世界の何だコレ!?ミステリー 2時間SP【ナゾを追跡8連発!専門家と徹底調査】

『世界の何だコレ!?ミステリー』(せかいのなんだコレ!?ミステリー)は、フジテレビ系列で2015年に2回特別番組として放送後、同年10月21日から毎週水曜日に放送されている教養バラエティ番組である。2017年度までは19:57 - 20:54(JST)に放送されていたが、2018年度上期は19:00 - 19:57(JST)に繰り上げて放送されて、同年度下期からは19:00 - 20:00(JST)に放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年9月11日(水) 19:00~21:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

今回は気になる謎を大追跡!2時間SP

ワールドカップバレーの告知テロップ

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
19:00~

中岡創一が動く玄関マットの動画の謎を追跡。引っ越し直後からマットが動き出したという。中岡が待機していると玄関マットが揺れだした。エコ科学実験専門家のらんま先生は風の通り道があってその影響でこの動きをしていると分析。風の通り道であるトイレから機械で風を送ると玄関マットが飛び跳ねた。

コカドケンタロウが怪奇音に悩むお宅を調査。18年住んでいて今年春、突然鳴り出したという。日本音響研究所の鈴木創さんがマイクを設置し本当に鳴るのか検証したところ天井から怪奇音が鳴り響いた。コカドはクローゼットから天井裏に潜入した。

キーワード
日本音響研究所

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
19:11~

怪奇音の原因を探るためコカドが天井裏に潜入し断熱材の下などを捜索をするが何も見つからなかった。だがその様子を見ていた鈴木所長が音がするまで待機するよう指示。音が鳴ると振動計が大きめの揺れを感知した。家を補強するための火打梁で固定されているので柱などはきしみづらいが、ネジがゆるみ柱などがきしんで音が発生した音が断熱材や天井板を通すと怪奇音として聞こえていたという。

相模原市の相模湖で男女が大きな泡を撮影した。上空から確認すると早くも泡を発見したので水中カメラで確認する事にした。

キーワード
日本音響研究所
相模原市(神奈川)
相模湖

番組宣伝 (その他)
19:21~

ホンマでっか!?TV、梅沢富美男のズバッと聞きます!、TOKIOカケルの番組宣伝

キーワード
ワールドカップバレー2019

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
19:23~

相模原市の相模湖で男女が大きな泡を撮影した。上空から確認すると早くも泡を発見したので水中カメラで確認する事にした。

川から発生した泡の正体を探るため水中カメラで確認すると筒のようなものから泡が出ていた事が分かった。相模川水系ダム管理事務所 技師の小林右京はエアレーション装置からの空気だと説明した。以前の相模湖はアオコが大量発生し悪臭を放っていた。そこで湖の底に約10秒に1回、大量の空気を放出する機械を設置。湖の水を循環しアオコなどが発生しにくい環境を作っている。この循環装置は相模湖以外にも導入している湖が全国的にある。

田中卓志が福岡の謎の石を調査。発見者の古藤まり子さんは8月1日、犬の散歩道で前日にはなかった穴を発見した。現場にはトゲトゲした黒い塊が一緒に落ちていた。成分分析のスペシャリスト・パレオ・ラボに持ち込むと石ころに磁石が反応した。隕石が道路に激突しアスファルトに密着したことでこのような形になったと考えた。流星などを目撃した人が書き込む掲示板を運営する「日本流星研究会」を見てみると「7月30日、福岡市南区で東から北へ向って斜めに翠の光が流れるのを見ました」などの書き込みを発見。

X線検査を行っているエクスロン・インターナショナルに依頼してCTスキャンで石の中を覗き見た。日本で確認された隕石は52個しかない。スキャンの結果、核となる金属がなかった。再び岐阜でCT画像を見てもらうと隕石は想像よりも小さいものでぶつかった際、隕石も粉々になり解けたアスファルトとくっついたという見解が出た。有害ガスに対応した特殊な部屋で特殊な薬品でアスファルトを溶かし分析ふるいを使用した。粒は磁石に反応し顕微鏡で拡大すると丸いものに可能性があった。残る工程で蛍光X線装置でニッケル(Ni)があるかを調べた。

キーワード
相模原市(神奈川)
相模湖
エアレーション
アオコ
日本流星研究会
福岡県
エクスロン・インターナショナル
横浜市(神奈川)
岐阜県

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
19:44~

ついにニッケル(Ni)が検出されたため隕鉄の可能性が出た。隕石はミリの可能性があるという。今回のものを隕石と断定するには他の検査が必要で今の段階では言い切るのは難しい。

