直撃LIVE グッディ! 2017年11月3日放送回

『直撃LIVE グッディ!』(ちょくげきライブ グッディ!、英字表記:GOODY! GOOD DAY!)は、フジテレビ系列で2015年(平成27年)3月30日より毎週平日(月曜日から金曜日)の13:45 - 15:50に生放送されているワイドショー情報番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年11月3日(金) 13:45~15:50
放送局 フジテレビ

番組概要

最新ニュース言いたい放題 バイキング×グッディ! (ニュース)
13:45~

現在来日しているイバンカ大統領補佐官は明日には帰還する。安藤優子は「大統領の補佐官ですよね。そこにここまでの厚い待遇するのは異例中の異例」と話した。

キーワード
イバンカ大統領補佐官
成田空港

オープニング (その他)
13:46~

オープニング映像。

天気の話題になり安藤優子が「絶好のメジャー日和」と話した。

キーワード
江の島(神奈川)

ニュース (ニュース)
13:47~

9人の殺害を認めネット上で首吊り士と名乗っていたこの男とコンタクトを取っていたのは女性だけではなかった。

“首吊り士”…男性にもコンタクト?

ニュース (ニュース)
13:50~

容疑者は9月15日から「首吊り士」と名乗り自殺を望む女性を誘い出したとされる。一方で8月に1人、9月に4人を殺害したと供述している。9月に自殺を誘われ電話で話した女性は水の音を聞いたと話した。

殺人への欲求?お金?…容疑者の動機

ニュース (ニュース)
13:53~

容疑者の男は自殺願望者を男性と女性で明らかに対応を変えていた事がわかった。これについて石井さんは女性だけを狙う卑怯な行為でやるせないとコメントした。木村さんは彼はハンニバル・レクターだと例え本質的に猟奇的な男だとコメントした。今回容疑者はSNS出複数のハンドルネームを使い分けている心理状態について犯罪学の専門家は別人格を装うことでネット社会での特定を防ぐ狙いがあったのでは指摘した。防犯コンサルタントの男性は被害者の本名を知らないことはネットで知り合ったのであればあり得るとした。今回の容疑者の動機については金と暴行目的という供述は入っているが相手が10代など若い世代が多いことから疑問が残るとした。産経新聞では20代女性への取材として女性は容疑者と電話で話したことが有り電話越しに女性のうめき声がしたことがあるとも証言していて同時に水の音がしたという。そのことに触れると容疑者は話をはぐらかしたという。これについて防犯コンサルタントの男性は興味深い証言でここは警察の方で突っ込んだ捜査が必要だという。これについて高橋さんはもしかしたら2人同時に被害者がいたのではと話し、防犯コンサルタントはその可能性もあると答えた。(産経新聞)

神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件から今日で5日目。容疑者は解体した遺体から一部をゴミとして捨てたが誰なのか覚えてないと供述している。8月に1人、9月に4人、10月に4人を殺害したと語り動機は金を奪うことだという。女性は「俺に全財産くれるんだったら殺してあげるよ」と言われた。8月22日、容疑者は事件現場となったアパートに引っ越しツイッターアカウントを開設。そのアカウント名は「死にたい」だった。終始自分が死にたいと語っていたが誘うような言葉は見られなかった。だがこの男性と連絡を取った女性がいた。「一緒に死のう」という言葉は「殺すのは俺じゃないとダメ」という言葉に変わった。そして左手に白いロープの写真を送ってきた。この写真を送ってきたのは9月でこの月に4人を殺害している。9月に自殺を誘われ電話で話した女性は水の音を聞いたと話した。

9月15日、もう一つのアカウントを開設。イケメン風のイラストを使った写真を掲載しそのクビにはつったような痕もある。10月に首吊り士と名乗る容疑者は男性と接触。男性は「俺その人にすがりました。学校の先生みたい頼りがいがあるっていうか寄りかかっても嫌な様子をしないようなあの人が女の人を引き寄せるのはあの人の画像だったんだと思う。首吊り士っていうときに画像貼り付けてるじゃないですか。一緒にグループやってる女の子がその画像かっこいいって言ってる。殺された本人たちは髪の毛なでて苦しまずに優しく殺してくれるんじゃないかなとか。最後死ぬ時に見届けてくれるんじゃないかなとかそういう感じすごく出してた。抱きしめてくれるんじゃないか。女の子だったらコロッといっちゃう。つらい時に肩貸してくれるような人だよねってグループで話してた」と話した。首吊り士は男性が死にたいと告げたのに断ったという。

