情報プレゼンター とくダネ! 2018年3月19日放送回

放送日 2018年3月19日(月) 8:00~ 9:50
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像が流れた。

笠井信輔アナは勤続30周年の休暇を取得したため、きょうから一週間ほど番組を休む。30周年を迎えたのはだいぶ前のことだが、なかなか休もうとしなかったため局から休暇をとるよう要請されたのだという。

キーワード
笠井信輔アナ

ニュース (ニュース)
08:00~

ドイツ・クリンゲンタールで18日に行われたノルディックスキーW杯複合の個人総合で、29歳の渡部暁斗選手が初優勝した。W杯個人総合はオリンピックのメダルよりはるかに難しいと言われ、日本人選手の優勝は23年前の荻原健司選手以来となる。

ベラルーシ・ミンスクで行われたスピードスケートW杯で、23歳の高木美帆選手が日本人初となる種目別総合優勝を果たした。

アメリカ・カリフォルニアで開催された、テニスの準4大大会「BNPパリバ・オープン」で、若干20歳の大坂なおみ選手が、世界ランキング1位の選手も含めた強豪を次々と撃破し初優勝を飾った。日本女子としては初の快挙だ。優勝者としてスピーチを求められた大坂選手は、トーナメントディレクターや女子チーム協会、相手チーム、ボールキッズ、審判と大会に関わるすべての人々に対する感謝を述べたあとで「これは歴代で最低のスピーチになるとおもいます」とはにかむ様子も見せ、暖かな空気で会場を包み込んだ。

ハイチ系アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれた大坂選手は、3歳のときに大阪からアメリカに移住した。今回のBNPパリバ・オープンでは”元女王”シャラポワ選手を初戦で下したほか準決勝で世界ランク1位のハレプ選手を破るなど目覚ましい活躍を観せて優勝を勝ち取るなど卓越した技術で相手を圧倒してきた大坂選手だが、インスタグラムに自身の日常やユーモラスあふれる写真を投稿するなど年相応のおちゃめで可愛らしい一面もある。今回、大坂選手と決勝を争い銀メダルとなったカサトキナ選手は「はじめにナオミとそのチームにおめでとうと言いたい。でも今回は『股抜きショット』を見せてくれなくて残念です」と賛辞の言葉を送った。この股抜きショットには、切磋琢磨する2人のある印象的なエピソードがあった。

キーワード
ノルディックスキーW杯
渡部暁斗選手
クリンゲンタール(ドイツ)
ノルディックスキー
荻原健司選手
スピードスケートW杯
高木美帆選手
スピードスケート
ミンスク(ベラルーシ)
カリフォルニア州(アメリカ)
大坂なおみ選手
BNPパリバ・オープン
テニス
インスタグラム
シャラポワ選手
サカリ選手
ハレプ選手
カサトキナ選手
股抜きショット

ニュース (ニュース)
08:07~

春場所中にまたも衝撃の事態が起きた。現役の力士が付け人に暴行、顔が腫れ口から出血したという。暴行したのは新十両の貴公俊。日馬富士による暴行事件の被害者でもある、貴ノ岩と同じ貴乃花部屋の力士である。相撲界の暴力根絶を訴えてきた貴乃花親方はHPで「今相撲界では度重なる暴力や不祥事により国民の期待を裏切り組織としての公益性や透明性が問われている」などとコメントしていたのに自身の部屋から加害者が出た。とくだねは貴乃花部屋の関係者を独自取材した。暴行が起きたのは結びの一番の約2時間前のこと、貴公俊は本来歩いて入る花道を走って入場した。力士は自分が出場する2番前から土俵下に控えるが貴公俊は遅れて入場してきた。辻本公俊氏によると「付け人が控室に連絡するのが遅かった。それで貴公俊が走って入場する形になった。遅いからと審判長か誰かに注意された」という。取り組みも負け、怒りの矛先は付け人に向けられ3発殴打された。殴られた付け人は2歳年上の序二段力士。こめかみ付近や頬が腫れ口からは血が流れていたという。貴公俊は双子で弟は貴源治、史上初の双子の関取である。貴乃花親方は正当に裁きという強い言葉で日馬富士に厳しい処分を要求した。9日には内閣府に告発した。身内の暴行にどう対応するのかが注目である。騒動が起きた時会場には貴乃花親方はおらず、早退していた。一報を聞くと驚きを隠せない様子だったという。貴公俊は「親方に申し訳ない、もう相撲取れない」と猛省していたという。親方は終始冷静で「辛抱が足りないから相撲にも負ける」と語ったと辻本さんは話した。殴られた付け人は「僕が悪いです」、怪我の程度は本人は「大した事ない」と言っている。日本相撲協会はきょうにも貴公俊と付け人の聴取をする。

けさ7時過ぎ宇治市で貴乃花親方は取材に応じた。いつどういう形で知った?の質問に「きのう貴公俊が相撲取り終わって部屋に帰ってきて聞いた。」どういう風に親方に?と聞かれ「殴ってしまいました。」「経緯を聞いて今日協会に説明しに行く」。師匠としては?に「暴力は絶対にしてはいけないと育ててきたつもり。深刻な思い」と語った。貴公俊は親方から見て「地道に稽古する子。改めて厳しく指導していこうと思う」。現段階で土俵に上げることはできない、と話した。怪我の様子は唇が少し腫れているなど話した。暴力の問題に関して訴えていた中でこういうことが起きたことについては「とても深刻」と答え、貴公俊は部屋で謹慎させており反省していて、言葉にならない状態だという。これまでは暴力をしたらいけないと言っている、いきさつは殴られた弟子から個別に聞き、貴公俊に話を聞いて協会に報告するとのこと。

