情報プレゼンター とくダネ! 2019年5月20日放送回

放送日 2019年5月20日(月) 8:00~ 9:50
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

ボクシング・井上尚弥選手について小倉は「昨日のボクシングご覧になりましたか?井上尚弥って本当に強いですね。相手は今まで19戦して1回も負けてないというチャンピオンなんですよ。ボクシングはいくつも団体があり、本当のチャンピオンを決めようと8人でトーナメント戦を行っていて、昨日は英・グラスゴーでロドリゲス相手にTKO勝ちを収めました。決勝でドネアと対戦するのが楽しみ。」などと話した。

キーワード
井上尚弥選手
ロドリゲス
ドネア
グラスゴー(イギリス)

ニュース (ニュース)
08:01~

一昨日、鹿児島・屋久島町を襲った50年に一度の記録的な雨。24時間の降水量は439.5mmに達し、5月の平年雨量1か月分に匹敵する雨量が降った。この雨で土砂崩れが発生し、登山者ら314人が一時孤立。岐阜県在住の西辻さんは先週木曜日、登山を楽しむために屋久島を訪れた。異変を感じたのは山に入っていた土曜日の朝、水が登山靴の上まで浸るような状態だった。町でも道路は冠水。この雨で町全域の6667世帯・1万2431人に避難勧告が出された。西辻さんら4人は偶然遭遇した他のグループのガイドと共に行動し下山。しかし滝ように流れ落ちる水などによりこの日の下山を諦め、立ち往生していたバスの中で一夜を明かした。夜が明けると山の環境は更に悪化。新たな難所が登山客らを待ち受けていた。

キーワード
避難勧告
屋久島町(鹿児島)
岐阜県
屋久島

ニュース (ニュース)
08:10~

おとといの屋久島では24時間降水量としては1ヶ月分雨量となる439.5mmの大雨が降った。他の地域でも沖縄・与那国島では約120mm、岐阜・山県市でも約100mmの大雨が降った。また、宮崎~鹿児島にかけては土砂災害警戒情報が発表されている。宮崎・串間市の市木地区・本城地区では1316世帯2437人に対して避難指示が出されている。日南市でも氾濫危険情報が発表されているため注意が必要。天達さんによると今後雨雲は徐々に東へと進み、日付が変わることには近畿地方が雨のピークになるという。21日朝になると雨雲が関東に到達し、交通機関にも影響が出るかもしれない。

天達さんによると今年の夏はエルニーニョ現象などの影響から雨が多くなる予想だそうで、雷雨・降水量は多くなると予想されている。梅雨入りについては「今年は沖縄・奄美が少し遅れたので、東・西日本は若干遅れる可能性がある」とのこと。

池袋暴走事故から1カ月。運転手が警察の聴取を受けた。一方息子が被害者を訪問、謝罪。旧通産省産業元院長が池袋の交差点で運転中に事故、2名が死亡10名が重軽傷。本人も入院していたが一昨日退院。任意で事情聴取、サングラスにマスクで表情は確認できず、視線は足元へ、足取りもおぼつかない。被害者には「申し訳ない。ただそれだけ」高さ14cmのスロープが上がれないが事故前の足はどうだったのか。「ここまでおぼついてはいなかったが右手に杖をついていたからよたついた感はあった」遺族は「医師から運転を控えるようにと言われるほど思うように動かないと見た。その状態でなぜ運転をした、二人の命を奪い家族や友人も傷つけ絶望に陥れたことを自覚して欲しい」

