日曜報道 THE PRIME 2019年4月14日放送回

『日曜報道 THE PRIME』(にちようほうどう ザ・プライム)は、フジテレビおよびFNN系列各局で、2019年4月7日から毎週日曜7:30 - 8:55(JST)に放送されているニュース・情報番組である。新聞番組表では、スペースの関係(フルサイズ1行10文字)の関係もあり『日曜報道ザ・プライム』とクレジットされている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月14日(日) 7:30~ 8:55
放送局 フジテレビ

番組概要

ニュース (ニュース)
07:30~

11日に米韓首脳会談が開催。専門家は時間の短さとトランプ大統領の険しい表情に注目。背景にあったものとは。

キーワード
ホワイトハウス
ムンジェイン
金正恩
米韓首脳会談
トランプ大統領
ワシントン(アメリカ)

オープニング (その他)
07:31~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
07:31~

米韓首脳会談でトランプ大統領はつねに険しい表情だった。文在寅は非核化を進めるためには制裁緩和が必要としたが、トランプ大統領は時期ではないと明言した。会談は29分で、2人だけで話したのは2分程度。武貞秀士は、実質的には首脳会談ではなかったと指摘。重要な話は会談の前、ペンスらと会った時に出たという。文在寅が北朝鮮に近づきすぎなことを説得するための会だった。ソウルの人は「北朝鮮への態度で米韓の仲は遠ざかるしかないのでは。」などとコメント。

米韓関係についてトーク。文在寅はトランプ大統領との会談は29分で、質疑応答が27分、会談はわずか2分程度。会議に出席し、帰国した。武藤正敏は「北朝鮮が部分的な制裁解除を勝ち取ろうとして、アメリカの態度が硬すぎると言いたかった。言えるのは二人だけのときだったが、それを防がれた妻が同席した会談は、話し合う気はないというメッセージ。」などとコメント。三浦瑠麗は「アメリカが制裁緩和したら野党から折れたと言われかねない。韓国は米国との関係は対処している。」などとコメント。

松山俊行は「同盟国の首脳が来て、これだけ短いのは異例。」などとコメント。李相哲は「トランプ大統領は事前に文大統領が何を言うか分かっていた。全部記者とのやりとりで立場を話した。夫婦同伴でやったのは、会談ではなく歓談。文大統領は米韓関係は密接と言った。」などとコメント。武藤正敏は「南北首脳会談を計画していると言っていて、これに対してトランプは北の考えを知らせてくれと言った。まずは北朝鮮を説得しろという意味。」などとコメント。文大統領は金正恩に会談前に会いたかったが、北朝鮮側が拒否した。

アメリカと北朝鮮は米朝首脳会談で決裂し、文大統領は仲介をしたかった立場。三浦瑠麗は「トランプは韓国に恥をかかせながら、走り回らせている。北朝鮮との融和は文政権の悲願で、政権のレガシーとして中心に位置づけている。韓国では必ず半日になる予想があるが、韓国国民の要望が経済に向かっているため、米国とうまくやるなどに向いている。文さんがいなくなっても構図は変わらない。」などとコメント。武藤正敏は「韓国内では文大統領を支持するが、国際社会で北朝鮮との会談が成功だという人はいない。文大統領は現実を理解していない。国益より自分の主張を考えている大統領とは調整の余地は少ない。首脳会談がプラスなのかは分からない。」などとコメント。

自由朝鮮は金日成らの肖像を叩きつけ、金ファミリーの支配を打倒せよとの映像を公開。北朝鮮を危なくさせるような組織の可能性がある。

キーワード
トランプ大統領
米韓首脳会談
文在寅大統領
米朝首脳会談
ポンペオ国務長官
ボルトン大統領補佐官
ペンス副大統領
ソウル(韓国)
龍谷大学
ワシントン(アメリカ)
ブレアハウス
FTA
ホワイトハウス
文大統領
南北首脳会談
金正恩委員長
チョン・ウィヨンさん
ムン・ジェイン大統領
トランプさん
ミョンバクさん
ハノイ(ベトナム)
金日成主席
金正日総書記
自由朝鮮
防衛省

