朝まで生テレビ! 2019年2月9日放送回

『朝まで生テレビ!』(あさまでなまテレビ)とは、毎月最終金曜の翌日土曜未明(元日のみ曜日に関わらず毎年必ず放送する等、一部例外放送回もあり。)に テレビ朝日系列(ANN系列)で放送されている、政治関連を中心とする討論深夜長寿番組である。略称は『朝生』(あさなま)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月9日(土) 1:25~ 4:25
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
01:25~

国会は厚労省の不正統計問題で白熱しているが、他にも少子高齢化や社会保障問題など難問が山積している。今回は若手政治家たちが集合して日本について討論する。

今回のパネリストと、司会の田原総一朗がスタジオに入場した。

キーワード
厚労省
不正統計問題

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
01:33~

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

今回のテーマは「激論!若手政治家大集合!これでいいのか?!ニッポン」。各党の若手政治家たちが集まって討論してもらう。田原総一朗はこの番組ができてから32年になり、あと2か月くらいで平成が終わると語った。そうした中でこれから日本はどうすればいいのか議論してもらいたいと田原総一朗は語った。

若手政治家に現在の問題をフリップに書いてもらいそれを大提言してもらうことになった。山内康一は「格差で分断される日本社会」が問題と語った。これ以上格差が広がるのは良くないと語った。矢田わか子は「仕事・子育て・長生きが楽しめない社会」と問題を語った。辰巳孝太郎は「国家の私物化」、丸山穂高は「メディアの欺瞞」、小西洋之は「法治国家の崩壊」、中野洋昌は「災害が激甚化 防災・減災を!」、小林史明は「技術革新に対応できない社会制度」、山田美樹は「グローバル競争で勝つ戦略がない」、宇都隆史は「外交安保戦略の深下」とそれぞれ自分が感じる問題を提言した。

キーワード
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
01:54~

三浦瑠麗は番組に若い人が多くなり、世襲政治家がいないと語った。また提言をみて、与野党で提言の色合いが違っており、これが与野党逆転した場合に同じ提言をするのかと語った。また政権交代するという実感がないことも多いのではと語った。さらに野党がバラバラすぎるのである程度まとまる必要があるのではと語った。金子勝は日本の産業衰退がひどい状況なのに考えてない人が多く、また社会に参加できない人も増えており、日本社会を統合できないことになるのではと語った。また若い人のチャンスが限定されていて這い上がれないのが問題と語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

三浦瑠麗は90年代以降は冷戦が終わって格差が注目されてるようになったと語った。ただそうした中でみんな将来は老人になるので老後の事を考えるが、若者の場合だと、戻ることができないのでなかなか考えてくれる人が少ないと指摘した。また元は同じ政党だった立憲民主党と国民民主党がどうして一緒になれないのかと話題になった。山内康一は無理して統合する必要はないのではと語った。三浦瑠麗は幹部が人間関係で争っている感じがすると立憲民主党と国民民主党について語った。

立憲民主党と国民民主党がバラバラなことについて話題になった。矢田わか子は一緒になりたいと思っていると自分の思いを語った。三浦瑠麗は

中野洋昌の「災害が激甚化 防災・減災を!」という提言について話題になった。地球温暖化についてアメリカがパリ協定から脱退したことについて、マイナス要素だと話題になった。また日本の原発なしで二酸化炭素を出しまくっていると話題になった。中野洋昌は再生可能エネルギーを利用したいが代替エネルギーが出てきてない状況と語った。また自民党は2030年に原発を30基にしようとしていて原発依存を進めていると田原総一朗は指摘した。小林史明は再生可能エネルギーは蓄電できないことが問題と語った。金子勝は送電しないとどうしようもないと指摘した。田原総一朗は与党の原発政策に「NO」と言えないだけと語った。三浦瑠麗はスピード感が足りないと政策について指摘した。

キーワード
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
格差社会
立憲民主党
国民民主党
地球温暖化
パリ協定

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
02:27~

田原総一朗は昔は世界のトップ企業20位に日本企業が14社も入っていたが、現在は一番高くてもトヨタ自動車の35位だと指摘した。日本の経済力はどんどん落ちている理由は何かと話題になった。小林史明はネットの技術革新についていけてなかったという問題があり、地方分権で情報がバラバラなのにも問題があると指摘した。三浦瑠麗は、魅力的な製品はあるが日本の中だけで満足してしまっていると問題を語った。

田原総一朗はシリコンバレーのトップに会って話した際に、日本企業がどうしてダメなのか話を聞いたら「日本には人工知能の研究者がほとんどない」というのが理由と語った。また日本の企業経営者は失敗を許さない風土が問題だと指摘した。三浦瑠麗は課題が討論されているのに実行されないのはなぜなのか疑問と語った。宇都隆史はネットなどは元々は軍事技術で、軍事産業につながるようなことをやらないという風土があるのも問題と語った。小林史明は著作権が当時のネットに合ってなかったという問題もあったと語った。田原総一朗は年功序列や終身雇用をやめるべきで、正社員のクビを切れないのも問題と語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

