ビートたけしのスポーツ大将 2時間SP名場面&秘蔵映像!あの時実は○○だった!

『ビートたけしのスポーツ大将』(ビートたけしのスポーツたいしょう)はテレビ朝日制作のスポーツバラエティ番組で、ビートたけしの冠番組でもある。第1期は1985年4月16日から1987年3月24日まで、第2期は1988年2月10日から1990年2月27日まで、それぞれ放送され、第3期は2017年11月12日から2018年9月16日まで放送された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月15日(日) 18:57~20:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
18:57~

今回は名場面あの時実は…SPをお送りする。

キーワード
羽生結弦
松岡修造
大谷翔平
落合
錦織圭

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
18:58~

最初のアスリートはアテネ五輪、北京五輪と2大会連続で2種目(金)メダルを獲得した北島康介。北島と言えば1位でゴールをしたあとの派手なガッツポーズだが、そこには実は…があった。北島が最初の五輪に出場したのは高3の時のシドニー五輪で4位で終わった。その後4年間で自分を追い込み2大会連続2種目で金メダルを獲得。北京五輪では世界新記録を出すのだが、その時のド派手なガッツポーズは実は…のにガッツポーズをしたという。

実はあの時、北島は「何位か分かっていない」のに派手なガッツポーズをしたのだという。それは北島は視力が悪く、ゴーグルもしてたので掲示板がよく見えなかったという。ただ世界新記録を表すWRがうっすら見えたので、「やっちゃえ」と半ば強引にやったのだと明かした。

北島が生まれ育ったのは下町荒川区。5歳で水泳を始め小学5年生で全国大会で初優勝。中学3年生の時は全国中学2冠。当時の映像で、サッカーをしていて足の骨を折った時のものや、初詣に行って恋愛のことばかり気にしている時のものなどが流れた。

北島の水面を叩くパフォーマンスの誕生秘話を紹介。高3の時に出場した日本選手権で、日本新記録で1位になった時に喜びをあらわにするガッツポーズをするが、それが怒られてしまった。そして20歳の時、国内で敵なしだった北島は1位でフィニッシュした後、タッチ板をパンチしたがケガをしてしまった。そこで叱られもせず、ケガもないパフォーマンスが水面パンチだったという。

北島は現役時代、大会の半年前からお酒は飲まなかったという。ただシーズン終わった後の選手同士だけの飲み会は酷いと明かすも、後輩の立石が「康介さんそう言うのやめた方がいいかも」などと注意が入った。

また北島の代名詞はインタビューで飛び出す名言。アテネ五輪の時は「気持ちいい!チョー気持ちいい!」、2年前の引退レースでは決勝に進んだ後のインタビューで「レベルたけー!」翌日、決勝で5位に終わり五輪の選考から漏れた北島は涙で感謝の言葉を言うと、インタビュアーから涙の理由を問われ「泣いてんだもん。ずるいでしょ」とインタビュアーが先に泣いてのだった。そして北京五輪で金メダルを獲得したのは「なんも言えねぇ」だった。この名言には実は…があった!

キーワード
北島康介
北京五輪
アテネ五輪
シドニー五輪
平井
東京スイミングセンター
高橋尚子
荒川区(東京)
林亨

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
19:17~

北島が北京五輪で金メダルを獲得した時に言った「なんも言えねぇ」。実は北島は「山ほど言いたいこと」があった!だった。それは言いたいことあるけど、こうした勝利インタビューは、レースの30秒後くらいにされるので一気に飛んでしまうし、「チョー気持ちいい」があったので、次なに言ってくれんの?みたいなものも感じており何も言えなかったというのが真相だと明かした。

ボクシング元世界王者の具志堅用高さんが、名言の「ちょっちゅね」が誕生した秘話を明かす。具志堅さんは「そうっすね」とは言っていたが、ちょっちゅねとは言ってないと言い出し、実は鶴太郎さんがものまねでやっていてそうなったとのこと。今は「ちょっちゅね」を使っているとのこと。

北島康介の後輩・立石が北島に憧れてマネした事を紹介。北島は笛が鳴る前にスタート台に片足を載せていることが多いとのことで、立石はそれがかっこいいと思い真似し始めたとのこと。

北島と映っている少年は????だった

キーワード
北島康介
北京五輪
アテネ五輪
鶴太郎
具志堅用高

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
19:25~

北島と映っている少年の写真を紹介。その少年とは瀬戸大也で、北島を応援しに来てくれた時に一緒に撮影したものだと明かした。また立石諒も北島のサインをもらっていたと現物を紹介した。北島は現在、東京都水泳協会副会長となり、KOSUKE KITAJIMA CUPを開催するなどしている。

次のゲストはバルセロナ五輪で銀メダルを獲得した有森裕子が登場。実は銀メダルを獲ったレース中????なかったという。有森といえば日本マラソン史上初の五輪2大会連続でのメダルを獲得した有森。そしてレース後のインタビューで語った「初めて自分で自分をほめたいと思います」が流行語大賞に選ばれるなど時の人となった。