ニュース (ニュース)
07:50~

自由朝鮮の動きが初めて表面化したのは2年前、マレーシアの空港で暗殺された金正男氏の息子を救出した事を発表した。さらに2回目の米朝首脳会談が決裂した翌日、自由朝鮮はHPで金委員長の独裁体制打倒を呼びかける動画を公開した。動画が撮影されたのは韓国ソウル市内の公園で、ここは100年前日本からの独立運動の舞台となった象徴的な場所。先月11日には金正男氏暗殺事件が起きたマレーシアで、北朝鮮大使館の外壁に青いスプレーで「金正恩打倒 連帯革命」「自由朝鮮 我々は立ち上がる」と書かれた落書きが発見された。自由朝鮮の動きで最も注目されるのは、2月22日に起きたスペインの北朝鮮大使館襲撃事件。スペインの司法当局によると、10人のグループがマドリードの北朝鮮大使館を襲撃し、コンピュータとハードディスクを奪って飛行機でアメリカに逃走したという。自由朝鮮も手にした情報をアメリカのFBIと共有したと認めている。元防衛省情報分析官の西村金一氏はこの犯行の背後にFBIだけでなくCIAの存在も指摘している。CIAの指示で自由朝鮮は北朝鮮の暗号解読キーを入手し、1週間前に自由朝鮮のホームページに8279を掲げたのではないかと言う。

キーワード
自由朝鮮
金正男氏
米朝首脳会談
自由朝鮮HP
金委員長
北朝鮮大使館
FBI
防衛省
CIA
マレーシア
ソウル市(韓国)
マドリード(スペイン)

ニュース (ニュース)
07:56~

おととい開かれた北朝鮮の最高人民会議。昨日施政演説を行う金正恩委員長の様子が公開された。大半は2月ハノイで開かれた2回目の米朝首脳会談への批判だった。アメリカの研究機関「38ノース」は、東倉里のミサイル関連施設が通常の運用に戻った可能性を伝えた。会談決裂後、朝鮮中央テレビでロケット発射をにおわせるような映像があった。38ノースはまた、弾道ミサイルを搭載できる新型潜水艦の建造が続いている可能性を伝える。金正恩委員長は「アメリカが正しい姿勢で臨むなら3回目の首脳会談を行う用意はある。年末までは忍耐心を持ってアメリカの勇気ある決断を待つ。」としている。

北朝鮮の最高人民会議で金正恩委員長は、国の最高指導者である国務委員長に再任した。これで、政府・党・軍でトップ。金委員長は「トランプ大統領とは良い関係を維持している。今年末まではアメリカの勇断を待つが、良い機会を得るのは難しいだろう。」などとしている。人事では、金英哲氏や崔善姫氏が徴用されている。武藤正敏は「北朝鮮は焦っている。崔善姫氏が中心となって対米交渉を行うと思う。強硬姿勢になりそう。」などとした。李相哲は「金正恩委員長は、トランプ大統領さえ口説けば問題解決すると思っているが、非核化のハードルを下げるのはもう無理。演説の趣旨は、韓国の共闘を求めるものだったが、これも無理。また、自力更生も無理。食糧も油も鉄も無い。この70年、ずっと援助だった。」などとした。三浦瑠麗は「トランプ大統領が上手。この問題はトランプ氏が政治利用したいタイプのもの。アメリカと韓国は北朝鮮の開発の利益に目が向いてしまう、ということを日本人は考えておくべき。」などとした。

今年の2月、スペインの北朝鮮大使館が襲撃された事件に関与していたとされるのが自由朝鮮。自由朝鮮は脱北者を支援しているとされていて、金正男氏の長男を保護したとしている。リーダー格とされるのはメキシコ国籍を持つアメリカ在住の人物で、大使館を襲撃した主犯格とされている。スペインの司法当局によると、大使館で強奪した情報をFBIに渡したとみられ、またCIAとの繋がりも指摘されている。李相哲によると、自由朝鮮はゆるやかなネットワークで世界を結んでいる反金正恩体制で、北朝鮮の内通者もいるという。また主犯格の人脈が広く、フォーリン・ポリシーという雑誌になぜ金正恩体制をほっとくのかという論文も書いているという。武藤正敏は人の移動が政権崩壊の始まりなどと言った。三浦瑠麗はイラク戦争と既視感があるなどと言った。また李相哲は、今まで北朝鮮でクーデターは起こらない認識だったが今回の自由朝鮮で変わるかもしれないなどと言った。

NEXT 北朝鮮 強硬路線に逆戻り?

