直撃LIVE グッディ! 2018年12月7日放送回

『直撃LIVE グッディ!』(ちょくげきライブ グッディ!、英字表記:GOODY! GOOD DAY!)は、フジテレビ系列で2015年(平成27年)3月30日より毎週平日(月曜日から金曜日)の13:45 - 15:50に生放送されているワイドショー情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月7日(金) 13:45~15:50
放送局 フジテレビ

番組概要

最新ニュース言いたい放題 (ニュース)
13:45~

貴ノ岩が引退の意向を示した。このあと発表する見通し。

キーワード
貴ノ岩

オープニング (その他)
13:45~

オープニング映像が流れた。

安藤優子ら出演者が挨拶し、東京・渋谷の映像を背景に東京の気温などを伝えた。

キーワード
渋谷(東京)

ニュース (ニュース)
13:45~

暴行事件の渦中にある貴ノ岩が引退届を提出する意向を示した。貴ノ岩と千賀ノ浦親方は共に相撲協会へ向かった。このあと発表される見通し。

速報!貴ノ岩「引退届」提出か。

キーワード
貴ノ岩
千賀ノ浦親方
相撲協会

ニュース (ニュース)
13:49~

貴ノ岩が現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を示した。貴ノ岩は千賀ノ浦親方と共に相撲協会へ向かった模様。番組は渦中にある貴ノ岩を直撃し、問題発覚後初めてカメラが肉声を捉えた。

グッディ!のカメラに見せた微笑みの意味。

キーワード
貴ノ岩
日刊スポーツ
千賀ノ浦親方

ニュース (ニュース)
13:52~

付け人に暴行を加えた責任を取り、貴ノ岩が現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を関係者に対して示した。貴ノ岩は千賀ノ浦親方と共に相撲協会へ向かった模様。引退を決意したと思われる昨日、番組は貴ノ岩と千賀ノ浦親方を直撃し、引退を決める直前の心境に迫った。

付け人に暴行を加えた責任を取り、現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を示した貴乃花を取り上げた。貴ノ岩と付け人は約7年前、元貴乃花部屋に入門し共に相撲に邁進してきた間柄だった。今月4日、福岡・行橋市で貴ノ岩が付け人と一緒に外出した際、付け人が財布を持ってこなかったことが暴行トラブルに発展したとみられる。昨日までに貴ノ岩、千賀ノ浦親方、暴行を受けた付け人がそれぞれ事情聴取を受けている。

付け人に暴行を加えた責任を取り、現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を示した貴乃花を取り上げた。番組は貴ノ岩に直撃し、心境をうかがわせる肉声をカメラに捉えた。貴ノ岩の自宅マンションから出てきた貴ノ岩と千賀ノ浦親方に直撃取材を試みたところ、貴ノ岩は暴行問題に対して”改めて”公の場で話すことを明言。しかし付け人に関する質問には一切答えなかった。

付け人に暴行を加えた責任を取り、現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を示した貴乃花を取り上げた。番組は貴ノ岩と千賀ノ浦親方に直撃したものの、詳細な説明は得られなかった。千賀ノ浦部屋に戻った千賀ノ浦親方は、報道陣に貴ノ岩に反省の色は見られるのかなど問われ「やっぱり後悔していた」と苦渋の表情で明かしたが、貴ノ岩は無言を貫いたまま部屋へと戻っていった。

付け人に暴行を加えた責任を取り、現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を示した貴乃花の話題をスタジオで取り上げた。貴ノ岩と千賀ノ浦親方は共に相撲協会のある国技館へと向かい、協会関係者との話し合いが行われているとみられる。仮に引退に関する会見が行われるとすれば千賀ノ浦部屋で行われる可能性が高いという。

