犬神家の一族

『犬神家の一族』(いぬがみけのいちぞく)は、横溝正史の長編推理小説。「金田一耕助シリーズ」の一つ。横溝作品としては『八つ墓村』と並んで映像化回数が最も多い作品で、2006年12月の公開作品を含め映画が3本、テレビドラマが6作品公開されており、特に市川崑監督による1976年公開の映画版は、メディアによって「日本映画の金字塔」と称されることもある。

出典:goo Wikipedia

これまでの放送回 (新着順)

1件中 1件~1件を表示

  1. 1