サムライブルーの誇り 清武弘嗣&岩渕真奈 2017年12月4日放送回

放送日 2017年12月4日(月) 2:50~ 3:50
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
02:50~

オープニング映像。

2017年11月29日日本代表メンバーが発表された。8ヶ月ぶりに清武弘嗣が日本代表に帰ってきた。5年間に渡る密着取材の中でいろいろな表情をカメラに見せた。今年、8月31日サムライブルーがロシアワールドカップ出場を決めたあの日、彼はサッカーをできずにいた。沢山の苦悩に直面してきたサッカー人生。彼は今何を思い何を感じているのか。清武選手と同じもがき続けた選手に岩渕真奈選手がいる。若くから将来を期待された彼女も大きな挫折を経験していた。2人の知られざる葛藤をお届けする。

キーワード
ハリルホジッチ監督

サムライブルーの誇り 清武弘嗣&岩渕真奈 (バラエティ/情報)
02:51~

2017年9月世界でのプレイ経験を経て4年半振りに日本復帰となり、サムライブルーを牽引するはずだった。しかし、清武選手は長いリハビリの中でもがいていた。

大分県大分市で清武選手は生まれ、大分トリニータからセレッソ大阪に移籍し看板選手へとなった。キリンチャレンジカップ2017韓国戦で日本代表デビュー。2アシストで活躍した。翌年のロンドン五輪では中心選手として躍動した。五輪終わりにニュルンベルクへ移籍。22歳で海外挑戦をし、家族とともにドイツでの新生活をスタートさせた。異国の地で31試合中4得点10アシストを記録。しかし半年後には大きな不調に陥り、大きな壁にぶち当たっていた。そんな中山口蛍が清武選手の元へ訪れた。開幕16試合白星がない。不穏な空気が漂うニュルンベルク。この日の清武選手は積極的だったがこの日も得点はなかった。試合を観戦していた山口螢の前には涙を流す清武選手の姿があった。不調の原因はサッカーを楽しめていなかったからと清武選手は話す。

清武選手は日本に帰国しセレッソ大阪に復帰した。リーグ前半戦開幕から少しずつ出場を重ねた。しかし、清武選手は試合中に左ハムストリングを損傷した。今度は長期離脱を予後いなくされる重傷だった。リハビリ中の清武選手は晴れやかな表情をしていた。当初の復帰予定より長引いているのもあり、明るく振る舞っていたのは強がりだと思っていたが、割り切れているようだった。その要因にチームや監督の皆が雰囲気を作ってくれたと話した。日本がロシアW杯の出場が決定したときには清武選手は家で家族と見ていたと話した。更にセレッソで再び結果を出せば代表に繋がると話した。3ヶ月半ぶりのサガン鳥栖戦に父親も観に来ていた。試合では清武選手が決勝ゴールを入れた。試合後の率直な気持ちに親は心配していたのでゴールを決められて嬉しかったと答えた。

海外挑戦5年目の清武選手にセヴィージャへの移籍の話があった。ドイツで実績を残した清武選手をセヴィージャの町は暖かく迎え入れてくれた。開幕戦は1ゴール1アシストでデビュー。しかし2ヶ月後に清武選手は試合に出られない悩みを抱えていた。清武選手を気に入っていた監督が去り、新監督として就任した監督は攻撃の要としてサミール・ナスリ選手を獲得。チームの主軸となる活躍を見せると清武選手の出番が激減した。

キーワード
大分トリニータ
セレッソ大阪
キリンチャレンジカップ2017
ロンドン五輪
ニュルンベルク
大分市(大分)
セヴィージャ
ウナイエメリ
ホルヘ・サンパオリ
サミール・ナスリ
ベガルタ仙台
柿谷曜一朗
水沼宏太
杉本健勇
サガン鳥栖

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 12月4日 放送