直撃LIVE グッディ! 2019年6月3日放送回

『直撃LIVE グッディ!』(ちょくげきライブ グッディ!、英字表記:GOODY! GOOD DAY!)は、フジテレビ系列で2015年(平成27年)3月30日より毎週平日(月曜日から金曜日)の13:45 - 15:50に生放送されているワイドショー情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月3日(月) 13:45~15:50
放送局 フジテレビ

番組概要

最新ニュース言いたい放題 バイキング×グッディ! (ニュース)
13:45~

元事務次官が息子を殺害したきっかけは登戸の事件が頭をかすめ、喚き散らす自分の息子を見てもしという気持ちにかられたのではと安藤アナが伝えた。

キーワード
練馬署

オープニング (その他)
13:46~

オープニング映像が流れた。

元事務次官息子殺人事件について、本当に驚いたと出演者は話していた。

ニュース (ニュース)
13:46~

引きこもりがちだった44歳の長男を元エリートの父親が殺害した。長男はSNSで「愚母を殺したい」などとツイッターでつぶやいていた。

「愚母殺したい…」親子のいびつな関係

キーワード
ツイッター

ニュース (ニュース)
13:50~

おととい、東京都練馬区の自宅で元農林水産省事務次官の父親が44歳の長男を殺害したとして逮捕された。長男はSNSで「もし殺人許可証があったら真っ先に愚母を殺すな」とつぶやいていた。

母親への憎悪も…親子の間で何が?

キーワード
ツイッター

ニュース (ニュース)
13:53~

おととい、東京都練馬区の自宅で元農林水産省事務次官の父親が44歳の長男を殺害したとして逮捕された。容疑者は逮捕された時、右手にはケガのため包帯が巻かれて報道陣に頭を下げるような仕草をしていた。容疑者は1967年に旧農林省に入省し、2001年には事務次官に就任していた。容疑者はBSE問題の時に責任を問われて謝罪し、農水省を退官していた。その後は2005年から3年間、チェコ日本大使をつとめた。それから約11年後、容疑者は息子の胸などを十数カ所刺して自ら110番通報したという。警視庁によると、殺害された息子は十数年前から1人暮らしの無職で、ほぼ引きこもり状態だったという。定期的に息子は父である容疑者の元に会いに行っていたが、先月下旬「家に戻りたい」と実家に戻ったばかりだった。理髪店の店主によると、息子は髪がかなり伸びた状態で年3回ほど来店してきたが大人しい印象を受けたという。しかし、一昨年から息子は母への憎悪の言葉をツイッターにあげるようになった。そして約1年前にも、母を愚母と呼んで殺害を仄めかすツイートをしていた。父の権威を自慢し、毎日ゲームに熱中していた息子は、小学校の運動会で漏れ聞こえる声に腹を立てていた。父がそれをたしなめると、息子は不機嫌になった。身の危険を感じた容疑者が息子の胸など、上半身を十数カ所刺したという。

ツイッターにつづられた母への“憎しみ”

おととい午後3時40分ごろ、男が自ら110番通報をした。当時、近くの小学校で運動会が行われており、男は「川崎市で小学生児童など20人が死傷した事件が頭に浮かんだ。自分の息子が第三者に危害が加わるかもしれないと思った。迷惑をかけたくない」などと供述していた。4日前に発生した小学生ら20人が死傷した川崎市の事件の容疑者は家に閉じこもって生活をしていたとみられる51歳の男だった。

父親に刺殺された長男は5年前、「何が産んでくれた?勝手に親の都合で産んだんだから死ぬ最期の1秒まで子どもに責任を持てと言いたい」などとツイートしていた。また、死の直前で通報の3時間前には「誰も一人では生きられない」などと投稿。

元農水次官の長男殺害について安藤さんは「切羽詰まっていたのは想像に難くないと思う。なぜ切羽詰まっていたかは私達にはよく分かっていない切羽詰まっていなかったら自分の子どもに手をかけることはありえない」などと述べていた。男は2002年に農水省を退官後、練馬区に自宅を購入していた。長男は両親の自宅に当時から住んでいたわけではなく、5月下旬から同居を始めたという。

男と長男が住んでいた練馬区の自宅は小学生が隣接しており、事件当時は運動会が行われていた。男の供述によれば、長男が小学校の運動会の音に腹を立てたので、たしなめたら不機嫌になり口論になり、音は「川崎の事件が頭に浮かんだ」などと述べている。長男の刺し傷は胸や腹など十数箇所で、自宅には殺意をほのめかすメモが残っていた。安藤さんは「母親への暴力が日常的にあって、男はそれをどうにか止めたい思いがあったのでは?」などと述べていた。

