林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル

『林修の今でしょ!講座』(はやしおさむのいまでしょこうざ)は、テレビ朝日系列で2013年8月7日(6日深夜)から9月25日(24日深夜)まで放送され、2014年4月8日からゴールデンタイムで放送されている教養バラエティ番組である。東進ハイスクールの講師である林修の初の冠番組でもある。モノステレオ放送、文字多重放送を実施している。2013年8月7日(6日深夜)から9月25日(24日深夜)までは『林修先生の今やる!ハイスクール』(はやしおさむせんせいのいまやるハイスクール)の番組名で、未明帯で放送された。2014年4月8日からは『林修の今でしょ!講座』(はやしおさむのいまでしょこうざ)に改題し、ゴールデンタイムに進出。改題後の放送日時は毎週火曜日の19:00 - 19:54(JST)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年7月1日(火) 19:00~21:48
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

今回は東洋医学vs西洋医学で冷え性などの日本人に多い8つの病気・症状を解決する。さらに芥川龍之介ら病と深い関係のある作品を林修が語る。

キーワード
東洋医学
西洋医学
芥川龍之介
夏目漱石
ブラック・ジャック

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
19:04~

明治国際医療大学の片山教授が東洋医学の鍼灸治療の世界をおしえる。まず東洋医学の針治療でぎっくり腰を治したVTRが流れた。どうして針に即効性があるのかという林修の質問に片山教授は、針により白血球などに傷が集まり修復力が高まると答えた。また片山教授はぎっくり腰のメカニズミムを説明、運動不足の人は要注意だと話した。

林修が針治療を体験。針治療の前と後では前屈が3.5センチもアップした。また片山教授は中島健人の腰痛のツボを押して体を柔らかくした。

針の気になる疑問をぶつけていく。

キーワード
東洋医学
西洋医学
芥川龍之介
夏目漱石
ブラック・ジャック
ぎっくり腰
針治療

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
19:17~

東洋医学気になる疑問。針を刺しても痛くないのはなぜ?などに片山教授が答えた。片山教授は東洋医学ではツボと経路がある、神経や血管の流れに近いものだと説明した。針を手に刺して腰痛が改善される理由は科学的には証明されていないが長年の実験でわかった。

ツボに関する問題。「ツボの大きさはどれぐらい?A Yシャツのボタン、B500円硬貨」。正解はB。また片山教授はテレビで足裏のツボを押さえて苦しむ様子はどうかとおもうと語った。さらに鍼灸針は皮膚をかき分けて入る、針が細いため痛くないと説明した。

肩こり&目の疲れの簡単解消法を紹介。

キーワード
東洋医学
針治療

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
19:25~

鍼灸師の片山教授は、子どもは肩こりが多い、それは勉強のやり過ぎも原因だと話すと林修は姿勢がいい子どもは肩こりにはならないと反論した。また勉強ができる子は姿勢が良くて歩くのが速いと話した。片山教授は子どもに針治療をしても問題ない、夜尿症などの治療に針を使うと語った。

肩こりに有効的なツボ合谷を片山教授が紹介した。ツボを押した林修は目がスッキリしたと話した。さらに疲労回復に効く関元などのツボを伝えた。

片山教授は針治療の一番すごいところは副作用がないところ、針治療で痛みを和らげることが出来ると説明した。林修は針治療は科学であると言えるかもしれない、小さい頃から証拠を求める子どもだったと話した。

林修の特別講座。芥川龍之介は頭痛で有名な作家で、歯車という作品の中には芥川龍之介が抱えていた頭痛の症状が反映されていると林修が説明した。

汐留シティセンターセントラルクリニックの清水先生が頭痛の悩みを解決。芥川龍之介の歯車の症状は頭痛の症状だと清水先生が説明、片頭痛もちの人は頭がいい人が多いと話した。

キーワード
東洋医学
針治療
肩こり
夜尿症
合谷
関元
百会
芥川龍之介
歯車
頭痛
片頭痛

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
19:46~

清水先生は片頭痛は、血管が広がり神経が刺激されて頭痛が起きると説明。片頭痛には西洋医学が主流になりつつあるが漢方などを併用すると話した。そして片頭痛治療の極意は生かさず殺さずだと語った。

