でんじろうのTHE実験 超マッハ真空砲VS居合斬りの達人!一茂・キンプリ岸

『でんじろうのTHE実験』(でんじろうのザじっけん)は、フジテレビ系列で2019年(平成31年)2月3日から日曜日 20:00 - 21:00(JST)に放送されている科学実験バラエティ・教育番組で、米村でんじろうの冠番組でもある。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月17日(日) 20:00~21:54
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
20:00~

オープニング映像が流れた。

THE対決 (バラエティ/情報)
20:00~

地球上にある1000℃のマグマと、-196℃の液体窒素を共に1リットルずつ投入してマグマを完全に固めれば液体窒素の勝利になる実験を行った。でんじろうさんは日本火山学会の三好教授らと、マグマ専用七輪に空気を贈り続けると1500℃に達する炭を敷き詰めていった。そしてマグマの素に砂と融剤を使い、それを加熱して上から蓋をして待つとマグマになった。そのマグマに入れたお玉は溶け、ステーキ肉は一瞬で火が通った。

一瞬で凍る液体窒素をパスタにかけると、食品サンプルのようになったので小宮さん達が食べるとカッチカチだったという。春日さんは液体窒素とマグマの対決について爆発して何もなくなるとし、小宮さんは液体窒素の勝利を予想した。いよいよ両方をボウルに投入すると、マグマの熱でテーブルが焦げて液体窒素はボウルに残っていた。結果は表面は冷やされたが、中はまだドロドロだったので固まり切らなかったマグマの勝利だった。

鉄とアルミニウム粉末を混ぜて火をつけるテルミットは、アルミニウムが酸化鉄の酸素を奪って鉄が残る化学反応となっている。この力を利用して火山の噴火を再現する実験を行った。まず試用実験としてコップ1杯分のアルミニウムでテルミットを見た。レールを溶接する際にも使用するこの反応を、ドラム缶1本のアルミニウムで見ることにした。ドラム缶には「トゥース」をかたどった導火線をつけると、アルミニウムは大噴火を起こした。

キーワード
マグマ
液体窒素
日本火山学会
ステーキ肉
アルミニウム
テルミット反応
噴火

THE対決 (バラエティ/情報)
20:19~

ドラム缶には「トゥース」をかたどった導火線をつけ、テルミット反応でアルミニウムは大噴火を起こした。噴火の後にドラム缶は消滅しており、史上最大のテルミット反応による溶けた鉄を作り出す実験は成功だとでんじろう先生は発表した。

巨大なテルミット反応でできた鉄を、寺田君が磁石につけるとくっついていた。

キーワード
アルミニウム
テルミット反応
噴火

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
20:22~

実験大好きおじさんのケンさんは消毒用アルコールをボトルの底に浸る程度まで注ぎ、次にボトルの注ぎ口にタオルを詰めたらボトルをシェイクさせた。ボトルにアルコールを充満させ、火を付けると青い炎がボトルの中で踊っていた。

でんじろう先生はケンさんが披露した実験について、瓶のアルコール蒸気が燃えて一気に吹き出し、吸い込まれた空気がアルコール蒸気と混ざって引火する「パルスジェット」の実験として知られていると解説した。

キーワード
アルコール

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
20:29~

飛んでくる超高速ロケットをキャッチできるかの実験に、元プロ野球選手の長嶋一茂さんが挑戦することになった。少量のアルコールをペットボトルに入れて内側を湿らせ、ボトルに空気をいれると温度が上昇してアルコールが蒸発した。蓋をとると温度が低下してアルコールが霧状になり、霧に火を近づけるとロケットが飛ぶという。1実験では心君が火をつけ、2回とも長嶋さんはロケットをはたき落としてしまった。

