朝まで生テレビ! 2019年2月23日放送回

『朝まで生テレビ!』(あさまでなまテレビ)とは、毎月最終金曜の翌日土曜未明(元日のみ曜日に関わらず毎年必ず放送する等、一部例外放送回もあり。)に テレビ朝日系列(ANN系列)で放送されている、政治関連を中心とする討論深夜長寿番組である。略称は『朝生』(あさなま)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月23日(土) 1:25~ 4:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:25~

米朝首脳会談が迫っている。そこで米朝関係や米中関係、米ロ関係や、世界的な強権リーダーの台頭、対米追従の日本などを含めた「トランプ流が外交とニッポン」について今回は考える。

今回のパネリストと、司会の田原総一朗がスタジオに入場した。

キーワード
米朝首脳会談
トランプ大統領

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
01:32~

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

今回のテーマは「激論!トランプ流外交とニッポン」。そこで米中と米朝について考える。

厚生労働省の統計不正問題が大変なことになっていると話題になった。現場の判断で不正が行われていたと伝えた。2008年から賃金が上振れするデータが出ており、誰が言い出したのかはまだわかってない。金子勝は森友問題や加計問題と同じような感じで、都合が悪いと「記憶がない」と答えていると問題を指摘した。またアベノミクスがインチキな数字になっていると金子勝は語った。中谷元は真実は問いただす必要があり、政府はしっかりと答える必要があると語った。大塚耕平は就業者数も実態よりも多いと指摘した。三浦瑠麗は日本の統計はこれまでも歪められて不完全なものだと語った。また三浦瑠麗は有識者に取材した場合には、その発言を切り取りするべきではないと指摘した。宮家邦彦は役人への期待値があがっている中で予算が削られていて、やることができないという背景があると指摘した。

キーワード
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
米朝首脳会談
トランプ大統領
厚生労働省
統計不正問題
アベノミクス

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
01:56~

厚生労働省の統計不正問題で首相秘書官が勝手にやるわけはないので首相が関わっているのではないかと話題になった。三浦瑠麗は官僚の世界では忖度はあるが、萎縮しないで全てを官僚には出してほしいと語った。田原総一朗は国民にわかりやすいようにしてほしいと語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

キーワード
厚生労働省
統計不正問題
アベノミクス
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
02:02~

米朝首脳会談がどうなるのか話題になった。中林美恵子はトランプ大統領は失敗に取られないようにしているようで、北朝鮮の非核化に懐疑的な見方をする人が多いと語った。ただアメリカの国民の中には北朝鮮は遠い国でICBMは飛んで来ないと考える人が多いという。宮家邦彦はスピーチなどを見ると、トランプ大統領はイランと中国に重点を置いていて、北朝鮮にはプライオリティは置いてないと語った。中谷元はアメリカは北朝鮮が核を持つことを許さないと思うと語った。大塚耕平は北朝鮮問題では成果がでないとトランプ大統領は思っており、そのため期待値を下げようとしているのではと語った。李相哲は現在は完全に北朝鮮ペースで、米朝首脳会談では劇的な変化はないのではと指摘した。三浦瑠麗はアメリカは妥協を重ねており、今後はトランプ大統領が選挙のために変な妥協をしてしまうのではと懸念していると語った。宮家邦彦はトランプ大統領は外交の実務は考えてなく、再選のために利用することを考えているだけではと語った。猿田佐世はやっているフリをすることをしやすい分野だと思うと語った。またトランプ大統領は在韓米軍徹底なども考えているいるのか話題になった。ただ議会の承認が必要なので、削減されることはあってもなくなることはないのではと李相哲は語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

中谷元は中国やロシアなどもあるので在韓米軍は撤退しないと思うと語った。

米朝首脳会談で何か成果が出るのかと話題になった。猿田佐世は成果が出る可能性はあまりないと思うと語った。ただパフォーマンスで最低限の何かを出す可能性はあると語った。金子勝は北朝鮮問題が再選につながることにプラスになることはないので、宣伝できる材料があればいいくらいに思っているのではと語った。李相哲は制裁を緩めなければ非核化できるとアメリカは思っているかもしれないが、中国や韓国が緩めているので整備する必要があると指摘した。

田原総一朗は日本はもっとアメリカに非核化しろと言うべきではないかと指摘した。三浦瑠麗はミサイルを持ってそのままだと、北朝鮮は現状維持のために核を持っているだけとアメリカで思う人も出てくると語った。北朝鮮からするとアメリカは政権が変わるので、非核化する理由がないと三浦瑠麗は語った。

キーワード
米朝首脳会談
トランプ大統領
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
02:37~

