相葉マナブ 『マナブかまどごはん!新米収穫・炊き込みご飯SP』絶品料理に感動!

相葉マナブ(あいばマナブ)は、テレビ朝日系列で2013年4月21日から、毎週日曜日18:00 - 18:30(JST)に放送されているバラエティ番組である。相葉雅紀の初冠番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月23日(日) 18:00~18:30
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

今回は南房総で300年続く農家・稲葉さんの田んぼでお米の収穫を学ぶ。さらに、昔ながらのかまどを使って絶品釜飯を調理。

300年農家で釜飯を学ぶ! (バラエティ/情報)
18:00~

まずは稲刈りマシンを使って新米の収穫に挑戦。バインダーというマシンは刈った稲を紐で縛って束にしてくれる優れもの。刈り取った稲は1週間ほどかけて天日で乾燥させた後、脱穀機で籾と稲わらに分別。専用機で籾殻を取り、未成熟米を取り除いて玄米に。玄米を精米機にかければ完成。

新米の収穫を終え、まずはかまどで白米を炊くことに。研いだお米には氷を入れることで温度が緩やかに上がり、米の甘みが増しモチモチ食感になるのだそう。かまどは300年続く農家にある三代目を使用。火力の強い竹を使って炊く。

農家のかまどで炊いている白米を稲葉さんに任せ、3人は奥様から枝豆の釜飯を教わることに。畑で収穫した枝豆のさやを水洗いし、塩で揉んでから5分茹でる。氷水で冷やし、豆を取り出す。釜にお米と昆布ダシ、氷、塩を入れ、最後に枝豆を投入。用意したかまどで火にかけた。

続いてはトマトと玉ネギの釜飯を調理。玉ネギは根元を取って6等分に切れ込みを入れる。トマトもヘタを取って十字に切れ込み。釜に白米と水、コンソメ、塩、コショウを入れて混ぜたら先ほどの玉ネギとトマト、氷を投入。火にかけたら30分炊き、10分蒸らす。

先ほど炊いた白米が完成。真ん中の部分はトロと呼ばれているそうで、釜の中をかき混ぜる前にトロを堪能した。

続いてはさんまの釜飯を調理。さんまは腹わたをとり、アタマと尾を落として半分にするだけ。骨は旨味が出るため取らずにそのまま。釜に米と水、醤油、みりん、酒、塩を入れたらさんまを乗せ、臭み取りにショウガも投入。最後に氷を入れて火にかける。

ここで枝豆がどっさり入った釜飯が完成。炊きたてを味わい、皆で「うまい!」と絶賛した。

トマトと玉ネギの丸ごと釜飯も完成。トマトからたっぷり出汁が出て美味しい、リゾットみたい、卵で包みたくなるなどと話した。

麻婆ナスで釜飯に挑戦してみたいという相葉。まずは普通に麻婆ナスを作り、釜に入った米と水の上に投入。氷も入れて火にかけた。

最後は手羽先の釜飯を調理。手羽先骨を引き抜き、調味ダレに30分漬け込み下味をつける。しっかり味がついたら米の上に並べ、漬け込んだ調味料を加える。さらにバターを乗せた上から水と氷を投入。最後に農家さんのかまどで火にかけた。

さんまの釜飯が炊きあがった。大きい骨だけを取り除き、お米と混ぜ合わせたら完成。炊きたてを味わった相葉たちは「うめえ!」「とろとろ!」「さんまの身がソース」などと大絶賛。

麻婆ナス釜飯の出来栄えは?

キーワード
枝豆
トマト
玉ネギ
コショウ
さんま
ナス
ネギ
豚肉
豆板醤
麻婆ナス

300年農家で釜飯を学ぶ! (バラエティ/情報)
18:22~

麻婆ナスの釜飯も完成。炊きたてを味わった相葉たちは「うまい、ちゃんと麻婆の味がする」などと意外にも好評だった。

トリを務めるのは手羽先の釜飯。

キーワード
ナス
豚肉
麻婆ナス

300年農家で釜飯を学ぶ! (バラエティ/情報)
18:26~

最後に手羽先釜飯が完成。蓋を開けた瞬間からバターと醤油の香りが広がり、味も抜群だった。渡部は「ベースの新米がやっぱり抜群に美味しい」とコメント。

キーワード
手羽先

エンディング (その他)
18:27~

釜1グランプリの結果は全部甲乙つけがたい、ドローなどとトーク。

「相葉マナブ」の次回予告テロップ。

番組宣伝 (その他)
18:27~

「イチから住〜前略、移住しました〜」の番組宣伝。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月23日 放送
  3. 次回の放送