先月21日に行方不明となった23歳の八王子市に住む女性の殺害に関して容疑者は現場のアパートに女性が入ってすぐ襲って殺害した旨の供述をしていることが判った。現場は規制線が張られ地域住民の中には捜査を見守っている人もいた。規制線内には捜査車両が7台あり、事件直後から装用の捜査が続いていていることが分かる。捜査に関して何かしらの調査に使う目的で距離を測ったり、防水用の物品を頻繁に出し入れしていることから水回りの捜査も行われている事が予想される。殺害後遺体の一部などはゴミで捨てたという供述があり、アパートにはすぐ近くにゴミ捨て場があり、座間市には指定のゴミ袋はないが半透明のゴミ袋でないと出せないことから近所の人からは不審なゴミは無かったと言う話が聞かれた。近辺には複数のゴミ集積所が有るため、容疑者は怪しまれないように遺体を分散して遺棄していた事が考えられるという。

容疑者が事件に関係するゴミを現場のすぐ側に捨てるのは考えにくいということについて、防犯コンサルタントは容疑者は当初から特定されないように分散していたことが推察され、これからの捜査で場所を調べるだろうと話し、さらに ゴミの捨て方について他の人の目に触れないように収集車の来る時間を見計らって捨てていたことも考えられるという。容疑者は8月に現在のアパートに引っ越してきて、8月に2人、9、10月に4人ずつ殺害したと供述している。最初一人目は遺体処理に3日かかったが、2回目以降は1日で終わったとも話していた。また9月から10月にかけては4人の10代の女の子を手に掛けたという。容疑者は引っ越した段階で犯行の準備が出来ていたと見られ、この時に開設したツイッターアカウントのネームは死にたいとなっていた。この時の書き込みは自分の弱さを晒す共感型で入り口を開き、9月には首吊り士というアカウントを開設し、自殺テクニックをひけらかす指導型になっていた。これらについて犯罪学の専門家は何らかの合理的な理由が無く動機が不明なことを考えると、異常であることは確かだとした上で、人間関係の薄い相手に対し、信用してもらうために共感性のある書き込みで被害者をおびき寄せるテクニックを使っていると話した。ある人からは首吊り士のコメントを見てこの人なら連れて行ってくれると言う感想を持った人もいるという。

NEXT23歳不明女性へのアプローチ方法は?

キーワード
ハンニバル・レクター
産経新聞
ツイッター
座間市(神奈川)
八王子市(東京)

ニュース (ニュース)
14:24~

容疑者と八王子の23歳女性は2つとは異なる別のアカウントで接触していた。女性はツイッターで「だかれ一緒に死んでくれる方いましたらDMください」と書き込んだところ容疑者がコンタクトを取った。みずから自殺志願者を探して声をかけるハンター型といえる。藤本哲也は「8月22日以前に既に自殺志願者を殺して見つからなかったという経験を踏んでると思う。捜査はこの事件以前に遡って犠牲者がいないかどうか確かめないと以前の経験があって初めてできる事だから捜査として考え直さなきゃならないし、下水道を探してると言いましたがゴミで捨てるんじゃなくてトイレに流すってケースはある。どんどん小さなものを流す。そのあたりも調べないとこういう事件は解決できない」とコメント。

ことし5月、東京・池袋から引っ越してきた後に座間市内の実家に身を寄せていたという容疑者。実家周辺を取材すると容疑者は実家から事件現場アパートに移る前に別のアパートに住んでいたという情報が浮上。管理会社の役員は内見希望が8月18日にあり、21日に契約が決まるのは最短である、すごく早いと思います、と話す。

出口保行教授によると9月、ロープの写真は刺激を与え相手の出方を見るための手法で顔のないTシャツ姿の写真は自分が実在するとアピールする狙いがある。吉川祐二は「手を添える事によって見てる人を安心感を与えてる。自分の存在をアピールしてる。女性的な手をしてる。手を添えてロープを首吊りできる状態にした上で自分の存在をアピールする事によって私が話してる事は嘘じゃない、私に付いてきなさいというイメージがある」とコメント。

容疑者が引っ越しを急いだ理由は?

容疑者とみられる男と17歳の少女とのやり取りを紹介。9月、男性とは違い女性の場合一緒に死のうと案内をし結果的に少女は思いとどまった。男性だと「一人で死んで下さい」という風な感じで手のひらを返していて、首吊り士とやりとりをした男性によると「女の子だったらコロっといっちゃう。つらい時に肩を貸してくれるような人だってグループで話題だった。すごい黙って聞いてくれる。(メッセージを)返してほしい時にいい具合に返してくる話していたら手をつないでくれたりそういう感じの人」と話している。

