週刊ニュースリーダー 2018年2月24日放送回

『週刊ニュースリーダー』(しゅうかんニュースリーダー)は、テレビ朝日で2015年(平成27年)4月4日より毎週土曜日の6:00 - 8:00(JST)に生放送されている朝の情報番組・報道番組である。テレビ朝日系列の一部でも放送されている。番組名は城島(TOKIOのリーダー)とメインコーナーのひとつ「週刊リーダー列伝」から取られている(サイトURLのスペルはleader)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月24日(土) 6:00~ 8:00
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
06:02~

オープニング映像。

今週のニュース! 気になる人物 トップ10 (ニュース)
06:02~

今週のニュース! 気になる人物 トップ10。10位は「OARメドベージェワ選手(18)」。昨日のフィギュアスケート女子の試合では日本の宮原知子、坂本花織と共にロシア国籍のメドベージェワとアリーナ・ザギトワも出場したのだがこのロシアの2人は異次元頂上対決となった。江陵アイスアリーナで行われたフリーの試合だがまずSPで4位だった宮原選手は「蝶々夫人」の曲で行い222.38と自己ベストでこの段階トップとなった。その後SP1位の15歳のザギトワ選手が「ドン・キホーテ」の曲で239.57とこちらも自己ベストでトップとなり、最後にSPではザギトワの82.92に次ぐ81.61だったメドベージェワ選手が「アンナ・カレーニナ」の曲でのパフォーマンスとなった。ミスもなく完璧な演技ではあったが238.26と僅かに届かずこのフリーではザギトワと同じ156.65だったがSPのぶん敗れることになっていた。そして宮原選手も4位、坂本選手も6位と健闘していて、勝利したザギトワ選手はインタビューでまるでおとぎ話しみたいでしたと15歳らしいコメントをしていた。

挨拶の後、日本からは宮原知子、坂本花織が出場したフィギュアスケート女子の試合でロシアのザギトワとメドベージェワが異次元頂上対決をしザギトワ選手が勝利したことをトーク。そして宮原選手が4位で惜しくもメダル獲得とはならなかったことも話した。

9位は「千葉・印西市放火殺人事件 、容疑者ら4人の男女」。先週土曜に印西市で起きた火災がこの16歳~20の4人の男女による犯行の疑いとなっているが次々と証言が出ているといい、知人によると4人は長い間車で生活していたなどと証言していた。4人は家出などで生活や金に困っていたといい、問題のこの55歳の住民女性との接点だが女性宅に居候していい、20歳の女は勤務関係者の紹介で最初女性宅に住みこうして残りの3人はバイト先の知り合いということで3人も居候することになったという。この女性だが知人の証言によると体が不自由なところがあるといい、こうしたことから当初は女性にとっても悪い関係ではなかったとしていた。ではなぜ事件になったかのかだがこの女は知人に話をしたといい、知人は食料や衣類をせしめられたと聞いたことを話していた。

キーワード
ザギトワ選手
E.メドベージェワ選手
宮原知子選手
坂本花織
平昌オリンピック
メドベージェワ選手
殺人
放火
印西市(千葉)
江陵アイスアリーナ
フィギュアスケート
蝶々夫人
ドン・キホーテ
アンナ・カレーニナ

今週のニュース! 気になる人物 トップ10 (ニュース)
06:12~

千葉県印西市で男女4人が放火・殺人の疑いで逮捕された事件。犯行直後、容疑者のひとりである女は複数の知人へ反抗の様子と動機について伝えていた。知人は「彼女らはおばあちゃんって呼んでたんですけど、おばあちゃんぶっ飛ばした、ボコボコにした、そのあと火をつけたと」「容疑者4人で出かけた間に女性にバッグを開けられて、お金と食料、衣類をせしめられたというか、それがきっかけだったと聞いている」など話す。また、複数知人には「ひとりでやった」などと伝えていた容疑者。警察は容疑者ら4人の役割などを詳しく調べる。

