麻薬Gメン ドラッグハンター 2015

放送日 2015年3月12日(木) 19:00~21:48
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
19:04~

危険ドラッグを吸った運転を紹介。危険ドラッグに係る検挙数はどんどん増えている。関東信越厚生局麻薬取締部が販売業者を追う。危険ドラッグの移動販売を食い止めるべく、群馬県にある危険ドラッグ販売店に向かった。捜索差押許可状をとり、店内に入ると店長と店員が2人。経営者はいなかった。店長のポケットからも粉末状の危険ドラッグが出てきた。経営者も現れ、危険ドラッグをすべて押収。指定薬物が検出された場合、改めて逮捕することとした。そして店を閉店に追い込んだ。

麻薬取締部が危険ドラッグを封じ込めるため、検査命令で対抗する。これを出すことで、シロと判明するまでは販売が出来なくなるのである。そうした中、閉店に追い込んだ群馬の店が移動販売を開始したという情報が入ってきた。再び群馬に向かった。

閉店に追い込んだ店が危険ドラッグの移動販売をしているとの情報が入り、麻薬取締部は群馬へ向かった。店長の車を尾行した。ファミレスの駐車場で、窓越しに現金を受け取り袋のようなものを手渡した。かつての常連客に携帯電話で場所を連絡して移動販売を行っていた。次々に訪れる客。以前押収したものから指定薬物が出たことで、逮捕状が出た。群馬県警と合同で捜査を行うことになり、まずは店長の身柄を押さえに向かった。

キーワード
関東信越厚生局
危険ドラッグ
福岡市(福岡)
九段(東京)
歌舞伎町(東京)
群馬県警察
群馬

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
19:15~

群馬県の店で以前押収した薬物から指定薬物が出たことで、逮捕状が出た。群馬県警と合同で捜査を行うことになり、まずは店長の身柄を押さえに向かった。麻取は開封済みの危険ドラッグが見つけた。しかし商品は見つからない。店員2名のガサ入れも行った。別のチームが経営者の自宅へ向かった。調べによると、強制捜査の前日までに危険ドラッグを売り切っていた。彼らは全員逮捕された。

九州厚生局沖縄麻薬取締部支所では、全国に先駆けて危険ドラッグ製造工場の内偵捜査に着手した。危険ドラッグの原料となる薬が持ち込まれたことで、その送り先である那覇市内のマンションへ向かった。

キーワード
危険ドラッグ
群馬県警察
群馬
α-PHPP
九州厚生局沖縄麻薬取締部支所
那覇(沖縄)

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
19:24~

九州厚生局沖縄麻薬取締部支所は、危険ドラッグの原料となる薬の受取人A。受け取った荷物を抱えて車で別のマンションに移動。さらに3人の男も合流。この4人は以前危険ドラッグ店を営業していた。取り締まりが厳しくなり、販売から製造へ鞍替えしたと見られる。沖縄県警との合同捜査で、主犯格のD以外の3人をまとめてマンションで取り押さえ、Dは別の場所で取り押さえる予定である。

ガサ入れ当日。AとBがマンションに入り、さらにやって来たCに声をかけて部屋まで向かう。中へ入ると、大量の危険ドラッグを箱詰めしているところであった。家の中からはたくさんのハーブが見つかった。さらにレシピなども見つかり、経営者のDも別の場所で逮捕となった。その後の捜査で資金の流れも明らかになった。1kgの原料を20万円で買い、危険ドラッグを800袋製造。1袋1500円で下ろすと120万円となり、100万円の利益が出る。小売業者はこれを1袋5000円で売り、280万円の利益となる。

麻薬取締官とは、厚生労働省に所属する国家公務員で通称「麻取」「麻薬Gメン」と呼ばれる。捜査権と逮捕権や、拳銃の所持も認められている。また潜入捜査を得意としている。薬物のエキスパートで、全国に約270人いる。

コントロールド・デリバリー、泳がせ捜査の一部始終を紹介。関東信越厚生局麻薬取締部にある国際情報課に、テレビで初めて潜入した。海外からの情報を収集している。オーストラリア連邦警察から、国際麻薬シンジケートがロードローラーに覚せい剤を隠して密輸を企てているという情報が入った。麻取は礼状をとり、コンテナの中を調べた。

キーワード
九州厚生局沖縄麻薬取締部支所
那覇(沖縄)
危険ドラッグ
沖縄県警
アセトン
α-PHPP
厚生労働省
覚せい剤
九段(東京)
福岡

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
19:45~

ロードローラーの中をX線で調べてみると、ローラーの中に大量の袋が見つかった。

覚せい剤の密輸に使われるとの情報を得て、麻取が海外から送られてきたロードローラーの中をX線で調べてみると、ローラーの中に大量の袋が見つかった。専門工場で解体。しかし覚せい剤を入れたはずの開口部が見つからない。しかし中にあるのは確認出来た。麻取は接地面を切った。試薬検査の結果、袋の中身は覚せい剤と判明。結果、約220袋、110kgで末端価格は90億円にのぼる史上最大規模の押収量となった。

