世界の村で発見!こんなところに日本人 2カ国初上陸!アフリカ・レソト&謎の島国

『世界の村で発見!こんなところに日本人』(せかいのむらではっけん!こんなところににほんじん)は、朝日放送テレビの制作により、テレビ朝日系列にて2013年4月5日から2019年3月26日までレギュラー放送されていたバラエティ番組である。全150回。なお、レギュラー化前に2008年より不定期特番として7回放送していた。レギュラー放送終了後も、不定期特番として単発放送する。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年5月9日(火) 19:00~21:48
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。今回は、初上陸の国が2つ。

出演者の挨拶。ゲストの八嶋智人を紹介した。

キーワード
レソト王国
セントクリストファー ネーヴィス
ペルー
ミャンマー

初上陸!アフリカ 天空の王国レソト (バラエティ/情報)
19:02~

キング・シャカ国際空港から、千原せいじがアフリカのレソト王国・マフェテンに住む日本人を探す。空港からタクシーに乗り、南アフリカ・ダーバンへと移動。ダーバンからバスに乗り、アンダーバーグという町を目指した。アンダーバーグからタクシーに乗り換え、レソト王国への国境検問所に到着した。しかし検問所にいたのは警察官だけで、入国管理の職員はいなかった。

キーワード
キング シャカ国際空港
マフェテン(レソト)
ダーバン(南アフリカ)
アンダーバーグ(南アフリカ)
ドラケンスバーグ山脈

初上陸!アフリカ 天空の王国レソト (バラエティ/情報)
19:12~

レソト王国を目指し、南アフリカから国境検問所に来た千原せいじ。しかし検問所には入国管理の職員がいなかったため入国できず、アンダーバーグから検問所までの道を戻ることになった。文句を言い続ける千原せいじに対し、番組スタッフは警告として「イエリョーコカード」を提示した。提示された場合は態度を改め、道中はずっと胸に貼ることになる。1日目は、レソト王国に入国できずに終了した。

翌朝、再びレソトへ向けて出発。レソト王国に入った。国境の町・サニパスの標高は2874mで、絶景を望むことができる。日本人が住むマフェテンへ向け、まずはタクシーに乗り首都のマセルを経由することになった。国境から8時間かかり、首都のマセルに到着。マセルで先住民族のバソト族が作るバソトハットを購入し、マフェテンへ向け出発した。日本出発から72時間半、日本人が住むマフェテンに到着した。

キーワード
レソト
アンダーバーグ(南アフリカ)
サニパス(レソト)
レソト王国
マフェテン(レソト)
マセル(レソト)
バソト族
バソトハット

初上陸!アフリカ 天空の王国レソト (バラエティ/情報)
19:29~

スタジオで、千原せいじが森山良子にバソトハットをプレゼント。イエリョーコカードについて、森山良子は「もう少し早く出してもよかった」などと話した。

千原せいじが、レソト・マフェテンに住む日本人を探す。聞き込みをすると、日本人はアミトホセンターという場所にいることが分かった。日本出発から73時間半、マフェテンに住む日本人男性の山口恭史さんを発見した。

レソト・マフェテンで暮らす山口恭史さん。両親を亡くした子どもが暮らす養護施設のアミトホケアセンターで働いている。レソトはHIV感染率世界2位で、両親を亡くした子どもが多い。施設の職員は約50名で、日本人は山口さんだけ。

キーワード
バソトハット
マフェテン(レソト)
アミトホケアセンター
HIV

初上陸!アフリカ 天空の王国レソト (バラエティ/情報)
19:38~

レソト・マフェテンで暮らす山口恭史さん。福井県出身で京都産業大学を卒業し、京都の郵便局に就職した。29歳の時、実家がある福井県の郵便局へ転勤したが、仕事の内容が変わりストレスで体調を崩したという。糖尿病も発症し、46歳で郵便局を辞職。その後はアルバイトをして生活していたが、たまたま日本で観たアフリカのミュージカルに感動。演じていたのがアフリカの孤児だったこともあり、アフリカの子どもたちを助けようとミュージカルを主催していた団体に所属した。団体から仕事の依頼を受け、子どもたちの為になるならと、今年の1月にレソトにやって来た。

千原せいじは山口さんと一緒に、レソトにあるマレツニャーネの滝へ向かった。

キーワード
マフェテン(レソト)
福井県
京都府
京都産業大学
糖尿病
マレツニャーネの滝

初上陸!アフリカ 天空の王国レソト (バラエティ/情報)
19:50~

千原せいじは山口さんと一緒に、レソトにあるマレツニャーネの滝へ向かった。マレツニャーネの滝は高さ192mで、直瀑の滝ではアフリカで一番の高さを誇る。滝の上から山口さんは、「結婚するぞ」などと豊富を語った。

