がします。しかし昨今はHIPHOPの勢いが増していて言葉遊びや韻の面白さがスポットライトを浴び始めている気がします」と解説した。

第9位は、JP THE WAY「Cho Wavy De Gomenne」だった。都市型&若者中心ではあるが、2017年かなり話題になった曲。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第6位は吉澤嘉代子の「残ってる」。「朝帰りのあの感じを直接的、感情的に書くのではなく、まだあなたが残ってると表現するセンスに彼女の美学を感じます」と解説した。

第8位は、MAHBIE「Space Brothers」。見た目を裏切る作曲センスで、去年最も驚いたトラックメイカーとした。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第5位はDADARAY「少しでいいから殴らせて」。ゲスの極み乙女。のベーシスト・休日課長を中心に結成されたバンドで川谷絵音が作詞作曲をしている。「川谷絵音という人は意識的にキャッチーを作るのが本当に上手い」と解説。

第7位は、あいみょん「愛を伝えたいだとか」。魅力は歌詞だけじゃない。メロディーメイカーとしての才能に注目。

いしわたり淳治が選ぶ2017年のマイベスト10曲、第4位は欅坂46の「避雷針」。シングル「風に吹かれても」のカップリング曲。「サビで3回ネガティブと連呼した直後にポジティブに切り返してからのそばで立っててやるよ悪意からの避雷針という畳み掛け方は作詞技術として見事」と解説した。

第6位は、AmPm「Best Part of us」。日本人アーティスト逆輸入時代到来。海外進出の新しい答え。

スタジオトーク。欅坂46の「避雷針」の歌詞について前半はネガティブな内容になっておりサビの最後だけ一気にポジティブになって帰結している。いしわたり淳治は「ネガティブな歌詞がサビまで食い込んできてるのは欅坂らしさ」と話した。

キーワード
奇妙礼太郎
君はセクシー
吉澤嘉代子
井上陽水
残ってる
帰れない二人
あいみょん
グローヴァー・ワシントン・ジュニア
Michael Kaneko
オースティン・マホーン
ヒロイズム
愛を伝えたいだとか
丸の内サディスティック
AmPm
Just The Two Of Us
SHISHAMO
魔法のように
TWICE
TT
平井堅
ノンフィクション
Official髭男dism
Tell Me Baby
菅田将暉
呼吸
米津玄師
灰色と青
いしわたり淳治
布袋寅泰
中島美嘉
蔦谷好位置
Amplifire
恋をする
尾崎裕哉
サムデイ・スマイル
ゆず
カナリア
SING
チャットモンチー
majority blues
ルポルタージュ
高橋優
君はロックを聴かない
Doughnuts Hole
おとなの掟
ステップアップLOVE
SEVENTEEN AGAiN
DAOKO×岡村靖幸
絶対君じゃ嫌なんだ
JP THE WAVY
Cho Wavy De Gomenne
DADARAY
少しでいいから殴らせて
MAHBIE
田我流
川谷絵音
Space Brothers
休日課長
欅坂46
避雷針
椎名林檎
風に吹かれても
Best Part of us
石成正人
藤原聡
ブルーノ・マーズ

スタジオライブ (演技/演奏)
00:10~

関ジャニ∞が「NOROSHI」を披露。

このあとは、実演検証… 作曲とは何か?

キーワード
NOROSHI

エンディング (その他)
00:16~

「関ジャム 完全燃SHOW」の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月21日 放送
  3. 次回の放送