食彩の王国 梅干し

『食彩の王国』(しょくさいのおうこく)は2003年10月からテレビ朝日で放送されている紀行番組・料理番組。東京ガス一社提供(CMはスポットを挟み東京ローカルである。以前はBS朝日(明治との共同提供)でも放送され全国で視聴可能だった。地上波のネット局は協賛社差し替え)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月7日(土) 9:30~ 9:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

食彩の王国 (バラエティ/情報)
09:30~

和歌山・みなべ町「かきぶち農園」から、紀州の南高梅の収穫を紹介した。農園の代表・垣淵浩子さんは梅干しの生産者でもある。収穫した梅は塩とともに20日ほど漬け、数日天日干し。最後に水につけて余分な塩分を抜く「塩抜き」の工程では、地元の備長炭を水に加えて雑味を除いている。

梅干しの活用法を農園の垣淵浩子さんに聞いた。1品目は、米とトウモロコシの実、梅干しを土鍋で炊いて炊き込みご飯に。続いては、開いたアジに梅を塩漬けしたときの「梅酢」をかけて焼き上げた。

和歌山・みなべ町は梅の生産量が2017年度2万8200トンと、自治体では日本一。梅干しも多く生産され、さまざまな味が売られている。変わり種ではデザート梅干し「とまと梅」なども町の名産。「カフェ ド マンマ」から梅干しを隠し味に使った「マンマ風 ロコモコ」「ベーコンとキノコの梅ピッツァ」などを紹介した。店長の長尾道子さんが、健康によい梅をもっと知ってもらいたいと答えた。

生産地では「若者の梅干し離れ」が問題となっているという。若者世帯の梅干し消費量は高齢者世帯の5分の1、2017年度は前年比半減とさらなる減少傾向にある(総務省統計局調べ)。JA紀州の若手職員・杉本有友美さんは、友人に梅干しをよく贈るが自分からは買わない人が多いと答えた。番組では「パッソ ア パッソ」の有馬邦明シェフにレシピを考えてもらった。

キーワード
南高梅
かきぶち農園
梅干し
みなべ町(和歌山)
マンマ風 ロコモコ
ベーコンとキノコの梅ピッツァ
とまと梅
JA紀州
パッソ ア パッソ

オープニング (その他)
09:37~

オープニング映像。

食彩の王国 (バラエティ/情報)
09:38~

梅干しのアイデアレシピを、料理研究家のコウケンテツさんに聞いた。世界には梅干しに似た食材が多いといい、エスニック料理風の梅干し料理を作ってくれた。中華鍋でクミンなどのスパイスを炒め、生のトマトやショウガ、具材となるメカジキの切り身を加えて炒め合わせ、カレー粉を加えてカレーのベースを作った。ここに水の代わりに、梅干しを水に漬け込んだ「梅水」を加えて風味付け。エスニック素材のタマリンドの代用になるという。さらに隠し味の味噌・しょうゆ・ハチミツなどを加え「メカジキの梅トマトカレー」の完成。

2品目は梅干しをたたいてペーストにし、コチュジャンなどと合わせた。本場の韓国では生の梅を細かく切り、コチュジャンと混ぜて漬け込み薬味にするという。そうめんをゆでておき、イカ・ネギ・キュウリと梅ソースを混ぜたところに和えて「イカの梅コチュジャンそうめん」の完成。

3品目は鶏ひき肉、木綿豆腐などを混ぜた種に梅ペーストを混ぜ合わせ、餃子の皮に包んだ。皮を十字に閉じ、ゆでて水餃子に。冷やして「梅と鶏ひき肉の水餃子」とし、梅ペースト入りのたれでいただく。コウケンテツさんは、梅干しをもっと家庭料理に活用して味を伝えていってほしいと答えた。

番組では「カフェ ド マンマ」の長尾道子さん、JA紀州の杉本有友美さんに上京してもらった。2人が羽田空港に到着、品川「パッソ ア パッソ」の有馬邦明シェフと対面した。和歌山産の梅干しをその場でシェフに試食してもらうと、酸っぱさ・しょっぱさが強い梅干しは料理のアクセントとして活用しやすいと答えた。

梅干しの活用法を農園の垣淵浩子さんに聞いた。1品目は、米とトウモロコシの実、梅干しを土鍋で炊いて炊き込みご飯に。続いては、開いたアジに梅を塩漬けしたときの「梅酢」をかけて焼き上げた。

和歌山・みなべ町は梅の生産量が2017年度2万8200トンと、自治体では日本一。梅干しも多く生産され、さまざまな味が売られている。変わり種ではデザート梅干し「とまと梅」なども町の名産。「カフェ ド マンマ」から梅干しを隠し味に使った「マンマ風 ロコモコ」「ベーコンとキノコの梅ピッツァ」などを紹介した。店長の長尾道子さんが、健康によい梅をもっと知ってもらいたいと答えた。

生産地では「若者の梅干し離れ」が問題となっているという。若者世帯の梅干し消費量は高齢者世帯の5分の1、2017年度は前年比半減とさらなる減少傾向にある(総務省統計局調べ)。JA紀州の若手職員・杉本有友美さんは、友人に梅干しをよく贈るが自分からは買わない人が多いと答えた。番組では「パッソ ア パッソ」の有馬邦明シェフにレシピを考えてもらった。

キーワード
梅干し
南高梅
かきぶち農園
みなべ町(和歌山)
マンマ風 ロコモコ
ベーコンとキノコの梅ピッツァ
とまと梅
JA紀州
パッソ ア パッソ
カフェ ド マンマ
羽田空港

食彩の王国 (バラエティ/情報)
09:47~

「パッソ ア パッソ」の有馬邦明シェフが梅干しを使ったイタリアン料理を披露。は、クルミ・ニンニク・ドライトマトと梅肉を合わせ、味噌や梅酒を加えて「梅の万能調味料」とした。鶏肉を皮付きのまま用い、皮と身の間に梅味噌をはさんで漬け込んでから、オリーブオイルで皮目を焼き、オーブンに移した。

キーワード
梅干し
パッソ ア パッソ

食彩の王国 (バラエティ/情報)
09:51~

完成した料理は「詰め物にした鶏のロースト 焼き南高梅添え」。皮は香ばしく、身には梅の味が染み込んだ一品となったという。「カフェ ド マンマ」の若手料理人・長尾道子さんは店のピザ窯で試作し、店のオーナーに食べてもらった。

キーワード
梅干し
パッソ ア パッソ
カフェ ド マンマ

エンディング (その他)
09:53~

エンディング映像。

番組Facebookの案内。詳しくは番組ホームページへ。

食彩の王国の次回予告。

キーワード
食彩の王国
  1. 前回の放送
  2. 7月7日 放送
  3. 次回の放送