有森は中学時代はバスケ部に所属。高校からは陸上部に所属し、リクルートランニングクラブに入部し、小出義雄監督と出会い、監督からも世界一と称された「粘り強い」「諦めない心」を信条に頭角を表し、バルセロナ五輪のきっぷを手に入れ日本女子として初めて銀メダルを獲得した。その時のインタビューで「途中何位を走っているのかわからなくて」という事を言っていた。実は銀メダルを獲ったレース中???なかったのだった。

実は銀メダルを獲ったレース中????なかったという。それは右目しか見えていなかったとのこと。実は現地に入ってコンタクトレンズを落としてしまい、右目しかコンタクトが入ってない状態だった。そのせいか順位がよくわからず2位の選手を抜いた後は自分が1位だと思っていたのだが、進んでいるうちに前のエゴロワ選手がぼんやり見えた。それでも、はっきりはわからなったがついにエゴロワを捉え、抜き去ってしまいその時に足を使ってしまい後半のスパートの争いにはついていけなったと明かした。

もしあの時にコンタクトレンズがあったらペース配分を考えていたかもしれないと話した。たけしも、1位の選手を抜いたと思ったら、まだ目の前にいるというのは精神的ショックが大きいよななどと語った。また当時、有森のコーチだった恋で監督は、実はレース当日、ぎっくり腰で来られなかったという。有森もレース中に居ないのかなと思っていたと明かした。

具志堅用高の名場面を紹介。当時無敵な強さを誇り14度目の防衛戦になるのだが、そこで破れ連続防衛はストップとなる。具志堅はこの試合は負ける試合ではなかったと明かす。その理由は、減量の後は好きなものを食べられるので、アイスクリームを食べていたのだが、それをコーチに取り上げられ、その時に試合は終わったなと思ったという。

平昌五輪で金メダルを獲得し、フィギュアスケート男子シングルでは66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦の名場面を紹介。4歳の時にスケートを始めた羽生は早くから注目を浴びていた。そして19歳で出場したソチ五輪で金メダルを獲得。そして連覇をかけた平昌五輪の直前、練習中に右足を負傷。しかし、本番で見事な演技を見せ66年ぶりの連覇を達成する。実はここには秘密があり、羽生は金メダルへの強い拘りで、????から????を排除したのだった。

ウィンブルドンでベスト8入りを果たした錦織選手の名場面

キーワード
北島康介
瀬戸大也
立石諒
三木二郎
東京都水泳協会
KOSUKE KITAJIMA CUP
有森裕子
バルセロナ五輪
アトランタ五輪
小出義雄監督
エゴロワ選手
具志堅用高
平昌五輪
羽生結弦
仙台市(宮城)
プルシェンコ
東北高校
錦織選手

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
19:52~

平昌五輪で金メダルを獲得し、フィギュアスケート男子シングルでは66年ぶりに五輪連覇を達成した羽生結弦。実は羽生は金メダルへの強い拘りで、????から????を排除したのだった。それはスケート靴の銀色の排除して、黒色にして試合に臨んだのだった。

続いては松岡修造だけが知る錦織の実は…の話を持って登場。その前に松岡修造の名場面を紹介。今は熱いアスリートの応援団として知られる松岡だが、現役時代は世界最高峰のウィンブルドン選手権で日本人62年ぶりとなるベスト8進出を果たすなどしてきた。しかし、実は???だったという。

松岡修造は10歳の時にテニスを始め、中学2年生の時に全国大会で優勝。高2インターハイで3冠を達成。18歳で単身アメリカに渡りプロへ転向。その2年後に世界1位のジョン・マッケンローとの一戦で2度もタイブレークに持ち込み追い詰め、世界2位のステファン・エドバーグには見事に勝利を飾った。その強さの理由は全身で感情を表す熱さ。そしてウィンブルドン大会で、熱さを全面に出し日本人62年ぶりとなるベスト8進出を果たした。しかし、実は???だった。

松岡修造は、実は超ネガティブだったという。国別対抗戦とかになると、相手は全然弱いのにプレッシャーで、負けてしまうこともあったと明かした。

元五輪代表の潮田玲子が学生時代、勝つためにした練習を紹介。中学生の頃まではガッツポーズなどをするなどと指導されてきたが、高校に入ると勢いも大切だからガッツポーズしろとなり、最初はできずに練習をして出来るようになったという。

松岡修造もプロになってからガッツポーズの練習をしたという。また今、子供達を教える場合もチャンスボールを外した時にこそガッツポーズをする時にガッツポーズをするようにしろと指導しているとのこと。

実はビートたけしも漫才の本番前に舞台袖で、「たけしおもしろい」と言いながら小走りをして登場するという。また丸山桂里奈は試合の時に紐パンを履くようにしているなど、それぞれのルーティンやプレッシャーに勝つ方法をトークした。また大林や陣内が、松岡は現役の時から熱く、実は男子禁制だったりする場所にも松岡だけは許可が出ており、応援してもらっていたなどと明かした。

