みんなの疑問 ニュースなぜ太郎 2014年9月13日放送回

『みんなの疑問 ニュースなぜ太郎』(みんなのぎもんニュースなぜたろう)は、テレビ朝日で2013年(平成25年)10月5日から2015年(平成27年)3月28日まで毎週土曜日の6:00 - 8:00(JST)に生放送されていた朝の情報番組・報道番組である。テレビ朝日系列の一部でも放送されていた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年9月13日(土) 6:00~ 8:00
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
06:01~

出演者たちの始まりの挨拶。9月に入り、昨日は少し蒸し暑かったが、やはり季節は進んでいると話し、義純が、城島は8月はとても忙しそうだったという話しをした。

六本木ヒルズ・毛利庭園から中継で、島本真衣が全国と関東の天気予報を伝えた。月曜日が敬老の日のため、全国の天気はきょうから3日分。現在外では雨が降っている。

オープニング映像。

出演者挨拶とトーク。きょうから3連休、残暑がおさまり行楽の秋になったなどと話した。

現在の六本木上空、江の島、隅田川などの映像と各地の気温を紹介した。きょうの天気について、北日本は雷雨への警戒が必要などと話した。

ゲストの生田智子を紹介。連休の予定について、敬老の日には実家に帰りたいなどと話した。

キーワード
敬老の日
六本木(東京)
江の島
隅田川

全盲女子生徒蹴られケガ40代男特定 (ニュース)
06:05~

埼玉・川越市で盲学校に通う全盲の女子生徒が蹴られ怪我をした事件で、44歳の男が特定され書類送検される見込み。盲学校「埼玉県立盲学校塙保己一学園」の校長が取材に答え、点字ブロックの上を歩けば安全と教えている、背後から危害を加えるという犯行は残念などと話した。現場のJR川越駅からの報告では、蹴られる前に杖に誰かがつまずいて転んでいたなどと紹介した。

埼玉・川越市で盲学校に通う全盲の女子生徒が蹴られ怪我をした事件で、44歳の男が特定。女子生徒が取材に答え、公表したのは後輩が同じ思いをしないようになどと話した。「県立盲学校塙保己一学園」では、危害を加えられたら声を出すようになどと生徒に呼びかけている。

キーワード
川越市(埼玉)
川越駅

全盲女子生徒蹴られケガ40代男特定 (バラエティ/情報)
06:15~

埼玉・川越市で盲学校に通う全盲の女子生徒が蹴られ怪我をした事件で、44歳の男が特定。女子生徒が取材に答え、「白杖」に対する理解がない、目の代わりに振って歩いていることを理解してほしいなどと話した。日本盲人会連合・鈴木孝幸氏が取材に答え、近年は「歩きスマホ」によるトラブルも多いなどと語った。

視覚障がい者に対する暴力事件は増えているという。今年4月には神戸市のスーパーで全盲の女性が殴られ顔を骨折。44歳の男が傷害の疑いで逮捕された。

今年7月下旬には、さいたま市で全盲の61歳男性が連れていた盲導犬が体の数か所を刺される事件が発生。男性が取材に答え、事件が起きてから人間不信になったなどと話した。警察は器物損壊罪の容疑で捜査を進めている。

被害にあった女子生徒は盲導犬の事件について、散歩の犬とは違い「目」としての役割を持っていることを理解してほしいと話した。

スタジオから、視覚障がい者が使用している「白杖」について解説。安全のため折れやすいように出来ており、日本点字図書館によると多い人で1年で5本折れることもあるという。

キーワード
川越市(埼玉)
川越駅
白杖
歩きスマホ
神戸市(兵庫)
さいたま市(埼玉)
日本点字図書館

今週の雑誌 気になる記事はどれ太郎 (バラエティ/情報)
06:21~

コーナー説明。今週発行の雑誌の話題の記事からキーワードを紹介して解説する。「東急百貨店 本店 丸善&ジュンク堂」の売り場の映像を紹介した。

デング熱に関する週刊現代の記事を紹介。きのう21時までに17都道府県・114人の感染者が確認され、うち6人は代々木公園を訪れていないことがわかっている。記事では重症化した場合の「デング出血熱」について特集している。「がん・感染症センター東京都立駒込病院」・森武生医師、長崎大学熱帯医学研究所・森田公一所長らの解説を紹介した。同じ出血熱である「エボラ出血熱」は、アフリカで流行しWHOによると現在まで2400人以上が死亡している。デング熱の方が世界的な感染・死亡者数が多いといい、中国では去年581人が感染(国立感染症研究所)。ブラジルでは2011年に半年間で71万人が感染、310人が死亡している(外務省)。

