しくじり先生 俺みたいになるな!! 2018年10月20日放送回

『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(しくじりせんせい おれみたいになるな)は、テレビ朝日系列で2014年10月3日未明(2日深夜)から2017年9月24日まで放送された教養バラエティ番組。レギュラー開始前に3回特別番組として放送されており、レギュラー終了後も特別番組として放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月20日(土) 23:15~ 0:05
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
23:15~

オープニング映像。

嫌われ芸人・品川庄司先生 コンビは夫婦…崩壊の恐怖 (バラエティ/情報)
23:17~

今回の先生は品川庄司先生。品川祐は自分を番組に出すのが遅いと答え、会議でも自分らの名前はでていたが、先輩のディテクターに品川庄司を出そうと言ったら嫌だと拒否されたと答えた。

品川庄司は業界関係者にマジで嫌われて仕事ゼロ。台本を開かない、目を合わせない、ヘッドホンゲームをしたまま会議をしていたこともあった。さらに先輩・後輩・同期の芸人に嫌われて人望ゼロ。他の芸人のトークに割って入り込む、先輩に挨拶しない、トイレで後輩に嫌味を言う、NSC剤が宇宙に他のクラスに殴り込んで「やめちまえ」と暴言を吐いた。視聴者に嫌われて好感度ゼロ。話しているだけで性格の悪さがにじみ出る、態度が鼻につく、ナルシスト、うるさいなどがあったがそのページを品川祐が破り捨て「こんなものはこすり倒している」と告白。しかし今回は品川庄司。庄司のことを触れていない。品川祐は一時期品川庄司は解散を決意していた。芸人の関係は特殊で、夫婦に似ていると答える。

品川庄司が解散の危機を迎えた理由に、2人の性格がお互い自己顕示欲がとんでもなく強かったと品川祐が答えた。自己顕示欲は自分の存在を目立たせて他人の注意をひくこと。自分を実際以上に見せることを言う。今回はそのことを踏まえて自己顕示欲が強すぎて大事な人と別れないための授業を行う。1995年NSC東京・主席で卒業した品川庄司は調子に乗っておりデビュー当時から強すぎる自己顕示欲でしくじりまくったと言う。

品川祐はテレビに出たての頃に当時デビュー当時だった優香をいじった。優香はホリプロの宝のような扱いだったが、自分らはテレビに出たての汚い芸人。それをボケで抱かれて仕事もらってるのでは?と言ってしまった。ウケないことも自分でわからず次の日、大物MCが同じようなイジリをしていた。品川が庄司に「アノ人がウケているから俺が言っても大丈夫だ。」と言い、庄司もそれに納得してしまった。しかしスタッフや共演者は内心「売れてない若手のお前が言うんじゃねえ。」と思っていたはずだと答えた。この場合上の人には怒られ、下の人を傷つけてしまうと分析した。品川祐はその当時「嫌われててもネタさえ書けば」という気持ちだったが、ネタを見せたときの庄司のリアクションは「ふーん。」自分が一からネタを描き、紙を印刷しホッチキスをしているのに感謝の一つもないのに腹が立っていたと品川祐は答えた。さらにこれはまさに夫婦の関係で、だんだんおかしくなっていくと答えた。

品川祐はその当時「嫌われててもネタさえ書けば」という気持ちだったが、ネタを見せたときの庄司のリアクションは「ふーん。」自分が一からネタを描き、紙を印刷しホッチキスをしているのに感謝の一つもないのに腹が立っていたと品川祐は答えた。さらにこれはまさに夫婦の関係で、料理を作って美味しいと言ってくれれば嬉しい。ボケの子はネタを書いて面白いと言えばそれで動くと答え言わなければ変になってしまうと答えた。コンビ仲はどんどん悪くなっていき、そのまま初の冠番組「品庄内閣」がスタート。しかしそこで生まれたのが「自己顕示欲ギガモンスター品川庄司」コンビで車は高級外車。楽屋で大声でギャラの話をするなどをした。庄司はほぼ風貌がキムタクに。当時は人気があったという。その時の庄司の明言が「見てみろよ!まだこんなに抱いていない女がいるんだぜ!」と後輩に聞かせていたと話す。

売れている頃、品川庄司はお互い売れたのは自分のおかげだと思いこんでいた。ネタの打ち合わせでスタッフが居るときも庄司はソファに寝そべって聞いていてなおかつネタは覚えていない。トイレ行ってくると言って品川がふとTwitterをみると庄司のツイッターに「満月なう」とつぶやいていたと答えた。品川は次第にネタがウケたら俺のお陰。滑ったら庄司のせいだと思い、庄司もネタが滑ったらネタを書いている品川のせいだと思いこんでいたと話す。この頃は芸歴10年を過ぎていて、M-1も終わり、コンビとしての目標が無くなっていた。この状態を夫婦で例えると育児、家事を全部やっている妻と全然褒めない夫と品川は例えた。2人の仲が険悪になるにつれ、品川はピンの活動に全力を注いだ。すると自伝マンガが大ヒット。コンビ活動は激減し、さらなるしくじりの道へ進む。

ピンの活動が成功した品川。自己顕示欲も爆発し、その頃にやっていたのが自分の映画に出演した俳優・女優と飲みに行っていた。品川は漫才のネタのように脚本も書くと役者は感謝をし、褒めてくれたと話した。一方相方はネタも書いても褒めてもくれず、人気も無くなっている。褒めてくれる役者と飲んだほうが気持ちいいと品川は答えた。