息子から被害者らに対する謝罪が始まっている。ゴミ収集車に追突した際の衝撃に巻き込まれた左肘を骨折、現在も入院リハビリ中の女性に息子と代理人が謝罪にきたという。女性の長男は「父が起こした一連の事故で大変ご迷惑をかけたという話とそれによって怪我をされているということに対して1日も早い回復を願うという話。かなり神妙な面持ち、被害者への償いもだが自分自身の周りに対する影響もあるということで思うところはある」元院長「アクセルが戻らなかった、ブレーキを踏んだが利かなかった」と供述しているが機能検査で車体に不具合はなかった。事故から一ヶ月、現場は多くの人が献花に訪れる。「証拠隠滅や逃走の恐れがないことから逮捕せず任意で事情を聞く」という方針に対する疑問、退院したがなぜ逮捕しないのか。事故はなぜ起きたのか。

50年に一度の記録的な雨となった鹿児島・屋久島。救助隊が待つ場所まであと僅かだと思った矢先、目の前に現れたのは土砂崩れが起きた現場の濁流。この地点には救助に来た自衛隊が到着していて、手すり代わりのロープが張られていた。登山客らはそれを掴みながら指示に従い水の中を渡った。その後登山客らはバスに乗り込み無事下山。こうした局地的な大雨は各地で発生している。

先週月曜日、沖縄・与那国島では3時間の降水量が観測史上最大の276.5mmに。岐阜・中津川市などでも1時間に約100mmを記録。先週水曜日には福島・郡山市がゲリラ豪雨に襲われ道路が冠水。また、屋久島に大雨をもたらした雨雲が日本列島を縦断する可能性がある。

タレント・磯野貴理子(55)が昨日放送されたテレビ番組で24歳年下の夫との離婚を報告。離婚を決意した理由については、夫が「自分の子供が欲しい」と言われたため。

車の暴走事故を起こした旧通産省工業技術院の元院長はおととい警視庁の任意聴取に応じており、被害者に対しては「申し訳ございません、それだけです」などと述べていた。「なぜ今回は逮捕されないのか」などという疑問があるが、逮捕しなくても起訴はできるため、逮捕しないことが無罪とは限らない。弁護士によれば「優先順位として治療が必要と判断された」「証拠が揃ってきているため、逮捕の必要がない」などと指摘しており、今後の逮捕可能性については「仮に自分が悪くないなどと言い張り、完全否定することがあれば逮捕の可能性は出てくる」とのこと。元院長はおととし運転免許を更新しているが、去年秋ごろに足を怪我しており、退院時でも杖を使用していた。

元院長は車椅子用のスロープも自力でのぼることができず、よろける場面も。事故前の話として元院長の近所の人は「ここまでひどくなかった。杖を持ち、歩く素振りが心配」などと述べており、街の人も「この足の状態でブレーキを踏み込むことはできたのか?」など疑問に思っていた。中村さんによればむしろ足の不自由な方に自動車が必要とされているという。

元院長の車は当時80kmで走行していたところに歩行者にぶつかり、その後90kmに加速して親子に衝突した。中村さんは「最初の衝突でパニックとなり、その後はブレーキを踏んでいるつもりがアクセルに足が載ったままだったのではないか」と考えている。元院長はアクセルが戻らなくなった、ブレーキを踏んだが利かなかったと述べており、警視庁の調べでは車に異常は見つからず。警視庁はアクセル・ブレーキの踏み間違いとみて事故原因を調べている。中村さんは「踏み間違いがあったならアクセルペダルを力いっぱい踏んでいるはず。しかし、加速度合いとしてはゆるい」「高齢と怪我のため、ペダルを踏み込む力が弱くなった可能性はある」と推測している。

警視庁によると、75歳以上による死亡事故の人的要因で多かったのが操作ミス。うちアクセル・ブレーキの踏み間違えが6.2%であり、75歳以下では0.8%だった。福山大学の教授によれば、後方確認をするときなどのひねり動作に問題がある。高齢者は若年者に比べて可動範囲が小さくなり、ひねり動作で右足先がずれる。注意しないとブレーキを踏んだつもりでもアクセルを踏んでしまう。また、ブレーキ・アクセルの段差にも問題がある。この段差はブレーキ・アクセルの踏み間違いを防ぐためだが、高齢者は体力が落ちているため、足を高く持ち上げられない。