キーワード
座間市(神奈川)
池袋(東京)
出口保行教授

ニュース (ニュース)
14:40~

ことし5月、売春させることを知りながら風俗店に女性を紹介した罪で執行猶予つき有罪判決を言い渡された容疑者。当時池袋に住んでいた容疑者は神奈川・座間市の実家へ。しかし、実家周辺を取材すると容疑者が実家を出て近くのアパートに住んでいたという情報が浮上。容疑者は池袋・実家・実家周辺のアパート・事件現場と4つの住居を転々としていた。事件現場の管理会社の役員は「普通の男性です。むしろ全然いい子が入ってきてくれたって考えていた。」「内見希望が8月18日にあり、21日に契約が決まるのは最短。すごく早いです。」など述べた。容疑者は8月18日に内見希望をして、その3日後に賃貸契約を結んだという。引っ越しを急いだ理由について元警視庁刑事とともにアパート周辺を歩き、その理由を探った。首都圏のベッドタウンとして知られる座間市への引っ越しをなぜ急いだのか?元警視庁刑事は「犯行自体は屋内で行われているけれども、容疑者の自宅に被害者になる人を連れて行くわけですから、暗い場所・目立たない場所。それが物件探しの選択肢だったのかもしれません」など話す。犯行があったアパートへ向かうと駅前繁華街とくらべて暗く、ひと目につきにくい場所へ入る。元警視庁刑事は「この現場を見て考えられることがいくつかあります。あの物件の建物がワンルームである。比較的隣近所に対する関心が薄いということです。また不在であることも多いそのようなことから反抗発覚が免れる、または遅らせることが可能である」「左手に小田急線が通っています。本数が1時間に40本も電車が通るところなんです」など指摘。

引っ越しを急いだ容疑者の心理に迫る

キーワード
売春
池袋(東京)
座間市(神奈川)
警視庁
小田急線
相武台(神奈川)

ニュース (ニュース)
14:49~

容疑者は今年5月、池袋から座間市内の実家へ引っ越ししその後、座間市内の別のアパートへ引っ越した。8月18日、事件現場のアパート内見申し込みをし21日に契約。22日に入居した。近所の人は「1カ月ほど前から容疑者の父が息子に彼女ができたとうれしそうに話していた」と話し、現場アパートの管理会社は「(契約を)とにかく急いでいた。あと何日かすればフリーレントで1カ月仕えると言ってもそんなのはいいからすぐ入りたいといった感じだった」と話した。容疑者は8月に越してきてから殺したのが最初の殺しと供述している。吉川祐二は「8月からの事件という事なんですけども以前から何らかの犯罪を行なっていた、居づらくなって出てきたという考えもできる」と分析。

吉川祐二の見解による事件が発覚しなかった理由を紹介。12部屋中10部屋に単身者が住んでいたので近所付き合いが少ない。吉川は「あの物件にこだわった理由というのはワンルームである事、ロフトがある事、家の前に民家がないからアパートの出入りは誰にも見られない。窓も横に向いてますから道路に面してませんのでまったく見えない状態。入り口も2階ですから入り口のドアも見えない状態。それを考えると本当に入りやすい、これから犯罪を犯そうというなら都合がいい。電車が通ってる事で騒音に関しては疎くなる。警察が聞き込みに行った時にそういえばってなる」と話した。最寄り駅の相武台前は始発午前4時55分、終電午前0時57分で平日1日の通過本数は589本。

神奈川・座間市のアパートで9人の遺体が見つかった事件。逮捕された男は、「3、4人目以降は殺すことに慣れてどんな人か覚えていない」などと供述している。行方不明となっている23歳女性は、男とSNSでメッセージのやり取りをしていた。その後、女性は行方不明となり、男の自宅から発見された9人のうち1人の可能性があるとみられている。女性の兄は、男とやりとりをした同じツイッター上へ妹への思いを記していた。

兄の書き込みによると、女性に変化が現れたのは母親が亡くなってから。女性は中学のころから現在まで引きこもり状態で、母が亡くなり独り暮らしが始まると、隣人からの被害妄想が始まったという。女性は精神的に追い詰められ、次第に死を意識するようになっていった。先月23日、女性が住むグループホームの職員が女性の部屋に行くと、部屋には女性の遺書が残されていた。女性の部屋を訪れた兄は、部屋にあったPCから女性と男とのやりとりを発見。その後、兄は警察に届け出た。兄の行動が、男が逮捕されるきっかけとなった。

妹と同様に、男とやりとりをしていた別の女性から、兄の元に情報提供があった。兄はこの情報を警察に提供。情報提供者の女性が男をおびき出し、捜査員が男の自宅まで尾行したことで、事件が発覚し逮捕に至った。

神奈川・座間市のアパートで、9人の遺体が見つかった事件についてスタジオトーク。男とのやりとりを調査し、被害者と思われるアカウントの特定や、親族からのDNA型の提供など、今後は身元確認が進められる。吉川祐二は、「ある程度の特定は進んでいるだろうが、警察としても全てを発表するわけではない。DNAによる特定が主になるのでは」などと話した。