弁護士YouTuberのデビッドさんは一瞬で強度を増す魔法の歯ブラシの実験をこのあと行う。

キーワード
アルコール
YouTuber
YouTube

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
20:38~

弁護士YouTuberのデビッドさんは、2リットルの水が入った重いバケツを歯ブラシを噛み合わせるだけで持ち上げる実験をした。まず、バケツに2リットルの水を入れて歯ブラシ7.5cmの所に紐を置いてもう1本の歯ブラシをガムテープで固定し、2kgのバケツを持ち上げていた。さらにこの歯ブラシで20kgの娘も持ち上げていた。

でんじろう先生はデビッドさんの実験を、歯ブラシの束が噛み合わさった事で毛先の1本1本に摩擦力が発生したのでバケツを持ち上げられたと見抜いた。そこで、でんじろう先生は100kgまで耐えられる100本の日本製歯ブラシブランコを設置した。そして両端から順に歯ブラシを外し、落下した本数で1組あたり何kgまで耐えられるかの実験に、梅沢さんが挑戦した。

キーワード
YouTuber
YouTube

番組宣伝 (その他)
20:44~

ネプリーグ、痛快TVスカッとジャパン、トレース~科捜研の男~、新説!所JAPANの番組宣伝。

スキャンダル専門弁護士 QUEENの番組宣伝。

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
20:47~

でんじろう先生は100kgまで耐えられる100本の日本製歯ブラシブランコを設置した。両端から順に歯ブラシを外し、落下した本数で1組あたり何kgまで耐えられるかの実験に、梅沢さんが挑戦した。中尾さんと若槻さんが歯ブラシをい1本ずつ抜き、残りは91本となった。でんじろう先生の予想では梅沢さんの体重が63kgなので、60本までは余裕で持てるという。歯ブラシ残り46本になった時、梅沢さんは落ちた。歯ブラシ1本で1.4kg持てたこの実験の挑戦者は、梅沢さんが初めてだという。

THE対決 (バラエティ/情報)
20:51~

音速ピンポン砲を真剣で斬れるかの実験に、居合いの達人である町井さんが挑戦する。町井さんは時速820kmのテニスボールを居合斬りで斬るなど、6個のギネス世界記録保持者だった。でんじろう先生は長さ4mの筒を使用し、スチロールを置いて完全密閉した真空砲の実験を行った。通常の真空砲では1気圧の空気が時速781kmで押し出され、ピンポン玉が1枚の発泡スチロールの壁を貫通した。しかし圧縮ガス搭載真空砲の実験を小宮さんで行うと、空気よりも強い圧力で押し出す力が数倍で時速1440km、マッハ1.2と音速を超えていた。この威力の強い真空砲で春日さんは4mで玉を斬り、町井さんは2mで斬ることにした。町井さんは1本目2本目と失敗したが、3本目で玉を斬って挑戦に成功していた。

でんじろう先生は実験について「奇跡だった」などとコメントしていた。

キーワード
ギネス世界記録
修心館
発泡スチロール
居合斬り

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
21:09~

YouTuberのウルフィーさんはジャガイモと秘密のエキスだけで、光るスライムを作るという。まず、細かく刻んだジャガイモをお湯に入れて4分かき混ぜて、水分を搾り取る。ボウルの中に残ったジャガイモの白い粉に秘密の液体を混ぜ、スライム状にしてブラックライトにあてると光っていた。

でんじろう先生は実験で出来たスライムについて、ジャガイモでんぷんだと説明した。光っているのは混ぜた炭酸水に含まれる「キニーネ」がブラックライトにあたり、紫外線を吸収して発光したからだという。でんじろう先生は水を弾き、溶けないで混ざっているダイラタンシー現象の実験をでんぷんで行った。でんぷんはゆっくり押すと奥まで入り、両手で揉むと個体になって力を抜くと液体になるという。

キーワード
YouTuber
YouTube
ジャガイモ
ブラックライト
でんぷん
キニーネ
ダイラタンシー現象

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
21:18~

ジャガイモでんぷんを水でこねたものの上で、走り続ける事で沈まない実験に中尾さんと若槻さんが挑戦した。衝撃を与えると固まるこの液体に梅沢さんも入ったが、途中で沈んでしまった。この現象はダイラタンシー現象といい、どんな衝撃も吸収するのででんぷんの液体に浸かった春日さんの上からハンマーで叩く実験も行っていた。