庄司はラジオの収録の時に休憩でトイレに行った時に品川が作家と話していた。品川が発言した「俺が二人いたら最高のコンビになれる。」に庄司は傷ついたと答えた。さらにその後品川は庄司を切ることになると言う。

品川庄司はTBSの全員正解あたりまえ!クイズと言う番組があったがその番組は連帯責任も兼ねたクイズがあり、品川が自分だけ間違えた。みんなに責められ、江守徹さんに生意気な絡みをし、庄司はそれを止めに入ってきたが品川の頭突きが庄司の鼻にクリーンヒット。その時庄司が「イタッ!」と言ってしまい、みんなが引いてしまうようなリアクションだった。しかしそのVTRを最近見たらそれしかできないような当たり方をしていたと品川は答え、その時の実際の映像が流れた。テープチェンジのときに品川は庄司にリアクションの悪さを問い詰めたがまだ出演者がいる中で庄司が品川の顔面をパンチ。そこから喧嘩はヒートアップし、品川は庄司の胸を殴り、正論を言われた庄司は何も言い返せずにただ自分の胸を一回叩きパッション屋良のようになっていたと答えた。その場に出演者として参加していた坂下千里子は笑えない状態で、番組が再開しても品川庄司はお互いそっぽむいていたと答えた。そんなことがあってか、レギュラー番組は0本になってしまったと答え、周りにいる皆に気を使わせてしまっていたと答えた。

さらにめちゃイケに映画「ドロップ」の番宣で出た品川。沢山の大人の期待も背負っているというプレッシャーもあったが最後にドッキリで庄司が出てくる展開で、ゲームでは品川と庄司が綱引きで落ちたら粉まみれになるというゲームをしていた。ドッキリで出てくる庄司に対し、品川は「自分がいま大きな仕事しているのに遊んでいたやつがドッキリで出てくるのが嫌。」と言う理由で品川は綱引きで庄司に勝とうとしていた。しかし庄司が勝たないとテレビ的にショーにはならず「俺のほうが弱いと思われるじゃないか。」と思いながら品川が粉まみれに。その後当時定番だった喧嘩ネタを求められたがサプライズ登場だったために打ち合わせを相方としておらず、庄司は喧嘩ネタのために品川を怒らせようとし、その頃品川がマジ切れするワード「面白くない」を言ったら、品川はマジギレをし粉まみれになりながらヘッドロック。耳元で庄司に「殺すぞこの野郎」と本気でつぶやいたと言う。当時一緒にゲームをしていた出演者も本気で止めに来て壮絶な現場になったと答えた。その時品川はコンビ解散を決意したと言う。

ダウンタウンDXの収録があり、マネージャーは嘘の入り時間を伝え品川庄司が二人っきりの時間を作れるように配慮したと言う。品川庄司はダウンタウンDXの楽屋に行くと緊張した初ゲストのCOWCOWが早めに楽屋入りしていた。二人が出ていったすきに品川庄司が話し合いを行い、思っている気持ちをぶつけ合うことに。庄司が品川に言ったことが「俺ミキティと結婚する!」だった。品川はその言葉に「おめでとう。」と答え、品川はあっけにとられ解散の話は有耶無耶になったという。品川は本当にヤバイ喧嘩を丸く納めるには相手が予期せぬサプライズ発表が効果的と答えた。しかし解散は免れたが品川庄司の関係性は良くなっていない。

庄司は仕事がない状態になりずっと単独ライブをやりたがっていた。その理由は妻のミキティが付き合っている時に見に行けなかった品川庄司の単独ライブを見に行きたいという要望があったからで、品川はミキティに凄い圧で単独ライブをやってくださいと頼まれ実行。その単独ライブが終わったミキティのブログには庄司のことを褒めていたが品川については一言もかいていなかった。さらに庄司はピンでネタをやり始めたと言う。

キーワード
アメトーーク!
インスタ
優香
ホリプロ
ドロップ
全員正解あたりまえ!クイズ
江守徹さん
パッション屋良
キャイ~ン
ココリコミラクルタイプ
虎の門
笑っていいとも!
めちゃイケ
COWCOW
ミキティ

嫌われ芸人・品川庄司先生 コンビは夫婦…崩壊の恐怖 (バラエティ/情報)
23:53~

庄司はピンでネタをやり始め、ここからおかしくなっていったと話す。爆笑レッドカーペットと言うネタ番組に仕事をもらい、内容は5人ギャガーが出てきて一人ずつ代表のギャグを言っていくと言う内容。自分はトリでネタも作ったこともなく、ギャグもないのでひねり出したのが「ミキティー!」だった。交際期間中は共演NGで、彼女の名前も言っちゃいけなかった。その婚約後の番組でやっと彼女の名前を言えるということで心の叫びだったと語る。品川はそれをみて「めっちゃおもしれーじゃん。」と思い、ここで自分は褒めたいばかりで、庄司を褒たことがなかった。自分が緊張させてのびのびとお笑いをさせていなかったと気付いたという。庄司もそこから素直に品川に感謝を述べることが出来、ネタを書いている品川にドーナツも買ってくれるようになった。今ではお互いの家族同士で食事をするまでになったと話す。

品川庄司が伝えたい教訓。

キーワード
ミキティ
爆笑レッドカーペット
シルベスタ・スタローン

嫌われ芸人・品川庄司先生 コンビは夫婦…崩壊の恐怖 (バラエティ/情報)
00:00~

教訓はどんな些細なことでも言葉で伝えてお互いを褒め合おう。そうすればけなす時間も少なくなると答え、来年には品川庄司でツアーも行うという。

番組宣伝 (その他)
00:02~

ラストアイドルの番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月20日 放送