全米オープンで準優勝を果たし、2015年には日本人最高となる世界ランキング4位となった錦織。実はそんな錦織が一番の師と仰ぐのが、松岡修造だった。その出会いは男子テニスのジュニア選手を育成するために立ち上げられた「修造チャレンジ」に錦織圭も11歳で参加。当時から才能が全く違ったという錦織だったが、松岡はより厳しく接したという。錦織も当時を振り返り、毎日怖かったが愛情を持って叱ってくれていたとし、世界に行くきっかけを作ってくれたと感謝を語った。

実は松岡は錦織選手に技術面の指導はほとんどしていないと明かした。松岡は自分が想像をできる以上の選択を錦織は当時からどんどんしていくので、もしそこを教えたら彼が下手になると思ったので、技術面は教えなかったという。ただ、錦織はシャイだったのでメンタルの部分を伝えたと明かした。

史上初3度の3冠王に輝いた落合博満。社会人野球からロッテに入団し、28歳で史上最年少で三冠王を獲得。そしてその後も、2年連続三冠王を達成。野茂英雄など数々の名投手を打ち崩し日本人初の1億円プレーヤーとなった。その落合が最高の試合と語るのが巨人と中日が同じ成績で迎えたシーズン最終戦。勝ったチームが優勝するという大一番。

試合は巨人が落合のホームランで先制するも、その後に中日が追いつく。2対2で迎えた3回、ランナーを1人置いて3番松井に打席が回るが長嶋監督は送りバントのサインを出す。このチャンスを落合に託したのだった。その期待に答えるように落合は勝ち越しタイムリーを放つ。しかし、その裏の守備で落合は太ももの肉離れを起こす。それでも気迫でグラウンドに戻り、その後は巨人が追加点を加え6-3で世紀の一戦を制した。ただ実は落合はこの10・8決戦の最後????に間に合わなかったという。

キーワード
平昌五輪
羽生結弦
仙台市(宮城)
松岡修造
錦織
ジョン・マッケンロー
ステファン・エドバーグ
マイケル・ジョイス
ウィンブルドン大会
錦織選手
修造チャレンジ
落合博満
長嶋茂雄
松井秀喜
原辰徳
今中慎二
日刊スポーツ
巨人
中日
桑田真澄

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
20:25~

実は落合はこの10・8決戦の最後、長嶋監督の胴上げに間に合わなかったという。実は落合は元木とずっと一緒に居て、新幹線の隣はずっと落合の横が元木だったとのこと。元木曰く、「ほぼ付き人状態だった」と明かした。

日本人初の1億円プレーヤーとなった落合さんだが、実はこれにはたけしが絡んでいるという。当時、たけしは落合に日本で一番有名な競技なのに、「まだ7千万か8千万しかもらってないの?」と言われたとのこと。このあとたけしの最高年収とは?

キーワード
落合博満
長嶋茂雄
松井秀喜
原辰徳
今中慎二
中日
巨人
桑田真澄

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
20:35~

たけしが最も稼いだ最高年収は2◯億円だったという。出演陣もどよめいた。

実は2015年に大谷翔平とナインティナインが共演していた。大谷は小学校卒業のときに167cmあり、中学の時の映像を見るとチームメイトより頭ひとつ大きかった。また高校に入ると、目標達成用紙を作っており、9マスの真ん中に最大の目標を書き、その周りに、それを達成するために必要なものを書き込み日々のトレーニングの指針にするのだった。

キーワード
落合博満
大谷翔平

名場面 あの時実は…SP (バラエティ/情報)
20:42~

また当時、ナインティナインは大谷に好きな食べ物を聞くと「クレープ」のことだった。そして一緒に向かったのがコンビニで、そこで3人でクレープを食べていたのだった。そんな大谷が今や、二刀流で全米を熱狂させるビッグスターに。しかし、プロ入り当時は二刀流は無謀や、所詮夢などと批判する声がほとんど。ところが落合博満だけは「入団前から二刀流は成功する」と予言していたのだった。

落合は大谷のドラフトのシーズン、投手も打者も大谷に勝る選手は1人も居なかったと告白。じゃあ、どうするかと考えた場合、両方トップクラスで本人がやりたいというなら、「やらしてあげたらいい」と思ったと明かした。

実は陣内貴美子は大谷の母親をよく知るという。それは大谷の母はバドミントンをしており、陣内とはライバル高校だったという。お母さんも強く、華やかだったと明かした。

落合は大谷の今後について語る。そろそろ復帰をする大谷だが、「まずは体をしっかり治すこと」と指摘。その上で、今投げれない状態なのに、よくバットが触れるなというのが、バッターから見た第一印象だと明かし、「相当無理しているんじゃないか」と語った。

たけしが二刀流 大谷の今後を語る

キーワード
大谷翔平
クレープ

エンディング (その他)
20:50~

たけしは、大谷の今後について人と違うことをしているんだから成功してほしいなどと期待を語った。

キーワード
大谷翔平

番組宣伝 (その他)
20:51~

「スペシャルドラマ 警視庁捜査一課長」の番組宣伝。このあとすぐ。

  1. 前回の放送
  2. 7月15日 放送
  3. 次回の放送