Tune 2019年2月9日放送回

『Tune』(チューン)は、フジテレビで2017年10月14日(10月13日深夜)より毎週日曜日 3:30 - 4:00(土曜深夜、JST)土曜日に放送されている音楽番組。但し、2019年4月6日(4月5日深夜) までは、2:25 - 2:55(金曜深夜、JST)に放送されていた。『ミューサタ』の後身番組とも言える。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年2月9日(土) 2:25~ 2:55
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
02:25~

ラインナップを紹介した。

キーワード
PENTAGON
岸洋佑
おやすみホログラム
バレンタイン

MONTHLY TUNE (バラエティ/情報)
02:25~

日本・韓国・中国出身の9人組グローバルボーイズグループであるPENTAGONは今月13日にGLAYのTERUが提供した「COSMO」でメジャーデビュー。YUTOのHOTワードは日本の小説、「深い言葉とかあったらメモして歌詞に取り入れることをしています」などとコメント。HUIのHOTワードは作曲、「僕はPENTAGONの4枚目のミニアルバムからリード曲を書いてきましたが、いつも僕たちは常に新しい姿を見せなければならないのでPENTAGONのカラーは守りつつ、どうすれば新しく進化したPENTAGONの姿になるか悩んでいます、僕たちPENTAGONはこれからもずっと少しずつ進化し続ける予定なのでずっと研究していくべきだと思います」などとコメント。Wanna Oneの「Energetic」がヒットしたことについて「僕は自分が作曲をするようになるとは思ってもいなかったのでものすごく不思議で驚きました、このことがきっかけで作曲に一生懸命向き合うことができるようになったので感謝しています」などとコメント。メンバーは「普通作曲をすると作曲家ごとに本人のメロディーラインが見えますが、そのラインがフイの曲はものすごく独特です、一般的なメロディーラインではなく洗練されています、悲しい歌を歌っても明るい歌を歌ってもその色が出て素敵だと思います」、「努力している天才です」などとコメントが出た。WOO SEOKのHOTワードは作詞、現在僕たちはPENTAGONの次のアルバムの準備をしています、そのアルバムの歌詞も書いているんですけど、僕は悩みが多くてファンに聴かせるための作詞をしているのではなく自分の心・悩みをファンに表現するために作詞することが多いです、作詞をすると気持ちが和らぐし楽になるようです、歌詞を書くたびにラッパーになって良かったなと思っています」などとコメント、2019年の抱負は健康、「僕たちの健康も大事ですがUNIVERSEの皆さんの健康も大事だと思って健康と書きました」などと語った。

PENTAGON The first Japan Zepp tour -Dear COSMO-の告知。

Wanna Oneの「111=1 (Power Of Destiny): Wanna One Vol.1」の告知。

キーワード
PENTAGON
GLAY
TERU
COSMO
Wanna One
Energetic
NEVER
PENTAGON The first Japan Zepp tour -Dear COSMO-
111=1 (Power Of Destiny): Wanna One Vol.1

バレンタイン特集 (バラエティ/情報)
02:31~

企画説明。思い出のバレンタインソングを紹介するコーナー。

AYASAのバレンタインソングはsupercell feat.初音ミクの「メルト」。「恋する女の子の気持ちで書かれた歌詞で聴いていて可愛いなと思った」などとコメント。宮澤智のバレンタインソングは国生さゆりwithおニャン子クラブの「バレンタイン・キッス」。「その時期になると町中でもテレビでもずっとあの曲が流れてるのでバレンタインと言えばバレンタイン・キッスしか思い浮かばないです」などとコメントした。

SWAYのMV撮影現場をまつきりなが紹介。SWAYの新曲「チョコレート」のMV撮影現場、SWAYがお菓子作りをしていた。撮影を終えたSWAYをインタビュー、SWAYは「CREAMのラッパーであるStaxxTにリリックを書いてもらったんですけど、男がセクシーすぎたりとか彼女に対しての愛情が凄くて熱で彼女を溶かしちゃうっていうのはどう?っていうアイデアが生まれて、男性にこの曲を覚えてもらって女性に歌ってプレゼントするのも甘いバレンタインになるんじゃないのかと」などとコメントした。

SWAYのNew Digital Single「チョコレート」が流れた。

初リポートを終えてまつきりなは「めちゃくちゃ緊張しました、現場で聞くこととか対応が変わってくるので対応に強い女になれたらと思います」などとコメントした。

「JUNHARADA PRESENTS THE GREATEST HITS vol.2」の告知。

キーワード
supercell
初音ミク
メルト
国生さゆりwithおニャン子クラブ
バレンタイン・キッス
チョコレート
CREAM
StaxxT
SWAY
JUNHARADA PRESENTS THE GREATEST HITS vol.2

Live Tune (バラエティ/情報)
02:37~

岸洋佑が「走りたいわけじゃない」、「走りたいわけじゃない」イベントツアーの告知、「海辺のコンパス」を披露した。

おやすみホログラムが「slow dancer」を披露した。

かなわない恋が「ふたりなら」、「メガホンナイト 2019 Valentine’s Day」、「eve the holiday」の告知した。

キーワード
走りたいわけじゃない
「走りたいわけじゃない」イベントツアー
海辺のコンパス
VOCAL BATTLE AUDITION2
マシコタツロウ
カナミル
八月ちゃん
slow dancer
メガホンナイト 2019 Valentine’s Day
渋谷チェルシーホテル
おやすみホログラム×アヒトイナザワ 九州ツアー
Sing
ふたりなら
eve the holiday

