おつかいダンディー 2014年6月22日放送回

放送日 2014年6月22日(日) 13:55~15:20
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
13:55~

オープニング。おじさん3人組がベトナムで、美女から頼まれたおつかいをする。

キーワード
ベトナム

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
13:57~

ベトナムで大流行の料理に大興奮!

成田国際空港で温水洋一、六角精児、斉藤洋介が待ち合わせ。今回は言葉が通じないベトナムで、ある美女からのおつかいをする。ある美女とは、東京ランウェイなどでも活躍しているモデル・女優の加藤夏希。加藤の頼みは世界に一つだけのアオザイ、最高級ベトナムコーヒー、伝説の泥パックがほしいとのことだった。旅の期間は4日間。果たしておじさんトリオは達成できるのか?

温水洋一ら3人はベトナム・タンソンニャット空港に到着。早速アオザイ探しにとりかかる。加藤の要望は白い生地で、ベトナムの流行語をあしらうこと。3人はまずベトナム随一のショッピングストリートであるドンコイ通りに行くことにした。

温水洋一ら3人はベトナムのドンコイ通りに到着。アオザイにあしらう流行語を知るため、待ちゆく人に声をかけ調査した。結果、”ティラミス”や可愛いという意味の”クーテ―”が流行っているという。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3人はアオザイをオーダーするため、オーダーメイドの店「ザッカ」を訪れた。しかしここには希望の白い生地がなかった。続いて「チチ」というアオザイ店を訪れたが、アオザイに文字を入れるのは難易度が高いという。そこで温水は、ホーチミンのトップデザイナーを紹介してもらうことに。パリコレにも出展したことのあるアオザイデザイナーのシー・ホアンさんを紹介してもらった。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3人はアオザイデザイナーのシー・ホアンさんを訪ねた。彼は世界初のアオザイ博物館をオープンさせ、パリコレにも出店したトップデザイナー。3人はアオザイに文字を入れて作ってもらえないかと依頼したが、アオザイに不用意に文字を入れるのはご法度だと断られてしまった。しかし、ベトナムと日本をコラボしたアオザイを作ってくれるという。

キーワード
ベトナム
東京ランウェイ
タンソンニャット空港
ドンコイ通り
アオザイ
ティラミス
ザッカ
チチ
パリコレ
シー・ホアン

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
14:17~

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3人は1日目を終え、夕食をとるためヤギ料理専門店「グエン・チュン・チュック」へ。いま、ヤギ鍋とヤギの焼肉がホーチミンで大ブレイクしているという。3人はヤギ鍋を味わいながら、おつかいの健闘をたたえ合った。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。2日目、3人はお揃いで買ったTシャツを着て出発した。斉藤洋介はメコン川などベトナムの観光もしたいと話し、今日1日で残りのおつかいを済まそうと意気込んだ。残りのおつかいは最高級コーヒーと伝説の泥パック。3人はまず最高級ベトナムコーヒーを探すことに。

キーワード
ベトナム
グエン・チュン・チュック
ヤギ鍋
メコン川
ハロン湾
ミーソン遺跡

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
14:23~

おじさんたちが泥まみれに!

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。2日目、3人は最高級ベトナムコーヒー探しを開始。しかし暑さに負けてしまい、急遽帽子を買うことにした。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3人は暑さ対策のため、ホーチミン最大のマーケットであるベンタイン市場で帽子を購入することにした。ベンタイン市場には2000軒以上の店舗が集まっている。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。2日目、3人は最高級ベトナムコーヒーを探す。待ちゆく人に聞き込みをするも、言葉が通じず情報は得られないままお昼になってしまった。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3人は昼食をとるため、ベトナム各地の庶民料理が一堂に会するレストラン「ニャーハン・ゴン」を訪れた。「焼豚のライスペーパー巻き」や「バインセオ」などベトナム料理を堪能した。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。2日目、3人は観光気分に火がついてしまい、サイゴン大教会などで写真を撮るなど、ベトナム観光を楽しんだ。午後4時になりようやく最高級コーヒー探しを再開。コーヒー店を発見し一番美味しいコーヒーを聞いたところ、ダラットがベトナム有数のコーヒー名産地だという。しかしこの店にはダラット産の最高級コーヒーを置いていないという。さらにダラットはホーチミンから300km離れた場所にあることが判明した。また泥パックもホーチミンにはないという。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。泥パックと最高級コーヒーはホーチミンでは買えないことが判明し、3人は落胆した。その時、加藤夏希から「ネオンカラーのポーチが欲しい」と追加の要望が届いた。3人はポーチを探すためベトナムで人気の雑貨店へ。女の子の好みが分からず困惑した3人は、偶然出会った日本人観光客の女性たちに選んで貰った。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3日目は早朝から出発し、ニャチャンへ移動した。カムラン国際空港に着き周辺を散策すると、海を発見。ニャチャンはベトナム有数のリゾート地だという。泥パックを売っている店を探していると、温泉で手に入るという情報を入手した。

