お願い!ランキングGOLD 外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ

放送日 2014年6月21日(土) 18:56~20:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
18:56~

外国人100人が番組をみてランク付けをした、世界各地の危険生物の秘蔵映像をピックアップ。

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
18:57~

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第8位として、ハムスターが大きな牙を見せてあくびをする映像が流れた。

さらに、凶暴なクマが木の棒をカンフーの達人なみに振り回す映像が流れた。

おバカ&ビックリ映像部門 第7位は世界で最も危険なトリとしてギネス世界記録に認定されているヒクイドリの映像。マレーシアのマシタ・コグレさんは驚いたと話した。 

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第6位として、クマと飼いネコが闘う映像が流れた。

ヒツジが頭でおじさんのおしりにアタック。フィンランド出身のアンニーナはヒツジは落ち着いているイメージがあるが全然違うという。モルドバ出身のエイドリアナゴンタさんは小さいヒツジは頭が痒いからずっと頭をおしつけているという。

さらに、お気に入りの仮面をかぶるネコの映像が流れ、その様子は宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のカオナシにそっくりだった。

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第5位として、南アフリカの国立公園でインパラとワニが闘う衝撃映像シーンが流れた。

さらに、アメリカ・ミズーリ州にある動物園で起こった、チンパンジーがアライグマを投げつける衝撃映像が流れた。

さらに、1匹のチンパンジーがダンスをする映像が流れた。

おバカ&ビックリ映像部門第10位は、馴れ合おうとした観光客の右腕にラクダが噛み付いた映像。一方女性人気が絶大のキスをするラクダもいる。

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第3位として、インドネシア・コモド島でコモドドラゴンが人間のように相撲をとり、見事な下手投げをする衝撃映像が流れた。

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第4位として、アメリカでペットとして飼われているオオム、キキくんの映像が流れた。タイタニックのテーマ曲、セリーヌ・ディオン「MY HEART WILL GO ON」が流れると歌うと伝えた。しかし、この日に限って、予期せぬハプニングが…それは演奏が気に入らなかったのか飼い主にダイビングキックする様子が紹介された。

スタジオで武井壮がコモドドラゴンを倒すという設定でシミュレーションを披露した。

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第2位として、カナダの公園でサラリーマンと格闘するガチョウの衝撃映像が流れた。この格闘について、サラリーマンが歩いて場所近くにはガチョウの子供がいた事は発覚、ガチョウは子供を守ろうと人間と戦ったと説明された。

おバカ&ビックリ映像部門第9位は男性の股間をもてあそぶゾウ。一方ドイツの動物園のゾウはオリの外にいる観客に糞を投げる。インドのアーメド・シャキルさんは結構そういうことがあるという。ペルーにもリャマに威嚇されツバをかけられた運の悪い観光客の女性がいた。

このあと、おバカ&ビックリ部門 第1位は?

アメリカ・ロサンゼルスで飼われているペットの犬が、ドアを開けよ うとドアノブに噛み付いたり、ポストから新聞紙や手紙をまき散らす様子が紹介された。

アメリカで飼われているブルドッグのキスをすると5秒でノックアウトさせられる映像が紹介。

ゲストの藤あや子さんを迎えてのスタジオトーク。猫は動物界で最強という説もあると武井壮が話した。

キーワード
ハムスター
クマ
ギネス世界記録
ヒクイドリ
ネコ
宮崎駿監督
千と千尋の神隠し
エイドリアナゴンタ
アンニーナ
ヒツジ
インパラ
ワニ
ミズーリ州(アメリカ)
チンパンジー
アライグマ
ラクダ
インドネシア
コモドドラゴン
カナダ
ガチョウ
南アフリカ
MY HEART WILL GO ON
ゾウ
リャマ
アーメド・シャキル
アメリカ
オウム
ロサンゼルス(アメリカ)
マシタ・コグレ
ブルドッグ
コモド島(インドネシア)
相撲

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
19:23~

外国人100人もホッコリしたおバカ&ビックリ映像 第1位として、スペインでリポーターのインタビューに答えるヤギの衝撃映像が流れた。リポーターが、サパテーロ首相のやり方をどう思う?と質問すると唾をかける様子が映っていた。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第7位としてメキシコで行われたゲージダイビングでサメが人を襲う映像が流れた。