デング熱の予防について、蚊にさされにくくする方法を害虫防除技術研究所・白井良和氏に聞く。白や黄色などの明るい色の服を着る、肌に密着する服ではなくゆったりした服を着るなどのポイントを紹介した。その他、白と黒のボーダー柄なども要注意という。「バーベキュー」にも蚊を引き寄せる要因があるという。

キーワード
デング熱
週刊現代
デング出血熱
エボラ出血熱
国立感染症研究所
WHO
中国
ブラジル
バーベキュー

今週の雑誌 気になる記事はどれ太郎 (ニュース)
06:28~

バーベキューの現場から、蚊を引き寄せる要因となるものを紹介。「炭酸飲料」は要注意といい、飲むと口から二酸化炭素を多く吐き出すため蚊を寄せ付けるという。他にもサンダル履きは足のニオイが蚊を寄せ付けやすい、靴下の上から虫除けスプレーをかけると効果的などと紹介した。

虫除け対策についてトーク。二酸化炭素が蚊を引き寄せるとの話題について、二酸化炭素を吐き出しながら蚊を捕獲する機械が昔あったなどと話した。

続いて週刊朝日から、「“頂上にいかない”秋の富士」。富士山の頂上まで登らずに山の景色を体験する方法もあるという。登山家・野口健氏は山のシーズンでなくても登れる「五合目から下」のハイキングを高齢者向けにも推奨している。

富士山の五合目から下で楽しめる秋の穴場ハイキングを、山岳ガイドの木風舎・橋谷晃さんと歩く。富士山駅で待ち合わせ、富士スバルライン3合目から奥庭までの精進口登山道を歩いた。今年生えたばかりのコメツガの芽、映画「もののけ姫」を思わせるコケの森などを紹介した。

富士山の精進口登山道を歩く。偶然すれ違った富士山自然解説員の人が、ハイキングには最適だがあまり知られていないなどと解説してくれた。秋が深まると紅葉も楽しめるという。

キーワード
デング熱
バーベキュー
週刊朝日
富士山
野口健氏
富士スバルライン
精進口登山道
もののけ姫

今週の雑誌 気になる記事はどれ太郎 (ニュース)
06:38~

富士山の精進口登山道を歩く。ゴールの奥庭荘近くでは、秋にかけてしか見られないという赤富士も見ることができた。さらに奥庭遊歩道を進むと展望台から絶景が見られるという。山小屋の「松茸定食」を紹介した。展望台からは夕方になると、運が良ければ雲海を見ることができる。帰りは山小屋から富士山駅に路線バスが出ているので安心。

富士山のハイキングを振り返ってトーク。ガイドの人と一緒に登るとより楽しめるなどと話した。生田智子は「最近高尾山に登ったくらい」と話した。現在の山中湖から望む富士山の映像などを紹介した。

続いて週刊新潮から「昏睡強盗・声優のアイコ」の話題。逮捕された先の原宿署で妊娠が発覚したと報じられた。今週水曜日に東京地裁で初公判が行われたが、被告は容疑を否認。フェイスブックによる被告の写真などを紹介した。被告は戸籍上は女だが普段は男として生活、公判でも「僕」「俺」などと一人称を使い分けた。被告を自主制作に起用、半年間同居もしていたという映画監督・ギー藤田氏は、妊娠の報道に驚いたと話した。

