とくダネ!プレゼンツ小倉智昭が開く!「キュリオス」の扉 2018年2月7日放送回

放送日 2018年2月7日(水) 1:35~ 2:35
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
01:35~

「シルク・ドゥ・ソレイユ」に魅了された著名人のコメントを紹介。中村勘九郎と七之助は、父親が好きで「サルティンバンコ2000」の演目の真似をしたと振り返り、息子の勘太郎は「ジャグリングが見たい」とコメントした。続いて、サンドウィッチマンは「コントーション」という演目について語った。続いて、EXILE THE SECONDのAKIRAは「キュリオス」について「科学とアートの融合した、役を引き立たせる衣装になっている」と見どころを紹介した。最後に、橋本環奈は「観た後に息ができないくらい圧倒された」とコメントした。

オープニング影像。

アメリカ・オレゴン州ポートランドを訪れた小倉智昭が観るのは、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品「キュリオス」。「アクロネット」や「ロシアン・クレードル」など、集大成とも言える今回の公演の演目を紹介した。

1984年、カナダ・モントリオールで小さなサーカス団から始まった「シルク・ドゥ・ソレイユ」。その30年の歴史の集大成となる「キュリオス」が、日本に初上陸するという。小倉は「今までで一番おもしろい」と太鼓判を押した。今回は、シルク・ドゥ・ソレイユの進化の歴史や舞台裏、唯一の日本人アーティストなどを紹介する。

キーワード
キュリオス
ポートランド(アメリカ)
シルク・ドゥ・ソレイユ
サルティンバンコ2000
とくダネ!
バンキン
コントーション

とくダネ!プレゼンツ小倉智昭が開く!「キュリオス」の扉 (バラエティ/情報)
01:44~

アメリカ・オレゴン州ポートランドを訪れた小倉智昭は、「キュリオス」ポーランド公演の会場に向かった。“BigTop”と呼ばれる巨大テントは、どこでも同じ世界感を楽しめるように移動式になっていて、ポーランドでは多くのスタッフの手によって約5日ほどで組み立てられたという。

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年の集大成「キュリオス」を紹介。“骨董品”と“好奇心”の2つの意味を持つ言葉で、物語は主人公のシーカーが機会の世界に足を踏み入れるところから始まる。この独特の世界観の生みの親は、演出家のミシェル・ラプリーズ。そんなミシェルの仕掛けはテントの中にも見られ、開演前に選ばれた観客が楽しめるブリッジウォークが設置されていた。小倉は小型カメラを持ち、この橋の上からレポートした。舞台と客席の距離は史上最短になっているという。

1984年にカナダ・モントリオールで小さなサーカス団として誕生した「シルク・ドゥ・ソレイユ」は次々と斬新なショーを生み出し続け、これまでに450都市、1億8000万人以上を魅了してきた。日本初上陸は、日本公演のためだけに作られた1992年の「ファシナシオン」。これを皮切りに、「サルティンバンコ」や「アレグリア」など話題の公演を上演した。十八番の演目は「バンキン」や「コントーション」だという。さらに、作品ごとの衣装にも注目が集まる。

小倉智昭が「キュリオス」の舞台裏を取材した。話を聞いたのは、メインキャラクター“ニコ”を演じるニコラス・バイシャス・カラフェルさん。非常に大柄で手が大きいニコさんは、祖父母と手話でやり取りをしていたことから手で遊ぶことを覚え、それが指で演じるパフォーマンスに繋がったという。小倉はニコさんに指導を受け、小さなショーを演じた。

このあとは、唯一の日本人アーティスト。

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年の集大成「キュリオス」に登場する風変わりなキャラクターたちとともに繰り広げられる、独創的なアクロバットを紹介。宙に浮く自転車のアクロバット「エアリアル・バイシクル」や、ブランコの上で筒に乗ってバランスをとる演目「ローラ・ボーラ」などを紹介した。呼吸の合ったアクロバットが魅力の「エアリアル・ストラップス」を演じる2人は、実の兄弟だという。そんな演目の中でも最も盛り上がりを見せたのは「バンキン」だったという。さらに、演出の中には「コミック・アクト」のように観客を巻き込むものや、音とビジュアルのみで再現する「透明サーカス」といったものもあると紹介した。