自称「六本木のカリスマ」としてテレビなどに出演していた音楽プロデューサーの男性(31)ら3人は去年7月に元共同経営者の男性から1200万円をだまし取ろうとした疑いで先月逮捕された。東京地検は「起訴するための証拠が足りなかった」として男性3人をおとといまでに不起訴処分とした。

キーワード
殺人
放火
印西市(千葉)
東京地検
六本木(東京)
今週のニュース! 気になる人物 トップ10

ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝 (ニュース)
06:14~

1日に約2万3000個販売し、日本一売れると言われる横浜名物の駅弁「シウマイ弁当(崎陽軒)」。きょうの主役はことしで創業110年、崎陽軒3代目社長の野並直文さん(69)。去年は過去最高の年商235億円を記録し絶好調。しかし、社長就任時の1991年は借金100億円を抱えて厳しい状況だった。返済するため下した決断は「横浜を代表する食文化を全国にばらまくようなことはしないでくれ」。全国展開をやめ、横浜に販路をしぼり、ブランド価値を高める戦略。ところが社内では反対され、社長によると「営業の人間にとっては数字が命というところがある」とのこと。売場を減らしてV字回復した老舗改革の舞台裏に迫る。

リーダー城島がやってきたのは崎陽軒の横浜工場。売店兼プチ・ミュージアムショップで工場見学が人気。見られない人もいるので工場見学したつもりになれるという場所という。1950年に列車の乗客向けに販売を開始した崎陽軒のシウマイ。そのシウマイを有名にしたシウマイ娘は身長159cm以上が条件で、なぜなら列車の窓越しに販売するため、背が低いと窓に届かないからだ。1954年になるとシウマイ弁当が発売。 1964年に東海道新幹線が開通すると旅行ブームの波に乗り大ヒット商品に。シューマイといえば上にグリーンピースがのっているイメージがあるが、崎陽軒のシウマイはグリーンピースを混ぜ込んでいる。中に隠れているものもあれば上にのってる様に見えるのも。グリーンピースをのせるようになったのは、子どもたちにどんなシューマイが食べたいか聞いたら「ショートケーキのようなシューマイが食べたい」と答えた。まさかシューマイにイチゴをのせるわけにいかないため、グリーンピースをのせようと始めたのがきっかけ。他にも、給食を作る時にはグリーンピースが目印になってシューマイを数えやすいからなど諸説ある。このショップでは列車の座駅を再現したセットで試食可能。

社長自らが正しいシウマイ弁当の食べ方をレクチャーしてくれる。社長によると、シウマイにからしと丸くかけ、丸の中にお醤油を入れるとこぼれない。崎陽軒のシウマイは豚肉にホタテの貝柱を一緒に混ぜてミンチにすることで冷めても美味しい味わいをキープしている。

去年創業110年の歴史で過去最高の売り上げを記録した崎陽軒。社長の野並さんが社長に就任した時には会社は危機的状況にあった。バブル崩壊の影響でじわじわ業績が落ち始め、全国展開をやめることに社内では反対されていたという。借金100億円から年商235億円へV字回復した社員の反対を振り切って進めた改革とは?

キーワード
シウマイ弁当
崎陽軒
横浜(神奈川)
東海道新幹線
グリーンピース
イチゴ
ショートケーキ
ホタテ
豚肉

ニッポンの仕事人 週刊リーダー列伝 (ニュース)
06:22~

崎陽軒三代目社長の野並直史さんは、元々シウマイを発売する前は特徴のない駅弁やサンドイッチを販売していたという。崎陽軒は1908年、横浜駅の売店から始まった。創業者で祖父の野並茂吉さんが中華街で突き出しとして提供されていたシューマイに目をつけ、列車の窓越しに販売する”シウマイ娘”を使った宣伝が成功。崎陽軒の名は世の中に浸透した。1954年にシウマイ弁当の販売を開始。2代目である父・野並豊さんが社長に就任すると、全国に販売店を設置し事業を拡大した。野並直史さんは1991年42歳の時に社長に就任した。

バブル崩壊後の影響で業績が落ちる一方なのに、大きなレストランビルを計画していて、借金が100億円を超えた時期もあるという。お客さんからの話から、ブランド価値を高めるため全国展開をやめ、横浜周辺の限定販売を決断した。

