ダウンタウンなう 2015年11月20日放送回

『ダウンタウンなう』(英称: Downtown Now)は、フジテレビ系列で2015年(平成27年)4月17日から放送されているトークバラエティ番組。司会を務めるダウンタウンの冠番組で、ステレオ放送、文字多重放送(「本音でハシゴ酒」以降)を実施している。2017年(平成29年)1月27日から、毎週金曜日 21:55 - 22:52 (JST) に放送されている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年11月20日(金) 19:57~20:54
放送局 フジテレビ

番組概要

最後の晩餐 ダウンタウン×萩本欽一 (バラエティ/情報)
19:57~

今回はダウンタウンと萩本欽一の奇跡の共演!! ダウンタウンにとって萩本は大恩人なのだが、これまで「欽ドン! ハッケヨーイ笑った!」や「欽ちゃんの全日本仮装大賞」など4番組でしか共演していない。最後になるかもしれない対談で一体何を語るのか…。

ダウンタウンの2人が浅草でロケをスタート。今回は伝説の人物と「人生の最後に食べたい物」を食べながら対談する企画だと説明し、対談相手・萩本欽一のいる店へ向かった。到着したのは「純喫茶 ブロンディ」、萩本が駆け出しの頃に通った店。

ダウンタウンの2人が「純喫茶 ブロンディ」に入り、今回の対談相手・萩本欽一と対面した。今回の企画の趣旨である萩本が最後に何を食べたいかについて、松本人志らは30年以上前の共演時に打ち合わせで炒ったじゃこをずっと食べていたと話すと、萩本はあのとき2人も食べていればよかった、手を出していたら番組潰れずに済んでたと話した。

ダウンタウンと萩本欽一が初共演した番組「欽ドン! ハッケヨーイ笑った!」の映像を紹介。当時大阪でブレイクしていたダウンタウンが上京し、萩本がレギュラーに抜擢した。

ダウンタウンと萩本欽一が続いて共演した番組、「欽ちゃんの全日本仮装大賞」の映像を紹介。ダウンタウンが仮装に挑戦したが、松本らは、タレントなのに1回予選で落とされたと振り返った。

ダウンタウンと萩本欽一が初共演した「欽ドン! ハッケヨーイ笑った!」当時を振り返り萩本は、ディレクターが大阪まで見に行っていた、「人から運が来る」というのがある、新人なのに指示を聞かず生意気というところが好きだった、共演したジミー大西は緊張していた、打ち合わせで考える格好をしていたがただ見ていただけ、何かこの場で何かやりたい人を探し当てないと数字(視聴率)はいかないと話した。

ダウンタウンと萩本欽一が続いて共演した番組、「欽ちゃん走るッ」の映像を紹介。浜田が欽ちゃんに扮した。

ダウンタウンと萩本欽一が最後に共演した番組、「ダウンタウンのイタい奴っちゃなア~」の映像を紹介。この番組で初めてダウンタウンがMCとして萩本を迎え入れた。

最初で最後になるかもしれない対談で何を語るのか!?

萩本欽一が「人生の最後に食べたい物」として「炙りいわしスティック」を披露。ダウンタウンの2人が試食するが、萩本は「普通に食べちゃだめだ」と話したところ、浜田は「まずっ」「そこまで美味しくはない」などと感想を話し、萩本は「俺が気に入ったの出すまで食べてもらう」と話した。

ここからはトークテーマに沿ってダウンタウンと萩本欽一が対談。「芸人を志したきっかけ」について浜田は、競艇の選手を目指したが学科で落ちてしまい、街を歩いていると芸人の養成所を発見、当時就職先も決まっていた松本を誘って芸人になったと話した。萩本は、もともと「10年で家が建つ仕事」として映画スターになろうとしたが、堺駿二を見てコメディアンになろうとしたと話した。

ダウンタウンと萩本欽一が対談。萩本は劇場時代に坂上二郎と出会い、最初は嫌いでコンビを組みたくなかったため劇場を辞めたが、その後コンビ結成を誘われた、もともとボケとツッコミが逆だったが、2人で役が逆ではないかと気づき、変えたと明かした。

コメディアンを目指し高校卒業後すぐに浅草東洋劇場に入った萩本は、ここで東八郎に出会い芸の腕を磨いた。

コント55号の伝説のコント「机」の映像を紹介した。

ダウンタウンと萩本欽一が対談。萩本はコント55号について、打ち合わせや稽古をやらなかった、二郎さんは文句を言わず「欽ちゃんの若さに惚れたから好きな通りやって」と言われた、解散もしていない、2人がぶつからないようコンビの夢を語ったりしないようにしていた、最期亡くなるとき二郎さんは良い人だった、最期は何も言わず握手をしたが泣けた、何も言うことはなかったと話した。

最高の相方・坂上二郎と出会った萩本欽一は、テレビ界へ進出。その後自らの名前がついた「欽ちゃんのドンとやってみよう!」が始まり裏番組の「8時だョ!全員集合」に並ぶ人気番組となった。

ダウンタウンと萩本欽一が「ライバル」について対談。萩本はお笑い世代でいうと第1世代、ダウンタウンは第3世代にあたるといわれる。萩本は、外にライバルを作っている場合ではない、二郎さんがライバルという感じだったと話した。

欽ちゃんとドリフの意外な関係!?