くわしくはウェブへ!「キュリオス」で検索。

日本初公演から「シルク・ドゥ・ソレイユ」を見続けてきたという小倉智昭。初めて日本人パフォーマーが出演した2003年の「キダム」からサポーターに就任し、ラスベガスやカナダなどの海外公演も訪れるようになったという。2013年、台湾で鑑賞した「オーヴォ」では、シルク史上初めて日本人がメインキャラクターを演じた。そして2015年、シンガポールで鑑賞した「トーテム」では、プロジェクションマッピングなどの最新技術を融合した演目が上演された。こうした最新技術と融合した演目は「キュリオス」でも披露されるという。小倉が気に入ったのは「シアター・オブ・ハンズ」だった。

小倉智昭が「キュリオス」のバックヤードを取材。アーティスティックテントの食堂やトレーニング施設を紹介した。ここでは、日曜日になるとアーティストの子どもたちが集まり、アクロバットを披露するという。続いて、小倉は本番直前の舞台を取材。史上最多の小道具は、19世紀を表現するために実際に使っていたものを集め、加工されたものだという。中でも小倉が気になったのは「ザ・キュリオス」というロボット。頭の上にはトイレのラバーカップが使われていた。

キーワード
キュリオス
シルク・ドゥ・ソレイユ
ポートランド(アメリカ)
サルティンバンコ
サルティンバンコ2000
キダム
ファシナシオン
アレグリア
アレグリア2
クーザ
マドンナ
ローラ・ボーラ
エアリアル・バイシクル
エアリアル・ストラップ
バンキン
コミック・アクト
透明サーカス
コントーション
オーヴォ
ラスベガス(アメリカ)
カナダ
台湾(中華民国)
シンガポール
トーテム
カラペース
ローラー・スケート
プロジェクションマッピング
シアター・オブ・ハンズ
バランシング・オン・チェア

とくダネ!プレゼンツ小倉智昭が開く!「キュリオス」の扉 (バラエティ/情報)
02:19~

小倉智昭が、「キュリオス」に出演する唯一の日本人アーティスト、池田一葉さんを取材。アメリカでダンサーとして活躍してきた池田さんは、中学生の時に観た「サルティンバンコ2000」に衝撃を受け、同じ舞台に立ちたいと思いを募らせていたという。そして、8回目のオーディションに合格し、メインキャラクターであるクララ役を手にした。取材の日、池田さんは初めてキュリオスを観劇。その2ヵ月後、池田さんはクララとして初舞台を踏んだ。

「キュリオス 東京公演」の告知。公式ホームページ「キュリオス」で検索。

キーワード
キュリオス
シルク・ドゥ・ソレイユ
サルティンバンコ2000

とくダネ!プレゼンツ小倉智昭が開く!「キュリオス」の扉 (バラエティ/情報)
02:26~

シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年記念作品「キュリオス」が日本に初上陸する。舞台はお台場に出現した“BigTop”。

「シルク・ドゥ・ソレイユ」に魅了された著名人のコメントを紹介。篠原涼子は「演技の志を忘れていない」と語った。LiLiCoは「筋肉ムキムキのイケメン2人が飛んでくる。キャーっていう声しか出ない」と語った。藤田ニコルは名前が似ている「ニコ」というキャラクターが気になったと話した。キャイ~ンのウド鈴木は「すごい」とコメントした。

「キュリオス」を観終わった小倉智昭は「今までで一番おもしろい。甲乙付けがたい。全部いい」とコメントした。

キーワード
キュリオス
ポートランド(アメリカ)
シルク・ドゥ・ソレイユ
バランシング・オン・チェア
エアリアル・ストラップ
キダム
バンキン

エンディング (その他)
02:30~

エンディング影像。

2018年2月開幕の日本公演最新作「ダイハツ キュリオス 東京公演」の告知をした。

キーワード
ダイハツ キュリオス
キュリオス

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 2月7日 放送