キーワード
金正恩委員長
最高人民会議
米朝首脳会談
朝鮮中央テレビ
平壌(北朝鮮)
ハノイ(ベトナム)
東倉里(北朝鮮)
トランプ大統領
金英哲氏
崔善姫氏
非核化
民主党
自由朝鮮
北朝鮮大使館
脱北者
金正男氏
フォーリン・ポリシー
イラク戦争

ニュース (ニュース)
08:11~

日本にとって最も関心が高いのは、日韓関係の修繕。武藤正敏は「膠着状態が続く。」などとした。

怒りの現場 (ニュース)
08:12~

ボロボロの危険な空き家が放置されている。近隣の住民は怒りが爆発している。その土地の価格はおよそ3億円だ。時価にすると5億円の土地だ。倒壊の危険もある。舗道にまでせり出した家。歩行者も危険にさらされている。屋根は剥がれそうな状態だ。家の中にはポリタンクや自転車、バイクまで転がっている。火災を起こしかねない。130坪の土地だ。

所有者の親族をたずねた。どうして家は残ったままなのかと聞くと、わからないと答えた。もうひとりの親族に聞くと、応じてもらえなかった。どこに所有者はいるのか。さいたま市役所は個別の案件については答えられないという。市議会に建物のことを陳情している人物もいる。その人から話を聞いた。

キーワード
JR大宮駅
さいたま市(埼玉)
さいたま市役所

怒りの現場 (ニュース)
08:21~

一等地に残る空き家。市議会にこの建物のことを陳情している人物もいる。その人から話を聞いた。30人から40人が相続しなければ、売れないと言われたとのこと。120年前から名義変更をされていない土地だ。相続の権利を持つ人がどんどん増えた。全員の同意が必要なので、放置されることになったという。所有者不明の土地と呼ばれる。のうちの16.9パーセント、山林の25.6パーセントが所有者不明だ。410万ヘクタールが所有者不明の土地となっている。九州の面積を上回る。空き家のまわりのフェンスは行政が設置。そのほかの対応は行政はしないという。

相続権のある当事者もどうしたらいいかわからない現状があるという。所有者不明の土地は、都市部にもある。いまにも崩れてくるような建物だったと梅津さんがいう。誰もどうしようもないという。地方には立派な空き家がたくさんある。活用しないのは国家の損失だ。所有権と使用権を分離したらいいと李さんがいう。観光立国にとって、からない価値があることになる。法改正も追いついていない。立法をしたかたちで行政が動かなければいけない。相続税が払われていないことになるので、損失だと三浦さんがいう。

キーワード
さいたま市(埼玉)
相続税

マサかのスポーツ (ニュース)
08:28~

フィギュアスケート国別対抗戦。女性フリーに紀平梨花選手が登場。冒頭のトリプルアクセルは着氷に失敗。連続ジャンプは、3回転が2回転になってしまい、その後の3回転もミス。5位に終わった。本番前の6分間練習を見ていた村主千香は「ショートのトリプルアクセルに比べると、軸が少し斜め。」などとした。「6分間練習では、観客が入ることで温度が上がるので、その最終調整。」などとした。紀平梨花は「課題に取り組むことができると、プラス思考で頑張りたい。」などとした。

紀平梨花選手のトーク。三浦瑠麗は「年齢よりも大人びていく。」などとした。山本昌は「私もいつもガチガチだったが、動き始めると止まる。」などとした。

「巨人とヤクルトの首位攻防戦のカギは2番」、「原監督と戦国武将に共通点!?」、とニュースは並ぶが、まずは「甲子園の対決 再び」から。元金足農業で高校野球夏の準優勝を飾った、ドラフト1位の吉田輝星投手と、その時の決勝で吉田から3安打2打点を奪った元大阪桐蔭の、ドラフト1位の藤原恭大選手がプロ入り後初対決。1球目はストレートでストライク。2球目もストレートでファウル。3球目もストレートで空振り三振。2回目の対戦は、1球目、カーブでストライク。2球目はフォークで追い込んだ。3球目はアウトコース低めへのストライクで三球三振。吉田投手は「高卒同士のライバルとして、絶対打ちとる気持ちを感じながら投げられて、前進できた。」などとした。山本昌は「ワクワクする。これから先もライバルでいくのでしょうね。1軍が楽しみ。」などとした。