第1位についてスタジオトーク。太田はヤギはスペイン政府に文句があるんだろうと絶賛していた。

世界の危険生物映像グランプリを発表すると伝えた。

キーワード
スペイン
ヤギ
メキシコ
サメ

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
19:28~

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第7位としてメキシコで行われたゲージダイビングでサメが人を襲う映像が流れた。1tを超える巨体の体当たりでゲージが破壊されたが、運良く逃げ切ることができた。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第6位としてサファリ観光をする観光客がゾウにまたがり楽しんでいると近くにいたサイが襲ってくる映像が流れた。サイは、動く大きなものに対し追い回す習性があり、その事から今回のような映像が撮れたと説明された。

サイのパワフルさが証明される映像が紹介。泥の池にハマったサイを助けようとした時、サイはトラックめがけて突進していた。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第5位として、カナダで釣りをしているとサーモンを釣るも、その網に巨大なトドが食い付き、そのまま海に消える映像が流れた。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第4位として、草食動物の代表として知られるシカ。負傷したシカの手当をし野生にかえそうと縄をほどいた瞬間、手当をしてくれた人間を襲う映像が流れた。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第3位として、アメリカ・ペンシルベニア州の牧場で、馬車に座っていた男性がウマのハイキックにあう映像が流れた。ウマの情報で、蹴りの威力は1トン以上あると説明された。

ここでクイズ。乗馬をする女性に起きた思わぬハプニングとは?正解は、500キロを超えるウマの下敷きになった事だった。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第2位として、理由は分からずだが車をひっくり返すゾウの映像が流れた。ここでスリランカ出身のタランガマ タランガマは、自分の国で群れているゾウは安心だが1頭で行動しているゾウは気性が荒く近づいてはいけないと教えられると語っていた。

車を襲撃した衝撃映像として、クマの映像が紹介。これはケガを確認したクマを保護しようとした時、クマが車に頭突きをする映像が流れた。

外国人100人もヒヤヒヤ、人間を襲う危険生物部門 第1位として、アメリカ西海岸の砂浜で釣りを楽しむ男性がサメに噛まれる映像が流れた。それはサメの口から釣り針を抜いた瞬間、手を噛み付くも男性は、無理に引っ張ることなくサメの口を開ける事にしていた。サメ情報で、サメは歯がノコギリ状になっている為、無理に引き抜くと大けがを負うと説明された。

見た目ギャップ部門として、キリン同士が縄張り争いのために激しいケンカを行うギャップ映像が流れた。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第6位は、クマの親子を襲ってきたオスクマに対し、母クマが子どもを守るため闘い追いやるギャップ映像が流れた。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第5位は、ザトウクジラが群れをなし、知能とチームプレーで集団のニシンを狩る「バブルネットフィーディング」のギャップ映像が流れた。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第4位として、オコジョがウサギを狩る際「どんな方法で捕まえる?」というクイズが出題された。ヒントはちょっとカワイイ方法。

スタジオトークで武井が、サイについて目が見えないからアフリカなどで電車に突進して死んでしまうサイが多いと語っていた。

ザトウクジラの習性についてスタジオトーク。田中が、スゴイと絶賛していた。

キーワード
メキシコ
サメ
サイ
ゾウ
カナダ
トド
シカ
ペンシルベニア州(アメリカ)
ウマ
クマ
アメリカ
キリン
ザトウクジラ
ニシン
バブルネットフィーディング
オコジョ
ウサギ
アフリカ

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
19:49~

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第4位として、オコジョがウサギを狩る際「どんな方法で捕まえる?」というクイズが出題され、正解は背中を見せるだった。この動きは獲物を狩る時などに見せる踊りで「ウィーズル・ウォー・ダンス」と呼ばれる。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第3位は、体長4mものミズダコが人間に襲いかかるギャップ映像。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第3位は、体長4mものミズダコが人間に襲いかかるギャップ映像。ミズダコの吸盤は筋肉でできており、硬いくちばしを持つ。

キーワード
オコジョ
ウサギ
ウィーズル・ウォー・ダンス
ミズダコ

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
19:54~

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第3位は、体長4mものミズダコが人間に襲いかかるギャップ映像。ミズダコの吸盤は筋肉でできており、硬いくちばしを持つ。ダイバーは長い抵抗の末なんとか助かった。

ちなみに、中国でタコは「悪魔の魚」と言われているが、中国人女性はわざわざ大阪まで行ってタコヤキを食べたとコメントした。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第2位は、遠くはなれた虫に水を飛ばし狩るテッポウウオのギャップ映像が流れた。テッポウウオはエラを急速に閉じて口の中の水を吹き出す。

