渡辺篤史の建もの探訪 「家族の歴史 巨大図書室のある家」山梨県山梨市・根津邸

『渡辺篤史の建もの探訪』(わたなべあつしのたてものたんぼう)は、テレビ朝日系列(一部を除く)ほかで放送されている住宅情報番組で、渡辺篤史の冠番組である。テレビ朝日と日本ケーブルテレビジョン(JCTV)の共同製作。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月29日(土) 4:30~ 4:55
放送局 テレビ朝日

番組概要

オープニング (その他)
04:30~

オープニング映像。

家族の歴史 巨大図書館のある家 ―山梨県山梨市・根津邸― (バラエティ/情報)
04:32~

渡辺篤史が、今回訪問する根津邸の家族と出会い挨拶。家の外観を眺め、庭もしっかりしているなどと感想を述べた。根津邸は祖父母の家をリノベーションしたという。

「建もの探訪」で検索とテロップ表示。

渡辺篤史が根津邸の中に入った。吹き抜けの高い天井で、巨大な本棚があるのが特徴。棚には息子の描いた絵や工作などが飾られていた。書斎には農業関係の本が多数揃っている。階段は網目になっており、開放感がある。祖父母・両親・自身も読書家で、代々の蔵書を残しつつ、強度を補った巨大図書室という構造になっていた。

寝室からは眺めの良いインナーバルコニーにつながっていた。渡辺篤史は景色を褒め、洗濯物を干すシステムに関心した。

子供室は二間続きの和室となっている。将来に備えてそれぞれの部屋を玄関脇に準備住みである。

一階へと戻った渡辺篤史は根津邸の水回りを見学。整頓されたタオルや、大きいユニットバスに関心した。勝手口を抜けると薪が置かれている空間がみられた。

このあとは「ブドウにかぶりつく男」。

キーワード
建もの探訪
ブドウ

家族の歴史 巨大図書館のある家 ―山梨県山梨市・根津邸― (バラエティ/情報)
04:45~

今回紹介するのは根津邸で、2015年9月完成。そして根津一家を紹介した。

25畳のLDKからは開放感のある庭が眺められる。渡辺篤史はリビングの照明などを褒め、主人の栽培したブドウを発見するとそれを食した。

渡辺篤史はキッチンに入り、コンロやシンクについて感想を述べた。根津さんがリノベーションにあたってこだわったのは、子どもが伸び伸びできるかどうかだったという。根津一家がリビングで食事をする様子が流れた。

根津さんの奥さんは鍼灸師で、家の一角で鍼灸院を構えている。優しい光が差し込むスペースで、子ども連れの方も来やすい鍼灸院となっている。家の入口と鍼灸院の入り口とは別で、リラックスできるインテリアで飾られている。

根津邸の間取り図を紹介。1階は36坪、2階は11坪。

キーワード
ブドウ

エンディング (その他)
04:52~

渡辺篤史が根津邸を訪れて感想を述べた。建物自体が暖かく、包み込むような印象だったと語った。

渡辺篤史の建もの探訪の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月29日 放送
  3. 次回の放送