キーワード
練馬署
ツイッター
農林水産省
東京大学
練馬区(東京)
狂牛病
BSE問題
警視庁
家庭内暴力
登戸(神奈川)
熊沢英一郎さんのものとみられるツイッター
農水省
農水
全国ひきこもり家族会連合会
ルポ ひきこもり未満
トレンディエンジェル
農林省
ひきこもり
川崎(神奈川)

ニュース (ニュース)
14:22~

SOS出せない…当事者たちの深い苦しみ

長男はツイッターで1年前に「323729円これが今月の私のクレカの支払額だ、君たちの両親が働いて稼ぐ給料より多い」などと親の財布に依存しているようなニュアンスの投稿をしていた。池上さんは「親が認めてくれない裏返しという代償行為でこのような形でしか吐露できなかった可能性がある」話した。また自分の本名をネット上に出し「元事務次官の愚息」などと書き込んでいた。

長男は2014年や2017年にツイッターで母親に対し「勝手に産んだのだから最期まで責任を持て、愚母を殺したい」などと投稿していた。2017年3月29日には中2のときに母親に暴力を奮ったとされる投稿もしている。伊藤さんは「76歳の父親が44歳の息子を刺して反撃されなかったのはおかしい、殺意ほのめかすメモが犯行前に書かれたのであれば元々殺害するつもりで口論にはいった可能性がある」と話した。

池上さんは「母親は息子に厳しく家族がうまくいっているように演じなければいけないプレッシャーがあり皆がそれぞれストレスをかかえていて家族全体が孤立していたのではないか」と話した。取材をしても基本的に子どもの話はしないという。初めて引きこもりになった年齢のグラフでは20代が1番多く、続いて40代以上が多い。引きこもりのきっかけは退職が1番多い。

容疑者が息子を刺した自宅に手を合わせにきていた70代の男性は家庭内暴力を振るう引きこもりの息子に苦しめられた経験があるという。息子の暴力がひどく男性は寝るときに身を守る態勢をとっていた。

キーワード
練馬区(東京)
ツイッター
KHJ全国ひきこもり家族会
内閣府

ニュース (ニュース)
14:40~

引きこもり当事者へ“4つのNG”対応

農水省元事務次官が息子を刺し、その後息子が死亡した事件があった。引きこもりの息子に苦しめられたという男性に話を聞くと、一歩間違えれば自分も息子に手を出してしまっていたかもしれないと語られた。男性によるとひきこもりについては周囲には相談しにくい現状があったという。知人らに相談すると好奇の目で見られるようになるのではと恐れていて、公的機関はプライバシーへの配慮もあり対処に限界があると感じたという。先週金曜日、福岡市では母親がひきこもりの息子と口論になり、かなづちのようなもので殴られる事件があった。男はその後妹とみられる女性を刺した後自殺を図り死亡したとみられている。引きこもりの社会復帰の手助けをしている平野さんは事件の翌日から無言電話が番号を表示してかかってくるなどしておりSOSなのかとみているという。

スタジオでのトーク。「ひきこもりだからというふうに偏見を持つことだけは良くないと思うんですが、SOSを何とか受け取りたい。この辺りは難しい深刻な部分であるということなんですね」「やはり自分たちが責められる、説教されるんじゃないかということで中々勇気を出して助けを求められないから」などと語られた。池上氏のところには無言のメールが届いているが、無言だと返信しようがないと語られた。ひきこもりには当事者として、家族としてなど誰もが遭遇する可能性があり、取材の中では80代の両親のもとで50代の息子が40代の頃からひきこもりとして暮らしており、きっかけは仕事の残業が多く休みが取れない、職場のパワハラなどでこれは誰しも起こりうる事だと述べられた。

キーワード
引きこもり
農水省
ひきこもり
福岡市(福岡)
パワハラ

ニュース (ニュース)
14:49~

お裾分け断ると驚きの言い分が…!

警察庁は高齢のストーカーが増えていると公表していて、加害者が60歳以上のストーカーの認知件数は2280件となっていた。これは15年前の4.8倍となっていて、中には66歳の男が16歳の女子校生を待ち伏せて、交際を迫る張り紙を電柱に張り、ストーカー規制法違反で逮捕されるケースや、70歳の男が70台の女性の自宅に押しかける・連続で電話をかけるなどの行為を行って逮捕されていた。

家族が引きこもりになってしまった場合の対処法について。家族がしてはいけないNG行動は「自覚がない人に引きこもりと言う」「引きこもっている事を悪く言う」「働けと言う」「支援の成果を求める」など。これらは価値観の強要に当たるため適切な対応ではない。家族だからこそ考えて発言しないといけない部分もあると遼河。家の中にシェルターを求めた場合にそこで何かを言われるのはしんどいなどと安藤。