全米が認める科学オタクのニックさんとビートボクサーの80Fitzさんは、風船にガスを入れて、その風船を吸引する実験を行った。すると80Fitzさんの声は悪魔のような声に変わってしまった。

でんじろう先生は「声帯が振動し声道が震えることで声が出る。空気より軽いガスを吸うと声が高くなり、逆に重いガスを吸うと声が低くなる」などと解説した。ニックさん達が使っていたのは空気中から僅かしか取れず希少な「クリプトンガス」だという。

King & Prince 岸が!

キーワード
ジャガイモ
でんぷん
キニーネ
ダイラタンシー現象
クリプトンガス
King & Prince

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
21:28~

ニックさん達が使用していた空気より重い「クリプトンガス」を使った実験をでんじろう先生は行った。このガスが充満している箱の中に入った岸さんは深呼吸すると、悪魔のような低い声に変身していた。さらにリコーダーも音の出る仕組みが人間と似ているので、音が変わるという。

ブリストル大学出身のエド・キングストン博士は「VEQTER」という企業を経営する若きインテリ科学者だった。そんなエド博士は約1300℃の熱で溶けたガラスをバケツに入れ、最強と最弱のガラス玉をつくる実験を行った。このガラス玉の頭部分をトンカチで叩いても割れなかったが、尾っぽを切った事で木っ端微塵になってしまった。

でんじろう先生は博士が行った実験について「溶かしたガラスを急激に冷やすと外側が固まる。内側も固まり縮もうとするが外側が固まっているために、内と外で引っ張り合う力が生まれる。その内側に亀裂が入ると力が一気に爆発し粉々になる。このガラス玉はオランダの涙という」などと解説した。さらにオランダの涙を使った実験をした。オランダの涙を水の中で割ると衝撃波が発生して衝撃が水を伝わり、ガラス瓶は破壊された。

長嶋一茂がでんじろう先生の餌食に!

キーワード
クリプトンガス
リコーダー
木魚
ブリストル大学
VEQTER
オランダの涙
長嶋一茂
でんじろう先生

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
21:40~

でんじろう先生によると「オランダの涙」を手で持って割ると、細かい破片が当たるだけで衝撃を与える事ができないので痛くないという。この実験に長嶋さんが挑戦したが、痛いと驚いていた。

キーワード
オランダの涙

番組宣伝 (その他)
21:43~

有吉ダマせたら10万円の番組宣伝。

池上彰スペシャル!の番組宣伝。

世界の科学者から挑戦状! (バラエティ/情報)
21:43~

モンタナ州の高校で科学を教えるクレイグさんはティーチャー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、オバマ元大統領にも絶賛された人物だった。クレイグさんはお湯に入れただけで消えるスプーンの実験を見せた。

でんじろう先生はクレイグさんが行った実験は、アルミや鉄などと同じく金属の一種「ガリウム」を使ったなどと解説した。金属の中でも溶ける温度が低いガリウムでスプーンを作成し、お湯につけることで溶けているように見えるからくりだった。このからくりを応用し、スプーンをお湯の中で混ぜるとスプーンに包まれたフォークが溶けてあらわれた。

派手な実験が好きなバプティストさんは、2000Vと800mAが出る変圧器と厚さ1.5cmの板を用意し、板の表面にコーティングして釘を打ち付けた。すると電極から黒い線が枝分かれし始め、木の模様を描き出した。

でんじろう先生は先程の実験について「木の板に塗ったのは重曹で、物を燃やす働きを助ける実験だった。これはドイツの科学者であるリヒテンベルク図形と呼ばれている」などと解説した。心君もこの実験に挑戦していた。

でんじろうのTHE実験の次回予告テロップ。

キーワード
オバマ元大統領
ガリウム
リヒテンベルク
リヒテンベルク図形

番組宣伝 (その他)
21:52~

Mr.サンデーの番組宣伝。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月17日 放送
  3. 次回の放送