全国展開をやめ、極端に販路を狭めることに営業部の社員は猛反対だった。最初の3年こそ売り上げが下がったが、横浜ブランドが定着すると人気が回復。社長就任時に比べ売り上げ約2倍のV字回復を成し遂げた。冷めてもおいしいシウマイ弁当の秘密は容器にも隠されていた。

崎陽軒のシウマイ弁当についてスタジオトーク。崎陽軒のシウマイ弁当が美味しい秘密は、容器に蝦夷松を使用していること。蝦夷松は香りと手触りがいいことが特徴でバイオリンにも使われている。社長は餃子が好きだと話していたことについて、その後に自分は冷めたシュウマイが好きと話していたという。

キーワード
崎陽軒
横浜駅
野並茂吉
シウマイ弁当
野並豊

今週のニュース! 気になる人物 トップ10 (ニュース)
06:29~

朝日杯将棋オープン戦で優勝した藤井聡太六段は賞金750万円と史上最年少で六段に昇段した。その中で注目を集めているのは藤井五段グッズ。しかし、藤井五段グッズは販売されていない。現在入手できる五段グッズは朝日杯将棋オープン戦準決勝進出者のサイン色紙。

東名高速下りであおり運転をした男が暴行事件を起こして逃走した。暴行された男性は右ひざを骨折するなどの大けがを負った。警察は殺人未遂事件として行方を追っている。GfK Japanが運転中あおられた経験があるか調査したところ、あおられた経験がある人は9割を超えた。あおり運転がニュースになって以降ドライブレコーダーの販売台数が急増した。警察庁は「あおり運転」の取り締まりを強化するよう全国の警察に通達し、京都府警や静岡県警はヘリコプターによる監視を始めている。

ロシア大統領選挙はプーチン大統領が再選確実と言われる中、クセーニヤ・サプチャク氏が立候補した。テレビ番組の司会者で去年12月プーチン大統領に直接質問した。サプチャク氏の父親はプーチン大統領の恩師で、父親はプーチン大統領をサンクトペテルブルク市の副市長に抜擢した。しかし、サプチャク氏は記者会見でプーチン政権を批判した。

松島輝空くんは大阪国際招待選手権男子シングルスで優勝した。学校終了後母親の実家の卓球会館に向かい、練習前に学校の宿題を行い、その後練習する。練習は1年中で休みはない。平日は5時間、休日は10時間以上練習している。

キーワード
朝日杯将棋オープン戦
藤井聡太六段
羽生善治竜王
日本将棋連盟デジタルショップ
杉本七段
新橋(東京)
東名高速
あおり運転
GfK Japan
ドライブレコーダー
警察庁
京都府警
静岡県警
ロシア大統領選挙
クセーニヤ・サプチャク氏
プーチン大統領
パリス・ヒルトン氏
アナトリー・サプチャク氏
モスクワ(ロシア)
セリゲル湖
張本選手
2018 ITTFチームワールドカップ
松島輝空くん
ロンドン(イギリス)
伏見区(京都)

今週のニュース! 気になる人物 トップ10 (ニュース)
06:44~

韓国が首脳級のもてなし。要注目イバンカ・トランプ大統領補佐官。韓国側は文在寅大統領との会談を設定し、朝鮮半島問題などについて意見を交換した。その後行われた晩餐会では、韓国政府は各国首脳らをもてなす際に使用する「常春斎」でイバンカ氏をもてなした。食事もユダヤ教徒のイバンカ氏に配慮し肉類を避け豆腐料理でもてなした。文大統領は南北間の活発な対話が朝鮮半島の緊張を緩和しているとし、「トランプ大統領が南北の対話を強く支持してくれたおかげだ」と謝意を示した。イバンカ氏は「我々は朝鮮半島の非核化のために最大限の圧力をかける方針を再確認する」などと話した。

