よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 2012年2月26日放送回

放送日 2012年2月26日(日) 14:00~15:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
14:02~

よゐことペンギンの着ぐるみを着た鈴木福くんが、冬の旭川動物園を訪れた。

今回の放送内容をダイジェストで放映した。

キーワード
ペンギン

よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 (バラエティ/情報)
14:03~

去年はキングペンギン、イワトビペンギン、ジェンツーペンギン、フンボルトペンギン全てにヒナが産まれた。ちなみにキングペンギンのヒナは体が茶色いという。有野はヒナを観察するため、ペンギンのえさやりを協力することに。旭山動物園ではえさをやる際、ビタミン剤を魚のエラに隠している。こうすることで、食べるとき落ちるのを防ぐのだという。

赤ちゃんを観察する有野だが、親子の背丈にさほどの差がないのに気が付く。飼育委員の話によると、ペンギンは生まれてから1年は親と模様が違うので、それで見分けをつけるのだという。有野は赤ちゃんを観察し、各ペンギンの親子をイラストで描き分けた。それを元に、濱口と福君に赤ちゃんを当てるクイズを出題した。

濱口が閉園中に手伝ったのは、あざらし館の大掃除。年に3回、水を全て抜いて行うという。掃除中、あざらしに触れようとした濱口に対し、飼育委員の白木さんが「野生動物は他の生物に触られるのを嫌う」と注意した。

荒川に姿を現したアザラシのあらちゃんよろしく、哺乳類のアザラシは人間と同じ肺呼吸なので海水でなくても生きていけるとのこと。それを知った濱口が作成したのは、アザラシの呼吸に関するクイズ。

濱口が出したクイズは「アザラシは水の中で寝るのにどうして溺れないの?」。その答えを探るため、一行は屋上へ向かうことに。屋上には、ゴマフアザラシの野生環境に近づけるため、プールを凍らせた流氷ひろばがある。流氷ひろばで観察している内、アザラシの鼻が閉じていることが分かる。濱口曰く、普段は鼻を閉じているから、眠っていても水が入ってこず、溺れないのだという。

アザラシの呼吸について、番組は旭山動物園の坂東園長にインタビュー。坂東園長いわく、アザラシの鼻は意識しないと開かないのだという。アザラシは一度の睡眠に20分から30分ほど睡眠をとり、その間水中でじっとしているため、時折観客から「死んでいるのでは」と聞かれることもあるとか。

去年11月、旭山動物園でエゾヒグマのとんこが双子の赤ちゃんを出産。男女の双子で、それぞれ大ちゃん、雪ちゃんと名付けられた。エゾヒグマの繁殖は旭山動物園初で、双子揃っての展示は全国的にも珍しいという。

果たして 濱口の考えたアイデアは!?

3人がまず訪れたのはぺんぎん館。トンネル状の水槽越しに泳ぎ回るぺんぎんたちを見て、福君は「僕も自由に飛んでみたい」と語った。

ガイドブック作りが始まったのは、去年11月。定休日のない旭山動物園では、冬支度と大掃除の為、約2週間閉園する。この閉園中こそ飼育員にとってもっとも過酷な時期で、よゐこの二人もさる山の床一面に敷き詰められた木製チップを取り除く作業を手伝った。作業は1時間ほどで終わったが、水を含んだチップを大量にトラックへ運ばなければならないのでかなりの重労働。終わったあと、有野は音をあげていた。

引き続きペンギンの赤ちゃんあてクイズ。有野の豆知識によるとキングペンギンのくちばしのプレートは年に1度生え変わるという。クイズの後、福君はフンボルトペンギンに似ているとしてケープペンギンの名前を出した。

ついで訪れたのはアザラシ館。アザラシ館の中には、流氷の隙間を縦に泳ぐアザラシの習性を生かしたマリンウェイという監察スポットがある。

閉園中、ヒグマの赤ちゃんの元へと向かった濱口。そこで気に登る子グマを目撃し、もうじゅう館担当の飼育員高橋伸広さんから「ヒグマが木登りをするのは子供のうち」だという話を聞かされる。なんでもヒグマは人間よりキノボリが上手で、秋になると木に登って果実や木の実、鳥の巣の卵を食べることもあるという。そんなヒグマの習性を知って、濱口は新しく行動展示施設づくりに携わらせてもらうことに。園長のアドバイスを受けて、「くまの能力が発揮でき」「動機づけがあり」、くまが生き生きして見える施設の開発に挑戦した。

キーワード
あらちゃん
ぺんぎん
さる
大掃除
イワトビペンギン
ジェンツーペンギン
フンボルトペンギン
キングペンギン
ケープペンギン
あざらし
アザラシ
荒川
志木市(埼玉)
ゴマフアザラシ
ヒグマ
エゾヒグマ
木登り

よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 (バラエティ/情報)
14:26~

小林機械鉄工の日野点氏、山田純久氏協力の下、今年1月に完成。問題となっていた隙間の幅は5.5センチに設定された。出来上がった檻の中に設置し、クマたちの様子を見ることに。はたしてクマたちは喜んでくれたのか。結果はCMの後。