付け人に暴行を加えた責任を取り、現役生活に終止符を打ち引退届を提出する意向を示した貴乃花の話題をスタジオで取り上げた。貴ノ岩の母国・モンゴルでは、すでに地元のメディアが「また一人のモンゴル人力士が相撲界を去ることになった」などと引退報道を行っている。また暴行が発生した翌朝、付け人が貴ノ岩の荷物を置いて逃げ去ったことから事件発覚につながったこともわかった。同じく暴行が起きた翌朝に、貴ノ岩が付け人に対して「かわいがってやるからな」と口止めとも受け取れるような発言をしていたことも判明している。一昨日午後に行われた事情聴取にて貴ノ岩は暴行を認め謝罪した。支援者には「ごめんなさい お父さん」と10文字の謝罪メールを送っていたという。

貴ノ岩「引退届」提出か いつ決断?

キーワード
貴ノ岩
日刊スポーツ
千賀ノ浦親方
貴乃花
スポーツニッポン
元貴乃花部屋
千賀ノ浦部屋
行橋市(福岡)
台東区(東京)
相撲協会
NEWS.MN
大阪場所
日馬富士
国技館
モンゴル
京都府

ニュース (ニュース)
14:20~

貴ノ岩のこの2日間。おとといは支援者の方々に反省を述べていたのだが、きのう発覚後、千賀ノ浦親方はコメントを発表した。その後千賀ノ浦親方と付け人が国技館で協会から事情聴取を受けた。その間貴ノ岩は、自宅謹慎。その後グッディ!が直撃した時には、千賀ノ浦親方が自ら貴ノ岩のマンションへ迎えに行き、部屋に戻るところだった。出演者はソフトバンクの通信障害の最中だったことにも触れ、携帯電話を取り出した貴ノ岩の様子を憶測する。この時の貴ノ岩について、その知人のモンゴル人女性は、「モンゴルでの評判をネットで見て絶望していたのでは」と考えていて、ケジメを付けることを察していたとみられる。去年自らが被害者だったにもかかわらず批判を受けていたが、今年も各紙がトップ記事として報道。「横綱2人を相撲界から消して、相撲部屋を一つつぶすなんて…」という書き込みもあった。これに横野が「モンゴルのネットが過熱して、事実もそうでないことも書かれている」と補足したが、言葉が過激なために傷ついたかもしれない。

木村は「部下を殴ったら辞めなければいけないのか…協会が決めないなら、協会には統治能力が無いも同じ」と指摘。とはいえども、これまでの事もあり、厳しい処分になるかもしれない。引退届を受理するか否か、これからの協会の調査と検討にかかっている。三田は「付け人制度の見直しに関わるのでは」と言うと、横野は「付け人は関取の生活を見習うためにある」と解説する。それでも、”腹いせに自分より下の人を殴った”と見えてしまう。暴行問題となったとはいえ、力士からみれば、(一般人で言う)デコピン程度の当たり方にしか考えていなかったかも知れない。とはいえ、それがダメなのだということを、力士に分かってもらわなければならない。そしてこの問題には、師匠・貴乃花も怒っている。

NEXT「貴ノ岩の暴行…師匠・貴乃花が怒りの発言」

キーワード
貴ノ岩
千賀ノ浦親方
相撲協会
国技館
グッディ!
LINE
ソフトバンク
UB.LIFE
日馬富士
貴乃花さん
千賀ノ浦部屋
貴公俊
維新力さん
江東区(東京)
モンゴル

ニュース (ニュース)
14:35~

貴乃花が新幹線で東京駅に降り立ち、そこに日刊スポーツが取材をした。貴乃花は開口一番に「あんなことをしちゃったらね・・・」と言い、残念そうに話した後に「言語道断でしょ」と言った。そして歯がゆさを飲み込むように予定があるからと多くは語らなかった。横野氏は、貴ノ岩のために頑張った1年はなんだったんだと言うような怒りの気持ちが貴乃花にあると思うが、元師匠としての監督責任として詫びの言葉が欲しかったと言った。