キーワード
大雨
土砂災害警戒情報
警視庁
大雨警報
避難指示
旧通商産業省工業技術院
氾濫危険情報
土砂災害
屋久島町(鹿児島)
与那国町(沖縄)
山県市(岐阜)
秋田県
宮崎市(宮崎)
串間市(宮崎)
日南市(宮崎)
高知県
千葉県
神奈川県
茨城県
群馬県
屋久島
与那国島
雄物川
大隅半島
エルニーニョ現象
雷雨
太平洋高気圧
保育園義務教育化
絶望の国の幸福な若者たち
東海テレビ
記録的短時間大雨情報
安佐北区(広島)
沖縄県
奄美(鹿児島)
熱中症
梅雨
旧通産省工業技術院
池袋(東京)
自衛隊
若狭弁護士
中津川市(岐阜)
郡山市(福島)
はやく起きた朝は…
磯野貴理子
松居直美
森尾由美
目白署
認知症
骨折
警視庁HP
関根准教授
免許証

ニュース (ニュース)
08:58~

タレント・磯野貴理子さん(55)が昨日放送されたテレビ番組で24歳年下の夫との離婚を報告。離婚を決意した理由については、夫が「自分の子供が欲しい」などと言われたため。磯野さんは2003年に当時マネージャーだった男性と結婚したが6年後に離婚。2012年に24歳年下の夫がテレビ番組内でプロポーズし再婚。結婚前には磯野さんの出資でお店のオープン。しかし2年後、磯野さんが自宅で脳梗塞を発症。異変に気付き支えたのは夫だった。昨日のテレビ番組で磯野さんは「感謝」という言葉を使い、最後まで夫を気遣っていた。

磯野貴理子さんについてのトーク。小倉「夫婦の事は人には分からない。ただ良い形の夫婦だったんだなと思った。」、伊藤「松居さんが泣き崩れたのが、 磯野さんの気持ちも感じられてなんとも言えない気持ちになった。」、橋口「今回の事で他人が可愛そうだとか思うのは違うかなと思った。」、小倉「子供に関する考え方は歳のとり方によっても違う。」、古市「理由がすごく切ない。」

キーワード
はやく起きた朝は…
磯野貴理子
松居直美
森尾由美
おのまちこ
ノンストップ!
脳梗塞
松居さん

2019FNSチャリティ (バラエティ/情報)
09:06~

アフリカ東部の赤道直下に位置するウガンダ共和国。かつてアフリカの真珠と呼ばれた大自然や野生動物が生息。首都・カンパラでは対象的に近代的なビルが建ち並ぶ。豊富な資源により国の経済成長率は上昇。しかし、地方では児童婚(18歳未満での結婚)が深刻な問題に。ウガンダは18歳未満の人口の割合が世界2位で、総人口約4200万人のうち半数以上が子供。児童婚の割合はウガンダ女性の約4割に上る。多くは貧困家庭の子供で、ウガンダでは18歳未満の結婚は認められていないが、親が収入などを期待して結婚させることもある。

ウガンダ西部・カセセに住むマシカ(15)は、息子・ブリトン(7か月)を持つ。学校には通っておらず、仕事をしながら息子と2人暮らしをしている。住んでいるのは家賃5000シリング(約150円)の家。若年での出産は母子ともに負担が大きく、命の危険を伴う。

キーワード
ユニセフ
FNSチャリティーキャンペーン
児童婚
カンパラ(ウガンダ)
ホオジロカンムリヅル
マウンテンゴリラ

ウンダメシ クジのあなた (バラエティ/情報)
09:39~

ウンダメシクジの占い結果を紹介した。

ウンダメシ クジのあなた (バラエティ/情報)
09:42~

ウンダメシクジの占い結果を紹介した。

  1. 前回の放送
  2. 5月20日 放送
  3. 次回の放送