愛知県尾張旭市で開かれた全国植樹祭の式典では、国民目線の皇室を印象づける言葉で始められた陛下のお言葉。陛下は私たちという言葉を繰り返し述べられていた。即位後初の地方公務、行く先々で歓迎を受けられた。体調が心配された雅子様も一人ひとりに声をかけられるなど細やかな気遣いを見せていらっしゃった。即位から約1か月、様々な行事に出席されてきた雅子様。トランプ大統領夫妻が来日した際の歓迎行事では、通訳を介さずに会話されるお姿に国内外から絶賛の声があがった。両陛下が主催した宮中晩餐会では、トランプ大統領に終始和やかな表情で話しかけられる姿も、それにはトランプ大統領も柔和な笑顔で受けていた。細やかな気遣いでトランプ大統領夫妻をおもてなししていた雅子様。国民目線、細やかな気遣い、お二人が令和時代に作って行かれる、新たな皇室の形とは。植樹祭の前夜、宿泊先のホテルの前には両陛下を歓迎しようと2000人以上の人の姿が。そして、ホテル高層階には2つの明かりが見え、両陛下が集まった人に応え、提灯奉迎を行った。

しかし、ストーカーの更生支援を行う男性はお子さんが独立したり、退職で時間が空いてしまうなど孤独であることでストーカーが辞められなくなってしまうと話していた。この男性もかつてはストーカー行為を行い警告を受けていて現在はその経験を生かして更生を行っている。またストーカー被害を受けたと言う女性は高齢ストーカーは悪気がないものの、気持ちが反転して怒り出す可能性があると指摘していた。

高齢者のストーカー件数は4.8倍にものぼる。専門家によると加害者の危険度は3段階に分けられると言い、第1段階では別れを切り出しても応じないといい、つらい気持ちをわかってほしいという哀願の気持ちがあるという。しかし第2段階になると待ち伏せなどを行うようになり、拒否されたと逆上していることからアドバイザーなどの介入が必要だとされる。第3段階になると暴力を振るうこともあるといい、避難しないと危険が及ぶ状態になるという。高齢ストーカーは恋愛感情だけでなく優しくされた時が始まりになることもあると言い、性別や面識が関係ないのが特徴となっていて、理性が働かないことから歯止めが効かなくなるケースも多いという。

家族が引きこもりになってしまった場合の対処法について。まずは引きこもり本人ではなく周囲が変わる必要があると池上は述べている。家族会などで悩みを共有する事で安心感が生まれ、価値観の強要が減れば関係が良化し改善の方向に向かっていくという。参加すると子供の側から見ても大きな変化があると聞くと池上。世間一般の見る目にも注意が必要。引きこもりの支援を行う団体は声明を出し、安易な関連付けを招く報道への懸念などに言及している。今回の事件で言えば、行政には何度も助けを求めていたが、適切な支援が行えていたかは不明で、工夫や情報共有など課題が存在するなどと池上。

愛知県尾張旭市の愛知県森林公園で開かれた全国植樹祭の式典では、「第70回全国植樹祭にあたり全国から参加された皆さんとご一緒に植樹を行うことを喜ばしく思います」と国民目線の皇室を印象づける言葉で始められた陛下のお言葉。フジテレビの橋下氏は「皆さんというのは今風。とてもわかりやすい。また、ご一緒にという言葉は、天皇陛下のお人柄。より国民に近い立場で時代と友に皇室も変わっていくということを示されている」とコメント。また、一昨日の植樹祭のレセプション(参加者500人超)では参加者の輪に歩み寄って話をされる姿も見られた。そして、雅子さまのファッションについて、名古屋駅ではシャープなパンツスタイル、レセプションでは襟が大きく長いので高級感や貫禄を感じるもの、植樹祭では植樹祭にふさわしい色使いであったなど解説。これについてファッション評論家は「着こなしが難しい服を自然体で着こなす」とコメント。

これには情熱を注いでいた仕事を退職したことや、孤独感・お金と時間に余裕ができること・押せば何とかなるという古い恋愛価値観が理由となっていることも多いといい、最後の恋かもしれないという意識も原因で、パートナーがいないこともこれに繋がるという。お店の店員が優しくしていることを行為だと勘違いしてしまうケースもあり、思い込みから好きになるケースもある。あるケースでは16年間不倫していた男性が突然女性側から別れを告げられたことで、男性側が学校に不倫関係をばらすと脅迫したケースも有るという。栗原さんはつながっていることで安定していた関係が突然切られたためで、少しづつ別れるほうが良いと話していた。また、女性同士でも近所の高齢者と仲良しになりお菓子のおすそ分けをもらう関係になったが、これを断ってしまい一転してしまったケースもあるという。

