ナニコレ珍百景 2015年10月14日放送回

『珍衝撃映像バラエティ ナニコレ珍百景』(ちんしょうげきえいぞうバラエティ ナニコレちんひゃっけい)は、テレビ朝日系列で2008年1月23日から2016年3月16日までレギュラー放送され、2018年10月14日から『ナニコレ珍百景』と改題し再度レギュラー放送されているバラエティ番組。通称は『ナニコレ』または『珍百景』。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年10月14日(水) 19:00~19:54
放送局 テレビ朝日

番組概要

はじめての珍百景 (バラエティ/情報)
19:00~

小学生の山田和佳ちゃん・陽愛ちゃん姉妹二人だけで、大人でも近づきたくないという福岡大野城市の建物の謎について調べる。

山田和佳ちゃん・陽愛ちゃんは珍百景の最寄りである太宰府天満宮を出発、まず作戦会議のため2人だけで喫茶店に入ってもらったところ、2人はアイスミルクを注文した。そこで福岡県のローカルタレント・岡本先生が登場し、福岡名物がつまったお弁当を差し入れ。

山田和佳ちゃん・陽愛ちゃんは太宰府天満宮駅から切符を買い電車に乗車、切符を間違えて買ったもののすぐに誤りを発見でき、乗り換えもスムーズに行えた。

山田和佳ちゃん・陽愛ちゃんは無事目的地の最寄駅で降車、目的地であるアパートを探すため地元の不動産を訪ね、さらにおみやげを買うところも一緒に聞いた。2人は取材先への手土産にお菓子を購入、その後差し入れのお弁当を開けたところ、岡本先生のキャラ弁だった。

山田和佳ちゃん・陽愛ちゃんがそれらしきアパートを発見、そこは敷地内に変わった人形が置かれており、これまでしっかりリードしてきた和佳ちゃんは妹の陽愛ちゃんに先に行かせるなどした。そこへ現れたのがオーナー・三浦辰彦さんで、経営しているアパートの一部を自分の作品であるこて絵の美術館にしたという。中にはルーブル美術館に展示されたものもあり、和佳ちゃんたちは無事手土産も渡した。珍百景登録決定。

反町隆史は姉妹の珍百景レポートを振り返り、「怖いけど入ってみたい」などと話した。

キーワード
大野城市(福岡)
アイスミルク
ルーブル美術館
こて絵

オープニング (その他)
19:14~

オープニング映像。今日の放送内容を紹介した。

地域限定 食文化の珍百景 (バラエティ/情報)
19:15~

長野県諏訪郡富士見町にて、人が立ち入らない林の中につるされた、あるものをこのあと紹介。

林の中にはイカが吊るされていた。イカに寄ってくる生き物とは?

キーワード
富士見町(長野)

地域限定 食文化の珍百景 (バラエティ/情報)
19:18~

長野県富士見町で、林の中にイカを吊るしておびきよせる生き物とは?正解は「地バチ(クロスズメバチ)」。長野ではこの幼虫を巣からとって食べる文化がある。珍百景に登録決定。

相棒season14の番組宣伝テロップ。

キーワード
富士見町(長野)

若者もビックリ 超人的お年寄り!! (バラエティ/情報)
19:21~

高知県香南市の中澤一頼さん(79歳)は、7年前に7歳下のフィリピン人女性、ジョアンさんと結婚。75歳、77歳のときに子どもができた。一頼さんは元気の秘訣について、1日30品目の規則正しい食事と、奥さんを愛し愛されることだと話した。珍百景に登録決定。

高齢で父親になった男性の映像を振り返り、反町隆史らは「がんばればできるってことですね」「もう一人は他で、というのがギャグか本気かわからない」などと話した。

このあと ご当地あるある珍百景

ご当地あるある珍百景 (バラエティ/情報)
19:28~

地域限定の”あるある”を紹介する。

栃木県の”あるある”の調理用具は、鬼おろし。郷土料理である「しもつかれ」を作る時に使うという。

宮城県の人は、穴の空いたクツ下のことを”おはようクツ下”と呼ぶ。

長野県では、八幡屋礒五郎の七味唐からしが必ず冷蔵庫に入っているという。保存料が使われていないため冷蔵庫で管理されている。

大分県ではいろいろなものにかぼすをかける。全国生産量の95%が大分県だという。

反町家のあるあるが話題になり、堀内健は以前ドラマ共演の際に知ったこととして反町隆史は「サッポロ一番みそラーメンが大好きで必ず常備していると聞いた」と明かした。

珍百景を大募集。採用されれば3万円&特製ボールペンをプレゼント。

キーワード
鬼おろし
栃木県
しもつかれ
宮城県
七味唐からし
長野県
かぼす
大分県
サッポロ一番みそラーメン
ナニコレ珍百景

密着!!離党で珍発見 (バラエティ/情報)
19:36~

移住者の多い離党での珍発見を紹介する。今回は奄美大島の南に位置する加計呂麻島。

全校生徒6人という瀬戸内町立薩川小学校に訪れたところ、6人中5人が移住者だった。加計呂麻島は5年間で80人ほどが移住してきたという。

加計呂麻島では、ウミガメを間近で見れたり、見たことのない黒いナメクジや大きなオオウナギをよく見かけるなど魅力的な自然が多い。

大阪から移住してきた尾崎康二郎さんは、一戸建ての町営住宅を借りており家賃が月2万5000円だという。中古物件を借りれば5000円からもある。移住者は研修制度を利用し農業や漁業を営んでおり、買い物は商店を利用。

ウド鈴木が一日転校生となり島の学校生活をレポート。毎朝子どもたちは体操服に着替えラジオ体操をするが、ラジオ体操の音声は太鼓が入っていたり島口(方言)での説明になっている。さらに集落の活性化を図るため、集落の放送で子どもたちが作文を読む。

島の学校では複式学級となっているが、児童数が少ないため先生が時間をかけ指導にあたっている。体育の授業ではシーカヤックもやっており、島の海の環境を学んでいる。

島の学校の給食を紹介、この日のメニューはごはんに鶏のササミのおかず、鶏ガラスープを使った鶏飯だった。デザートが一人分余っていたため、ウドも参加してジャンケンしたところ、ウドが最後まで勝ってしまった。

島内の道には棒が用意されており、ハブを見つけたら生息するハブを叩いて撃退する。子どもも自分で身を守る術を教えられ、役場にもっていくと1匹3000円で買ってくれるという。

島の子どもたちに島での暮らしについて尋ねると、「都会へのあこがれはない」「自分の好きなことをやっていられる、すぐに遊びにいける」などと話した。珍発見に登録決定。

加計呂麻島での暮らしについて、岡江久美子らが「子どもたちが生き生きしている、移住したくなる」などと話した。

このあと、MV珍の発表。

キーワード
加計呂麻島
瀬戸内町立薩川小学校
アシヒダナメクジ
ウミガメ
オオウナギ
複式学級
シーカヤック
鶏飯

エンディング (その他)
19:51~

きょうのMV珍は加計呂麻島。

相棒season14の番組宣伝。

キーワード
加計呂麻島
  1. 前回の放送
  2. 10月14日 放送
  3. 次回の放送