キーワード
欽ドン! ハッケヨーイ笑った!
欽ちゃんの全日本仮装大賞
欽ちゃん走るッ
ダウンタウンのイタい奴っちゃなア~
ダウンタウン
浅草(東京)
ジミー大西
炙りいわしスティック
堺駿二
東八郎
坂上二郎
コント55号
欽ちゃんのドンとやってみよう!
8時だョ!全員集合
ドリフ

最後の晩餐 ダウンタウン×萩本欽一 (バラエティ/情報)
20:25~

ダウンタウンと萩本欽一が「ライバル」について対談。萩本はドリフターズについて、一緒に遊んでた友達だった、ライバルじゃなくて相棒にならないといけなかった、テレビ局の隣の部屋で稽古したときも加トちゃんが出てきて互いの状況を話したりしていた、ものを作っているときに他のテレビを観るとパクるものなので、観てないから他の人はわからないと話した。

続いての対談テーマは「視聴率」。1980年代、萩本は“視聴率100%男”と呼ばれ、「欽ドン!良い子悪い子普通の子」が最高視聴率38.8%、「欽ちゃんのどこまでやるの!」が42.0%、「欽ちゃんの週刊欽曜日」が31.7%を記録した。一方ダウンタウンは1980年代に本格的に東京進出し、「ダウンタウンのごっつええ感じ」などの人気番組を生み出した。

ダウンタウンと萩本欽一が「視聴率」について対談。萩本は当時を振り返り、観ている人の数と思えばたくさん観てもらった方がいい、数字を聞いたことはない、「20%」と「30%」をとったときだけ聞く、それ以外は必要のないことだった、時代が良かったと話した。

ダウンタウンと萩本欽一が「前説」について対談。テレビ収録前の前説を始めたのが萩本だといい、それまではスタッフが説明していたがお客さんが窮屈になると思って変えた、クロ子(関根勤)とグレ子(小堺一機)に好きなようにやらせた、本番直前の「秒読み」もセリフが飛ぶほど緊張するため、ディレクターに踊りを覚えさせたと話した。

ダウンタウンと萩本欽一が対談していると、萩本は松本に突然「地方の方から御茶の水ってお茶なの?水なの?と聞かれた」と話し出し、松本は困惑していた。

お笑い界の頂点が語る「芸人の結婚」「引退」

キーワード
コント55号
ドリフターズ
加トちゃん
欽ドン!良い子悪い子普通の子
欽ちゃんのどこまでやるの!
欽ちゃんの週刊欽曜日
ダウンタウン
ダウンタウンのごっつええ感じ
視聴率
関根勤
小堺一機
御茶の水(東京)

最後の晩餐 ダウンタウン×萩本欽一 (バラエティ/情報)
20:37~

ダウンタウンと萩本欽一が「芸人の結婚」について対談。ピン芸人として活躍し始めた35歳で浅草の元ダンサーと結婚した萩本は、コメディアンの修行時代に相手に出会い「応援してあげる」と言われ家賃を払ってもらっていた、芸人にとって結婚がプラスかマイナスかということはない、辛いことがあったときに結婚で運が来るということはある、幸せを重ねるならやめた方が良い、柳葉敏郎には「39歳になって結婚したほうがいい」とアドバイスしたことがあるが僕は覚えていなかったと話した。

「芸人の引退」で衝撃発言 さらに欽ちゃんが松本を追い詰める!

キーワード
御茶の水(東京)
柳葉敏郎

最後の晩餐 ダウンタウン×萩本欽一 (バラエティ/情報)
20:42~

ダウンタウンと萩本欽一が「引退」について対談。現在74歳・芸歴51年の萩本は、60歳の時は野球の監督もやって人生の最高だと思った、三浦雄一郎さんもそうだが「やる」といえばみんなが断らず協力してくれると話し、松本にも今度また番組やろうよと話した。松本は「やってもいいが追い込まないで」と話した。

ダウンタウンと萩本欽一が対談していると、萩本は松本に今度は「ニラが2束で安かったから買ったが、料理には1束しか使わない、残った1束どうする?」と話し出し、松本はまた困惑していた。

ダウンタウンと萩本欽一の対談終了後。松本は、浜田は僕が追い込まれてるのを見るのが大好きなんですと話すと、浜田は一旦席を立った。

またもや松本が欽ちゃんの餌食に!?

キーワード
三浦雄一郎さん

最後の晩餐 ダウンタウン×萩本欽一 (バラエティ/情報)
20:50~

ダウンタウンと萩本欽一の対談終了後。浜田は一旦席を立ち、松本と萩本が2人だけになると、萩本は再び炙りいわしを食べるように勧め、松本は最後まで困惑していた。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 11月20日 放送
  3. 次回の放送