就活特番 2015年4月26日放送回

放送日 2015年4月26日(日) 2:10~ 3:10
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
02:10~

オープニング映像。

ワーク・アクチュアリー これから就職する君へ (バラエティ/情報)
02:11~

日本赤十字社医療センターで働く助産師の沼口翔子さん。引き継ぎを終え、担当する妊婦さんの元へ向かい、お腹の赤ちゃんの状態をチェックした。

山崎優美さんの朝はメールチェックから始まる。三井物産に勤務し、年配の方との接客が多いので、下に見られないような服装を心がけているという。

足摺岬で網を引き上げる漁師の中に24歳の横澤靖奈さん。昨年物流会社を辞め、家族3人で土佐清水市に移住してきた。横澤さんは「一生ここで過ごすという思いで移住してきた」と話した。年齢別の転職を見ても圧倒的に20代が多い。

フジテレビ湾岸スタジオで水戸祐介さんは朝から走り回る。助監督として働くADさんで撮影は夜までびっちりあるという。

青山の高級マンションの住人は光本勇介さん。週に2回自宅にトレーナーを呼んで体を鍛えているという。運動する時間がなかったので意識的に行おうとしている。

入社5年目の山崎優美さん。出社する際、エレベーターの中でもメールチェック。今は名古屋にあるカタールの国営ガス会社に出向していて、仕事はカタールガスと日本の会社との調整を行っている。電力供給は生活に関わる重要な仕事なので携帯は手放せないという。会社の上司はカタール人で会話は全て英語。山崎さんはトリリンガルで10歳からフランスで育ち、アメリカの大学に進学し卒業後、世界の舞台で活躍したいと日本の商社に就職をした。いろいろな可能性を求め、商社を選んだという。

転職漁師の横澤靖奈さんはまだ見習いで、現在定置網漁の漁船で研修6か月目。横澤さんは「最初はダメで、時化た時はもう吐いていた」と話した。この日漁は大漁だったが、横澤さんの表情は浮かなかった。

光本勇介さんの出勤。ブラケットは渋谷の1等地のあるオフイスで、色んな物を買ってきて置いてしまうことが多いという。光本さんはブラケットの社長でStores.jpなどのオンラインショッピングサイトの開設サービスを提供するITベンチャー企業。変化が多い業界の中で常に気を張って、どんどんチャレンジして大きくなっていかないといけないという意識で毎日仕事をしている。

山崎さんは天然ガスの買い主との面談の準備中。わからない時は迷わず先輩に相談をしている。面談では司会進行を務め、堂々とした司会ぶりでかっこ良かった。

大漁だった横澤さん。港で水揚げ作業が始まった。船艇から魚を出す作業を担当し、10kgある魚を次々と引き上げ出さなければならないので、顔が浮かれてなかったようだ。

お台場では水戸さんがまた走っている。段取りを俳優に伝えるのも仕事で、次の現場への移動と休むことない様子が伝えられた。

商社勤務の山崎さんは会社近くのイタリアンでランチ。ランチタイムはお互いの仕事の状況について質問できたり、仕事に関係ない話も出来るのでいい息抜きの時間だという。

キーワード
三井物産
足摺岬
土佐清水市(高知)
青山(東京)
カタールガス
Stores.jp

ワーク・アクチュアリー これから就職する君へ (バラエティ/情報)
02:31~

渋谷のIT社長のオフィスでは大量のたこ焼きが用意されていた。1周間に1回全員でランチをする日を設けていて、社員全員のコミュニケーションを図るため社長自らが考案したという。一方漁師の横澤さんは港で引き揚げ作業中、いつお昼ご飯にありつけるのだろうか。お台場のスタジオでは助監督の水戸さんがようやくお昼ごはん。助監督に大切なのは責任感だという。

助産師の沼口さんは生まれそうな人がいるので準備にとりかかかった。この病院では1月平均275人が出産していて、いつでも新しい命をむかえる準備をしなければならないので気が抜けない。

横澤さんは水揚げがやっと終わり、水揚げが一番きついという。職場の環境に合わず、 漁師に転職した。横澤さんのように労働条件が合わず転職を考える人は多いという。ようやくのお昼ごはんは手作りのお弁当。毎日嫁さんが作ってくれるという。