貴乃花部屋で起きた暴行事件について、このあと東京相撲記者クラブ会友の大隅潔記者と長年貴乃花親方を取材し続けている夕刊フジの久保武司記者も交えて議論する。

今回日本女子初の快挙となるBNPパリバ・オープン優勝を果たした大坂なおみ選手は、大会前、女子テニス協会を通じて同じ年のダリア・カサトキナ選手から股抜きショットを教わっていた。的確なアドバイスにより見事技をものにした大坂選手だが、奇しくもそのカサトキナ選手と迎えることになった決勝戦では、その技は一度も振るわず、試合後、カサトキナ選手から祝福の言葉とともに「『股抜きショット』が見られなくて少し残念です」という一言を受けた。スタジオではその大坂選手について「すごい才能ということだけはわかる」「スピードスケートもだがことしに入って女子選手の活躍が目覚ましい」「サカリ選手の『強すぎて何もできない』という発言、こんな漫画にしか出てこないセリフを現実で言わせてしまう存在が出てきたことに感動している」とのコメントが出た。今大会の功績から、大坂なおみ選手は世界ランクを44位から20代まで繰り上げる。優勝賞金は約1億5000万円にのぼるという。

貴乃花部屋は宇治市に支度部屋を設けている。宇治市から中継。今朝は5時半ごろ7時まで稽古が行われ、その後記者の取材に応じた。今までにないぐらい沈痛な面持ちだった。取材の対応を終えた後、親方の個室がある建物に戻っていった。10時から理事会があるので、まもなく部屋を出るとみられる。

今朝の会見をまとめる。いつ知ったのか?「きのう貴公俊が相撲をお取り終わって部屋に帰ってきて聞きました。殴ってしまいましたと」師匠としてどう思うか?「暴力を振るったことは言い訳がつかないということを話しました」「暴力は絶対にしてはいけないと厳しく育ててきたつもりです。こういうことが起こって深刻な思いです」と会見をまとめた。大隈潔は、力士会は貴乃花部屋は欠席している。貴ノ岩事件の処理の問題と現役の関取衆との間に開きが出てきているのではと分析した。久保武司は、こんなに深刻な親方の顔を見るのは初めてだと話した。また会見で、貴公俊は「部屋で謹慎させている」今場所は「現段階で土俵にあげることはできない」と話した。

貴公俊は20歳。1997年、小山市生まれ。2013年に角界へ。2年後に幕下昇進。今年の1月に十両昇進。双子の弟、貴源治も十両に昇進していて、史上初の双子関取として注目されていた。付き人の連絡が遅れて花道を走って入場した。その際に審判部長代理に注意された。取り組みで負ける。その後支度部屋に戻って暴行した。付き人は顔が腫れ、口の中が切れ流血した。付き人は22歳。付き人の仕事は、まわしの着脱、入浴など。一般的に十両で付き人は2~3人。幕内3~4。横綱8~10人必要とされる。貴乃花部屋では、関取4人に対して6人しかおらず掛け持ち状態。同じ一門の別の部屋から借りるが、借りていない。大隈潔は、貴景勝だけ2人で後は1人ではないかと話す。付き人も相撲を取る時があるので付き人がいなくなることもある。貴乃花部屋は、関取率は1、2番を争うぐらい凄い。柿崎明ニは、今までの経緯を貴公俊にかぶせてしまうのはいけない。親方としては素晴らしい人なので、貴公俊の罪をかぶせて重くするのではなく公平に見てあげてほしいと話した。

昨日の夜の間に4人で話し合い、付き人は僕が悪い、けがもたいしたことないと話している。貴公俊は親方に申し訳ない、もう辞めたいと泣いて猛省している。

キーワード
貴ノ花親方
貴公俊
日馬富士
貴ノ岩関
貴乃花部屋
日本相撲協会
暴行
宇治市(京都)
BNPパリバ・オープン
大坂なおみ選手
カサトキナ選手
女子テニス協会
股抜きショット
春場所
貴乃花親方HP
鶴竜
貴源治
内閣府
貴乃花親方

アマタツ天気 (ニュース)
09:32~

NEXT…今週は季節の変わり目”春の梅雨”

脳活Johnny!ジャンケン (普遍情報)
09:40~

今回の「脳活Johnny!」は、放送1000回を記念して、以前の番組レギュラー・菊川怜が出題する。

エンディング (その他)
09:48~

今回日本女子初の快挙となるBNPパリバ・オープン優勝を果たした大坂なおみ選手は、大会前、女子テニス協会を通じて同じ年のダリア・カサトキナ選手から股抜きショットを教わっていた。的確なアドバイスにより見事技をものにした大坂選手だが、奇しくもそのカサトキナ選手と迎えることになった決勝戦では、その技は一度も振るわず、試合後、カサトキナ選手から祝福の言葉とともに「『股抜きショット』が見られなくて少し残念です」という一言を受けた。スタジオではその大坂選手について「すごい才能ということだけはわかる」「スピードスケートもだがことしに入って女子選手の活躍が目覚ましい」「サカリ選手の『強すぎて何もできない』という発言、こんな漫画にしか出てこないセリフを現実で言わせてしまう存在が出てきたことに感動している」とのコメントが出た。今大会の功績から、大坂なおみ選手は世界ランクを44位から20代まで繰り上げる。優勝賞金は約1億5000万円にのぼるという。

キーワード
BNPパリバ・オープン
大坂なおみ選手
カサトキナ選手
女子テニス協会
股抜きショット
  1. 前回の放送
  2. 3月19日 放送
  3. 次回の放送