朝まで生テレビ! 激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟

『朝まで生テレビ!』(あさまでなまテレビ)とは、毎月最終金曜の翌日土曜未明(元日のみ曜日に関わらず毎年必ず放送する等、一部例外放送回もあり。)に テレビ朝日系列(ANN系列)で放送されている、政治関連を中心とする討論深夜長寿番組である。略称は『朝生』(あさなま)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月29日(土) 1:25~ 4:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:25~

昭和にスタートした映像「朝まで生テレビ!」を紹介し令和最初は与野党の政治家が大集結!日本の問題を徹底討論する。

今回の視聴者への質問は「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」。ご意見・疑問・質問も受付る。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

今回のテーマは、激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟。

今回のパネリストと、司会の田原総一朗がスタジオに登場。田原総一朗が、米中関係についてコメントした。

キーワード
トランプ大統領
ファーウェイ
朝まで生テレビ!
御即位一般参賀
令和
日米貿易交渉
米中貿易戦争
アベノミクス
衆参ダブル選挙
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!携帯サイト
G20サミット

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
01:34~

今回のテーマは、激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟。トランプ大統領は日米安全保障条約について、アメリカに不公平な条約だと不満を表明した。森本敏が、今トランプ大統領が日米安保に不満を表明したのは、中東問題で各国からの協力を得るためではないかと述べた。パトリック・ハーランは、トランプ大統領が自分の支持者らにメッセージを送ったのではないかと述べた。

番組ホームページの告知テロップ。今回の視聴者への質問は「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」。ご意見・疑問・質問も受付る。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

手嶋龍一が、ホルムズ海峡で日本のタンカーが攻撃を受けたことや、北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射したことが、トランプ大統領の発言のきっかけになったのではないかと語った。三浦瑠麗が、トランプ大統領に日本の集団的自衛権について、安倍総理が説明しているはずだと述べた。三浦瑠麗が、トランプ大統領の発言を日本は深刻に受け止めるべきだと述べた。

キーワード
トランプ大統領
日米安全保障条約
安倍首相
G20サミット
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!
朝まで生テレビ!携帯サイト
ホルムズ海峡

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
01:59~

番組ホームページの告知テロップ。今回の視聴者への質問は「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」。ご意見・疑問・質問も受付る。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

習近平国家主席が主席就任後初の北朝鮮訪問を終え、昨日帰国した。習主席は金正恩委員長とおとといに続き2回目の首脳会談を行い、北朝鮮の努力を支持することなどを金委員長に伝えた。両首脳は朝鮮戦争での中国義勇軍が参戦したことを記念する友誼塔を訪れ、共闘の歴史をアピールするなどした。

中国・習近平国家主席の北朝鮮訪問について、スタジオトーク。興梠一郎が、習近平国家主席は北朝鮮とのパイプ役ができるという立場を見せたかったのではないかと述べた。瀬口清之が、習近平国家主席のスピーチがアメリカに気を使った内容になっていたとコメントした。

日米首脳会談について、スタジオトーク。中林美恵子が、トランプ大統領は国内の人気が下がって焦っていると述べた。現時点でのアメリカの世論調査では、トランプ大統領の不支持率が高い。パトリック・ハーランが、トランプ大統領が自分の就任式に史上最大の人数が集まったと述べたのは嘘だったと指摘した。

今回の視聴者への質問は「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」。ご意見・疑問・質問も受付る。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

田原総一朗氏はファーウェイの問題に話を移す。村井英樹氏はトランプ大統領の訪日の中で首脳同士の信頼関係の重要性をコメント。そのときに比較対象として鳩山由紀夫政権の話を行った。

Twitter「#朝生」テロップ表示。

アメリカが中国の通信メディアのファーウェイを排除しようとしているのはむちゃくちゃだと、田原総一朗がコメントした。三浦瑠麗が、ファーウェイを排除しようとしたのはオーストラリアが先だったとコメントした。呉軍華が、このままでは中国に負けるとアメリカは危機感を持っているとコメントした。金子勝が、かつては日本の半導体もアメリカから制限を受けていたと語った。

アメリカと中国の対立について、スタジオトーク。三浦瑠麗が、アメリカが自国産業保護のために、中国の国力を落とそうとしているとコメントした。三浦瑠麗が、アメリカの高官のスピーチには、人種差別的な色合いがあるとコメントした。三浦瑠麗が、トランプ大統領の支持層について解説した。

キーワード
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!
朝まで生テレビ!携帯サイト
習近平国家主席
金正恩委員長
友誼塔
北朝鮮
安倍総理大臣
日米首脳会談
G20
トランプ大統領
安倍首相
鳩山由紀夫
ファーウェイ
5G

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
02:39~

「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」という質問について、視聴者からの意見を紹介。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