同部屋の貴景勝は、「残念としか言いようがない、歯がゆい、早く解決してほしい、自分らは相撲を取るしか無い」と言い、貴源治は、「この件に関しては言い訳はなしじゃないですか、これが貴ノ岩関の人生なんだな」と言った。横野氏は、同じ部屋として少しは擁護のコメントを言うと思ったが実際はなく、部屋の中でも貴ノ岩関に対する思いがクールだったと感じたと言った。そして出演者の間で、貴景勝なども貴ノ岩から嫌な思いがされてのではないか、実際にあったかどうかは同じ部屋の力士しかわからないという話になった。

暴行を受けた23歳の付け人が国技館を訪れて記者の質問に応えた。付け人は、「きのうは貴ノ岩関と会っていません、きょう部屋に帰ったら会うんじゃないですか」と言い、記者の相撲を頑張るだけかと聞かれると、「そうですね、貴ノ岩関もそう思ってくれていると思います」と答え、朝稽古をしたか聞かれると「やりました、体は特に問題ないです」と答えた。また、今回の問題の発覚になる荷物を置いて逃げ去る行為について、横野氏は非常に珍しいケースで重い事と言った。そして上下関係による暴力の常態化について木村氏は、暴力は悪いと言い出したのはここ数年の話で、昔はどこでも上下関係があったところではよくあった話と言った。

NEXT 暴行受けた付け人の母明かす”苦しい胸中”

キーワード
貴乃花
東京駅
日刊スポーツ
貴ノ岩
貴景勝
貴源治
貴ノ岩関
国技館

ニュース (ニュース)
14:46~

貴ノ岩から暴行を受けた付け人の母は「電話した息子の声が沈んでた。うちの子も悪いですから辞めてほしくない」と言った。引退届を出したとしても受理されず、協会は処分を先行させたい考えもあるのではと言った。

貴ノ岩は高校生で部屋に入門し初のモンゴル力士だった。3年で十両に昇進、その後新入幕、貴乃花親方が指導した弟子では初だった。去年1月、白鵬から金星を取り10月に日馬富士の暴行事件。11月に九州場所を休場、日馬富士が引退。十両に落ちても勝ち越しを続けたが今年10月秋に日馬富士に約2400万円の損害賠償を求め提訴。モンゴルで大バッシングを受け提訴を取り下げた。

先程法廷で、あおり運転の末に家族4人が死傷する事故を引き起こした被告の父親が語った。き今日も裁判員裁判が続いている。また昨日、衝撃的な事実が明かされた。被告は家族4人が死傷した事故から2ヶ月後に別の男性にあおり運転をした後に殺すぞなどと言ったという。昨日出廷した被害者が凶暴化していく当時の被告の姿を語った。被害者男性は被告にあおり運転をされ、身の危険を感じ警察に通報したがあおり運転がやむ気配がなく、安全のため車を止めたら被告が車から降りてきてドアを開けようとし、出てこいと繰り返し言い、次第に大声になったという。男性は警察が来るまで社内で待っていたが、警察が来ても被告の暴言はさらに強くなったとのこと。被害者は被告の刑罰について聞かれると、亡くなった夫婦が浮かばれるために、この裁判を契機にあおり運転がなくなるように重い刑罰を望むと答えた。

事件を起こした後にもあおり運転を起こしていたという被告。ハンドルを握ると自分からトラブルを仕掛けに行く行為は、パトカーにも向けられていた。

被告について起訴されている事件3件について審議が行われている。被告の父親が証人尋問に臨んだが、その周りのパーテーションを挟んで、被告がいた。父親の姿を見た被告は4分間涙を流し、顔をタオルで押さえていた。「被告に伝えたいこと」を聞かれると、父親が「自分のしたことを反省し、今後どうやっていくか改めて考えて欲しい」と答えたという。しかしその後検察は、被告は素行不良で退学になったこと、2015年から4件交通事故を起こしていたことを突きつけた。それを父親は「知らなかった」ため、「果たして更生させられるのか?」と厳しく迫った。被告の同乗者の女性が証言に立った時にも、その姿を見て、被告は涙を流したということだった。