キーワード
精進口登山道
富士山
松茸定食
雲海
山中湖
高尾山
週刊新潮
東京地裁
フェイスブック
ギー藤田氏

今週の雑誌 気になる記事はどれ太郎 (ニュース)
06:47~

「昏睡強盗・声優のアイコ」が公判中に妊娠発覚。週刊新潮による記事、フェイスブックによる写真などを紹介した。被告は性同一性障害であることを表明しており、女の戸籍を持ちながら男として生活。知人のギー藤田氏も「自らの意思で男性と関係をもつとは考えにくい」と話す。

公判中に出産を行う場合の事例について、若狭勝弁護士に聞いた。出産する場合は一時的に勾留を解き、外の病院などで出産するという。その後裁判で実刑となれば女子刑務所に服役、最長1歳半までは育児室などで育児を行うこともできるという。「昏酔強盗・声優のアイコ」の事件への影響については、妊娠したこと自体が被告の「自分は女性のふりをしない」という主張に影響を与えると話した。

キーワード
フェイスブック
週刊新潮

ASKA判決 懲役3年執行猶予4年 (ニュース)
06:50~

ASKA被告が覚せい剤の公判で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決。新宿・歌舞伎町では薬物を売ったとされる、住吉会系「二代目大昇会」などの暴力団事務所に捜査が行われた。同居の女の第2回公判も行われ、女は自分でなくASKA被告が薬物を投与したなどと主張した。

ASKA被告が覚せい剤の公判で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決。判決公判はきのう東京地裁で行われ、被告は直立不動で判決を聞いたという。判決後、被告は文書でコメントを発表した。コンビを組んでいたChageも公式HPでコメントを発表した。

ASKA被告の愛人の女の第2回公判は今週火曜日に行われた。2人の主張にはこれまで食い違いも見られた。

ASKA被告の愛人の女の第2回公判は今週火曜日に行われた。女はこれまで第三者が自分に覚せい剤を投与したと主張していたが、公判ではこれをASKA被告であると断定し、「宮崎重明」の本名を用いて糾弾した。ASKA被告本人は公判でこれを否定していた。

ASKA被告と愛人の女の関係については、ASKA被告側は「大事な存在」と発言、「好きだということ」と聞かれ肯定した。女側は今年4月のメールのやりとりを挙げて覚せい剤を飲まされたと主張、プライバシーの暴露が「決別の意思」と報じられた。

ASKA被告と愛人の女の間には、女の自宅での覚せい剤検出についても主張の食い違いがあるという。女側はASKA被告が目の前で吸っていたと主張、「ハーブと説明されていた」として覚せい剤とは知らなかったとしている。ASKA被告はこれを否定していた。

ASKA被告と愛人の女の公判について、双方の公判を傍聴した真鍋由記者を迎えトーク。ASKA被告については、第1回公判では何を聞かれるかわからず緊張していた、判決公判では直立不動で目をそらすことがなかったなどと語った。愛人の女については、第1回公判では華やかな服だったが第2回では黒い服に着替えた、表情は思いつめたような印象だったなどと語った。ASKA被告の判決について、執行猶予の期間「4年」は初犯としては異例の長さなどと紹介した。

ASKA被告の芸能界復帰への道について、みといせい子、阿部公輔、比留間正明の3人が対談。「歌手として再起できるのか」を聞くと、みといせい子は「△」、阿部公輔・比留間正明は「○」を挙げた。音楽家としての実力は十分との声が聞かれたが、みといせい子は薬物の依存が抜けないのではと話した。

ASKA被告の家族との関係について、公判では妻からの手紙を聞いた後に被告から愛人への未練も聞かれたと紹介。「家族は被告を支えていく?」との質問には阿部公輔が「△」、残り2人が「○」を挙げた。3人の対談では、公判中に家族の存在を印象づけなかったのも妻の働きがあったはずなどの意見が聞かれた。

ASKA被告の薬物依存について、公判では「やめられない」と現在形で発言。暴力団関係者とのつながりなども明らかになった。続いて3人に復帰の時期について聞く。

キーワード
ASKA被告
歌舞伎町(東京)
二代目大昇会
東京地裁
Chage
宮崎重明

ASKA判決 懲役3年執行猶予4年 (ニュース)
07:14~

ASKA被告の復帰の時期について3人に聞く。阿部公輔氏は「早くて来冬も」と答え、12週間の治療プログラムと13か月の施設での治療を終えてすぐの活動もあると話した。肥留間正明氏は「復帰まで2年」と答え、愛人の女の裁判の展開にもよると語った。