外国人100人も驚いた、見た目とのギャップ生物部門 第1位は、普段警戒心が強く臆病なシカが、近づいてきた男性を前足で攻撃するギャップ映像が流れた。メスのシカは怒ると前足で戦う習性がある。

続いては、奇跡の対決部門を紹介。

外国人100人も興奮、奇跡の対決映像部門 第5位は、チーターvsダチョウの対決映像。チーターの最大特徴はスタートから約2秒で時速70kmに達するダッシュ力。一方ダチョウは、時速40kmで2時間走り続けられる。対決の結果、チーターの勝利となった。

外国人100人も興奮、奇跡の対決映像部門 第4位は、シロハラウミワシvsウミヘビの対決映像。シロハラウミワシの最大特徴は鋭いツメ。一方のウミヘビは猛毒のキバ。対決の結果、シロハラウミワシの勝利となった。

さらに、ライオンvsアンテロープの対決映像として、ライオンが空中ハンティング映像が流れた。

外国人100人も興奮、奇跡の対決映像部門 第3位は、ウミガメvsサメの対決映像。サメの武器は、鋭い歯。一方のウミガメは強靭なアゴ。対決の結果、サメの弱点のエラを攻撃したウミガメの勝利となった。

さらに、ウミガメvsシクリッドの対決映像として、シクリッドがウミガメにタックルをし、ひっくり返させる映像が流れた。

外国人100人も興奮、奇跡の対決映像部門 第2位は、ニシンvsウミガラスの対決映像。ニシンより速く泳げるウミガラスはニシンが「ベイトボール」と呼ばれる外敵から身を守る行動を起こすも、ウミガラスには効かない、更にカモメの大群も合わさり、次々とニシンを捕獲する映像が流れた。更に、この戦いの最後は、ザトウクジラに丸呑みされるという貴重な映像が紹介された。

外国人100人も興奮、奇跡の対決映像部門 第1位は、ライオンvsバッファローの対決映像。ライオンに襲われた仲間のバッファローを助けるため、約200頭の大群で押し寄せライオンを撃退した。

不思議な生物部門として、クラークカイツブリの求愛行動の映像が流れた。クラークカイツブリは動きを完璧に合わせられないとメスは相手として認めてくれない。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第9位として、オニダルマオコゼが岩に化ける衝撃映像が流れた。また、別名「ストーンフィッシュ」とも呼ばれ、日本では沖縄・小笠原諸島などに生息している。

さらに、鬼の名を持つ危険生物として、砂の中に身を隠したオニイソメが獲物を砂の中に引きずり込む衝撃映像が流れた。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第8位として、アメリカ・アーカンソー州にギネス世界記録を持つ牛、アフリカンワツシが紹介。記録内容は、ツノの長さで全長2.3m、重さ90kg以上あると説明された。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第7位として、南アフリカに生息するケープイシチドリが紹介。あまり飛ばず、走り回る事が多い事で地面に巣を作り卵を守る習性を持つ。ここでクイズ。、ケープイシチドリが巣を守るために行うことは?正解は自らの羽を広げ通せんぼすることだった。卵好きなミズオオトカゲも、これには叶わないと諦める映像が流れた。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第6位として、ジャンプが出来ないカエル、ペブルトードが紹介。南米大陸、ギアナ高地に生息するペブルトードは、地面をはって移動するが敵と遭遇した時は、転がって落ちる事と説明された。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第5位として、怒ると体の色が変わるオオマルモンダコの映像が紹介。カメラマンに怒ったオオマルモンダコは、表面にある膜を開き青い部分を見せ威嚇。更に唾液には青酸カリの約1000倍の毒を持っている事が説明された。

色を変える生き物としてオーストラリアで生息するミナミハナイカは、相手を威嚇する時、ネオンのような光を放つ習性が紹介された。これは色素胞と呼ばれる変色細胞の関係で現れると説明された。

スタジオでライオンとバッファローの対決について、仲間意識の強さに感動したと声が上がっていた。

続いては今年の春、メキシコ湾で新たに発見されたダンボオクトパスが紹介。全長約1mだが詳しい生態は未確認と説明。また、毎日かかさずイソギンチャクを持って踊っているキンチャクガニも紹介された。これは毒があるイソギンチャクを持つ事で威嚇していると説明された。

続いては、昨年インドネシアで発見された新種のサメが紹介。このサメには足がありヒレを使って海底を歩くと言われている。詳しい生態は調査中と伝えた。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第4位として、アマゾン川に生息するアロワナが紹介。熱帯魚とし、小魚や海老を食べる獰猛な性格として知られる。今回の映像で、水中だけでなく空中にいる獲物を「ジャンピングキャッチ」で捉える姿も紹介された。

日本で生息する不思議な魚「ハクレン」が紹介。埼玉・久喜市の利根川に生息するハクレンの梅雨時期になると集団でジャンプする映像が紹介された。いまだにジャンプする理由は不明であると説明された。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第3位として、最大1.5m、重さ約300kgのアオウミガメから紹介。ここでクイズ。アオウミガメがメスを奪い合うためとった求愛 行動は?