麻取はコントロールド・デリバリー、泳がせ捜査をすることに決めていた。そのため、ロードローラー復元が始まった。

麻取はコントロールド・デリバリー、泳がせ捜査をすることに決めていた。そのため、ロードローラー復元が始まった。ダミーとして、角砂糖を砕いたものを入れた。九州厚生局麻薬取締部に、輸入業者が受け取りに来るとの連絡が来た。張りこんでいると、9日後、輸入業者がロードローラーを佐賀県内の倉庫に移動させた。国際麻薬シンジケートが動き出し、ベトナムの男が関西空港から陸路で福岡の博多に入った。さらにアメリカの男も合流し、セルビアやカナダの男も合流。大型スーツケースを購入した。

覚せい剤の密輸に使われたロードローラーが置かれている倉庫に、国際麻薬シンジケートのベトナムの男がやってきた。ロードローラーを確認して立ち去り、1時間後、セルビアなどの3人の男がやって来た。帰りのタクシーを呼んだとの連絡を受け、周辺に潜んでいた麻取20人が突入した。3人の身柄を拘束し、それぞれの男に礼状を突きつける。ロードローラーには元々穴が開けられており、蓋をしてその上から塗装をしていた。作業のための工具類も見つかったが、入れておいたダミーの覚せい剤が見つからない。

キーワード
関東信越厚生局麻薬取締部
覚せい剤
博多港
九段(東京)
福岡
九州厚生局麻薬取締部
博多(福岡)

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
20:11~

国際麻薬シンジケートを一網打尽にしたが、入れておいたダミーの覚せい剤が見つからない。男たちは覚せい剤がダミーだとわかった瞬間、水に流して証拠隠滅を図ったのだ。容疑を否認したが、疑いの余地はない。逃走したベトナムの男ともども、現行犯逮捕となった。オーストラリアではボスが逮捕、アメリカでは関係箇所を捜索して証拠品を押収した。

コザと呼ばれた沖縄市の繁華街で、最も危険な麻薬と言われるコカインの密輸が行われているとの情報が入った。アメリカから観光ビザで入国し、滞在費を浮かすために女性の家を転々とした。コカインを売った金で複数の日本人女性と交際するなど、派手な生活を送っている。九州厚生局麻薬取締部は、内偵捜査を続けている。神出鬼没な男の行動に翻弄されていた。マンションを交際女性が訪問するという情報を得て、強制捜査を行うこととなった

九州厚生局麻薬取締部。コカインの密売をしている外国人男性への強制捜査当日。マンションに交際女性が訪問するという情報を得ていたが、部屋には明かりがついておらず男が中にいないかもしれない可能性が出てきた。確認できない限りは突入出来ない。しかしそこへ交際女性がやって来て、中にいた男が電気をつけた。一気に突入する。

キーワード
覚せい剤
米司法省
コカイン
九州厚生局麻薬取締部
沖縄市(沖縄)
那覇(沖縄)

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
20:24~

コザと呼ばれた沖縄市の繁華街で、コカインの密売をしていた外国人の男。ついに強制捜査となった。カバンから白い粉の入った袋が見つかった。さらに開封済みの菓子の入れ物から、白い粉が入った袋、7袋が見つかった。コカインであることも判明し、逮捕となった。

大阪西成の、日雇い労働者の町であるあいりん地区。去年、警察による覚せい剤一掃作戦が行われた。

キーワード
コカイン
九州厚生局麻薬取締部
沖縄市(沖縄)
那覇(沖縄)
あいりん地区(大阪)
覚せい剤

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
20:35~

大阪西成の交差点。2人の男の元へ車がやって来た。男は自動販売機の裏に隠していた覚せい剤を取り出し、販売した。ここ西成では、この立ち売りと呼ばれる覚せい剤の売買が夜毎行われていた。

大阪西成で覚せい剤を密売している密売人は指定暴力団に所属する50代の男。覚せい剤事件で実刑判決を受けて1年前に出所したばかり。男を追う近畿厚生局麻薬取締部は、近麻と呼ばれている。男の住まいはミナミのマンション。そのまま男を見張っていると、大きな袋の受け渡し現場を目撃。強制捜査の条件は揃ったが、相手は暴力団幹部。摘発班には体重100kgを超える柔道の達人も入れた。監視し、密売人がマンションを出ようとした時、摘発班が身柄を確保。激しく抵抗する男。カバンから覚せい剤が見つかり、男も所持を認めた。そして逮捕となった。

逮捕した密売人の部屋へ向かうと、密売人の親玉を示すガンコロと呼ばれる固まりが見つかった。何人かの密売人に渡るたびに小さく砕かれるため、ガンコロを持つのは親玉とされている。さらに大量の注射器、大麻も見つかった。売上金と見られる200万円の現金も見つかった。