第5位:準決勝は日韓戦。注目集まる司令塔対決の行方は?笑顔がトレードマーク藤澤五月選手。きのうカーリング女子が準決勝に臨んだ。相手は1次リーグを8勝1敗で通過した韓国。韓国に唯一黒星をつけたのが日本。プレー中に見せる笑顔で韓国国内で人気が急上昇中の藤澤五月とメガネ先輩ことキム・ウンジョンの司令塔対決に注目が集まっている。日本は第1エンドで韓国に3点を奪われる。第2エンドでは日本も2点を取り返した。第5エンドでは、韓国がダブルテイクアウトを決めるなどで日本は2点を奪われ、6-3と点差を広げられる。第9エンドにはついに7-6と1点差にせまり、第10エンドでは日本が1点をスチールし同点に追いついた。延長戦までねばった日本だが、最後は8-7で韓国に敗れ、決勝進出を逃した。藤澤五月は「いま思い返せばもうちょっとああできた、こうできたって思ってしまうので、やっぱり悔しいです」などとコメントした。きょう日本はイギリスと3位決定戦を行う。

10歳のスーパー小学生、卓球選手の松島輝空くんは張本2世ともよばれる活躍をする選手だった。こうしてスーパー小学生まで育てたのが日本リーグ優勝経験もある父親の卓司さんだといい、練習では「お前強くなる気あるの?」など厳しい指導を行っていた。こうして厳しいことから輝空くんも泣きそうになる場面もあったのだがこの指導には中国のクラブチームに所属する孫雪コーチもいて、こちらも球を打ち続けさせる厳しい指導なのだがこうして食らいついてまで練習するのはある夢があるためだという。輝空くんは五輪で金メダルを取るとしていて、具体的に20歳くらいと話し、実際全日本選手権では4連覇しているということで6連覇した張本選手以来の快挙となっていた。

平昌オリンピック女子団体パシュート韓国チームは今週月曜日に行われた準々決勝オランダ戦に臨んだ。団体パシュートは3人一組となり、互いが交代で先頭を滑り、風よけ・背中を押し助け合う。3人目の走者のタイムで順位が決定するため、チームワークが重要。ところが、韓国チームが残り2周で最後尾を走っていた選手が遅れる。が、前を滑る2人は残り1周の場面でスパート。その結果、韓国は8チーム中7位の成績で8位7位決定戦へ進むことに。置き去りにされたのはチーム最年長のノ・ソニョン選手(28)。レース後、がっくりと肩を落とした。先にゴールしたキム・ボルム選手は「順調だったのに最後尾のソニョン先輩との差が広がって残念な結果が出た」など、パク・チウ選手は「ソニョンさんがこうなるだろうと全く考えていなかったわけではないが、わたしたちで良い記録を出したかった欲があった」など述べた。この2選手の発言に韓国国民は大激怒。韓国大統領府は2選手の国家代表資格剥奪を要求する署名が58万人以上届いた。騒動を受け、置き去りにしたキム・ボルム選手とその監督は涙ながらに謝罪。レース時のことについて「前の4周はみんな順調に滑ってくれていましたのでついやれそうだという欲が出て、1周29秒で走ることだけに気を使っていた気がします」「目標タイムを意識しるぎるあまり遅れた選手がいることに気が付かなか。自分が一番後ろに行く方がいいとソニョン選手がわたしに言った」など説明。

今大会初の準決勝進出を決めたカーリング女子日本代表の躍進を支えたキャプテンの本橋麻里に注目した。今大会、プレー以外でも「そだね~」などの北海道なまりが癒やされるなどと話題になっている。さらに、ハーフタイムでは作戦会議を兼ねて果物やお菓子を食べて栄養補給している光景が、「もぐもぐタイム」と名付けられ注目を集めている。その躍進の影には仲間を支える本橋麻里の存在があった。深夜のリンクでは本橋麻里がストーンの曲がり具合などのデータを収集するため、一人黙々とストーンを投げ込んでいた。本橋はオリンピック2大会出場し、現チームのキャプテンでありながら今大会は控え選手としてチームを支えている。今大会日本代表として出場しているLS北見は北海道北見市常呂町を拠点に本橋が創設し築き上げてきた。本橋は北見市出身のメンバーを集め同じ仲間と長く続けられるチーム作りを目指した。もぐもぐタイムでは選手達にアドバイスをする。その際選手達が食べていたリンゴなどは本橋が用意していたという。きょうカーリング女子日本代表は3位決定戦に臨む。

