朝まで生テレビ! 2014年3月1日放送回

『朝まで生テレビ!』(あさまでなまテレビ)とは、毎月最終金曜の翌日土曜未明(元日のみ曜日に関わらず毎年必ず放送する等、一部例外放送回もあり。)に テレビ朝日系列(ANN系列)で放送されている、政治関連を中心とする討論深夜長寿番組である。略称は『朝生』(あさなま)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年3月1日(土) 1:25~ 4:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:25~

オープニング映像が流れる。福島の人々が抱える思いや、福島第一原発の現状などにせまり、福島から何を学ぶべきなのかを議論する。

村上祐子らが挨拶し、パネリストを紹介した。今回のテーマは「福島の再興」と「原発再稼動」。エネルギー基本計画が話題に上がり、田原総一朗は「数値が何も入っていない」など見解を示した。

佐々木亮太が、福島からもスタジオに足を運んでくれていると話した。「原発再稼動に賛成?反対?理由も」・「福島復興と原発事故風化を防ぐためにすべき事は?」が今回の質問で、視聴者からの回答を受け付けている。電話番号は0570-02-0570、FAXは0570-02-0580。詳しくは「朝まで生テレビ!」を検索。

キーワード
福島県
朝まで生テレビ!

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
01:34~

松井康真が福島第一原発の現状を解説。停電が起こった際の現場の状況や、汚染水タンクの状態を、模型や映像を添えて説明した。

汚染水タンクのバルブがしめられていた問題があがる。田原総一朗は「故意なのではないか」と示した。木元らが、[その可能性も否めないと聞く」などと話した。

木幡ますみが、仮設住宅の現状を語り、「押入れがダメになった」などと明かした。木元は「事業をする方たちの確保ができない」と述べた。木幡は「町会議員もまわってこない」などと語り、「役場の職員はどんどん辞めていく」と述べた。上國料は「現場のひとは頑張っているが、具体的な案件が増えてきている」と延べ、「高齢者が仮設から出られない」と話し、田原や木幡らが意見を述べた。

木幡ますみは、農業と塾で生計を立てていた。木幡は、「帰りたいとは思わない」と述べた。清水は、「帰還か移住か避難を続けるか、決断しないといけない」と示した。田原は、「何が悪いから上手くいかないんだ」と述べた。松井は「木幡さんが悪いとは思えない。県や町に問題があるのでは」と述べ、飯田らと田原が意見を戦わせた。田坂は、日本の行政の縮図だと示した。木幡は、「大熊町から住民票がなくなれば、過程が消えてしまう」と訴えた。

キーワード
大熊町(福島)

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
01:57~

スタジオに参加していた森園和重は、「国が指針を出せば動ける」と述べ、田原が「指針て何」などと反論した。田原は「こういうことははじめから予想できたのに対策ができていない」と示した。田原はパネリストらの意見を聞きながら、誰が悪いのかを追及した。田坂は「従来の法律の体系では対応できない」と見解を示した。

木幡ますみは、原発で起きた事故が人為的なものだという噂を聞くと明かし、帰りたくないと思っている人が9割を占めると述べた。こどもがいる若者は、放射線のない遠くへ行きたがっている。田原が「どの程度除染したらいいのか」を提起し、澤田らが意見を戦わせた。

「原発再稼動に賛成?反対?理由も」・「福島復興と原発事故風化を防ぐためにすべき事は?」が今回の質問で、視聴者からの回答を受け付けている。電話番号は0570-02-0570、FAXは0570-02-0580。

行政の不信感が話題に上がる。田原は原子力規制委員会に不満を示し、澤田は「霞ヶ関のやりかたでしょうね」と述べた。田原は、「原子力規制委員会は取材を拒否し、国民と接するのを拒んでいる。これじゃあ信頼なんか得られるわけ無い」と語った。飯田は「正確なデータを取ろうという姿勢がそもそも無い」と指摘した。

キーワード
福島県
原子力規制委員会

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
02:27~

「原発再稼動に賛成?反対?理由も」・「福島復興と原発事故風化を防ぐためにすべき事は?」が今回の質問で、視聴者からの回答を受け付けている。電話番号は0570-02-0570、FAXは0570-02-0580。

チェルノブイリ原発と福島第一原発が話題に上がる。東浩紀は、チェルノブイリを訪れた際、日本の報道は大げさだと怒られたと明かした。東は、「住みたいと思っている人を支援するのも務めなのでは」と述べた。飯田は「福島はきちんとしたデータをとっていない」と指摘し、田坂らが意見を述べた。池田は、「チェルノブイリの教訓は、直接な被害ではない」と示し、議論を戦わせた。

「朝まで生テレビ!」の番組宣伝テロップ。

木幡ますみは、放射能の怖さが何もわからないことが不安と述べた。田原や清水は、自分で勉強するしかないと反論した。澤田は、説明の機会が無かったのは政府の怠慢だと示した。池田は、「福島の問題と放射線量の健康被害は分けて考えたほうがいい」と述べ、「不安を煽るひとがいるせいで死ぬひとが出ている」と話し、議論を戦わせた。

キーワード
福島県
チェルノブイリ原発

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
02:49~

「原発再稼動に賛成?反対?理由も」・「福島復興と原発事故風化を防ぐためにすべき事は?」が今回の質問で、視聴者からの回答を受け付けている。電話番号は0570-02-0570、FAXは0570-02-0580。

