欽ちゃんのちょっと奇妙な大学生活 73歳からのキャンパスライフその(2)

放送日 2016年12月10日(土) 10:25~11:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
10:25~

2015年4月、萩本欽一は73歳で駒澤大学に入学。ボケ防止のため、母との約束を守るためだという。毎日授業に出席し、野球部の応援で神宮にも向かった。しかしエレベーターがなく、階段では苦労し、炎天下の体育の授業でも大変な思いをした。しかし仏教学部で孫ほど年の離れた友だちもできた。2016年4月、大学2年制に。うきうき感は去年ほど無いとコメント。陸上部や書道部の応援も行い、学園祭の応援にも参加。75歳の誕生日は年下の友人たちに祝われた。

キーワード
萩本欽一
駒沢大学

欽ちゃんのちょっと奇妙な大学生活 (バラエティ/情報)
10:29~

問題「駒沢大学の学長を含む教職員と学生の中で欽ちゃんは一番年上である ◯か×か」。小堺と関根がバツだと回答。エレベーターがなかったことから年下なのではとの予想も。正解は◯。定年があるから最高でも70歳だという。

欽ちゃんへの疑問。学内最年長として通う駒澤大学の講堂で収録している。関根は法学部卒で驚かれた。筆記用具は何を使っているかと質問し、えんぴつだと回答。いまでも階段はのぼれないし単位より命が大事だから3、4階の授業には行かないという。しかし現在はようやくエレベーターが設置されたと嬉しそうに語った。しかし2年になったためこの校舎は使わないという。小堺は学食に行くのかと質問するが、行かないと回答。小堺のときは学食を利用し、学食のおばちゃんの前でモノマネを披露したまごをおまけしてもらったこともあったという。あばれるくんはサークル活動はしているか聞くが、入っていないという。一匹狼なんですねとコメント。軽演劇部とかつくってほしいとコメント。宮崎は質問ではなくお礼が言いたいという。一番最初にアナウンサーとしてお世話になったのは欽ちゃんで、リハで大泣きした時励ましてもらったおかげで10年間日テレにつとめられているとコメント。

問題「欽ちゃんが駒大野球部の応援に行ってもうひとつ嬉しかったことは?」。自分でも忘れていた答えを確認し、欽ちゃんはたしかに嬉しかったとコメント。

キーワード
駒沢大学

欽ちゃんのちょっと奇妙な大学生活 (バラエティ/情報)
10:42~

問題「欽ちゃんが駒大野球部の応援に行ってもうひとつ嬉しかったことは?」。小堺は「選手が欽ちゃん走りをした」と回答するが、それは恥ずかしくなっちゃうとコメント。あばれるくんは「チャンスで大将にバッターボックスが回ってきた」と回答。神宮球場をバカにしてるとコメント。宮崎は「チアリーダーの女の子のパンツが見えた」と回答。しかし違うとコメント。関根は「チアリーダーに足を踏まれたが、ちょうどそこがかゆかった」と回答。正解は初めて学生証を使って入場したこと。いい問題だったと話した。宮崎は問題がよくないと駄々をこねた。しかし別局でテレビも学割してほしいと言われ、それ以来学割できていないとコメント。

駒澤大学の陸上競技部の応援に向かった欽ちゃん。正月早々、箱根駅伝の戸塚中継所へ。昨年の夏大八木監督に頼まれ選手激励に向かったこともあり、その時2年生だった工藤君は長い間モチベーションを保つ方法を聞き、「喜びに浸る時間と悲しみに暮れる時間が短いのがいいんだ」と欽ちゃんは答えた。戸塚中継所では取材カメラマンにも優しく対応。工藤は13位から7人も抜いて自分の区間を走り抜いた。迎え入れたカメラの前で、しりとりをしながら「やった」「タスキ」「絆」「仲間」と続け感動を与えた。翌日のスポーツ紙にも掲載された。今年は総合3位の結果に終わったが、欽ちゃんは讃えた。

8月、新体制のチームは合宿をおこなう。3年生になった工藤くんは欽ちゃんの応援は嬉しいし力になるとコメント。走った後に笑え、という言葉を覚えていると話す。もうすぐ出雲駅伝がスタートする。