6位は「裁量労働制データ問題で撤回をしない安倍総理大臣」。政府の働き方改革の根拠として出された裁量労働制データだったが問題があり撤回する事態となっていて、こうしたことに国会では野党から追及される状況となっていた。この裁量労働制だがどれだけ働いても決められた残業代ということで現状記者などが対象なのだが政府は拡大を検討していることから結果的に長時間労働の拡大にもつながるという批判があったという。こうして安倍総理は裁量労働制の方が一般労働より短いとし、この根拠としてデータを出したのだが先週の水曜に撤回し謝罪となっていた。この問題点だがアンケートにあるといい、裁量労働制の方は「1日の労働時間」なのに一般は「1か月で最も長いときの残業時間」とまったく異なる質問で、当然これだと一般のほうが長いに決まっているのだが国会でこの撤回をした理由を追及すると安倍総理は撤回だが「データの撤回」ではなく「精査が必要なデータにもとづいて行った答弁についての撤回」との発言となった。こうしたことから長妻昭政調会長から無責任との批判を受けたがこの翌日このデータに更に異常値がある問題が発覚となった。厚労省によると全国11575の事業所からのアンケートだとしているが117件あるといい、例として1日の残業時間が45時間と謎の数字も記載されている。そして厚労省はこの原本がなくなったとしていたが昨日厚労省を訪れた森ゆうこ議員からロッカーで無くしたという説明事態が嘘などと指摘され職員は改て倉庫を確認し出てきたと説明している。実際段ボール32箱分があったといい、こうした中でも安倍総理は働き方改革法案提出の方針を変えないとしている。

男子フィギュアスケートで、中国人審判員による不正採点疑惑が報じられている。スペインのスポーツ紙によると、中国人審判員の陳偉光氏が中国代表の金博洋に高得点を与えたことが問題視されており、国際スケート連盟が採点を調査する方針だという。不正が疑われているのは男子フィギュアフリーでの採点。ショートプログラムで4位だった金博洋はメダル圏内だった3位の宇野昌磨と0.85点差だった。そんな中、フリーで金博洋につけた陳審判員の点数は演技構成点で各国の審判員が7点台と8点台をつける中、5項目で全て9点台だった。一方宇野昌磨の演技構成点では、他の審判員が5項目全て9点台なのに対し、陳審判員だけが全て8点台だった。フィギュアではそれぞれの項目で一番上と一番下の点数はカットされたものが最終的な点数となるため、陳審判員の点数は反映されなかったが、この採点が時刻の中国人選手に有利な採点をしたのではと疑惑が持ち上がっている。陳審判員がフィギュアスケート研究室主任を務めている学校のHPには金博洋と2ショットで写真に写る陳審判員とみられる写真があった。国際スケート連盟が採点する審判員を抽選で決めるよう変更するなど不正採点が起こりにくい仕組みを作った中で起こった今回の疑惑だが、はたして不正採点はあったのか。

しかし、ソニョン選手は「わたしが後ろを滑るとは言っていない。前日までわたしは真ん中で滑ることになっていた。チームの雰囲気は良くなく、競技についての会話もなかった」など述べた。食い違う両者の意見、そんな中で会見翌日に開催された8位7位決定戦のポーランド戦では同じ3選手でレースに臨む。一体感をアピールしたいのか、前回のレースではあまり見られなかった選手同士が体を押し合うシーンも。そして、隊列を乱すことなく横一線でゴール。3人目が遅れてゴールした時よりも4秒近く襲いタイムでゴール。ゴール後、3選手は韓国メディアの取材に何も答えずに会場を後にした。なぜ韓国チームは分裂状態になったのか?それは置き去りにされた選手が原因との指摘もある。