即位後初の地方公務として愛知県を訪問された天皇皇后両陛下。昨日は全国植樹祭に出席、沿道には両陛下を見ようと多くの人が集まった。両陛下は集まった人々に応えるようにゆっくりと車を走らせて笑顔で人々に手を振った。おふたりは記念の植樹に臨み、花粉の少ないスギやコブシの苗木を植えた。ヒノキなどの種まきも行い、立ち会った小学生らに親しく声をかけられる場面もあった。またこれまで植樹祭でのお言葉は負担軽減のためにとりやめられていたが、今回11年ぶりに述べられた。今風の言葉を多く用いてより国民の立場に近づき、時代と共に皇室も変わっていくという事を示されていた。

キーワード
引きこもり
高齢ストーカー
天皇陛下
警察庁
雅子様
全国植樹祭
ストーカー規制法違反
尾張旭市(愛知)
兵庫県
愛媛県
ストーカー行為
ヒューマニティ
トランプ大統領夫妻
ステップ
宮中晩餐会
NPO法人ヒューマニティ
小早川明子理事長
ひきこもりUX会議
提灯奉迎
愛知県森林公園
皇居
岡村孝子さん
ストーカー・リカバリー・サポート
登戸(神奈川)
天皇皇后両陛下
第70回 全国植樹祭
上皇さま
名古屋市(愛知)
ヒノキ
スギ
コブシ

ニュース (ニュース)
15:31~

雲仙普賢岳大火砕流から28年 遺族ら追悼

ある女性は引っ越しをして近所の高齢者と仲良くなり毎週お菓子のおすそ分けをもらい感謝していたが食べきれず、ある日断ると笑顔だったのが一転して「今まで渡したものを全部返せ!」と言ったという。注意すべきポイントはプレゼントで、プレゼントが自分の愛情だと思っているため相手はプレゼントを受け取ってもらったことで自分の愛情を受け取ってもらえたと思ってしまうのだという。そこに見返りを期待してしまうため、今回のケースでは2回めくらいの早い内に「引っ越しのプレゼントは一回で良いので」とお断りするのが対処法だという。また、電車で何回も同じ高齢者に会い時間を変更しても会い1年続いたため警察に通報したケースがあるという。この男性は自分をボディーガードだと語っているという。対処法は1対1は避けて第三者を入れて注意することだと語られた。「栗原さん、何故?」「「この人はボディーガードなんだと自分に言い聞かせることで安心を求めてるんですけど、これは妄想なんだということを第三者を入れてきちっと伝えることで違った考え方を持っていただくことが必要」だと述べられた。

キーワード
雲仙普賢岳大火砕流

最新のニュース (ニュース)
15:38~

蒸し暑さ本番雨の季節近づく

天安門事件からあすで30年になることを受けて、菅官房長官は中国でも自由や人権は保証されるべきだと主張した。同時にこのような考えはこれまでも中国側に伝えてきた、中国の前向きな動きを促していきたいと述べた。天安門事件については先月30日、アメリカ国務省の報道官が「平和的な講義に対する明らかな虐殺だった」と避難し、中国が反発している。

43人が犠牲になった雲仙普賢岳の大火砕流から今日で28年となる。島原市の追悼碑の前には献花台が設けられ遺族などが手を合わせた。火砕流発生後一ヶ月には天皇皇后両陛下が訪れ遺族らを励まされた。この後島原市では発生時刻の午後4時8分にサイレンが鳴らされ黙祷が捧げられるという。

キーワード
天安門事件
菅官房長官
アメリカ国務省
虐殺
雲仙普賢岳の大火砕流
天皇皇后両陛下
島原市(長崎)

番組宣伝 (その他)
15:40~

ネプリーグ、痛快TVスカッとジャパン、ラジエーションハウス、新説!所JAPANの番組宣伝。

世にも奇妙な物語の番組宣伝。

天気予報 (ニュース)
15:43~

東京のお台場の中継映像とともに、天気予報を伝えた。

名古屋市の別小江神社の手水舎に浮かべられた紫陽花の写真が流れた。今月15日から、この飾り付けが楽しめ、御朱印は平日でも100人ほど並んで、土日は300人から400人並ぶこともあるという。熱中症に気をつけて並ぶよう呼びかけた。

キーワード
台場(東京)
別小江神社
紫陽花
熱中症
御朱印

エンディング (その他)
15:49~

高橋克実が舞台出演のため、グッディの出演が不定期になるという。高橋は空いているときは出演するとし他の出演者を応援した。舞台はイタリアの作家が書いた喜劇だとコメントし、エンディングが流れた。

キーワード
恋のヴェネチア狂騒曲
高橋克実
新国立劇場
カルロ・ゴルドーニ
  1. 前回の放送
  2. 6月3日 放送
  3. 次回の放送