セ・リーグの首位攻防、巨人対ヤクルト。双方2番バッターがカギとなった。ヤクルトの打率リーグ9位の青木は進塁打。その後山田が3号ツーランを放った。ヤクルトは4回にもバレンティンのホームランなどで4点リード。対する巨人はその4回裏、4番岡本のソロアーチなどで1点差に詰め寄る。続く5回、打率リーグトップの坂本が打席へ。2試合連発となる4号ソロホームランで同点に追いつく。大城を代打に起用すると、ホームランを放ち、勝ち越し。ヤクルトは7回、1アウト2塁のチャンスで、2番青木がフォアボール。そして4番バレンティンが2打席連続となる特大3ランを決めた。7対5と逆転した。8回にも青木がダメ押しのタイムリー。結果は11対6でヤクルトが勝利した。

2番バッターのトーク。山本昌は「これまで2番は自己犠牲ができるイメージだったが、変わった。」などとした。松山俊行は「2番サード高田。」などとした。

街の人は平野謙選手を挙げた。西武ライオンズの黄金期を支え、5年連続シーズン最多犠打を記録。川相昌弘選手も挙がった。通算533犠打は世界記録で、バントの神様。大洋などで活躍した加藤博一選手も挙がった。正田耕三選手も挙がった。

今年のセ・リーグ上位3チームの2番打者の成績。青木宣親は得点圏打率.600で1位。坂本勇人の打率は0.383で2位。ソトはホームラン5本で1位。山本昌は「ピッチャーは立ち上がりが不安定なので、2番に強打者は効果的。」などとした。1~3回に得点した試合での勝率は、ヤクルトは88.8%、巨人は87.5%。山本昌は「これができるのは、3番・4番にいい選手がいるから。こういうことができるようになったということは、日本人選手もパワーをつけたということ。」などとした。

東京大学の本郷和人教授は、原監督と織田信長に共通点があるという。

キーワード
フィギュアスケート国別対抗戦
紀平梨花
A Beatutiful Storm
巨人
ヤクルト
原監督
吉田輝星投手
藤原恭大選手
金足農業
高校野球夏
日本ハム
ロッテ
青木宣親選手
山田
バレンティン
岡本
坂本
大城
ジャイアンツ
平野謙戦選手
西武ライオンズ
川相昌弘
加藤博一選手
大洋
中日
西鉄
正田耕三選手
青木宣親
坂本勇人
ソト
DeNA
丸選手
岡本選手
山田選手
バレンティン選手
東京大学
織田信長

マサかのスポーツ (ニュース)
08:42~

織田信長は外部の人間を積極的に登用し、原辰徳監督も能力があれば外部の人間を使う。吉川尚輝ら生え抜きと丸佳浩の外様の打率は球団トップ。勝負にこだわり、原監督は坂本選手に送りバントを指示する場面も。高橋前監督のときは送りバントは3年間で2回。だらしないプレーをしたら選手に説教をするという。ゲレーロのスタメン落ちは、オープン戦での守備での怠慢が原因だった。原監督はスタメンを外した理由を説明し、激励。翌日ゲレーロはスタメン起用され、3安打4打点の活躍を見せた。

山本昌は「原監督は正攻法というタイプ。いつも親しくしてくれて、ベンチ裏で叱っているイメージはなかった。」などとコメント。三浦瑠麗は「多様性を取り入れて強くなるのは納得。」などとコメント。山本昌は、原辰徳の天下統一の可能性を34%とした。

WTO逆転敗訴・・・日本の誤算

キーワード
原辰徳監督
織田信長
豊臣秀吉
明智光秀
吉川尚輝選手
坂本勇人選手
丸佳浩選手
高橋前監督
ゲレーロ
読売巨人軍

ニュース (ニュース)
08:50~

韓国は福島第一原発事故後、日本の水産物の輸入を一部禁止に。対象は福島県など8県。WTOの判決は一審は不当な差別としたが、二審では不当ではないとされた。李相哲は「日韓の問題はいつも印象操作。」などとコメント。三浦瑠麗は「WTOで解決するときに、韓国側の主権を認めるかどうか。上級委員会の委員はアメリカら3国で、メンバーの中で制限をしたい人たちがいたのではないか。」などとコメント。

キーワード
WTO
福島第一原発事故
福島県
青森県
岩手県
宮城県
茨城県
栃木県
群馬県
千葉県

番組宣伝 (その他)
08:53~

「パーフェクトワールド」の番組宣伝。

「ラジエーションハウス」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 4月14日 放送
  3. 次回の放送