仲間を置き去りにした平昌オリンピック韓国女子チームパシュートの内紛状態について、去年10月に代表選考大会が行われた際にノ・ソニョン選手はパシュート代表に選ばれるも、先月22日にソニョン選手がパシュート代表から外される。パシュートに出場するためには個人種目の出場権が必要という規定を韓国スケート連盟が直前まで認識せず。ソニョン選手は「スケート連盟は選手を道具と考えている」「特別扱いされている選手がいる。3人で練習が出来なかった」など話す。そうした中で特別扱いされている選手とされたのが仲間を置き去りにしたキム・ボルム選手。ボルム選手はマススタートという五輪新種目の出場候補者として別メニューで練習に取り組んでいた。その後、ロシアから出場予定の選手がドーピングで出場取り消しに。ソニョン選手が個人出場権を獲得しパシュート代表に復帰もチーム内の溝は埋まらず。菊地幸夫は「にしてももう少しうまくできたんじゃないかなと思うんですけどね」など、石原良純は「五輪でああいうレースをやってしまうのはすごい。色々経緯はあるにしても」など述べた。

6位の「裁量労働制データ問題で撤回をしない安倍総理大臣」をスタジオ解説。働き方改革法案の1つとして見直されいる裁量労働制だが企業が労働時間の管理を本人に委ねる制度で残業代込みの賃金支払となる。こうしたことからサービス残業状態にもなるのだがこの制度の対象が限られていて、証券アナリストや新聞記者、弁護士など専門性が高い19の職と企画や調査・分析など経営中枢の業務なども該当するという。だが政府はこれも拡大させる方針で、このメリットは企業は残業代を減らせ、労働者は早く帰れることもできることもあるが実態はむしろ長時間労働で、こうしたことから採用するためにデータを根拠にしたはずなのだがそのデータに問題があり騒動となっているとしていた。

第3位:米朝会談を2時間前にドタキャン。金正恩委員長の妹・金与正氏。金正恩氏の妹は非道な政権の大黒柱。米・ペンス副大統領。南北融和の象徴ともいえるアイスホッケー女子の南北合同チームの最後の試合に、女性応援団は姿を現さなかった。韓国統一省によると、明日の閉会式にも出席するため宿泊先のホテルで公演か応援の練習をしていたという。その日の夕方、オリンピックプラザ内での演奏はキャンセルしたはずだが、急遽姿を現し演奏を始めた。金日成主席の直系親族として初めて韓国を訪問した金与正氏について、韓国メディアは妊娠中と伝えた。韓国連合ニュースは金与正氏は第2子を妊娠中で7か月前後だという。現在28歳だとみられる金与正氏はプライベートはほとんど公表されておらず、夫について「大学教授」「同級生」などと報じられているが事実関係はわかっていない。米・ペンス副大統領と金与正氏の極秘会談が予定されていたというが、当日の2時間前になり北朝鮮がキャンセルした。その理由についてホワイトハウスはペンス副大統領が北朝鮮への圧力や核・ミサイル問題に強い姿勢を示したためと分析している。ペンス副大統領は「金正恩氏の妹は地球で最も歌劇で非道な政権の大黒柱だ」などと批判した。北朝鮮の労働新聞ではアメリカを威嚇する記事が掲載されていた。

第2位:フィギュアからショートトラックに転向!?羽生結弦。オリンピック開幕直前の友の死に涙。小平奈緒。フィギュアスケート男子、金メダルの羽生結弦があす行われるエキシビションの練習を行った。すると、ショートトラックのように競争しはじめた。慣れない競技で羽生は転倒し、他の選手に助けられていた。

2位:「金メダル取ったよ」報告したかった…亡き友に涙。小平奈緒。小平は会見で、五輪開幕直前に亡くなった親友の住吉都選手の話になり、涙を流した。信州大学で同級生だった2人は前回のソチ五輪ではそろって出場を果たすも、共に不本意な結果に終わりリベンジを誓っていた。その後代表選考回に出場した住吉は代表の切符を逃していた。その時小平には「奈緒が金メダルを取ったら私が金メダルを取ったのと同じだと思う」と話してくれたという。小平は本当は本人の前で報告したかったができないのが残念と話した。小平は3月にカナダで行われる国際大会に出場する予定。