濱口が提案したのは、檻の中に餌を入れ、それを取り出させる装置。園長も賛成したが、一つ課題がある。檻の隙間の幅が狭くても広くてもダメだという。

キーワード
クマ

よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 (バラエティ/情報)
14:31~

結果、濱口の作った装置に対し、熊は強い興味を示した。また装置が檻に貼りつけられているため、観客は檻に張り付いて餌を取ろうとする熊の姿を余すところなく観察でき、園長も「うまくいき過ぎたくらいだ」と喜んだ。ちなみに、飼育員の高橋さんによると、ヒグマの主食は山菜や果実で、肉はめったに食べず、事故死した鮭を食べるヒグマもごく一部だという。

去年5月、旭山動物園狼の森に3匹の赤ちゃんが誕生した。母狼マースが献身的な子育てを行い、3匹はすくすくと成長。半年後、親と同じくらいの大きさになった所で、有野がガイドブックの作成を行った。ガイドブックに書かれているのは狼たちの見分け方。このガイドブックを元に、どれがどの狼かを見分けるクイズが行われた。

次に観察するのは総合動物舎のキリンたち。園長によると、キリンの妊娠期間は15ヶ月で、赤ちゃんの慎重は約180センチほどだそう。塩からミネラルを得たり、走り方がギャロップ走りという、普段注目して見ない場所の説明を受け、濱口はクイズを作成。睡眠時間とキリンの歩く際の足の出方について出題した。ちなみに睡眠時間の解答は1回に数分から数十分。歩き方についてはCMのあと。

キーワード
オオカミ
キリン

よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 (バラエティ/情報)
14:49~

次に有野担当のレッサーパンダの生態クイズ。レッサーパンダとジャイアントパンダの豆知識を教わる。

続いて有野がレッサーパンダのエサの準備を手伝うことに。メインのエサのペレット(草食動物用)は人が食べてもおいしいとのことで試食。そしてエサのうちの1つの竹は1年中新鮮なものを京都から取り寄せているとのこと。その後は室内へ収容のお手伝いに移動。有野はレッサーパンダの見た目だけではない魅力に気づく。

そして気づいたレッサーパンダの発見の数々をイラストを用いてクイズに。イラストを見ながら観察してクイズに答える福くん。エサを食べる時のしぐさを思い出すもはずれてしまった。レッサーパンダの生態を勉強し、どんどん次に進む。

そして出題された最後のキリンクイズ。キリンの歩き方について聞かれ、福くんは見事正解。キリンは側対歩という歩き方をする。そしてキリンの反芻におもしろいと喜んだ。

次は濱口担当のチンパンジー。ちんぱんじー館に移動し、エサを食べる様子を観察。チンパンジーたちが風邪予防にと食べていたエサがネギであったことに驚く一同。濱口は以前中に入って世話をしたときの事を語った。

「怖い目に遭った」と話す濱口が手伝ったのはちんぱんじー館の掃除。チンパンジーは作業着を見て判断し、からかっていたという。室内にはいった濱口にずっと威嚇し続けるチンパンジー。 そしてチンパンジーも人間の言葉を理解していることに驚いた。

そしてチンパンジーについてイラストによるまちがい探しを出題。

てながざる館に移動した一行。そこにいたテナガザルの家族だが、赤ちゃんはいるものの、母親がいないようだ。2010年の6月に赤ちゃんが生まれ、その後片時も側を離れずに子育てをしていた。

赤ちゃんガイド作りのため、有野はてながざる館へ。まずは掃除&エサの準備をお手伝い。テナガザルたちに人気のエサはバナナで煮干しはあまり人気がないようだ。

そして飼育員から赤ちゃんザルのマモルには悲しい出来事があったと聞く。実はマモルが8ヵ月の時、母親のシラコが病気で急死。以来父親のテルテルが代わりに子育てをしているのだという。

そしてテナガザル親子を見ながら福くんとお父さんの話も。マモルは父のテルテルに育てられ、元気に育っているとのこと。

キーワード
レッサーパンダ
キリン
チンパンジー
ジャイアントパンダ
京都
テナガザル
バナナ
煮干し
ネギ

よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 (バラエティ/情報)
15:11~

クイズを出された福くん。クイズに答えている間、福くんもチンパンジーの洗礼を受けてびっくり。福くんはクイズを難なくこなし、観察の仕方もうまくなっていると言う2人。

このあとは、ペンギンの散歩で大興奮!福くんが決定的瞬間を目撃する。

続いてやってきたほっきょくぐま館。福くんはホッキョクグマをどうしても見たかったのだという。3人はその迫力に息をのむ。

キーワード
チンパンジー
ペンギン
ホッキョクグマ

よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 (バラエティ/情報)
15:17~

福くんが楽しみにしていたというペンギンの散歩。ここにも驚きの習性が隠されているという。親が海にエサを取りにでかけると赤ちゃんペンギンたちは固まって帰りを待つという。そして親ペンギンが赤ちゃんペンギンにエサを与える決定的瞬間を見ることができた福くん。

福くんも大満足のガイドブックをプレゼント!応募方法はこの後発表。

キーワード
ペンギン

エンディング (その他)
15:20~

エンディング映像。

この番組で使ったガイドブックは園内に置いてあるとのこと。「よゐこの冬こそ楽しい旭山動物園ガイドブック」を20名様にプレゼント!詳しい応募方法は番組ホームページまで。

キーワード
「よゐこの冬こそ楽しい旭山動物園ガイドブック」
よゐこ&鈴木福くんの旭山動物園日記2012 番組ホームページ
  1. 2月26日 放送