最強スポーツ統一戦 2018年12月30日放送回

放送日 2018年12月30日(日) 13:55~15:55
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:55~

オープニング映像。

「村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード2018」の番組宣伝テロップ。

各チームのメンバーを紹介した。優勝チームには、エア・タヒチ・ヌイからタヒチへの往復航空券5人分をプレゼント。滞在の手配はパーパスジャパンがお手伝い。

キーワード
エア・タヒチ・ヌイ
タヒチ
パーパスジャパン

1st BATTLE タッチオブウォー (バラエティ/情報)
14:01~

「タッチオブウォー」のルール説明。点灯するボタンを30秒間でより多く押せたチームの勝利。動体視力・瞬発力・集中力が重要になる。1回戦は各チーム2人が挑戦し、合計得点で勝敗を決する。準決勝・決勝は各チーム1人ずつの勝負。ボクシングの井上選手は「ボクシングは視野が狭いので不利」とコメント。

1回戦第1試合はチーム野球対チームサッカー。野球からは上田選手と谷山選手、サッカーからは宇津木選手と鈴木選手が出場。柳田選手から上田選手への応援メッセージが届いた。合計点は48-52でチームサッカーの勝利。

1回戦第2試合はチームラグビー対チームボクシング。ラグビーからはジョセ選手と黒木選手、ボクシングからは井上選手と伊藤選手が出場。合計点は22-31でチームボクシングの勝利。

1回戦第3試合はチームハンドボール対チーム競馬。ハンドボールからは宮崎選手と池原選手、競馬からは戸崎騎手と川田騎手が出場。

絶対的エースの超絶テクニック!!

キーワード
柳田悠岐
ソフトバンク

1st BATTLE タッチオブウォー (バラエティ/情報)
14:14~

BATTLEタッチオブウォーで対決。戸崎圭太と宮崎大輔が挑戦。宮崎大輔が43個で勝利。宮崎大輔は「ずっと涙目でやっていた。」などとコメント。戸崎圭太は「日立行けますかね。」などとコメント。川田将雅と池原綾香が対決。池原綾香が46で勝利。池原綾香は「無心でやっていた。」などとコメント。川田将雅は「ジョッキーってこんなもんなんだろうなと思った。」などとコメント。チームハンドボールが準決勝進出。準決勝にはサッカー、ボクシング、ハンドボール、野球が進出。

準決勝からはチームの代表1人同士の勝負。川島郭志と宇津木瑠美が対決。40-15で川島郭志が勝利。チームサッカーが決勝進出。川島郭志は「難しい、全然見えなかった。」などとコメント。井上尚弥は「がっかりです。」などとコメント。ハンドボールと野球は、野球が勝利した。山田哲人は「期待してなかったけどよかった。」などとコメント。決勝はサッカーと野球が対決。谷山が勝利し、チーム野球がBATTLEタッチオブウォー勝利。谷山莉奈は「途中焦ったけど下剋上でよかった。」などとコメント。松井稼頭央は「あれだけ点数を出されると託すしかない。」などとコメント。

井上尚弥vs山田哲人“真剣勝負”

キーワード
おりひめジャパン
日立(茨城)
タヒチ

2nd BATTLE パワークライミング (バラエティ/情報)
14:24~

長さ6mのロープを上り切るタイムを競う。座った状態からスタートし、頂上のボタンを押してゴール。各チームの代表1人が挑戦。宮崎大輔らが挑戦。競技順は抽選で決定。

パワークライミングで対決。伊藤剛臣は「林は俺にやらせろと言った。頑張って。」などとコメント。林大成は6:85でゴール。林大成は「汚名返上できた。」などとコメント。チーム競馬から川田将雅が挑戦。福永祐一は「体重が軽いから、バランスで上位に来れると思う。」などとコメント。川田将雅は6:60でゴール。サッカーから鈴木武蔵が挑戦し8:59でゴール。井上尚弥が挑戦。八重樫東は「幼少からトレーニングをしていた。モンスターの凄さが見れると思う。」などとコメント。井上尚弥は5:07でゴール。井上尚弥は「ちょっと本気出しちゃった。」などとコメント。

ハンドボールから宮崎大輔が挑戦し、6:03でゴール。野球から山田哲人が挑戦。山田哲人は「いけます。」などとコメント。山田哲人は6:49でゴール。山田哲人は「大口たたいてすみません。」などとコメント。優勝はチームボクシング。井上尚弥は「トレーニングに取り入れているので負けられない緊張感をフジテレビからかけられていた。体幹を意識してやった。」などとコメント。ボクシングが野球と同率1位に。

「FUJI BOXING 2018 伊藤雅雪・井上拓真・拳四朗トリプル世界戦」の番組宣伝テロップ露出。

山田哲人本気モード突入!