つづいて痛み以外の症状がある、頭を振ると痛みが増すのが片頭痛の特徴だと話した。そしてこれからの季節は片頭痛もちの人はつらい、片頭痛には温度差がいけないと語った。さらに台風やゲリラ豪雨で気圧がさがると血管が膨張し片頭痛を引き起こしやすくなるという。また休みの日に寝過ぎると頭痛が起きる、生活リズムの変化が頭痛をもたらすと説明した。

西洋医学の名医が命に関わる危険な頭痛の見分け方を語る。さらに東洋医学漢方のすごさに迫る。そして西洋医学に最先端がん治療を林修が徹底取材。また林修の特別講座も行われる。

キーワード
片頭痛
西洋医学

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
19:56~

西洋医学的薬がない時の頭痛対処法を清水先生が伝授。頭痛がしたらこめかみを冷やす、頭痛がしたらコーヒーを飲むといいと話した。またうなぎ・納豆・カキなど片頭痛の予防に期待ができる食べ物、チーズ・オリーブオイル・赤ワインなど片頭痛によくないとされる食べ物を紹介。片頭痛の人は結構を良くしすぎるといけないと話した。

緊張型頭痛は血行が悪くなり老廃物が神経を刺激して痛みが起きるため片頭痛と対処法がまったく逆だと清水先生が説明した。

命に関わる危険な頭痛の見分け方。くも膜下出血の重要なサインは頭痛が1週間以上続く、後頭部を突然バットで殴られたように痛むの2つ。くも膜下出血はその日のうちに約50%が亡くなる病気だと清水先生が説明した。

脳腫瘍の重要なサインはは痛みが日増しに強くなる、朝起きた時に強い頭痛がするの2つ。脳腫瘍は脳の中に出来た主要が脳を圧迫する病気。清水先生は痛みは人間にとって危険信号でブレーキにもなる、痛みを取るだけが頭痛の治療ではないと話した。

林修の特別講座2時限目。林修はブラック・ジャックのストーリーを説明、この作品の魅力は熱いヒューマニズムだと話し、マンガの内容を紹介して語った。

つづいて林修がブラック・ジャックの名場面から人間と医学の深い関係を紹介。ブラック・ジャックは手塚先生の深い思い考えが伝わってるくと語った。

キーワード
片頭痛
西洋医学
緊張型頭痛
くも膜下出血
脳腫瘍
ブラック・ジャック

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
20:22~

林修の特別講座2時限目。林修がブラック・ジャックの名場面から人間と医学の深い関係を紹介した。

林修が漢方の語源をレクチャー。漢方医学は日本人が中国の医療を独自に発展させた医学で蘭方とセットで語られる。その漢方が今医者の間で注目を浴びている。

「患者必読 医者の僕がやっとわかったこと」(朝日新聞出版)の著者・新見正則先生が漢方のメリットデメリットを伝える。まず新見先生はトライアスロンをしている人の多くは芍薬甘草湯を飲んでいると話した。また漢方は経験の蓄積で出来上がったもの、西洋医学も原因をわかっているものは少ないと話した。

新見先生はかぜには漢方が最高、半日で治ることもあると話した。

漢方のスゴさを徹底的に学ぶ。さらに林修が西洋医学の進歩を徹底調査。

キーワード
ブラック・ジャック
漢方
患者必読 医者の僕がやっとわかったこと
朝日新聞出版
かぜ
冷え性
アトピー
芍薬甘草湯
西洋医学

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
20:36~

漢方のスペシャリスト新見先生はかぜには漢方と豪語。漢方とは生薬で牡蠣の貝殻などがあると説明、モルヒネはアヘンから採取できる、現代薬学は1つの原料から本当に効く成分だけを抽出したもの、漢方は足し算の知恵だと語った。

つづいて新見先生はかぜは感染症でウイルス、対処療法を行っている。かぜを早く治す一番の手段は汗をかき体を温めウイルスを倒すことだと話した。そしてかぜに効果的な葛根湯の生薬について説明した。

漢方に保険は適用される?など意外と知らない漢方のヒミツに関する問題が出題された。新見先生は保険適用の漢方の半分くらいが1800年前の処方だと説明した。また漢方薬にも副作用がある、なにか起これば中止くらいの気持ちで色々試せば結構役に立つと話した。

新見先生は漢方は冷え症に効果的、冷え症という言葉は西洋医学の診断学にはないため西洋医学では冷え症の病名がない、当帰四逆加呉茱萸生姜湯が冷え症に効果的な漢方だと説明した。さらに漢方薬は身勝手に生薬を足していくと効かなくなると西洋医学との違いを語った。また4週間飲めば効果が見えてくると話した。