夫婦が死亡した事故の2か月後の事件について被告は、バイパス入る前に被害男性のハイエースがウインカー出さずに前に入ってきたが我慢したと言った。そして右から追い越していったらクラクション鳴らされてそのあとあおられたと、あおられたのは自分の方だと主張し始めた。そして、あおられたから止めようと思ったと被告は言った。警察が駆けつけた後の暴言について、殺すぞは言ったがそれ以外は覚えていないと言った。昨日の法廷では被告が死亡した夫婦の一家が乗る車をあおっていた時の同乗者の供述調書も読み上げられ、警察沙汰になったものとなっていないものが去年4月末から8月末で10回以上あったと書かれていた。中にはパトカーを相手にしたものもあったという。去年5月に中国自動車道で警察がスピード違反の車を時速120kmで追尾中にそのパトカーを被告が後ろからあおり始めたという。警察は追尾をやめて被告に向かってマイクで停車を指示したが、被告は無視をし続け、後ろから接触寸前まで車体を近づけたり、前で急ブレーキを踏んだりしたという。そして被告に職務質問をすると、被告はパトカーがスピード出しているから自分もだしていいと思ったなどと怒鳴ったという。このときも助手席に同じ女性が座っていた。女性は被告の事を、普段は優しいがキレやすい正確で運転中はたいへんだったなどと言った。女性はきょう被告に対して、やめときと言いながら腰を引っ張ってもやめなかった、罪は償ってほしい、二度とこんなことしないでほしいといい、それを聞いた被告は涙を流したという。

「被告を更生させられるのか?」父親に検察は厳しい質問を投げかけた。そして、同乗女性も証言を行った。これまでの4つの事件の時含め、逮捕されるまで半年ほど交際を続けていたとのことで、車を降りていった被告を見て「やめとき 危ないけん」と言ったという。腰を掴んで制止にかかったが、被告は聞かなかった。東名の事故について、「退院した日に話していて、”お母さんとお父さんを子供から奪ってしまったから申し訳ない”」と話した一方、注意されたときについて「優しい言い方で言ってくれたらキレなかったと思う」、被告について「あの子、ウチには優しいんです」など、被告を擁護する証言もしていた。

普段は穏やかな人だと話していた同乗女性。弁護士は「それをどう受け止めるのかは裁判官・裁判員次第」と話す一方、安藤は「人柄以前に、起こしたことを裁かれるべき」と指摘する。そして被告には、あおり運転の末、後続車を停止させ恫喝するなど、東名あおり運転以外に3件の訴訟があった。その1件は東名の事件以降、去年8月の事件だった。減速行為を繰り返し幅寄せした上、外に出るように強要したというもので、被害者は被告が「殺すぞ」「俺は人を殴るために生きている」と言ったと証言。”夫婦の死を知ったのは去年10月の取り調べ”と供述していた被告だが、同乗女性の話では、この事件の時すでに被告は2人を死なせてしまったと知っていたことになる。これに安藤は「あおり運転するためにハンドル握ってるとしか思えない」とコメントした。

木村は「おそらく危険運転致死傷と監禁致死傷は該当しないのでは」と答え、無罪という見解を示した。適用する罪状が間違っていたかも知れないとも言える。

キーワード
貴ノ岩関
千賀ノ浦親方
日本相撲協会
貴乃花親方
白鵬
日馬富士
TAGAWAコールマイン・フェスティバル~炭坑節まつり~
田川市(福岡)
石橋和歩被告
あおり運転
横浜地裁
東名
中国自動車道
危険運転致死傷
監禁致死傷
山口県
神奈川県