1位:五輪新記録で金。女子団体パシュート日本。抜群のチームワークでオランダを逆転し金メダルを獲得したスピードスケート女子団体パシュート。番組はメンバー最年長の菊地彩花に注目した。団体パシュートでは風よけ役となり金メダルに貢献した。その意外な素顔をこのあと詳しく伝える。

キーワード
イバンカ大統領補佐官
金与正氏
平昌オリンピック
仁川国際空港
今週のニュース!気になる人物トップ10
藤澤五月選手
キム・ウンジョン選手
卓球
江陵アイスアリーナ
吉田夕梨花選手
鈴木夕湖選手
吉田知那美選手
今週のニュース! 気になる人物 トップ10
孫雪
卓司さん
ノ・ソニョン選手
キム・ボルム選手
新橋(東京)
パク・チウ選手
本橋麻里
韓国大統領府HP
全日本選手権
韓国大統領府
オリンピック
張本選手
松島輝空くん
ペク・チョルギ監督
LS北見
裁量労働制
働き方改革法案
陳偉光氏
平昌五輪HPから
江陵(韓国)
羽生結弦
ムンド・デポルティーボ
ウニビジョン
金博洋選手
国際スケート連盟
韓国スケート連盟
長妻昭政調会長
安倍総理総理大臣
宇野選手
厚生労働省
ハルビン体育学院HPから
森ゆうこ参議院議員
文在寅大統領
金正恩委員長
ペンス副大統領
クァンドンホッケーセンター
韓国統一省
平昌オリンピックプラザ
金日成主席
ワシントン・ポスト
ワシントン・ポストHP
ホワイトハウス
労働新聞
天安(韓国)
メリーランド州(アメリカ)
平壌(北朝鮮)
小平奈緒
住吉都選手
ソチオリンピック
菊地彩花

今週のニュース! 気になる人物 トップ10 (ニュース)
07:39~

スピードスケート女子パシュートで勝利となった日本だがその前の決勝進出に貢献したのは30歳の菊池彩花選手だった。最年長の菊池選手は170センチの大柄で高木姉妹のために大きい体を活かし「風よけ」を作っていたという。こうして実際に余力を残したことが決勝で影響するのだがこうしたことに菊池選手はインタビューで自分は五輪は最後なので高木姉妹の2人に決勝に行って最高の滑りをしてもらえるよう足を温存してもらいたいという気持ちだったと話していた。そして決勝では近くで応援することになるがこの菊池選手も5人姉妹だった。三女の悠希、五女の純礼はショートトラックで出場していて3姉妹が出場するのは日本の冬季五輪では初になるという。そしておとといのインタビューでは試合後に家族で夕食を食べたことを明かしていて、サムギョプサルでお祝いしてもらったことで号泣したことを話していた。

キーワード
パシュート
菊池彩花
悠希
純礼
サムギョプサル

今週のニュース! 気になる人物 トップ10 (ニュース)
07:45~

平昌オリンピックテーマソング福山雅治「1461日」が流れた。

平昌オリンピックで新種目「マススタート」に高木菜那・佐藤綾乃が出場することをスタジオ解説。この競技だが1周400メートルを16周行い1回戦は2組みで12人が同時にスタートする種目になっている。

キーワード
福山雅治
1461日
平昌オリンピック
マススタート

天気予報 (ニュース)
07:47~

相次ぐ”低気圧”でも違いが・・・

全国と関東地方の気象情報を伝えた。

低気圧が相次いでやってくるが少し違いがあるという。CMのあと、詳しくお伝えすると石原さんは述べた。

天気予報 (ニュース)
07:51~

今週のニュース&注目人物を総まとめ。

山中湖の映像を交え、気象情報を伝えた。

キーワード
山中湖

エンディング (その他)
07:56~

石原良純らによるエンディングトーク。石原は「もうオリンピックも明日まで。まだカーリングもマススタートも気になる」などと話す。日本勢が2人決勝に残ると、連携して滑るかもしれないなどと話した。

テロップ:番組へのご意見・ご感想は番組HPまで

キーワード
スピードスケートW杯
番組へのご意見
  1. 前回の放送
  2. 2月24日 放送
  3. 次回の放送