日本のチカラ 2016年10月2日放送回

『日本のチカラ』(にっぽんのチカラ)とは、民間放送教育協会(民教協)制作のドキュメンタリー番組である。テレビ朝日では2015年4月19日から放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年10月2日(日) 5:50~ 6:20
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
05:50~

今回は「越中八尾のカラフル和紙」の特集。伝統と厳しさを受け継いできたのは職人の女性たちだ。

キーワード
越中八尾(富山)

越中八尾のカラフル和紙~おわらの街に生きる人々~ (バラエティ/情報)
05:52~

このあと「桂樹舎では東京オリンピックを視野に入れた新たなプロジェクト」。

富山・越中八尾の「おわら風の盆」は全国に知られる伝統の祭りで、人口2万人の街に3日間で22万人もの人が集まる。軒先にはおわら人形が飾られており、八尾和紙が使用されている。

「サッカーW杯 アジア最終予選」の番組宣伝テロップ。

桂樹舎を立ち上げたのは南子さんの祖父である吉田圭介さん。柳宗悦の本に感銘を受けた圭介さんは柳の自宅をを訪問。圭介さんは和紙の道に進むことを決意し、柳を生涯の師として仰ぐ。人間国宝・芹沢けい介とも交流。桂樹舎の看板商品である型染カレンダーは芹沢けい介がデザインしたもの。2人の師に出会った圭介さんは和紙の可能性に改めて気づき、その魅力をもっと広めようと決意する。

八尾和紙はおわら人形はもちろん、ペンケースやクッション、苗字封筒など約100種類の小物に加工されている。和紙のおみやげは観光客に定評がある。八尾和紙は前田正甫公が越中富山の薬売りの預袋などから発展した。売薬版画や掛場帳までさまざまなものが作られていた。しかし、明治以降衰退し、多いときには10件以上あった和紙製造業者も今では1件しか残っていない。

吉田泰樹さんは99歳で亡くなるまで現役で仕事をした圭介さんから「自分の納得いくまでのしごとをしなさい。怠けるところに新しい発想は出てこない。一生懸命やろうとするところに発想が出て来る」などと伝えられていた。

キーワード
桂樹舎
東京オリンピック
越中八尾(富山)
おわら風の盆
おわら人形
南子さん
吉田圭介さん
八尾和紙
前田正甫公
和紙
型染
柳宗悦
芹沢けい介
  1. 前回の放送
  2. 10月2日 放送
  3. 次回の放送