千原せいじが、山口恭史さんが滝を訪れた後、寒暖差についていけず体調を崩したことを伝えた。

キーワード
マフェテン(レソト)
マレツニャーネの滝
山口恭史さん

初上陸! セントクリストファー ネーヴィス (バラエティ/情報)
19:54~

岡江久美子が、ヒースロー空港からセントクリストファー・ネーヴィスに暮らす日本人女性を探す。ロンドンのピカデリーサーカスで、セントクリストファー・ネーヴィスについて聞き込みをした。セントクリストファー・ネーヴィスは、カリブ海に浮かぶ島国。セントクリストファー・ネーヴィス行きの飛行機はガトウィック空港から出ている。しかし直行便がなかったため、バルバドスとアンティグア・バーブーダを経由して、セントクリストファー・ネーヴィスへ向かうことに。1日目は飛行機の手配をして終了した。

翌日、午前11:05分にロンドンを出発し、まずは最初の経由地のバルバドスを目指した。午後3時、バルバドスに到着。セフェッテというファストフードチェーンで食事をしてから、バルバドスを出発しアンティグア・バーブーダへ。日本出発から51時間、セントクリストファー・ネーヴィスに到着した。

キーワード
ロンドン ヒースロー空港
大和田獏
大和田美帆
ピカデリーサーカス
セントクリストファー ネーヴィス
ロンドン(イギリス)
カリブ海
ガトウィック空港
バルバドス
アンティグア バーブーダ
セフェッテ
バッファローポッパーズライスボウル

初上陸! セントクリストファー ネーヴィス (バラエティ/情報)
20:12~

岡江久美子がスタジオに登場。八嶋智人は「寝起きが可愛かった」などと話した。

岡江久美子が、セントクリストファー・ネーヴィスに暮らす日本人女性を探す。1493年にコロンブスが発見し、1983年にイギリスから独立するまで、300年以上イギリスの植民地だった。ピカデリーサーカスを真似て作られた町の中心部で聞き込みをするも情報を得られず、町中から移動して海の近くで聞き込みをすることに。聞き込みの結果、日本人女性の情報を手に入れた。日本出発から64時間、日本人女性を発見した。

キーワード
セントクリストファー島
ネーヴィス島
コロンブス
セントジョージ英国教会
ピカデリーサーカス
イギリス

初上陸! セントクリストファー ネーヴィス (バラエティ/情報)
20:21~

岡江久美子が、セントクリストファー・ネーヴィスに暮らす日本人女性を探す。日本出発から64時間、日本人女性の塩川愛絵さんを発見した。

セントクリストファー・ネーヴィスに暮らす塩川愛絵さんを紹介。塩川さんはロス獣医科大学で研究員をしており、レプトスピラの研究をしている。レプトスピラは野生動物の体内から尿で排出され、その尿で汚染された水や土壌から人に感染する。発熱など風邪に似た症状が出て、重傷の場合は全身出血を伴い死に至る。沖縄県では、毎年感染が報告されている。塩川さんは、レプトスピラの人や家畜への感染予防と、感染した場合の処置が出来るよう研究するためにセントクリストファー・ネーヴィスへやって来た。

大阪・守口市生まれの塩川さん。ムツゴロウさんに憧れ獣医になったが、「感染症の研究者は現場へ出ろ」という記事を読み、27歳で獣医を辞め北海道大学大学院に入り直した。たまたま入った研究室がスリランカにあり、そこでレプトスピラと初めて出会ったという。毎日顕微鏡で見ているうちに愛着が湧き、大学院を卒業する頃には我が子のような存在となった。そして学会で知り合った現在の上司に声をかけられ、昨年9月にセントクリストファー・ネーヴィスにやって来た。

日本人には馴染みのないセントクリストファー・ネーヴィスという国。お国柄なのか、塩川さんによると政府高官の男性からもナンパされることがあり、相手の機嫌を損ねると研究がなかなか進まなくなるなど、仕事に支障をきたすこともあるという。また夜になると治安も悪くなり、自衛を心がけているという。岡江は塩川さんに、日本の食材をサプライズでプレゼントした。お別れの前に、岡江は塩川さんにカリブ海と大西洋を一度に望める丘へ連れて行ってもらった。