スタジオに発見された隕石の欠片が持ち込まれ小峠英二が「あんなに岐阜羽島の駅を見ることないから」とコメント。

2011年、アメリカ・ニューヨーク州。人口約7300人のこの町で自分の意思とは関係なく体が勝手に動く事件が起きた。そして12人に同じ現象が現れその全員が女性だった。地元の高校に通う活発な少女ソフィアは急に体が動き出しついに倒れてしまった。ソフィアは緊急搬送され検査が行われた結果、痙攣は一過性のものと診断され原因は分からないまま退院した。数日後、痙攣が再発、精密検査するものの原因は不明だった。ソフィアが倒れた数日後、友人ミラにも同じ現象が起きた。

キーワード
岐阜羽島
ニューヨーク州(アメリカ)

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
19:55~

ソフィアが倒れた数日後、友人ミラにも体が勝手に動きだす現象が起きた。時を同じくして友人リリィも同じ現象が起き検査を受けたが体に異常はなかった。ソフィア達はメディアに出て情報を求めた。彼女たちが通う学校で同じ現象が蔓延、またたく間に12人に増え全員が女性だった。

体が勝手に動くミステリーを現地で調査。現場は近くにナイアガラの滝がある人口約7300人の町。当事者や保護者と直接会い多数の専門家を取材する記者のハワードさんと同行し12人が通う高校へ向った。12人の大半が同じ部活だった。さらにこの現象に襲われたのは12人だけでなく最終的に20人近くまで増えた。この現象は1日に何度も起き意識を失う事もあった。また、動きには個人差があり初期の女子高生の方が激しかった。

50年ほど前、土壌に大量の化学薬品が流れ込む事件があり現場は立入禁止になっていた。だが事件が起きた時は有害物質と書かれたドラム缶が大量に放置され複数のドラム缶に穴が開いていた。当時は除染作業が続けられていたという。事故現場と学校は約5kmあったが付近に川があって学校の方に流れていた。今回の事件が起きる前にハリケーンが直撃し有害物質が溶け出した川の水が溢れ出したという。当時のマスコミの見解は環境汚染が原因とされた。環境活動家ボブ・ボウコックらがすぐに町の土と水を調査したところ10代の病気と化学薬品流出は無関係だった。他にもワクチン接種による副作用説、細菌による感染症説が出たが原因を突き止めるものが見つからなかった。

ニューヨーク州立大学のメッチェラー教授と精神科医のジェニファー医師はきっかけは1人の患者だと考えた。詳細な検査を繰り返し行った結果、1人が自己免疫疾患を発症していた事が判明。この病気事態は感染しないが彼女がきっかけで起きた集団ヒステリーだった。メッチェラー教授は1人目の患者は自己免疫疾患を患った患者で症状として激しい痙攣が起きた。その姿を見た友人たちが自分も同じようになると思い込んだ事で無意識の内に同じ行動をとったと考えた。メディアは環境汚染が原因と煽った事で同じ学校に通う生徒にも恐怖と不安が伝染し被害が拡大した。

大阪大学名誉教授の釘原直樹さんによると集団ヒステリーは日本でも起きてるという。2018年5月、東京新橋駅前で女子高生7人が過呼吸で緊急搬送されたのも集団ヒステリーによるものだと先生は考えている。他にも幽霊を見たと騒ぎ出した1人の生徒をきっかけに26人が過呼吸になった現象も可能性が高い。先生が行った実験によると女性の方が男性よりも同調しやすく日本人の方が同調しやすいという結果になった。気温や暗闇など物理的な要因も関係してくる。

太田響生さんが海中を漂う奇妙な生物を発見しまたたく間に人だかりができた。映像を確認したサンシャイン水族館の丸山克志館長はウミシダの仲間だと教えてくれた。普段は岩やサンゴにしがみつき海底で暮らしているが敵から逃げる時やエサを探す時は泳いで移動する。2億円以上前から存在すると言われる生きた化石。種類によって色や模様、形も様々なものがいる。