キーワード
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!
朝まで生テレビ!携帯サイト

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
02:44~

アメリカと中国の対立について、スタジオトーク。森本敏が、トランプ政権も中国との関係を最初は重視していたが、中国がアメリカの知的財産を盗んでいったことで危機感を持つようになったと述べた。手嶋龍一が、アメリカ政府がこれまでに採用していた優秀な学生の中には、中国の留学生もいたが、今年初めて中国の留学生がゼロになったと語った。田原総一朗が、情報を国家間で盗みあうのは昔から当たり前のことだと述べた。三浦瑠麗が、日本のような民主主義国家と違う中国について、アメリカがライバル視していると語った。

今回の視聴者への質問は「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」。ご意見・疑問・質問も受付る。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

香港の大規模なデモについてスタジオトーク。興梠一郎が、これまでのデモと違い香港の警官隊が武装して、デモ隊に対して催涙弾やゴム弾を発砲していると述べた。

朝まで生テレビ!の次回予告テロップ。

興梠一郎が、習近平国家主席は香港に対して「高度な自治」という言葉を外したことを批判されたので、また戻したと述べた。

キーワード
トランプ大統領
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!
朝まで生テレビ!携帯サイト
逃亡犯条例
習近平国家主席

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
03:13~

興梠一郎が、習近平国家主席は香港に対して「高度な自治」という言葉を外したことを批判されたので、また戻したと述べた。

今回の視聴者への質問は「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」。ご意見・疑問・質問も受付る。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

これからの中国について、スタジオトーク。興梠一郎が、現在の中国は中小企業が非常に資金繰りに苦しんでいるとコメントした。田原総一朗が、中国の経済が国内の競争を認めないのはおかしいとコメントした。三浦瑠麗が、中国には国有企業に対する不当な優遇が存在するが、先進国にはない競争も存在すると述べた。

アメリカと中国の対立について、スタジオトーク。森本敏が、中国は権威的な国なので米中首脳会談では中国が恥をかかされないで帰ることが大事だと語った。

中国・習近平国家主席の北朝鮮訪問について、スタジオトーク。手嶋龍一が、アメリカにとってはイランの方が優先順位が高く、北朝鮮に対するプライオリティは低いと述べた。

キーワード
習近平国家主席
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!
朝まで生テレビ!携帯サイト
トランプ大統領

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
03:35~

アメリカと中国の対立について、スタジオトーク。手嶋龍一が、日本のタンカーが攻撃されたり、無人偵察機が攻撃されたことで、トランプ政権は強硬策に出ざるを得なく、イラクとの戦争の可能性はゼロではないと述べた。

朝まで生テレビ!の次回予告テロップ。

トランプ大統領について、スタジオトーク。三浦瑠麗が、トランプ大統領がイラクとの戦争を実現できなかったことで、イラクではハシゴを外されたという見方が広がっていると述べた。手嶋龍一が、トランプ大統領には娘婿の影響が強いと述べた。森本敏が、トランプ政権にはイラン嫌いの人が多く、抵抗していた官房長官は辞めさせられたと述べた。

トランプ大統領が「ホルムズ海峡は自国で守れ」と発言したことについて、スタジオトーク。森本敏が、アメリカを中心として多国間で船団防衛をする場合、日本も参加するかもしれないと語った。

米中首脳会談について、スタジオトーク。興梠一郎が、中国はトランプ大統領は株価が上がると喜ぶ人だと見ていて、相手が変化するのを待っていると述べた。森本敏が、アメリカの農産物を中国が買うことは簡単ではないと述べた。中林美恵子が、トランプ政権は中国とこれまでに合意したことを飲ませようとしていると述べた。

キーワード
トランプ大統領
ホルムズ海峡
日米首脳会談
G20
習近平国家主席

激論!G20サミット”米中対立”と日本の覚悟 (バラエティ/情報)
04:00~

朝まで生テレビ!の次回予告テロップ。

森本敏が、私の講義を聞きに来るのは中国人の学生が多いと語った。瀬口清之が、自動車産業など中国のマーケットの中で日本は負けていないと語った。パトリック・ハーランが、日本は治安が良くて、教育・倫理レベルも高く、社会的に安定しているが、危機感は持ったほうがいいと語った。

アンケート集計結果発表。

エンディング (その他)
04:18~

「これから世界をリードするのはアメリカ?中国?」という質問について、視聴者からの意見を紹介。。番組への電話、FAX番号を紹介。Twitterでもご意見募集。

視聴者アンケートの結果を発表。これから世界をリードするのはアメリカか中国かという質問には、57パーセントがアメリカだと回答した。これから世界をリードするのは中国だという意見の中には、トランプ大統領には任せられないという意見もあった。

朝まで生テレビ!の次回予告テロップ。

朝まで生テレビ!の次回予告。

キーワード
朝まで生テレビ! twitter
朝まで生テレビ!
朝まで生テレビ!携帯サイト
トランプ大統領

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月29日 放送
  3. 次回の放送