世界水泳 韓国・光州2019 競泳決勝 第2日 テレビ朝日開局60周年記念

放送日 2019年7月22日(月) 20:00~21:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

世界水泳2019 (バラエティ/情報)
20:00~

小関也朱篤選手について各日にメダルを狙ってきますと述べた。そして、今日の放送は北島康介さんと伝えるが、現在実況席にいるため松岡修造さんとは別の場所にいるなど話した。

キーワード
小関也朱篤選手
世界水泳
北島康介さん
ピーティ選手

世界水泳2019 韓国・光州 第2日(中継1) (スポーツ)
20:01~

男子 100M平泳ぎ決勝の中継映像。トップはアダム・ピーティで57.14。小関也朱篤は58.93で4位。

男子 100M平泳ぎ決勝を終えた小関選手のインタビュー映像。小関選手は悔しいと述べ、次はメドレーがあるのでそこにつながる泳ぎは出来たと思うなど話した。

世界水泳4連覇を狙うサラ・ショーストロム。これまでの10年でバタフライと自由形の短距離種目に王座に君臨してきた。日本好きで来日した際には池江璃花子と人力車に乗ったりしていた。

女子 100Mバタフライ 決勝の中継映像。トップはマーガレット・マクニール で55.83。

大橋悠依&大本里佳 W表彰台へ、日本最年長 入江陵介29歳も登場。

「リモコンのdボタンで豪華なプレゼントが当たる!」と露出。

キーワード
世界水泳2019
サラ・ショーストロム
池江璃花子
大本里佳
入江陵介
大橋悠依
dボタン

世界水泳2019 (バラエティ/情報)
20:18~

世界水泳女子200m個人メドレー準決勝。1位はホッスー、2位はマルガリスだった。大橋と大本は序盤から良いペースを保ち、大本が3位、大橋が4位という結果に。大本のタイムは2.09.68で5位、大橋のタイムは2.10.04と6位でともに決勝進出した。

キーワード
大本里佳
大橋悠依
世界水泳 韓国・光州
マルガリス
オコーナー
ホッスー

お知らせ (その他)
20:24~

「第2回 世界野球プレミア12」の告知テロップ。

キーワード
第2回 世界野球プレミア12

世界水泳2019 (バラエティ/情報)
20:24~

青木玲緒樹の代表決定までの道のりは険しいものだった。ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ日本選手権、100m、200mともにまさかの惨敗。そんな時、手を差し伸べてくれたのが平井伯昌コーチだった。青木玲緒樹さんは「ホテルの近くのごはん屋さんで元気出せよとラーメンをご馳走になりました」などと話した。気持ちも新たに練習を再開、5月の最終選考会で青樹は1位になり世界水泳代表に決定した。

寺川綾は「今のをみて感動しましたね。すごい苦しんでたんですよ。ここにきてトレーニングを積んで表情が凄い明るい」などと話した。

キーワード
日本選手権

世界水泳2019 韓国・光州 第2日(中継2) (スポーツ)
20:29~

女子100m 平泳ぎ 準決勝 1組の中継映像。トップはユリア・エフィモアで1:05.56。

キーワード
世界水泳2019

世界水泳2019 韓国・光州 第2日(中継3) (スポーツ)
20:35~

女子100m 平泳ぎ 準決勝 1組の結果。トップはユリア・エフィモアで1:05.56。

女子100m 平泳ぎ 準決勝 2組の中継映像。トップはリリー・キングで1:05.66。青木玲緒樹は1:06.30で2位。

「リモコンのdボタンで豪華なプレゼントが当たる!」と露出。

大橋悠依&大本里佳 W表彰台へ、メドレー3大会連続2冠ホッスーに挑む。

キーワード
世界水泳2019
ユリア・エフィモア
リリー・キング
青木玲緒樹
dボタン
大本里佳
大橋悠依

世界水泳2019 (バラエティ/情報)
20:42~

決勝進出が決まった青木玲緒樹選手にインタビュー。青木玲緒樹は、2年前は決勝に残れたなかったの、まずは決勝と思ってその目標が達成出来て嬉しく思うと言った。また飛ばしていたことについて、前半は思いっきり行って、問題は後半だと思っていた、後半バテてしまったが決勝には残れた、決勝ではきちんと後半まで粘れるようにしたいと言った。そして目標はメダル獲得と話した。

世界水泳2019。平泳ぎ100、女子準決勝で3位に入った青木選手について北島選手は「彼女の持ち味はキックを生かした泳ぎだとおもう。1位、2位がダントツですが彼女もその辺は分析出来ていた。メダルに絡む泳ぎを期待」とコメント。そしてあと1年後に迫った東京五輪について「あと1年だが、これからの日々を過ごしてほしい」とコメント。大橋悠依、大本里佳にもエールを送っていた。

各国のスピードスターがそろう、男子50mバタフライ決勝。前回大会金メダリストのベンジャミン・プラウド、世界記録保持者のアンドリー・ゴボロフなどが出場する。ケレブ・ドレセルは「厳しい競争は大歓迎」などと語った。

キーワード
世界水泳 韓国・光州
世界水泳2019
青木玲緒樹
東京五輪
大橋悠依
大本里佳
’17世界水泳
ベンジャミン・プラウド
アンドリー・ゴボロフ
ニコラス・サントス

