朝まで生テレビ! 2014年9月27日放送回

『朝まで生テレビ!』(あさまでなまテレビ)とは、月に一度テレビ朝日(ANN系列)で放送されている、政治関連を中心とする討論系深夜番組である。略称は『朝生』(あさなま)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年9月27日(土) 1:25~ 4:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:25~

オープニング映像。

今月11日、朝日新聞社長が吉田調書に関する記事の誤報・取り消しや慰安婦問題による批判についての謝罪会見を行った。今回は「慰安婦問題とメディアの責任」について討論する。

渡辺宜嗣らによるオープニングトーク。今回のテーマは「慰安婦問題とメディアの責任」。当時の新聞記事を交え、朝日新聞社長による吉田調書や慰安婦問題の謝罪会見について解説。

視聴者からの質問・意見を受け付けている、電話・FAX番号・ツイッター、番組ホームページを紹介。今回の番組からの質問は「メディアに期待することは?」。

平沢勝栄議員や秦郁彦など本日のパネリストを紹介。司会の田原総一朗は慰安婦問題や吉田調書が新聞で取り上げられた事に触れ、朝日新聞は一体どうなっているのかと思ったなどと話した。

キーワード
朝日新聞
吉田調書
慰安婦問題
朝まで生テレビ
ツイッター

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
01:35~

MC・田原総一朗や平沢勝栄らパネリストが「“慰安婦問題”とメディアの責任」について討論。朝日新聞社長の謝罪会見について山田厚史は「記者が自分の意見を言うのは珍しい」と述べ、「社長は謝罪する問題を間違えた。社長として問題視しなけらばいけないのは池上問題と慰安婦問題」と指摘。さらに池田信夫は「会見では強制連行はなかったと断定していたが、それに対して訂正してなかったのが疑問に感じる」、長谷川幸洋は「新聞は独立性が命」だと述べた。

また、山際澄夫は「社長の謝罪会見は謝罪になっていない。従軍慰安婦について間違った情報が世界中に発信されて日本が苦境に立っている」と指摘、この問題を朝日新聞が報道したのにもかかわらず、テレビ朝日は報道していなかったとメディアの責任について熱弁。

吉木誉絵は「読者の皆さんに謝罪すると言っていたが、事実関係がはっきりしてないのにもかかわらずこの表現に違和感を覚えた」と述べた。また、青木理は吉田調書誤報問題について「非常に優れたスクープだが、公開された情報に疑問を持った」。平沢勝栄は「マスコミも間違うことがあるが、その後の対応で国民の信頼が決まる」、長谷川幸洋は原発に関する著書を例に「最初から東京電力などが原発を動かす資格が無いというスタンスで報道している」と述べた。

キーワード
朝日新聞
吉田調書
慰安婦問題
従軍慰安婦
東京電力

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
01:58~

MC・田原総一朗や平沢勝栄らパネリストが「“慰安婦問題”とメディアの責任」について討論。吉田所長調書誤報問題について大塚耕平は「自ら取材して事実関係を明らかにするのが本来の報道」、「誰かがリークしたというのを徹底的に調べるべき」と指摘、青木理は「他の各報道も問題を矮小化してしまったのはとても残念」などと述べた。

また、山田厚史は「あの記事は逃げたとかではなく、所長の思いが伝わらなかった」、早野透は「あの記事は間違い。東日本が壊滅するかもしれないことが問題で様々な状況があったことを汲み取らないといけない」、青木理は「なぜこの見出しになったのか?吉田調書の本質とは別の物となり、権力闘争だ」などと述べた。

従軍慰安婦の問題について秦郁彦は「第一の功績は韓国人記者で数年前から虚偽ということを書いていた」、池田信夫は「この問題を取材した際、福島みずほがこの問題を売り込みに来た」と打ち明け、「強制連行された人が一人も出てこなかった」と述べた。

視聴者からの質問・意見を受け付けている、電話・FAX番号・ツイッター、番組ホームページを紹介。今回の番組からの質問は「メディアに期待することは?」。

吉木誉絵は「当時の記事の東京版には「挺身隊」という言葉が削除され、女性の証言では挺身隊であるということは一言も言っていない」と指摘、秦郁彦は「当時のテープを聞かせてもらったが、現場取材をしていないのでスクープとはいえない」、山際澄夫は「当時の記事には経緯が記されておらず、都合の良い所だけを取り上げている」と述べると田原総一朗は「記事が問題なのではない。事実がわかった際に修正しなければならない」と述べ、池田信夫が取材した際のエピソードとともに「最初から作り話だった」と指摘。

田原総一朗は「この際の一番の問題は挺身隊と従軍慰安婦の取り違い」と指摘。池田信夫は「元々のテープと取り上げられた記事では違うことが記されていた」と取材の詳細を述べた。これに対し長谷川幸洋は「録音テープしか聞いてないのにどうして記事がかけるのか?そして16回も記事にしているのに気づかなかったのか?」と主張した。

キーワード
吉田調書
慰安婦問題
朝まで生テレビ
ツイッター
福島みずほ
従軍慰安婦

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
02:33~

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
従軍慰安婦

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
03:00~

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
従軍慰安婦

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
03:20~

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
従軍慰安婦
河野談話

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
03:40~

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
従軍慰安婦
河野談話
吉田調書
朝日新聞

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
04:02~

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
従軍慰安婦

激論!“慰安婦問題”とメディアの責任 (バラエティ/情報)
04:18~

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
従軍慰安婦
  1. 前回の放送
  2. 9月27日 放送
  3. 次回の放送