ニュース (ニュース)
15:27~

被告は東名のあおり運転を含め、何度もあおり運転を繰り返していた。昨日の公判で出た被告と同乗していた女性の供述調書のなかで、警察沙汰になってたものとなっていないものが4月末から8月末で10回以上あったとし、トラブルが無い日は数えるほどしかなかったと証言した。清水弁護士によると、あおり運転をする人は繰り返す事が多く、特に恋人が乗っていて強く見せたい思いがあって繰り返されるという。また、重大な事件の前後で同じようにあおり運転をしていたという事は交通ルールが希薄で危険な運転をすることに抵抗がなかったと受け止められる可能性がある。今回の裁判は来週14日の金曜日に判決が言い渡される。

外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改正案をめぐり、与野党の激しい攻防が行われ、審議は大詰めを迎えている。これまでも野党は徹底抗戦の構えを見せていた。昨日の参院法務委員会でも、激しい追求が続いた。有田議員は3年間で技能実習生が69人なくなったとの法務省の内部資料を示した。有田議員は総理に答えてもらいたいと言ったが山下法務大臣が答え、阿部首相が山下法務大臣が答えた理由を答弁しようとするもヤジが飛び交う展開となった。与党側は今日中に成立させる方針。

外国人技能実習生の実態について法務省がアンケート調査を行った。データも法務省がまとめたが、結果があまりにも求めているものと違いすぎるとしていた。野党はそのアンケートの調査表を自分たちで手書きで書き写して自分たちで自らデータを計算し直した。すると出てきた物が、例えば2015年から3年間で69人死亡して溺死者が8人いたと言うようなデータだった。なぜ死亡したかなどの外国人技能実習生の実態について議論をしないまま違うデータを元にしたことを建前にして法案を審議するのはおかしいと野党は反発している。木村氏は外国人労働者をどうやって受け入れようか考えているのは日本だけで他の国は排除しようとしている、本来はそこから始めるべき議論が全く始まっていないなどと言った。

NEXT 東京医科大が女子5人再度不合格に

キーワード
あおり運転
参院本会議
立憲民主党
有田芳生参院議員
山本太郎参院議員
出入国管理法改正案
安倍晋三首相
参院法務委員会
山下貴司法務大臣
横山信一法務委員長
法務省

最新のニュース (ニュース)
15:37~

東京医科大学は去年と今年の入試で不正な得点操作で不合格の101人を対象に改めて入学の意向を確認。入学希望者49人のうち44人を追加合格とし、残りの女子5人は再度不合格とした。

産業革新投資機構は役員の高額報酬めぐり経産省と対立する問題で世耕経産相は国の意向を踏まえ報酬を引き下げることを再要求。経産省は来年度予算で1600億円としていた機構の投資資金を大幅減の方向で調整。世耕大臣はこの資金がない場合も当面投資やファンドの運営は可能とした。経産省が年最大1億円超の社長らの役員報酬案をいったん提示しながらその後撤回したことに機構側が反発しているもので歩み寄る兆しは見られず。

東京医科大学の女子受験生5人が再度不合格になったことについて、安藤が「純粋に成績順に採ったのか」と言った。倉田は「おそらく一番下になった5人がたまたま女子だったと思うが、結果的に2度裏切られた。未来ある受験生を守れない大学が人の命を守れるのか」と言った。

週末は今季1番の寒さに。

キーワード
東京医科大学
世耕経産相
産業革新投資機構
千代田区(東京)

天気予報 (ニュース)
15:44~

お台場の様子が流れ天気予報を伝えた。

鳥居と夕日の限定コラボ。静岡浜松市で撮影された写真は鳥居の真ん中に沈む夕日が写っている。鳥居は観光用のモニュメントで12月はちょうど鳥居の真ん中に夕日が写る。

キーワード
お台場(東京)
浜松市(静岡)

エンディング (その他)
15:49~

鳥居の真ん中に夕日が沈む写真について「12月22日の冬至の前後1週間はちょうど真ん中に日が沈む」と言った。

キーワード
浜松市(静岡)
  1. 前回の放送
  2. 12月7日 放送
  3. 次回の放送