キーワード
ベトナム
ベンタイン市場
ニャーハン・ゴン
焼豚のライスペーパー巻き
バインセオ
牛肉のフォー
サイゴン大教会
ホーチミン(ベトナム)
ニャチャン(ベトナム)
カムラン国際空港

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
14:47~

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。3日目、3人は泥パックを買うためニャチャンにあるタップバーという温泉施設を訪れた。タップバーは泥温泉が人気の老舗スパで、肌がスベスベになると大人気だという。3人も泥温泉に入浴し、旅の疲れを癒やした。するとタップバーのカメラマンがやってきて、3人を撮影。温泉からあがると、写真が皿やマグカップになっていた。3人は加藤へのおみやげとして、泥パックに加えタップバー特製マグカップも購入した。

温水洋一ら3人がベトナムでおつかい。ベトナムの最高級コーヒーを求め、3人はダラットへ向かった。そこで作られているコーヒーはジャコウネコのコーヒーと言われているという。

キーワード
ニャチャン(ベトナム)
タップバー
タップバー特製マグカップ
ダラット(ベトナム)
ジャコウネコ

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
14:55~

ベトナムの最高級コーヒーを求め、温水洋一らはダラットに到着。コーヒー農園に行くと、500gで2万3000円する高級コーヒーを発見した。このコーヒーはジャコウネコのフンから作っている。ジャコウネコは熟した上質の実だけを選別して食べるという習性があり、ジャコウネコの胃液と消化酵素が浸透することで、独特のエキゾチックな風味が加わるという。ここで温水が、自分たちでコーヒーを作ってみないかと提案した。

温水洋一らは、ベトナム・ダラットのコーヒー農園でジャコウネコのフンから作るChonCoffeeを作る。特別に農園へ連れて行ってもらい、コーヒーの実を収穫した。そしてジャコウネコにコーヒーの実を食べさせたが、フンが出るのは早くて2時間後だという。

キーワード
ダラット(ベトナム)
Chon Coffee
ジャコウネコ

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
15:10~

ベトナム・ダラットのコーヒー農園でジャコウネコのフンから作るChonCoffeeを手作りしている温水洋一ら。ジャコウネコにコーヒーの実を食べさせて2時間経過したが、残念ながらフンは出なかった。そこですでにあるフンを使ってコーヒー作り。なんとかコーヒーを手に入れることができた。そして帰国直前、オーダーしていたアオザイも無事手に入れた。

ベトナムのおつかいから帰国した温水洋一ら3人は、加藤夏希のもとを訪ねた。最高級ベトナムコーヒー、伝説の泥パックなど頼まれていた物を手渡した。

キーワード
Chon Coffee
ダラット(ベトナム)
ジャコウネコ
ベトナム

おつかいダンディー (バラエティ/情報)
15:16~

ベトナムのおつかいから帰国した温水洋一ら3人が加藤夏希におみやげを手渡し。世界に一つだけのアオザイは、桜と蓮が描かれたものになっていた。加藤夏希は「すごい素敵です」と感謝した。

キーワード
ベトナム
アオザイ

エンディング (その他)
15:17~

エンディング映像。

  1. 6月22日 放送