「朝まで生テレビ!」の番組宣伝テロップ。

東浩紀は、福島第一原発とチェルノブイリを観光地化する計画を提案している。東浩紀は、「被災の現場を見てもらうことが大切で、結局は観光の形態の一つ」と説明し、「そこから日本が始まったという施設をつくるべきなのでは」などと話した。

田原総一朗は「ツアーは東電がやればいいじゃん」と述べた。木元は「東電は手一杯」と述べ、「東さんに賛成」と話した。池田や澤田は反対意見を述べ、清水は「地元のひとはそこにいたの?」と指摘した。上國料は、「外から人が来てくれて同じ境遇を共有してくれることは、内部の励みにもなるのでは」と述べた。田原は「福島第一原発を見るのは大事だと思う」と示した。津田は「見てもらうことで当事者になってもらう」と語った。

清水は「福島を観光地にするなら民間の力ではできないことがある」と示し、木元は「国有化すべき」と話した。津田は風評被害を話題に上げ、「百聞は一見にしかず」と観光地化計画の意図を語った。

キーワード
福島県
チェルノブイリ
東電

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
03:14~

エネルギー基本計画案について議論する。田原は「原発をどういうプロセスでどう減らすか全く示していない(朝日新聞)」と述べ、再稼動などを話題に上げた。田坂は「使用済み燃料の長期貯蔵に入って、柔軟な対応策を練るべき」と語った。澤田は「処分できる地盤のある場所は存在する」と反論した。田原は「2000年まで最終処分場は考えてなかったのか」と問い、木元らが議論した。

「原発再稼動に賛成?反対?理由も」・「福島復興と原発事故風化を防ぐためにすべき事は?」が今回の質問で、視聴者からの回答を受け付けている。電話番号は0570-02-0570、FAXは0570-02-0580。

田原は、最終処分の方法は、アメリカ式とフランス式の2種類あると示した。田坂は、「日本は処分を考えずに、回収可能な状態で地下に貯蔵するのはありだと思う」と語った。清水は「利益誘導はやめないと進まないと思う」と示した。飯田は「中間貯蔵なので安全にできる」と示し、池田は「原発の運転を止めても、使用済み核燃料は減らないので、東京が受け入れるわけが無い」と反論した。

核廃棄物の最終処分場に触れる。池田は「貯蔵できるスペースはあるが、政治的には言えなくなっている」と明かし、「建前では無いことになってるが物理的にはある」と示した。田坂は「一度自分の問題として受け入れるべき」と示し、「全ての都道府県が恩恵をうけた分だけ受け入れるなどの法律が必要」と語った。

原発の再稼動が話題にあがる。田原は、エネルギー基本計画に数字が無いことをあげ、「再稼動は原子力規制委員会のインチキなのでは」と問題提起した。

キーワード
エネルギー基本計画
朝日新聞
福島県
東京都
原子力規制委員会
アメリカ
フランス

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
03:40~

原発の再稼動が話題にあがる。池田は「原子力規制委員会は、原子炉の規制を行っているが再稼動を認可する規定は無いと示している」と指摘した。飯田は「必要十分条件の差」だと反論し議論を戦わせ、澤田や清水らが見解を示した。松井は、「実質、再稼動に合格となる原発が出てくる予定」と明かした。

「朝まで生テレビ!」の番組宣伝テロップ。

木幡ますみは、「避難経路が全然できていない」と問題提起した。松井は、「できあがった避難計画が正しいと判断する部署が無い」と指摘した。池田は、「原子力規制委員会が了承しても、山のように課題があり、再稼動できない」と指摘し、「安全審査と再稼動は別問題」と示した。

松井は、「実質、再稼動に合格となる原発が出てくる予定」と明かし、「原子力規制委員会の基準をクリアしたもが合格となる」などと手順を説明した。池田は、「政治家は原子力委員会が承認すれば再稼動できると思っている」と示した。

キーワード
原子力規制委員会

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
04:00~

村上祐子らが「原発再稼動に賛成?反対?理由も」・「福島復興と原発事故風化を防ぐためにすべき事は?」の質問に寄せられた視聴者の回答を読み上げた。スタジオにいる学生は、「もっと皆が福島の現状を受信し、発信してほしい」と述べた。村上祐子は、「情報発信の重要性を感じた」と話した。

東は、「福島を今後どうするかを考えるべき」と示した。清水が福島第二原発に触れ、池田は「法的には国家賠償が必要になる」と示し、「なし崩しに止めるのは、法治国家にあってはならないこと」と語った。津田は、「風化してほしくない思いと、風評被害があるから早く風化して欲しいと思う気持ちをどう満たすかが大事」と述べた。

風評被害が話題にあがる。東は、「福島と一口に言っても多様なので、地元の自治体に任せようという話になるが、この問題を地元の人に考えなさいというのも無責任」と示した。木幡ますみは、「原発に頼って生きていかなければならないと思うと悲しい」と話した。

CMのあとは…アンケート集計結果発表!

キーワード
福島県

激論!福島復興と原発再稼動 (バラエティ/情報)
04:18~

視聴者へのアンケートの結果を発表。「原発再稼動に賛成?反対?理由も」の回答は、賛成が74%、反対が26%となった。池田は「今すぐに廃炉にすれば倍賞がかかる」と述べ、飯田は「廃炉の道筋は立てないといけない」と示した。田原は、「原発はテーマに取り上げないとか、世間がそうなるのが怖いからこの番組ではずっとやる」と語った。

キーワード
福島県
  1. 前回の放送
  2. 3月1日 放送
  3. 次回の放送