セントクリストファー・ネーヴィスの旅についてスタジオトーク。岡江久美子は「VTRは短かったが、日本人女性をすごく探した」などと話した。

キーワード
セントクリストファー ネーヴィス
ロス獣医科大学
レプトスピラ菌
沖縄県
守口市(大阪)
ムツゴロウさん
北海道大学大学院
大西洋
カリブ海

2つの国で日本人探し (バラエティ/情報)
20:32~

ヤンゴン国際空港から、原日出子がミャンマー・ティータマー村に暮らす日本人を探す。空港からタクシーでヤンゴンへ向かい、ティータマー村について聞き込みをした。ティータマー村のあるロイコーは、ヤンゴンから北に約330kmの山間部にある町。しかし約330kmながら、夜行バスで1泊2日かかるという。1日目はロイコーの情報を得て終了した。

ホルヘ・チャベス国際空港から、アンデス文明の移籍がある町に暮らす日本人女性を探す。まず空港からタクシーに乗り、ペルー・リマへ向かった。リマの中心部で、日本人女性が暮らすチクラーヨという町の聞き込みをした。

キーワード
ヤンゴン国際空港
本日も晴天なり
渡辺裕之
ヤンゴン(ミャンマー)
ティータマー村(ミャンマー)
ホルヘ チャベス国際空港
HERO
リマ(ペルー)
チクラーヨ(ペルー)

2つの国で日本人探し (バラエティ/情報)
20:43~

日本人女性が暮らすペルー・チクラーヨの聞き込みをする田中要次。チクラーヨは首都リマから海岸線を北に約660kmの場所にある。今年3月、ペルーではエルニーニョの影響で豪雨が続き、洪水が頻発。甚大な被害をもたらした。リマでも大雨の被害があったが、チクラーヨのあるペルー北部の被害は甚大だという。バスターミナルでチクラーヨ行きのバスを探したが、大雨の影響で橋が落ちたためチクラーヨ行きのバスは全て運休。チクラーヨは孤立しているため、移動手段がないという絶望的な状況だった。

ミャンマー・ティータマー村に暮らす日本人を探している原日出子。バスターミナルでティータマー村のあるロイコー行きのバスを見つけたが、この時期は帰省ラッシュでバスは満席だった。そこでタウンジーという町を経由し、ロイコーへ移動することになった。ヤンゴンを出発してから12時間、経由地のタウンジーに到着した。

日本人探し3日目、タウンジーからバスに乗りロイコーへ向かった。バスに乗り7時間、ロイコーに到着して3日目は終了した。

日本人探し4日目。ロイコーでティータマー村について聞き込みをした。ロイコーは水かけ祭りというミャンマーの伝統行事中で、ティータマー村へ向かう途中の原日出子も水をかけられてずぶ濡れになった。水かけ祭りの期間中は、道という道で水をかけられる。日本出発から72時間半、日本人が住むティータマー村に到着した。

ミャンマーを旅した原日出子。水かけ祭りについて、「厄落としの祭りだが、清めるにしては汚い水をかけられた」などと話した。

日本人女性が暮らすペルー・チクラーヨを目指す田中要次。しかし異常気象による豪雨の影響で、チクラーヨに向かう手段がなかった。ペルーの国内移動は高速バスが主流だが、聞き込みを続けると飛行機で行けることが分かった。リマから飛行機に乗り、田中要次はチクラーヨへ移動した。

チクラーヨで日本人女性について聞き込みをした。チクラーヨにあるシカン遺跡は、日本人が発掘した遺跡。タクシーでシカン遺跡の博物館へ向かった。シカン遺跡は38年前から、日本人考古学者の島田泉教授が発掘調査を行っている。博物館の職員から、チクラーヨにある日本食レストランのオーナーが日本人女性であるという情報を得た。

田中要次のペルーの旅についてスタジオトーク。田中要次のオヤジギャグに対し、イエリョーコカードが提示された。

原日出子がミャンマー・ティータマー村に暮らす日本人を探す。日本出発から73時間、日本人が暮らしている家に到着した。

キーワード
リマ(ペルー)
チクラーヨ(ペルー)
クルスデルスルバス
ティータマー村(ミャンマー)
アウミンガラー バスステーション
ロイコー(ミャンマー)
タウンジー(ミャンマー)
シャン山脈
ヤンゴン(ミャンマー)
パオ族
水かけ祭り
ミャンマー
リマ(ミャンマー)
チクラーヨ空港
エルニーニョ
シカン遺跡
国立シカン博物館
島田泉南イリノイ大学教授
南イリノイ大学
ペルー
カヤー族
カヤン族
カヨー族