日本は中国を絡めながら北朝鮮を考える必要があり、アメリカと中国と北朝鮮が何を考えているのかをしっかりと考える必要があり、アメリカに追従することだけを考えるべきではないと大塚耕平は語った。宮家邦彦はレポートに振り回される必要はなく、どうすればいいのかは日本自身がしっかりと考える必要があると語った。日本は敵基地を攻撃することはできないとされているが、今の安保法制では、敵基地を除去するということが義務づけされており矛盾していると大塚耕平は語った。田原総一朗は安全保障に関する説明が足りなさすぎると問題を指摘した。

番組の次回予告テロップ。

今井一は日本はなぜ日米地位協定を変えることができないのかと疑問を呈した。宮家邦彦は日米地位協定についてはアメリカと日本で話しており、日米地位協定を変えることになったら日米で何も決まらなくなると宮家邦彦は語った。中谷元は現在は問題はないと思うと語った。三浦瑠麗は日本はアメリカにしっかりと要求していることを伝えないと、日本に不信感を持つ人が出てくると思うと語った。

番組の次回予告テロップ。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

金子勝は沖縄の現在の状況を見て、日米地位協定が何の問題もないという神経がわからないと指摘した。今井一は防衛の効果のために主権者が制限されるのは仕方のないことなのかと問題を語った。中谷元は普天間基地の危険性を除去するために辺野古しかないと語った。猿田佐世は普天間基地を閉じるために辺野古を作るのは納得できないと語った。大塚耕平は統合運用を考える方法もあるのではと語った。瀬口清之は中国への防衛力を考えるならもっと抜本的なことを考える必要があるのではと語った。宮家邦彦は中国の台頭でアメリカに全て任せることができない状況になってきていると語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

キーワード
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
日米地位協定
トランプ大統領
県民投票
普天間基地
辺野古

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
03:11~

田原総一朗はどうして憲法改正の必要があるのかと問題を示した。安保法制が通ったので、アメリカと相当なことができるようになったと今井一は語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

「安倍外交を評価しますか?」という質問に関する視聴者の意見が紹介された。そこで、他の人では外交が進まないという意見や、外交にお金をバラマキ税金が不当に使われているという意見が報じられた。

どうして安倍政権は支持率が高いのかと話題になった。金子勝は批判的な声があまり出てないと思うと語った。小選挙区制が根付いてしまっており、野党がだらしないという背景があると話題になった。また憲法について田原総一朗は、与党も野党も一緒になって考えるべきだと語った。三浦瑠麗は憲法問題について、言葉に囚われすぎて実態に追いついてないと問題を指摘した。中谷元は国会で憲法を議論してもバラバラで、野党は党議決定すらされてない状況と語った。大塚耕平は最初からしっかりと話す場合には政党間の信頼関係が必要だが、現状では与党を信頼することができないと語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

番組の次回予告テロップ。

キーワード
憲法改正
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
安倍政権
小選挙区制

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
03:31~

「安倍外交を評価しますか?」という質問に関する視聴者の意見が紹介された。そこで、トランプ大統領との関係構築は評価すべきという意見や、日本人の血税を無許可に外国にばら撒いているだけという意見が紹介された。

米中首脳会談はいつごろ開催されるのかと話題になった。瀬口清之は米中交渉は90日で解決するとは思えず、トランプ政権では専門家が少なく、交渉した内容を判断するのは難しいと問題を指摘した。中林美恵子は大統領選挙に向けて成果を出す必要があるので、春から夏にかけて一度は首脳会談をやるのではと語った。米中の交渉は進んでいるという話があるが、北朝鮮との交渉前なのでいい情報を出すが、その後は注意が必要だと話題になった。また

アメリカはファーウェイについて、政府から完全に追い出すことはしないようにするかもしれないと中国にメッセージを送っているが、これは米朝会談前ということだということを考える必要があるという。

米中の覇権争いが始まっている中で、宮家邦彦は何らかの限定的な合意ができる可能性はあるが、それは暫定的なものだと思うと語った。中国は10年20年先を見ているので、今回はトランプ大統領に華を持たせるのではないかと田原総一朗は語った。金子勝は米中の構造協議は続くと思うが、当面はどこで妥協するかどうかだと思うと語った。大塚耕平は数兆円の物を購入するなどのディールで中国は妥協するかもしれないが、覇権を諦めることはないと思うと報じた。また問題が整理された時点でトランプ大統領と習近平が会う可能性があると中谷元は語った。

キーワード
米中首脳会談
ファーウェイ
トランプ大統領
習近平
  1. 前回の放送
  2. 2月23日 放送
  3. 次回の放送