去年の夏、広範囲に薬物を売りさばく密売人の情報を得た。密売人は、40代の暴力団構成員。ガサ入れ当日。監視すること4時間、マンションを出る密売人を取り押さえた。着衣などを調べようとした時、突然逃げ出した。しかし確保し、部屋へ戻って捜索。部屋には密売人の妻がいた。密売人はすんなり覚せい剤の所持を認めた。カバンからはコカインや大麻も出てきた。覚せい剤所持で現行犯逮捕。さらに覚せい剤使用でも逮捕となった。

女性だけの捜査チーム、マトリガールズ。女が被疑者の場合、時限的に結成される女性取締官だけのチームである。覚せい剤使用で執行猶予中の50代の女が、現在も覚せい剤を買っているとの情報が入った。ガサ入れ当日。朝から張り込み、日が暮れても女は出てこなかった。そこで女の家を直接訪ねる作戦に出た。ドアは開けられ、ガサ入れを行った。激しく泣き出す女。15分後、ポーチから注射器を発見。さらに封筒の中から、使用済みの大量の注射器が出てきた。女はようやく覚せい剤の使用を認めた。尿検査の結果、陽性反応が出たため逮捕となった。

列島横断…覚せい剤ネットワーク 追跡!移動距離4万キロ

キーワード
あいりん地区(大阪)
覚せい剤
大麻
ミナミ(大阪)
西成(大阪)
コカイン

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
21:12~

香川県高松市の四国厚生支局麻薬取締部。40代の男Aが逮捕された。Aに覚せい剤の密売人を紹介したBがいた。二人は、拘置所で知り合ったという。宮崎へ向かった四国麻取。Bの自宅へ向かうが不在。勤務先に向かうと、退社した後で、その後も帰宅しなかった。朝4時から自宅を張り込みを行ったが出勤時間を過ぎたため、再び会社へ向かった。15分後、前方を走るBの軽自動車を発見した。

香川県高松市の四国厚生支局麻薬取締部。逮捕した40代の男Aに覚せい剤の密売人を紹介したB。逮捕のために宮崎へ向かった。会社へ向かうと、途中でBの車を偶然発見し、尾行する。住宅街で車が止まり、その進行方向を塞ぎ、さらに後続の車が退路も断つ。10人の麻取が車を囲んだ。

キーワード
覚せい剤
高松(香川)
宮崎

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
21:24~

香川県高松市の四国厚生支局麻薬取締部はある覚せい剤事件の捜査のために宮崎へ向かった。捜査中、住宅街で追っていたBの車が止まり、10人の麻取が車を囲んだ。しかし乗っていたのはBの友人だという女。他の捜査員が会社へ向かい、Bの身柄を確保。この事件では、すでに逮捕されていたAがBに密売人の紹介を依頼し、密売人がAに覚せい剤を売り渡した。さらにAはCとDという二人の男に覚せい剤の一部を流していたことがわかった。3人は出会い系サイトで知り合っていた。

四国厚生支局麻薬取締部は、逮捕したAが覚せい剤を流していたCを逮捕するため、今度は東京の品川へ向かった。エリートビジネスマンのCを摘発するため、張り込み。出勤のために家を出たCの身柄を確保。覚せい剤については知らないとし、ゲイであることを告白し、Aとは時々食事をする間柄であると話した。しかし別の部屋で、ラッシュが見つかった。CはAの覚せい剤事件に関与したとして逮捕状が出された。

キーワード
高松(香川)
宮崎
覚せい剤
ラッシュ
品川(東京)

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
21:37~

四国厚生支局麻薬取締部は、逮捕したAが覚せい剤を流していたCを逮捕するため、東京の品川まで飛んだ。CはAの覚せい剤事件に関与したとして逮捕状が出された。否認していたが、その後会社の机から覚せい剤と注射器を発見し、再逮捕された。もう一人、Aが覚せい剤を流していたD。CとDは連絡は取っていたが面識はないという。愛知県名古屋に住んでいるDの自宅を家宅捜索。覚せい剤と注射器、自分で作った危険ドラッグも見つかり、逮捕となった。最後に、彼らに覚せい剤を売った密売人の元へ向かった。

キーワード
高松(香川)
覚せい剤
品川(東京)
名古屋(愛知)
危険ドラッグ

麻薬Gメン ドラッグハンター 2015 (バラエティ/情報)
21:43~

四国厚生支局麻薬取締部は、逮捕した3人に覚せい剤を売った密売人を、千葉で逮捕した。高知から始まった覚せい剤捜査。内偵捜査も含めると、移動距離は延べ4万6000キロに及んだ。これはネットが広がった現代の犯罪の特徴だという。

今週月曜日、小向美奈子被告が保釈された。一度やったらやめられない麻薬。麻薬取締官の闘いは果てしない。

キーワード
名古屋(愛知)
高松(香川)
覚せい剤
品川(東京)
危険ドラッグ
小向美奈子被告
  1. 3月12日 放送