Live Tune (バラエティ/情報)
02:43~

「Tune LIVE 2019」の告知。

キーワード
Tune LIVE 2019

Tune NEWS (バラエティ/情報)
02:43~

LIVE BOOSTERは新人アーティストの登竜門的なイベントとして2016年12月から実施、Zepp Tokyoで行われるイベント「LOVE!LIFE! LIVE!」の出演権を懸け総勢300組の中から勝ち上がった5組による決勝審査が行われた。グランプリに輝いたのはCody・Lee(李)だった。

JUNKYPOPは「今だからこと書ける言葉、今だからこそ歌える歌」を合言葉に活動する2シンガー、1MCのユニット、異なるジャンルの3人がそれぞれの武器をステージでいかんなく発揮し年代を問わず人を魅了する。TAKAは「JUNKYPOPっていうのは造語なんですけど、POPっていうのは多くの人に好んでほしいという意味を込めて、ずっと聴いて欲しいのでJUNKYと造語を作った」などとコメント。JUNKYPOPのルーツは中島美嘉だと言い、TAKUROは「中島美嘉のファーストアルバムにA MIRACLE FOR YOUっていう曲があって歌詞・歌で人の心が動かせるんだと思った」などと語った。アルバム「JUNKYPOP」については「言葉で伝えたいっていうのを第一に置いているので聴いていただく前に歌詞を呼んで頂けたら嬉しい、文字で見て欲しいなと思う、これが今のJUNKYPOPだっていうのでそのままアーティスト名をタイトルに付けました」、「その時々の感情に寄り添えるようなアルバムになったかな」などとコメントを寄せた。

キーワード
LIVE BOOSTER
LOVE!LIFE! LIVE!
Cody・Lee(李)
東放学園
JUNKYPOP
完璧じゃない僕ら
中島美嘉
A MIRACLE FOR YOU
Allright(往来)Free Fes 2019~Winter~
stand by
モンキーランド東京公演

billboard JAPAN Hot 100 (バラエティ/情報)
02:47~

9位Post Malone「Wow.」、4位Panic! At The Disco「High Hopes」、3位Travis Scott「Sicko Mode」、2位と1位は入れ替わりHalsey「Without Me」がトップに返り咲き。中国のナンバーはMarshmello ft. Bastille「Happier」で覆面DJとロンドンのロックバンドとのコラボナンバーは切ない歌詞とMVに涙する人が続出し3月に単独来日公演をする。Avril Lavigneは5年ぶりのニューアルバム「Head Above Water」でパワフルなカムバック作。2004年イギリスシェフィールドで結成され絶大な人気を誇るバンドBring Me The Horizonは結成直後にツアーを敢行し激しいステージングでファンの心をわしづかみし北米などを中心にファッション性などが若者に人気を誇っている。6作目となる「amo」をリリース。MANTRAは最高のロックアンセムとして秀逸な一曲になっている。

1位Halsey「Without Me」、2位Post Malone & Swae Lee「SunFlower (Spider-Man: Into The Spider-Verse)」、3位Travis Scoott「Sicko Mode」、4位Panic! At The Disco「High Hopes」、5位Ariana Grande「Thank U, Next」、6位Marshmello ft. Bastille「Happier」、7位Maroon 5 Featuring Cardi B「Girls Like You」、8位Lil Baby & Gunna「Drip Too Hard」、9位Post Malone「Wow.」、10位Kodak Black Featuring Travis Scott & Offset「ZEZE」。

8位Mrs.GREEN APPLE「僕のこと」、あいみょんが絶好調で4位に「愛を伝えたいだとか」が上昇し1位から4位までを独り占めしている。

1位あいみょん「マリーゴールド」、2位あいみょん「今夜このまま」、3位あいみょん「君はロックを聴かない」、4位あいみょん「愛を伝えたいだとか」、5位MISIA「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」、6位DA PUMP「U.S.A.」、7位クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」、8位Mrs.GREEN APPLE「僕のこと」、9位乃木坂46「帰り道は遠回りしたくなる」、10位TWICE「YES or YES」。

billboard JAPAN Hot 100 TOP10

キーワード
Post Malone
パイレーツ・オブ・カリビアン
Panic! At The Disco
Halsey
Bring Me The Horizon
Wow.
Travis Scott
Marshmello ft. Bastille
Avril Lavigne
High Hopes
Sicko Mode
Without Me
Happier
Head Above Water
amo
MANTRA
Tell Me Its Over
Mrs.GREEN APPLE
僕のこと
愛を伝えたいだとか
billboard JAPAN Hot 100 TOP10
風男塾
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
ツバメ
Throw Ya Fist
松浦果南
黒澤ダイヤ
小原鞠莉

エンディング (その他)
02:50~

エンディング映像。

エンディングテーマ:Only One/D.Y.T

キーワード
MINGLE
D.Y.T
Only One

番組宣伝 (その他)
02:54~

「さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検」の番組宣伝。

「四大陸フィギュアスケート選手権」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 2月9日 放送
  3. 次回の放送