情報プレゼンター とくダネ! 2018年2月21日放送回

放送日 2018年2月21日(水) 8:00~ 9:30
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
08:00~

オープニング映像。

PyeongChang 2018 (ニュース)
08:00~

ノルディック複合の渡部暁斗選手についてのスタジオトーク。金狙うも無念の5位。

「ハロー カゲロウ/GReeeeN」が流れる。

カーリング女子日本代表は2位につける中、準決勝進出をかけ、きのうイギリスと対戦した。試合前には、選手たちが声を掛け合ってリンクのコンディションを確認する姿が見られた。試合開始後第2エンド、緊張の場面で3点を決めるショットも決めた。しかしイギリスも追い上げる。ハーフタイムは話題の「おやつタイム」。ここでの会話はハーフタイム明け、7分氷が使われない状況からのショットになるので状況が変わり、難しくなることを意味する。一進一退の攻防が続くも、イギリスを越えることはできなかった。試合終了後藤澤選手は、「アイスの変化に対応するのが遅かったと実感した」と述べていた。今夜は格上のスイス戦。勝てば史上初の準決勝進出となる。

NEXT「準決勝進出なるか…今夜”決戦”!」

キーワード
平昌五輪
カーリング
渡部暁斗選手
ノルディック複合
平昌オリンピック
カンヌンカーリングセンター
藤澤五月選手
吉田知那美選手
テイクアウト
鈴木夕湖選手
長野オリンピック

PyeongChang 2018 (ニュース)
08:05~

今日、フィギュアスケート女子ショートプログラムが行われ、日本からは宮原知子選手と坂本花織選手が出場する。一方海外にも、エフゲニア・メドベージェワ選手やアリーナ・ザギトワ選手など強豪が揃う。それぞれに持ち味があり、非常に強い。今やフィギュア大国となった日本の選手が表彰台に上ることを期待する。

カーリング女子、現在日本は3位。次はスイス戦だが、スイスは2016年カーリング選手権で3戦全敗している相手である。しかし、今年のスイス代表は去年10月に選ばれたメンバーであるから、チャンスはある。事実、日本のリーグ順位はスイスより上である。 スイス選手で警戒すべきはシルバーナ・ティリンツォーニ選手。この選手は毎週スポーツ心理学者に会って相手の分析などを多く行っていることから、駆け引きは避けられないと推測。また、アメリカではカーリングはあまり認識されていなかったが、今回のオリンピックで注目度が急上昇しているという指摘があった。しかし、カーリング人口の増加率に目立った点がない理由について、競技場所がどうしても低温の場所に限られることなどが上がった。カーリングは男子も女子も予選突破の可能性がある。女子は万一次に負けても突破となる場合もあるが、その前に最大6カ国がタイブレークを行うケースも考えられる。試合数が多いカーリング。選手にも疲れが出るかもしれないが、乗り越えることを期待する。

男子フィギュアで、中国人の審判員が自国の選手にえこひいきしたのではないかという疑惑が持ち上がった。スペインの地元紙が報じたのはフェルナンデス選手へのショートとフリーの採点。疑惑を持たれたのは陳偉光氏。金博洋の採点をみてみると、多くの審判員が演技構成点で8点台をつける一方、陳氏だけ明らかに高い9.5をつけている。ジャンプの出来栄え点ではほとんどが1点のなか、陳氏だけ満点。小林宏一は、ジャンプのプラス要素になるのは一番大きいのが下りた後で、3はよほどきれいじゃないと付けられない点数だと話す。

こういうことがあるので、上下の得点をカットされているが極端だとあからさまになってしまうと小倉は話した。フィギュアの採点は、技術点と演技構成点からなる。技術点は基礎点から出来栄え点で、-3~3店で採点する。演技構成点は、5項目を0.25点刻みで10点満点で採点を、9人の審判が行なう。9人の点数のうち、最低点と最高点が消されて、7人の平均点になる。あえて極端な点数をつけると消されるとしても全体の点数には影響を与える。

フェルナンデス選手の演技構成点をみても、他の審判員よりも低い点数を付けている。終盤に飛んだ3回転ルッツは、ほとんどの審判員が3点か2点なのに対し、陳氏は1点。小林はただクロスしているわけではなくステップを踏んでから跳んでいるし、下りた後もちゃんと流れているのでプラスの要素なので、1はないと話す。各国のメディアもおかしいと話す。佐野はあまりにも偏り過ぎと話す。金博洋選手はジャンプが上手だが、完成度からみると3点は高いと話した。だが、フィギュアスケートの世界ではよく起きることだと話すメディアもいた。

フリーの宇野選手の構成点を見てみる。審判は9点台がほとんどの中で陳氏は全部8点台で明らかに低い。フェルナンデス選手は10点から9.75が多い中で、陳氏は8点台から9点台前半。金博洋選手は7点台から9点台が少しの中で、陳氏は9.5などの高い点数。小林は、技術点と比例するので高いとは思うがおかしいほどではないと話す。

今度は技術点を見てみる。 フェルナンデス選手のフリーの演技のジャンプの1つで、他が1~2の中で、陳氏は-1を付けている。小林はマイナスは低いと話した。また3回転ループでは2~3の中で陳氏は1点だった。小林は低いと話した。金博洋選手のコンビネーションジャンプで他の審判員が0~1の中、陳氏は3点満点。小林はちょっと甘いと話した。また転倒した4回転トウループを他は-3の中、陳氏も-3だった。同じジャッジが全部を採点するから公平性が保たれる。また他の審判員が何点をつけているかは、後にならないとわからない。

陳偉光氏は、フィギュアスケート教育研究室主任などという立場。金博洋選手と一緒に取った写真を載せ、金博洋選手は教え子というコメントを書いていた。デーブは、最終的には何の徳にもならないからガチで採点した方が良いと話した。深澤真紀はフィギュアの審判の話はずっと言われていることだと話した。ソルトレイクシティ五輪のフィギュアペアフリーで、ロシアのスケート連盟の会長が審判員にロシアを勝たせろと言った。ロシアを優勝させる見返りにアイスダンスでフランス代表を優勝させようとする工作だといわれていて、結局この2人は3年間の資格停止処分になった。小林はサッカーなどと違い、人の目で見るので違いが出てきてしまうと話した。

平昌五輪 スキー・ノルディック複合で、渡部暁斗選手がスキージャンプで前半トップとなりノーマルヒル金メダルのエリック・フレンツェル選手から24秒の差をつけて後半のクロスカントリーがはじまった。

キーワード
宮原知子
坂本花織
平昌五輪
カーリング
フィギュアスケート
ハビエル・フェルナンデス
金博洋
羽生結弦選手
カンヌンアイスアリーナ
陳偉光氏
スキップ
シルバーナ・ティリンツォーニ
フェルナンデス選手
長野五輪
NBA
金博洋選手
タイブレーク
プリンスアイスワールド
エフゲニア・メドベージェワ選手
アリーナ・ザギトワ選手
OAR
ショートプログラム
宇野昌磨選手
ソルトレイクシティ五輪
渡部暁斗
エリック・フレンツェル選手

脳活Johnny! (バラエティ/情報)
09:25~

脳活Johnny!クイズ。「あと出しをして 左手は負けて 右手は指示に従って下さい」という後出しじゃんけんを行った。

エンディング (その他)
09:28~

このあとピョチャン五輪の『スノボード男子ビッグエア』の生中継が行われるなどと話した。

キーワード
ピョンチャン五輪
大久保
國武

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月21日 放送
  3. 次回の放送