今年6月カナダ・ケロウナの湖で謎の生物が撮影された。この湖では巨大生物の目撃例が多発していた。城西大の宮田博士、東洋大の望月教授、東大の岡西特任助教が巨大生物の正体に迫る。巨大生物が目撃されたオカナガン湖で目撃者などから話を聞いた。2018年、日本で106年ぶりにテヅルモヅル類(クモヒトデの仲間)の新種を発見した岡西特任助教は泳ぎ方だけを見て分析。魚・トカゲは体を横に振るがクジラ・イルカは体を縦に振って泳ぐので謎の生物はクジラなどに近い可能性が高い。望月教授によると撮影場所から謎の生物、対岸への距離、対岸の木と木の間の正確な長さがあれば巨大生物の大きさを割り出せるという。

キーワード
ニューヨーク州(アメリカ)
ナイアガラの滝
ボブ・ボウコック
United Press
DENT TOWER
ニューヨーク州立大学
集団ヒステリー
過呼吸
太田響生さん
ウミシダ
ケロウナ(カナダ)
城西大
東洋大
東大
オカナガン湖
クモヒトデ

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
20:23~

ドローン、ダイバー、研究者、船操縦のエキスパートが撮影場所から謎の生物、対岸への距離、対岸の木と木の間の正確な長さの測定を行い望月教授が計算した結果、英物の隊長は19.8mと推測された。さらに水路に模型を入れて実験したところ背中に突起物がありクジラのような水棲哺乳類だと考えた。オカナガン湖にはコイ、ニジマス、ヒメマスなどが生息している。宮田真也博士に現地調査で得たデータを見てもらったところ約260万年~約1万年前氷河に覆われていたとされる湖だと分かった。

キーワード
オカナガン湖
コイ
ニジマス
ヒメマス

番組宣伝 (その他)
20:34~

ワールドカップバレーの告知。

土曜プレミアムの番組宣伝

キーワード
ワールドカップバレー

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
20:34~

岡西政典特任助教はアナコンダ、ワニは体を横に振って泳ぐので考えにくく新種はあと300万種いると言われていると話した。年間1万種以上が新種として認定されているほど現代でも新たな発見は絶えない。

ゴーストハンターのリッチ・ニューマンさんがネバタ州トノパーにあるミズパホテルを調査。1907年に創業し1920年頃、5階である事件が起きてから怪現象が多発し現在はいわく付きホテルと呼ばれている。夜になると現れるといわれる赤い服の女性は部屋でなくした大切なネックレスを探すという。今回、ゆってぃにニセロケをしてもらい幽霊が出る部屋を宿泊場所として案内し、リッチさんとスタッフは別室で見守った。

キーワード
ミズパホテル
ネバタ州(アメリカ)
スナゴカマツカ
アブサンショウウオ
オモトソウ

番組宣伝 (その他)
20:42~

VS嵐、奇跡体験!アンビリバボー、直撃!シンソウ坂上、ルパンの娘の番組宣伝

ワールドカップバレー2019の告知。

キーワード
ワールドカップバレー2019

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
20:44~

ゴーストハンターのリッチ・ニューマンさんがネバタ州トノパーにあるミズパホテルを調査。1907年に創業し1920年頃、5階である事件が起きてから怪現象が多発し現在はいわく付きホテルと呼ばれている。夜になると現れるといわれる赤い服の女性は部屋でなくした大切なネックレスを探すという。今回、ゆってぃにニセロケをしてもらい幽霊が出る部屋を宿泊場所として案内し、リッチさんとスタッフは別室で見守った。

ゆってぃが怪現象が多発する噂のホテルに宿泊、別室でモニタリングすると影が動きだした。

キーワード
ミズパホテル
ネバタ州(アメリカ)

気になる謎を大追跡!2時間SP (バラエティ/情報)
20:50~

ゆってぃが怪現象が多発する噂のホテルに宿泊、別室でモニタリングすると鳴っていないのに電話をとりスマホを見ていると電話の方に向ってスマホの光を当てた。後で話を聞くと姿は見えないが人が這う音が聞こえたという。

祖父の家の床の間に置いてある塊を調査してほしいという依頼を受けた中岡創一が調査。築70年以上の母屋に置いてあるその塊は8年前に他界した曽祖父が大切にしていたものだという。床の間に飾ってあった塊から塊を採取し「パレオ・ラボ」で成分分析を行ったところ95%以上のほとんどがケイ素でプランクトンの殻などが海底に堆積して出来る岩石「チャート」だと分かった。白い部分は泥が混ざっていて地層の塊だという。塊が保管されてる地域はジュラ紀のチャート層が分布していた。

キーワード
パレオ・ラボ
チャート

番組宣伝 (その他)
20:58~

ホンマでっか!?TVの番組宣伝

  1. 前回の放送
  2. 9月11日 放送