ごはんジャパン 本物を探す旅へ〜岩手県野田村 荒波で揉まれて育つ極上ホタテ〜

『ごはんジャパン』は、2015年4月25日からテレビ朝日系列にて放送されている料理トーク番組である。AJINOMOTOの一社提供。放送時間は毎週土曜18:30 - 18:56(JST)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年1月30日(土) 18:30~18:56
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
18:30~

オープニング映像。岩手・野田湾の荒海ホタテをフレンチの技でうま味を引き出す。

キーワード
荒海ホタテ

ホタテ 岩手・野田村 (バラエティ/情報)
18:31~

今回は「レストラン タテルヨシノ」の吉野建さん、フレンチの匠が注目したのは岩手県の荒海ホタテだという。おいしさの秘密を探るため三陸鉄道北リアス線に乗車し北上、陸中野田駅に到着した。

岩手・野田村の野田漁港。震災で漁業に壊滅的な打撃を受けた野田村でホタテ漁に活路を見出したのがホタテ漁の匠・安藤正樹さんたちのグループ“荒海団”だという。漁に同行させてただくことに。荒海の中、港から10分で養殖場に到着。荒海にもまれ育った荒海ホタテは貝殻いっぱいに身が詰まっている。

荒海団は300万枚以上のホタテを養殖。野田湾で育てた稚貝のみを使用し、1年で7センチほどに成長するという。また全てのホタテにエサが行き届くようカゴの中の枚数を調整する。2年経つと11センチ~13センチに成長、3年ものは約15センチにもなるという。

荒海ホタテのおいしさの秘密は「逆転の発想」。普通ホタテの養殖は波が穏やかな湾で行うため、海流の影響を受けやすい野田湾は不向きだと思われていた。そこで荒海団は水質がキレイに保たれ、プランクトンが豊富な外海での養殖に目をつけたという。港に戻ると手作業で貝殻についた付着物を掃除。出荷するホタテだけでなく、養殖中も定期的に汚れを落とすという。

野田村では昭和43年頃からホタテ漁をやっているが、震災後に辞めた人もいるという。震災で野田村の漁業はほぼ全滅し、残った1隻の船を共同で使い漁を続けた。ホタテ漁復活の兆しが見え始め2014年夏に荒海団が結成された。出荷までは地下からくみ上げた海水で保管する。

お昼ご飯に荒海ホタテのバーベキュー、荒海汁、荒海ホタテの素蒸しなどを頂いた。吉野はフランス料理のやり方で荒海団の人たちをもてなしたいと話した。

「道の駅 のだ」内の「レストランぱあぷる」に移動、安藤さんと団長の外舘さんを招いて吉野が腕を奮う。「荒海ホタテのポワレ シードルのエミュルション」が完成し、「間違いなくおいしい」と安藤さんがコメントした。

極上ホタテのポワレ!グランシェフの技を教えます!

キーワード
荒海ホタテ
三陸鉄道北リアス線
チリメンキャベツ、フォアグラ、黒トリュフのテリーヌ
蒸しアワビのパイ包み焼き
野田村(岩手)
野田漁港
荒海団
野田湾
荒海汁
荒海ホタテの素蒸し
荒海ホタテのポワレ シードルのエミュルション

ホタテ 岩手・野田村 (バラエティ/情報)
18:51~

「荒海ホタテのポワレ シードルのエミュルション」は表面はこんがり、中は半生だが決して冷たくない。ホタテにオリーブオイルを塗りコーティングして焼くと、表面だけが焼きあがるという。りんごのソースの酸味はホタテの甘味を引き立てる。安藤さんは「調理の仕方によって荒海ホタテも別のものに生まれ変わって、荒海ホタテの未来は無限の可能性を秘めてる」と話した。

絶品!海の幸と山の幸の出会い!

キーワード
荒海ホタテのポワレ シードルのエミュルション
野田村(岩手)
荒海ホタテ

エンディング (バラエティ/情報)
18:54~

レストラン「タテルヨシノ銀座」で吉野シェフが生み出したのは「帆立貝のポワレ 黒トリュフ風味 キャラメル風味のアンディーブ添え」。試食した草野は「優しい甘み」とコメント。草野作の荒海ホタテの一句を紹介した。

ごはんジャパンの次回予告。

キーワード
帆立貝のポワレ 黒トリュフ風味 キャラメル風味のアンディーブ添え
  1. 前回の放送
  2. 1月30日 放送
  3. 次回の放送