2つの国で日本人探し (バラエティ/情報)
21:16~

原日出子がミャンマー・ティータマー村に暮らす日本人を探す。日本出発から73時間、日本人の岩崎昌成さんを発見した。静岡・富士市生まれの岩崎さんは、大学時代は探検部に所属。卒業後は東京の環境調査会社に就職したが、25歳で会社を辞め大学OBとともにメコン川の源流を探しに中国へ。3か月で帰国し、その後はアルバイト生活を送った。27歳のとき、父親のコネで健康食品会社に就職。その時の仕事が、霊芝の栽培だったという。34歳のとき、再び会社を辞め独立して霊芝栽培の会社を設立。しかし経営に失敗し会社は倒産。派遣の仕事や木こりをして生活した。

会社が失敗し、岩崎さんは健康食品会社に復職。ミャンマーに派遣された。今度の仕事は、ミャンマーの霊芝農場の責任者。岩崎さんは2年前から、ミャンマー・ティータマー村で暮らし始めた。岩崎さんは、日本に妻と子ども2人の3人を残し、ミャンマーで生活している。

原日出子は、岩崎さんとともにロイコー市街地にあるタウングークェーパゴダという寺院へ。岩崎さんは、「家族のため、それを第一に掲げてミャンマーで頑張っている」などと話した。

原日出子のミャンマーの旅についてスタジオトーク。千原ジュニアは水かけ祭りの様子について、「宮川大輔がやるロケ」などと話した。

日本人女性が暮らすペルー・チクラーヨを目指す田中要次。旧市街の日本食レストランのオーナーが日本人女性だという情報を得て、その日本食レストランへ向かった。日本食レストランのスタッフからその日本人女性がビクトリア地区に暮らしているという情報を得て、ビクトリア地区へと移動。日本出発から60時間、日本人女性を発見した。

キーワード
ティータマー村(ミャンマー)
富士市(静岡)
メコン川
霊芝
タウングークェーパゴダ
ロイコー(ミャンマー)
ミャンマー
水かけ祭り
宮川大輔
チクラーヨ(ペルー)
シカン遺跡
国立シカン博物館
ビクトリア地区(ペルー)

2つの国で日本人探し (バラエティ/情報)
21:32~

日本人女性が暮らすペルー・チクラーヨを目指す田中要次。日本出発から60時間、日本人女性の谷美紗子さんを発見した。谷さんは8年前にチクラーヨへ。2年前に夫のジョニーさんと結婚し、3歳の息子と暮らしている。家の間取りは8LDK。もともと家族が持っていた土地に、美紗子さんたち夫婦が500万円で新築。ここにジョニーさんの両親と弟、姉家族の総勢10名で暮らしている。美紗子さんは家族との関係も良好で、日本食レストランを経営している。

京都の丹後町で生まれた美紗子さん。夢はレストランを作ることで、大学卒業を前に外食産業に就職することを考えたが、偶然目にした広告をきっかけに青年海外協力隊でチクラーヨへ。その時のホームステイ先の息子が、現在の夫のジョニーさんだった。美紗子さんは2年後に日本へ帰国するが、今度はペルーで好きになったペルー料理の勉強をするため、再びペルーへ。1年間ペルー料理を学び、日本でペルー料理店を開く予定だったが、資金も経営力も無いと悟ったため、チクラーヨで日本料理店を開いた。人を雇うお金がなかったため、デリバリーのお弁当屋から始めたという。

チクラーヨ初の日本料理店を営む美紗子さん。話題と人気を集め、9か月後には2倍の広さの店舗を新規オープンした。従業員は7名。今はリピーターも増え、連日多くの人が料理を楽しんでいる。店のメニューは80種類。大定番を始め、中でも人気なのがオリジナルの創作ロール寿司だという。日々レストランで奮闘している美紗子さんだが、現在は2人目を妊娠中。

キーワード
チクラーヨ(ペルー)
いただきます
丹後町(京都)
青年海外協力隊
ボルカンロール
サムライ巻き
セビーチェロール

2つの国で日本人探し (バラエティ/情報)
21:43~

家族3人でペルー・チクラーヨに暮らす美紗子さん。現在は2人目を妊娠中で、定期検診になぜか田中要次も同行した。日本を離れて8年の美紗子さんだが、日本に帰るつもりはまだないという。

田中要次のペルーの旅についてスタジオトーク。定期検診についって行ったことに、出演者からは田中要次へのバッシングが相次いだ。千原ジュニアは「田中さんは4回目の旅だが、段々下手になってる」と話した。

森山良子出演「母に感謝のコンサート」の告知テロップ。14日に大阪城ホールで公演。

八嶋智人出演、舞台「狼狽~不透明な群像劇~」の告知テロップ。6月2日より三重、大阪、東京にて公演。

キーワード
チクラーヨ(ペルー)
ペルー
母に感謝のコンサート
大阪城ホール
狼狽〜不透明な群像劇〜
三重県
大阪府
東京都
  1. 前回の放送
  2. 5月9日 放送
  3. 次回の放送