漢方が得意とするアトピー性皮膚炎。

キーワード
漢方
かぜ
モルヒネ
葛根湯
冷え症
当帰四逆加呉茱萸生姜湯

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
20:58~

新見先生はアトピー性皮膚炎には温清飲という漢方が効くと解説。漢方は内から治す、アトピー性皮膚炎はかかった年数の半分くらいの時間がかかると思って治療をしたほうがいいと話した。そしてどちらかを選ぶとしたら西洋医学、より進歩するためには漢方薬もミックスしたほうがいいとまとめた。

王貞治氏のがん治療にも尽力した宇山先生からがんと闘う西洋医学の最前線を学ぶ。宇山先生は東洋医学は予防的概念が高い、なってしまったがん治療は西洋医学が第一と話した。そして人ががんになるメカニズミムを解説した。

「がんの原因の50%以上が遺伝によるもの?」などの問題が出題。宇山先生は遺伝性のがんは約5%、後天性のがんが約95%、日本人の2人に1人が何かしらのがんになっていると説明した。また魚や肉の焦げた部分に発ガン物質が含まれているが約4トンを体内にいれないと発がんしないと話した。

がん予防に効果が期待される飲み物は緑茶とコーヒーと宇山先生が解説した。

つづいて宇山先生が最先端がん医療を解説。まず陽子線治療について説明。陽子線治療は1回の治療が1分くらいで一定の深さのところで最大のパワーを出せるものだと話した。

がん粒子線治療研究センターの陽子線治療を取材。センター長の菱川先生は、20年以上がん研究を行い、陽子線治療で900人以上のがん患者を救っている。陽子線治療とは陽子線でがん細胞を攻撃する治療法。治療室の陽子線の照射装置は回転ガントリーという装置を使い360度動きあらゆる方向からがんを狙い撃ち出来る。粒子線治療にかかる費用は約300万円で保険適用外。そして施設の少なさが一番の問題となっている。菱川先生はがんは薬で治る時代がくることを夢見ていると話した。

宇山先生は陽子線治療のメリットは切らずに治療ができる、痛みがないこと、しかしピンポイントでここにがんがあるとわかっていないとこの治療はできないと話した。

超正確なロボットがん手術。

キーワード
漢方
アトピー性皮膚炎
温清飲
王貞治氏
がん
陽子線治療
がん粒子線治療研究センター

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
21:23~

がんの最先端ロボット手術「ダヴィンチ」のメリットは傷口が小さい、より正確な手術が可能ということ。林修がダヴィンチ手術の現場に潜入しダヴィンチを操作し体験した。さらにダヴィンチでは海を超える「リンドバーグ手術」も可能となる。治療費は約300万円で前立腺がんだけ保険が適用となっている。

宇山先生は最先端イコール素晴らしいわけではない、ロボット手術が20年後には最先端医療でなくなってないといけない、絶えず新しいものを作っていく、創造するスピリットを後進に伝えていかなければいけない、それが広い意味の最先端医療だと話した。

病が作家にどんな影響を与えたのか夏目漱石をモデルに考える。

キーワード
ダヴィンチ
がん
リンドバーグ手術
前立腺がん
正岡子規
夏目漱石
結核
神経衰弱

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
21:33~

病が作家にどんな影響を与えたのか夏目漱石をモデルに考える。夏目漱石の作品は前期と後期に別れるが、夏目漱石はその間に死にかかる病気になった。その様子が「思い出す事など」に記されている。林修は病気により夏目漱石は人間の違った面が見えた、それにより作風が変わっていくと説明した。

キーワード
夏目漱石
思い出す事など

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
21:39~

病が作家にどんな影響を与えたのか夏目漱石をモデルに考える。夏目漱石の前期の作品は人の死を扱う作品はない。しかし後期は病や死をテーマにした作品ばかりとなった。病気をきっかけに大きく変わったのではないかと林修が解説した。

キーワード
夏目漱石

日本人に多い8つの病気・症状 解決SP (バラエティ/情報)
21:43~

病が作家にどんな影響を与えたのか夏目漱石をモデルに考える。林修は夏目漱石は大病を患ったことで作風が変わった、生と死の間にある病を彼がどう受け止めたかということが後期の作品につながったと語った。

キーワード
夏目漱石
  1. 前回の放送
  2. 7月1日 放送
  3. 次回の放送