キーワード
駒沢大学
箱根駅伝
戸塚中継所
スポーツ報知
菅平
出雲駅伝

欽ちゃんのちょっと奇妙な大学生活 (バラエティ/情報)
10:57~

出雲駅伝当日、欽ちゃんは授業の合間を縫って事務所のテレビで応援。工藤は第三層者で、順位予想は最低でも3位だと話す。工藤は7位でタスキを受け取った。歯を食いしばった表情で走っている様子を見て、調子よくないって言ってたもんなあとコメント。ファンだから許しちゃうと話す。結局8位でタスキを繋いだ。優勝は青山学院大学。駒澤大学は5位でゴールし、この悔しさを箱根に向けてほしいと語った。

スタジオでは出雲駅伝は5位だったから俺のせいかな、でも当てたからいっかと話す。疲れてる選手にしりとりを持ちかけるなんてすごいと小堺がコメント。工藤君の返しが素晴らしいと話した。関根は八重歯がかわいいなあとコメント。真剣な質問を両膝ついて聞かれた時、この子を応援しようと決めたと話した。

欽ちゃんは独自の目線で駅伝の走り方を語っていたため、テレビに写った時間を調べた。総合タイム2時間12分20秒のうち、TV露出タイムは15分48秒。第一走者の時間が長いのは団子状態の時間があるため。メンバーの中で見れば工藤は1分28秒と長め。優勝した青山学院大学のTV露出タイムは1時間6分26秒。欽ちゃんはこの番組も露出時間は駅伝式にしようとコメント。

キーワード
駒澤大学
出雲駅伝
工藤選手
青山学院大学

欽ちゃんのちょっと奇妙な大学生活 (バラエティ/情報)
11:10~

欽ちゃんがふつうの大学生と違う所は、なんなのか、友人に聞く。就職のために大学に来ていないこと、講義を休んでいないのにテストを受けなかったことなどと話す。それは人生哲学で、勝つかに逃げるかだと思っているため、100点は取れないから行かなかったとコメント。正々堂々と逃げたんだとコメント。単位のために大学行っているんじゃないんだと話した。だからSか落第だという。きょうもちなみにテストを受けてから来たが、まあ手応えは普通だという。しかしこんなことが出来るのは自分で稼いだ金で通っているからだという。ほかに予習復習のノートもスゴイとコメント。

問題「□△◯ この画は何を描いているのでしょうか?」。大学で出された問題でもあったという。おでんではないぞ、と話した。

キーワード
駒澤大学

欽ちゃんのちょっと奇妙な大学生活 (バラエティ/情報)
11:20~

問題「□△◯ この画は何を描いているのでしょうか?」。小堺は人は生きていくと角が取れ、三角になり、やがて丸になる、などと回答。欽ちゃんから◯が出た。あばれるくんは色んな形や個性があるが、交わり合っているんだなどと回答。欽ちゃんはお見事だとコメント。学生として受けていても褒められるだろうとコメント。宮崎も小堺と似たような回答。関根は四角四面の堅苦しさを感じ、三角のような尖っても、丸いものが寄り添う、と回答。最後におでんを持ち出し、食欲に絡めた。この禅の絵には明確な解説がなく最も難解と言われていて、大宇宙を小画面に集約させたなどの説もある。

欽ちゃんの課外活動について。昨年11月、笑いの研究を行っているゼミで特別講義を行なった。就職について、やな仕事を好きになってる人のほうが素直になるし努力するから優れてくると話した。書道部では作品展のため出品。部活顧問の鈴木講師も褒めていた。書いたのは春風駘蕩という四字熟語で、春風がのどかに吹く様子を示す言葉。多く穏やかな人物の意に用いられる。11月に行われたミスコンミスターコンにも参加。集計前の時間つなぎに登場。グランプリ受賞者に花束を贈呈した。

スタジオに入ってないけど、色んな経験をしているとコメント。自身がインタビューして、好きじゃないことを極めた人が多かったから生まれたコメントだという。ミスコンにでた宮崎は最終選考の8人に残ったが、受賞はしていないとコメント。でもやるだけやってやったし、受かった子が1年生だったから就活被らないしセーフだと考えたと話す。

キーワード
駒澤大学
東京芸術劇場

いいものサタデー (その他)
11:42~

うまい!デカい!ボリューム満点!「ワケあり ズワイガニの脚 5kg」の通販情報。料亭に納めている特大3Lサイズと同等のものを厳選している。お申し込みは0120-867-118、または「いいものサタデー」を検索。

キーワード
ワケあり ズワイガニの脚 5kg
いいものサタデー
  1. 12月10日 放送