ASKA被告の意見陳述、判決後のコメントを並べて紹介。公判では「ファンの皆さま、関係者の皆さま」に3回呼びかけていたが家族という言葉がなかった、判決後のコメントでは初めて家族という言葉が出てきたという。トークでは、弁護士との相談の上でのコメントの可能性もある、被告本人にも家族の大切さに気づいてほしいなどと話した。覚せい剤での逮捕者の再犯率は63%、50歳以上に限れば80%近くとなるとのデータもあるという。

キーワード
ASKA被告

コンビニ土下座強要 4人逮捕の一部始終 (ニュース)
07:18~

大阪のコンビニエンスストアで店長らを恐喝し土下座させた男女4人が逮捕された事件で、男らは土下座の様子を撮影し、YouTubeで公開していた。この映像を専門家が検証すると、複数の罪に問われる可能性があるという。

キーワード
YouTube
大阪
恐喝

コンビニ土下座強要 4人逮捕の一部始終 (ニュース)
07:22~

大阪・茨木市のコンビニエンスストアで店長らを恐喝し土下座させた男女4人が逮捕された。8日未明に4人が来店、ペットボトルに水を入れるよう店長に求めたが店長は拒否したため口論となったが店側が通報、警察の到着で事態は収束したという。しかし午前3時に容疑者のひとりが再び来店、この時に店長が濡れた手で携帯電話を取り上げようとしたため更にトラブルが発展。午前6時ごろに複数人来店、約7時間店側に因縁をつけたという。

YouTubeに公開されたこの事件時の映像で、店長に飲み物を投げつけている行為が威力業務妨害罪や暴行罪、「車で突っ込むって言ってるで」というような言葉から脅迫の罪に問われる可能性がある。

YouTubeの映像から検証。土下座をさせて謝罪を要求し続けていることから「強要罪」、店長が濡れた手で触った携帯電話を弁償させようと要求していることから「恐喝」が成立すると思われる。更にたばこを持ち帰っており、恐喝が既遂として成立している。また、土下座以降の一連の行為は「威力業務妨害罪」が成立するという。この後店側は警察に被害届を提出した。

10代女性が撮影した映像を動画サイトへアップしたことが逮捕のきっかけとなった。動画をめぐりネット上は大炎上、恐喝が行われた翌日の朝に容疑者ふたりが地元警察を訪れ、「炎上して怖くなった、警察の動きを探りたかった」と話したという。おととい午前には39歳女と10代の娘が出頭、恐喝の容疑で逮捕された。母親は容疑を否認している。

ケネス・ペクター氏は「テロリストみたいなもの、怖い」としながらもメディア・プロデューサーの立場で見たら「自分で警察に行って自首しているのは面白い展開」とコメントした。マンスール・ジャーニュ氏は、「季節の変わり目に変わった人が出てくると聞くが、そういうことと思った」、カリン・プペ氏は「最近は変なことになればなるほどネット上で人気が出る」とし、フランスにはコンビニがないと話した。

スタジオで事件の経緯を整理。男らが警察を訪れたのは、自首ではなく探りに行ったそうで、そのときに事情を聞かれ逮捕されたという。石原良純は、何がしたかったのかわからないとコメントした。

キーワード
YouTube
恐喝
茨木市(大阪)
強要罪
威力業務妨害罪

スポット

スクール/教育

埼玉県立盲学校塙保己一学園
県立盲学校塙保己一学園

レジャー/交通

毛利庭園
代々木公園
富士山駅
六本木ヒルズ
木風舎

事件/事故/災害

外務省

政治/経済/地方自治体

長崎大学熱帯医学研究所
原宿署

旅行

奥庭荘

福祉/介護

日本盲人会連合

美容/健康/医療

がん・感染症センター東京都立駒込病院

趣味/スポーツ

東急百貨店 本店 丸善&ジュンク堂
  1. 前回の放送
  2. 9月13日 放送
  3. 次回の放送