近年は日本の仕事がアメリカに取られており問題だと辰巳孝太郎は語った。三浦瑠麗は共産党について、経済の成長戦略が見えてこないと語った。そうした中で中国は成長を続けており、アメリカの優秀な人材を莫大なお金で引っ張ってきて技術を獲っていると話題になった。

キーワード
トヨタ自動車
パナソニック
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
日本共産党

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
02:57~

岩田温は教育の問題もあり、これまでずっと画一的な教育が進んでいて変化してないと指摘した。岩田温は独創的な人間を作る場合の弊害になると語った。小林史明はキャリア教育がないのも大きな問題と指摘した。小林史明は日本の大学は社会人比率が非常に低く、学び直したことを評価されない。また大学では寄付集めに人材を取られているという問題があると三浦瑠麗は語った。またそうした中で小選挙区制は問題だと話題になった。ただ中選挙区制だと汚職などの問題もあると田原総一朗は指摘した。三浦瑠麗は過去を見るのではなく、現在を改革することが重要と語った。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

問題があるのにどうして安倍一強で支持率が下がらないのか話題になった。金子勝はチェック機構を作ることを優先する事が大事で、公文書や統計が偽装されてしまったら、それは議会政治の否定になると指摘した。

キーワード
日本共産党
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
小選挙区制
中選挙区制
安倍

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
03:16~

番組の次回予告テロップ。

番組へのご意見・疑問・質問を、電話やFAX、ツイッター、番組ホームページから募集している。

若手政治家にやってほしいこととやってほしくないことについて視聴者からの意見が紹介された。そこで仕事や育児などについての意見が伝えられた。

以前は決裁文書の改ざんがあったら責任者である財務大臣が辞職していたと田原総一朗は語った。宇都隆史は統計不正について、人件費削減で官僚がいなくなっており、統計のような地味なところにはなかなか優秀な人がいかないと問題を指摘した。また田原総一朗は野党の追及が不足しているのが問題と語った。中野洋昌は統計について人も予算も振り向ける必要がある。ただ事なかれ主義もな考え直す必要があると話題になった。岩田温は構造の問題が大きいのではないかと問題点を語った。

番組の次回予告テロップ。

キーワード
朝まで生テレビ!ホームページ
朝まで生テレビ! twitter
厚労省
統計不正

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
03:34~

憲法改正問題について話題になった。小西洋之は単に自衛隊を明記するだけでは済まないと思うと語った。安保法制が必要ならしっかりと議論する必要があるのではないかと語った。宇都隆史は2項について整理すべきで、現状で変更しないのはおかしいと指摘した。岩田温は違憲論がなくなるだけでも異議があると思うと反論した。田原総一朗は専守防衛はインチキでアメリカの抑止力を頼むしかない状況だと語った。

番組の次回予告テロップ。

キーワード
厚労省
統計不正
憲法改正
自衛隊

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
03:57~

小林史明は集団的自衛権についてアメリカに頼りすぎている部分があり、そもそも同盟は助け合いなので、お互いに助け合う関係を作っていったほうがいい持論を語った。またアメリカに見捨てられるのではないかという問題について、小西洋之はアメリカに多くの支援をしているので、日米同盟が壊れることはないと思うと語った。また三浦瑠麗は同盟に関する情報がしっかりと伝えられる必要があると語った。岩田温は戦略的には小西洋之は合っているが、アメリカ人の気持ちなどを考える必要があると思うと語った。金子勝は外交力が猛烈に低下しているのが大きな問題と語った。

番組の次回予告テロップ。

金子勝は外交力が猛烈に低下しているのが大きな問題と語った。中国やロシアなどを相手の外交でフラフラしている状況で、北朝鮮問題については蚊帳の外という状況だと解説した。山田美樹はよほどしっかりした方針を持たないといけないと語った。

キーワード
憲法改正
自衛隊
安倍首相
集団的自衛権
日米安保

朝まで生テレビ! (バラエティ/情報)
04:14~

番組が行ったアンケートの結果を発表。若手政治家にやってほしいことについては「国民の方を向いた政治」「初心を忘れないでほしい」という意見があり、やってほしくないことについては「忖度すること」「金銭が絡む不正行為」などの意見があった。

丸山穂高はメディアについて自分の権益は守りながら政府を批判している状況と語った。また電波オークションについてしっかりと競争させる必要があると語った。丸山穂高は既得権益としてある電波について考える必要があると語った。

番組の次回予告テロップ。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月9日 放送
  3. 次回の放送