スタジオで飛べないカエル、ペブルトードについてトーク。5m位で何か出来るよう成長して欲しいと言葉が上がっていた。

キーワード
ミズダコ
タコ
テッポウウオ
シカ
チーター
ダチョウ
シロハラウミワシ
ウミヘビ
ライオン
アンテロープ
サメ
ウミガメ
シクリッド
ニシン
ウミガラス
ベイトボール
カモメ
バッファロー
クラークカイツブリ
オニダルマオコゼ
沖縄
小笠原諸島
オニイソメ
アーカンソー州(アメリカ)
アフリカンワツシ
ギネス世界記録
南アフリカ
ケープイシチドリ
ミズオオトカゲ
ペブルトード
ザトウクジラ
オオマルモンダコ
青酸カリ
ミナミハナイカ
色素胞
メキシコ湾
ダンボオクトパス
キンチャクガニ
イソギンチャク
インドネシア
アロワナ
久喜市(埼玉)
利根川
ハクレン
アオウミガメ

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
20:36~

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第3位の、アオウミガメ。求愛行動をするために取る行動はメスを巡り、3頭のオスが順番に重なり「カメタワー」を作る事だった。チャンスがないと思ったオスはメスに一番近いオスの足を噛む様子が紹介。

不思議な求愛行動をとる動物が紹介。アメリカの絶滅危惧種、ハクトウワシは生涯同じ相手と過ごすと言われていて、求愛行動も衝撃敵である。映像には、上空で足をつなぎ合わせ落下する姿が紹介。猛禽類専門店 フジペットの店主、沢田政弘さんは自分の強さをアピールしていると説明した。

続いては、鹿児島・奄美大島に生息するフグの求愛行動が紹介。フグは外敵から卵を守るためオスが産卵場所を作ると言われている。

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第2位として、パラダイストビヘビが100m空を飛ぶ衝撃映像が流れた。また、ニュージーランド出身のグレゴリースネルが-さんは、ニュージーランドは空港で政府が取り締まっているため、ヘビが1匹もいないと語っていた。

このあと、不思議な危険生物 第1位は?

キーワード
アオウミガメ
ハクトウワシ
鹿児島県
奄美大島
フグ
パラダイストビヘビ
ニュージーランド

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
20:43~

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第1位として、オーストラリアに生息するコトドリが紹介。コトドリは、竪琴のような音を出す事から「コトドリ」と名付けられ、一度聞いた音をマネるコトが出来る達人と説明された。鳥の鳴き声だけでなく、カメラのシャッター音やチェーンソンなど工事の音などが紹介。ここでクイズ。「コトドリ」の求愛行動がメスにアピールする事としても知られるが、コトドリがいる森で、禁止されていることは?

キーワード
オーストラリア
コトドリ

外国人100人が厳選!世界の危険生物 映像グランプリ (バラエティ/情報)
20:48~

外国人100人もビックリ、不思議な危険生物部門 第1位として紹介された「コトドリ」。クイズ、コトドリがいる事で禁止されている事は?正解は名前を呼ばない事である。これは、ミャンマーでは子どもの名前を呼ぶ事で「コトドリ」がマネをし、行方不明になると言われていると説明された。

「コトドリ」について、伊集院が森で「ゆうじ~」とか言うと、言ってしまうって事でしょ?怖いよねと語っていた。また、田中は「キンチャクガニ」が人間を楽しませようとしているとしか思えないと述べた。

宝島社から発売されている、伊集院光著書「のはなしし」がテロップで紹介された。

キーワード
コトドリ
のはなし(し)
宝島社
伊集院光
キンチャクガニ

エンディング (その他)
20:50~

本日のゲスト・藤あや子がシングル「海峡しぐれ」の宣伝を行った。

キーワード
海峡しぐれ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月21日 放送
  3. 次回の放送