世界水泳2019 韓国・光州 第2日(中継4) (スポーツ)
20:46~

男子50M バタフライ 決勝の中継映像。トップはケレブ・ドレセルで22.35。

「第2回 世界野球プレミア12」の告知テロップ。

ロンドン五輪で銅メダルを獲得した寺川綾の後継者として注目されるのが身長175cmの高校生スイマー・酒井夏海選手。坂井選手はリオ五輪に15歳で出場するなど実力も伸び盛り。坂井選手の前に立ちふさがるのはカイリー・マスやキャスリーン・ベイカー。

女子 100m背泳ぎ 準決勝 1組の中継映像。トップはミーナ・アサートン で58.60。

女子 100m背泳ぎ 準決勝1組を終えた酒井夏海選手のインタビュー映像。酒井選手は今シーズンで1番良いタイムであるが後は結果を待つだけであるなど話す。

女子 100m背泳ぎ 準決勝 2組の中継映像。トップはカイリー・マスで58.50。

「ダイハツ・ヨネックスジャパン・オープン2019」の告知テロップ。

女子 100m背泳ぎ 準決勝 2組の結果。トップはカイリー・マスで58.50。酒井夏海は59.71で8位入賞し決勝進出。

2017年世界水泳200m個人メドレーで銀メダルを獲得した大橋悠依。その後も努力を続け、世界水泳などで金メダルを獲得してきて、世界水泳の舞台に舞い戻り、2年間の経験をこの世界水泳と東京五輪で出せればいいなと思っていますと意気込みを述べた。大本里佳選手は2019年の大会では自己ベストを更新し続ける活躍している。

「リモコンのdボタンで豪華なプレゼントが当たる!」と露出。

キーワード
世界水泳2019
リリー・キング
青木玲緒樹
第2回 世界野球プレミア12
ロンドン五輪
リオデジャネイロオリンピック
カイリー・マス
キャスリーン・ベイカー
東京五輪
大橋悠依
大本里佳
カティンカ・ホッスー
dボタン

世界水泳2019 韓国・光州 第2日(中継5) (スポーツ)
21:11~

男子200m自由形に出場する松元克央選手。速く泳ぐことと名前から付けられたあだ名は「カツオ」。パンパシ水泳では銅メダルを2つ、アジア大会では金メダルを獲得するなど活躍している。指導したのは指導者歴40年以上の鈴木コーチである。

男子200m自由形 準決勝 1組の中継映像。トップはクライド・ルイスで1:44.90。

男子200m自由形 準決勝 1組の中継映像。トップはダナス・ラプシスで1:45.44。松元克央は1:45.56で2位。

男子200m自由形 準決勝の結果。トップはクライド・ルイスで1:44.90。松元克央は1:45.56で4位で決勝進出。

女子 200m個人メドレー 決勝の中継映像。トップはカティンカ・ホッスーで2:07.53。大本里佳は2:09.32で5位。大橋悠依は失格となった。

女子 200m個人メドレー 決勝を終えた大本里佳選手のインタビュー映像。大本里佳選手はメダルを目指していたので悔しい部分はあるが、この大舞台で初めて泳ぐことが出来て良かったなど話した。

女子 200m個人メドレー 決勝を振り返りトーク。松岡修造さんは出し切ったというのはみんな感じたと思うなど話した。

男子200m自由形準決勝4位通過を決めた松元克央選手のインタビュー映像。松元選手はベストは狙っていてラストもう一本ももっと上げられるのが大切かななど話した。

インタビュー映像を振り返りトーク。楽しみであるなど松岡修造さんらは述べた。続いては最年長の入江陵介選手が出場するなど紹介。

チーム最年長の入江陵介選手。世界水泳の個人メダルは2013年から取れていない事から今回の目標として復活のメダリストと掲げた。一時期引退も考えた入江選手であるが2020年東京五輪の承知メンバーとして活動し開催が決定。そこで目指せるのであれば目指したいという気持ちが芽生えた。というそして18年のパンパシ水泳で表彰台に立つ活躍をした。

男子 100m背泳ぎ 準決勝 1組の中継映像。トップはエフゲニー・リロフで52.44。

キーワード
世界水泳2019
パンパシ水泳
アジア大会
鈴木大地
クライド・ルイス
松元克央
入江陵介
ロンドン五輪
世界水泳
東京五輪

世界水泳2019 韓国・光州 第2日(中継6) (スポーツ)
21:45~

男子 100m背泳ぎ 準決勝 2組の中継映像。トップはジョ・カヨで52.17。入江陵介は53.17で4位。

男子 100m背泳ぎ 準決勝の結果。トップはジョ・カヨで52.17。入江陵介は53.17で6位。

男子 100m背泳ぎ 準決勝を終えた入江陵介選手のインタビュー映像。レースを振り返り2秒台を目指していたのでちょっと足りなかったのが残念であるが、ピッチが上がりきらない泳ぎなどが出来たのは収穫であるなど話す。

キーワード
世界水泳2019
ジョ・カヨ
入江陵介

エンディング (その他)
21:51~

大会を振り返りトーク。入江陵介選手について決勝で結果を残すのを目標にしていると思うなど話す。また、女子100mバタフライの表彰式の時に池江璃花子選手へネバーギブアップというメッセージが送られたと紹介。

「世界水泳2019」の番組宣伝テロップ。

キーワード
世界水泳2019
入江陵介
池江璃花子

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月22日 放送
  3. 次回の放送