キーワード
アドレナリン

番組宣伝 (その他)
14:39~

「村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワード2018」の番組宣伝。

「THE TRIPLE」の番組宣伝。

3rd BATTLE ダーツスナイパー (バラエティ/情報)
14:41~

ダーツスナイパーが行われる。集中力とパワーを競う。15m崎の赤い風船を少ない投球数で割ったチームの勝利となる。ダーツの本数は15本でチーム全員参加。集中力空間認識能力が主に重要になる。15本投げきったら終了。割れた風船の数で順位が決まる。

ラグビーチームが登場。そしてスタートする。14投目で、赤い風船を割った。続いては、競馬チームが登場。福永ジョッキーが孤軍奮闘だ。赤い風船は割れなかった。続いてはサッカー。結局赤い風船を割れず、2位だ。ハンドボールチームが登場。赤い風船は割れず。いまのところ、ラグビーチームが1位だ。ボクシングチームが登場。赤い風船を割れず。野球チームが登場した。みんな自信があるという。ダーツはかるすぎるという。山田哲人選手が赤い風船にあと少し。ラグビーチームを上回れるのか。

キーワード
おりひめジャパン

番組宣伝 (その他)
15:00~

「たまッチ!~平成もプロ野球ありがとうSP~」番組宣伝。

「フジヤマ」番組宣伝。

3rd BATTLE ダーツスナイパー (バラエティ/情報)
15:03~

山田の9投目がHIT。チーム野球が1位に。総合順位は野球が単独1位に。

4th BATTLE 近未来3種 (バラエティ/情報)
15:05~

「近未来3種」のルール説明。各チーム3人を選出し、リレー形式で3つの種目を行う。瞬発力・バランス感覚・空間認識能力が主に重要になる。第1走者は自転車のスピードが40km/hに到達したらクリア。1分経過してもクリアできなかった場合、第2走者は白タスキで繰り上げスタート&タイム2分加算。第2走者は最新型セグウェイを装着し、決められたコースを走破できたらクリア。第3走者は最新小型ドローンを操縦し、障害コースを飛びきったらゴール。事前の練習時間は10分。

最初の対戦はチーム野球対チームボクシング。野球からは岡田選手、上田選手、谷山選手が出場。ボクシングからは八重樫選手、伊藤選手、川島選手が出場。自転車、セグウェイはチーム野球がリード。チーム野球のタイムは2分48秒、チームボクシングは4分34秒だった。

続いての対戦はチームハンドボール対チームサッカー。ハンドボールからは吉野選手、東江選手、池原選手が出場。サッカーからは鈴木選手、宇津木選手、本並選手が出場。自転車はハンドボールがリード。セグウェイはほぼ同時のゴール。ドローンはハンドボールが先にゴール。本波選手はドローン操縦を誤り、大きくコースアウトした。

キーワード
セグウェイ Drift W1

4th BATTLE 近未来3種 (バラエティ/情報)
15:16~

本並はまだドローンに操られていたが、ついにフィニッシュ。チームサッカーは7分24秒でのクリア。続いてはチームラグビーvsチーム競馬。暫定1位はチーム野球の2分48秒。チームラグビーがドローンまで行く間にチーム競馬は自転車が時間切れで繰り上げスタート。チームラグビーは1分53秒でクリア。1位となった。チーム競馬は5分5秒でクリアした。総合順位はラグビーが3位浮上も、1位は変わらず野球。

起死回生のビッグボーナスチャレンジ。

ボーナスチャンス (バラエティ/情報)
15:24~

マシュマロキャッチ。現在の持ち点からBETポイントを決め、高さ6mから落下するマシュマロを口でキャッチできればポイント2倍。失敗すればポイント没収。チーム野球以外のチームが挑戦する。BETポイントはハンドボールが80、ラグビーが90、サッカーは5、ボクシングが50、競馬が35。

マシュマロを落とすのは小島瑠璃子。チーム競馬から福永祐一が挑戦し、成功。福永祐一は「小さい頃から得意だった。」などとコメント。チーム競馬の得点は105に。チームサッカーから武田修宏が挑戦し、失敗。チームハンドボールから東江雄斗が挑戦し、失敗。チームラグビーからジョセ・セルが挑戦し、失敗。チームボクシングから井上尚弥が挑戦し、成功。得点は205ポイントで首位に。

ラストバトルで奇跡が!?

キーワード
豊さん
マシュマロ

FINAL BATTLE アルティメットドッジボール (バラエティ/情報)
15:36~

「アルティメットドッジボール」では、各チームから3名出場、全チーム同じスペースでドッジボールをし、最期まで当たらずに残った選手がいるチームが勝利。現在順位は1位からボクシング、野球、競馬、サッカー、ハンドボール、ラグビー。今回は勝ち残った人数×100ptを授与。

ボールの権利はチームハンドボールに決定。ドッジボールが開始。

FINAL BATTLE アルティメットドッジボール (バラエティ/情報)
15:42~

ドッジボールが開始。まず、ボールの権利を持った宮崎が松井により逆に脱落。その後武田、川島、八重樫、松井などがアウト、引き続きチームハンドボールが主導権を握った。その後荻野は惜しい落球でアウトに。しかしその後チームハンドボールが全滅し岡田と本並の一騎打ちに。本並が勝利し、チームサッカーに100ptが授与。

初代チャンピオンに輝くのは!?

最強スポーツ統一戦 (バラエティ/情報)
15:51~

結果発表だ。初代チャンピオンはチームボクシングだ。エアタヒチヌイ 成田-タヒチ往復航空券がプレゼントされた。井上尚弥選手が受け取った。

キーワード
エアタヒチヌイ 成田-タヒチ往復航空券
タヒチ島
成田空港

番組宣伝 (その他)
15:53~

村上信五のスポーツ奇跡の瞬間アワードの番組宣伝。

RIZIN.14の番組宣伝。

  1. 12月30日 放送