滝沢カレン一座 【滝沢カレンが本気で舞台の脚本&演出に初挑戦!】

放送日 2019年4月5日(金) 0:25~ 1:25
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
00:25~

オープニング映像。

今日の内容のダイジェスト映像。滝沢カレンが、舞台の脚本・演出に初挑戦。真剣に挑んだ2ヶ月間に、密着する。

滝沢カレン一座 (バラエティ/情報)
00:26~

滝沢カレンが、舞台の演出・脚本・キャスティングに初挑戦。その2ヶ月間に密着する。本番69日前の1月17日、滝沢カレンがスタッフと打ち合わせを行い、演劇の脚本・演出をやりたいと希望した。滝沢カレンは昔から、物語を書く事が好きであり、「朝日新聞デジタル」に「滝沢カレンの物語の一歩先へ」という物語も書いている。打ち合わせの結果、会場は新宿シアターモリエールと決まった。その後、滝沢カレンは脚本を書き始め、タイトルは「ふんだりけったり」と決まった。続いて、滝沢カレンは友人の横澤夏子にアドバイスを依頼したり、演出家の福田雄一に話を聞いた。福田雄一は、「今日から俺は!!」「勇者ヨシヒコシリーズ」「銀魂シリーズ」などを手がけた演出家。福田雄一が、滝沢カレンの書いた脚本を読み、アドバイスを送った。

その後、滝沢カレンは脚本を直したり、スタッフとの打ち合わせを重ねた。さらに、キャスティングも行い、出演者は、行徳智仁、釜野真希、錦織聡、山内昭宏、劇団4ドル50セントの谷口愛祐美、田代明、尾崎尉二、うえきやサトシ、番組スタッフの日向亜紗樹と決まった。続いて滝沢カレンは、会場となる新宿シアターモリエールの下見をしたり、吉本新喜劇の座長である小籔千豊の元を訪ねて、アドバイスを貰った。続きはCMの後で。

キーワード
谷口愛祐美
田代明
行徳智仁
うえきやサトシ
釜野真希
錦織聡
朝日新聞デジタル
新宿シアターモリエール
今日から俺は!!
勇者ヨシヒコ
吉本新喜劇
勇者ヨシヒコと導かれし七人
尾崎尉二
山内昭宏
日向亜紗樹
銀魂
滝沢カレンの物語の一歩先へ
劇団4ドル50セント
ふんだりけったり

滝沢カレン一座 (バラエティ/情報)
00:51~

このあとはいよいよ涙の大本番!

CMの前から引き続き、滝沢カレンの挑戦に密着。滝沢カレンが、藤井克彦、ゆかりの小雪と共に、稽古を行った。藤井克彦は主人公であり、舞台「みみばしる」などで活躍している。ゆかりの小雪はヒロイン役。この稽古には、小籔千豊も応援に駆けつけた。その後も稽古の日々が続き、ついに本番当日となった。続きはCMの後で。

キーワード
ふんだりけったり
みみばしる

滝沢カレン一座 (バラエティ/情報)
01:03~

CMの前から引き続き、滝沢カレンの挑戦に密着。本番当日、会場で最後のリハーサルが行われた。やがて開場時間となり、観客が入場した。小籔千豊、佐藤栞里も、観客として観に来てくれた。やがて開演時間となり、舞台「ふんだりけったり」の幕が開いた。そして、無事に終演した。滝沢カレンが舞台裏で、喜びの涙を流した。続きはCMの後で。

キーワード
ふんだりけったり

滝沢カレン一座 (バラエティ/情報)
01:15~

CMの前から引き続き、滝沢カレンの挑戦に密着。演劇の終演後の舞台上で、滝沢カレンと横澤夏子が、トークショーを行った。そのトークショーでも、滝沢カレンは感激の涙を流した。続きはCMの後で。

キーワード
ふんだりけったり

エンディング (その他)
01:19~

CMの前から引き続き、滝沢カレンの挑戦に密着。終演後の舞台裏で、滝沢カレンが、次回作の構想を語った。また、今回の舞台はFODで配信されていると宣伝して、エンディングとなった。

キーワード
ふんだりけったり
新宿シアターモリエール
FOD

番組宣伝 (その他)
01:23~

「ラジエーションハウス」の番組宣伝。

「さんま東大vs京大」の番組宣伝。

  1. 4月5日 放送