助産師の沼口さんも一旦お昼休憩。食べている時間もあまりないので量は少なめだという。お昼を済ませすぐに仕事に戻った。産後の赤ちゃんとお母さんのケアも助産師の大事な仕事の一つ。沼口さんが医療の仕事を目指したのは幼なじみが糖尿病になったのがキッカケだという。高校卒業とともにナースの道を選んだ。看護師のうち助産師に進むのは50人に1人で年々増えている。

山崎さんは作業服と安全靴にヘルメットと完全防備で、カタールから天然ガスを運んでできた巨大タンカーへ向かった。船長に挨拶し、買い主に安全に受け渡されているか確認をした。仕事の原点に戻れる場所を感じるという。

横澤さんの午後の仕事は船長の一言で、網を揚げに行くことになった。高級魚が大量に採れ、午前と午後で500万円の売上になったという。船長からブリとサワラをボーナスで頂いた。

光本さんはアプリを開発する会社の方との打ち合わせ。光本さんは大学卒業後、広告代理店に就職し、頭の中には起業の思いがあったという。7年前に会社を設立したが、リーマンショック直後だったので大変だったという。5人だった社員も25人に増えた。まだまだ満足はしておらずもっと会社を大きくしていきたいという。

早朝からの漁を終え、横澤さんは帰宅した。わが家で待っていたのは1歳半のかわいい娘さんで仕事上がりの至福のひとときだという。おみやげの魚も見事な包丁さばきで、ご近所様におすそ分けもした。

ドラマ助監督の水戸さんは今度はスタジオでの撮影。現在担当しているのは医療ドラマで実際のお医者さんに動作をレクチャーしてもらっていた。その動きを俳優さんに伝えた。この日のハイライトは手術室のシーンでエキストラがいなくなるハプニングが発生した。

キーワード
ブリ
サワラ

ワーク・アクチュアリー これから就職する君へ (バラエティ/情報)
02:48~

取材から数日後、助産師の沼口翔子さんが担当する妊婦さんが来院。このあと、いよいよ出産。

助監督の水戸祐介さんは行方不明のエキストラを探してスタジオ中を駆けまわり、無事に発見した。連絡ミスにより控室に待機していたようだった。監督の平野眞さんは水戸さんの働きぶりについて、表情などから楽しんでやれていると感じているとコメント。相武紗季は凄く頑張り屋で、真面目で熱血と語った。

相武紗季にとって女優の仕事は拘束期間も長く、寝る間も惜しんでセリフを覚え、疲れた顔を見せるわけにはいけないので自己管理が必要だとコメント。それでも人に何かを伝えられる作品なのでやりがいを感じているという。

光本勇介さんはサプライズでバースデーケーキで社員から誕生日を祝福され、社長自らがケーキを切り分けた。

横澤靖奈さんの妻は二人目の赤ちゃんを無事に出産した。実は横澤さんは妻が身重の体の時に転職話を切り出し、妻は夫が突っ走るタイプだったことからついていくしかないと腹を決めたという。

IT社長の光本勇介さんは社員を連れて行きつけのお店に行き、焼き肉で新入社員と親睦を深めた。商社で働く山崎優美さんは仕事終わりに同僚たちとビールで乾杯し、仕事とは一切関係のない話で談笑した。

ドラマ助監督の水戸祐介さんは撮影が終了し、衣装や小道具などの後片付けを行った。その後にはドラマのスタッフルームで明日の撮影スケジュールや台本をチェック。ゆくゆくは監督としてデビューしたいとコメント。

商社にお勤めの山崎優美さんは飲み会から帰宅し、ルームウェアに着替えてテレビ番組を観賞した。

漁師の横澤靖奈さんは仕事は家族のためにやるべきこと、助産師の沼口翔子さんは仕事を通して命の大切さなどに気づき、人を支えることで喜びとして返ってくると語った。助監督の水戸祐介さんは好きなことに情熱を注ぐこと、三井物産の 山崎優美さんは仕事とは誰かのために頑張るという成し遂げるもの、IT社長の光本勇介さんは働くことで成長を感じることができるためチャレンジし続けたいとコメント。

キーワード
三井物産

ワーク・アクチュアリー これから就職する君へ (バラエティ/情報)
03:05~

助産師の沼口翔子さんが担当する妊婦さんが来院し、妊婦さんは無事に出産に成功した。

キーワード
日本赤十字社医療センター
  1. 4月26日 放送