キーワード
座間市(神奈川)
相武台前
SNS

カッツミーのピカッとNEWSボード (ニュース)
15:08~

きょう午前8時半頃、東京プリンスホテルにてトランプ大統領の長女・イヴァンカ氏が安倍総理にエスコートされ登場。きのう午後4時40分ごろ、成田空港に着陸した1機の飛行機からイヴァンカ氏が初来日。警察車両が先導する厳戒態勢の中、宿泊先の都内ホテルへ移動。午後7時過ぎに帝国ホテルに到着。長時間の移動で疲れているかと思いきや、1時間後の赤坂の老舗料亭にて再び姿を現した。早速日本を満喫した様子のイヴァンカ氏は颯爽と車に乗り込み料亭を後にした。イヴァンカ氏は1981年生まれの36歳。その抜群のスタイルと美貌を活かし14歳でモデルデビュー。2004年にはペンシルベニア大学を主席で卒業。不動産会社での勤務を経て父・トランプ大統領が経営する会社に入社。オリジナルファッションブランドを立ち上げ、実業家としての手腕を発揮。2009年にはクシュナー氏と結婚し、3人の子供の母に。自身のインスタグラムに投稿された動画には子供とともにピコ太郎の曲でダンスを踊る姿も。今回の初来日の主な目的は女性の活躍を話し合う国際会議への出席。きょう夜、安倍首相夫妻らと夕食を共にし、あすには帰国する予定。

きのう初来日したイヴァンカ・トランプ氏についてのトーク。グッディではイヴァンカ氏の来日ファッションに注目した。きのう成田空港に到着した際には約30万円の伊・ミュウミュウのコートを着用。シンプルな着こなしで幅広い層から支持を得ている。きのうの東京・赤坂の料亭での食事の際にはブラウスを着用。価格・ブランドともに不明も、清楚で和室に馴染む服装。きょうの東京プリンスホテルでの登場時にはミュウミュウのジャケットを着用。値段は約22万円。同ブランドのスカートの値段は約17万円。両方ともピンク色で、女性らしさをイメージ。ポイントは高すぎず安すぎない服装をチョイス。「宣伝になるのではないか」などの批判を避けるため自身のブランドは封印しているという。ちなみに、公務時に着ていたドレスは約4000円のもの。石井てる美は「イヴァンカ・トランプブランドのドレスも誰でも買えるように全然高くない価格帯なんです。私が買ったものも1万3000円くらいですし、機能的でぽけっとなんかもついてたりする」など述べた。

各国が狙っているのがイヴァンカチャンネルと呼ばれるトランプ大統領とイヴァンカ氏の強力な関係。ことし4月のシリア空爆時に米報道官は「大統領の決断の背景にイヴァンカ氏の影響があったことに疑いはない」と発言。トランプ大統領が一番信頼している人物として各国が注目。実際に米フォーブス誌では「2017 世界で影響力がある女性100人」のランキングで第19位にランクイン。安倍総理大臣訪米の際にも「イヴァンカさんは素晴らしい女性ですね」と安倍総理が述べたのに対してトランプ大統領は「君はいい人だな!仲良くできそうだ!」など述べた。木村太郎は「^イヴァンカ氏は大変な影響力を持っていた。昨今はイヴァンカ氏と夫のクシュナー氏の力がワシントンで影響力を無くしている」「起訴された米の前選対本部長を雇えと言ったのがこの2人だった。それでトランプさんはあいつらに騙されたとは言ってないけど『判断悪かった。クシュナーの言うことは聞かない』と言った」など述べた。

SNSで全長約55メートルあるタニタの足つぼロードが大反響となっている。中には高さ3センチの角ばった石が並び尖ったものもある。グッディのディレクターがこの足つぼロードに挑戦し、スローペースでは有るが前に進んでいく。結果は約55メートルを3分23秒で歩き切り、ディレクターの足裏には激痛を物語る石の痕が残っていた。このような足つぼロードは全国に少なくとも200カ所以上有るという。

足つぼロードの原点は台湾発祥の健康法で若石健康法。これは東洋医学では重力の影響で老廃物が足元に蓄積することで血の巡りが悪くなり内蔵などの機能が低下すると考えられいて足つぼを刺激することで老廃物が流れ血行が回復するということから始まっている。全国に200カ所有る足つぼロードをグッディが独自にランク付け。まず関脇に選ばれたのは埼玉の熊野神社参道で2センチ以上の高低差が有る事が激痛のポイント。続いて大関は笹塚NAビルに敷地内に有る足つぼロードは高さのある円錐状の石が隙間なく密集していて点で足裏を刺激する。最後に横綱に選ばれたのは常楽寺境内に有る足つぼロードで住職さんが友人から貰った石で手作りのものになっている。手作りなだけ有り、石の形がバラバラで予測不能な激痛が味わえるという。グッディのディレクターが挑戦すると早速手すりによりかかり悶絶していた。見かねた住職が代わりにやると難なくゴールし、痛くないのか聞かれると痛いですよ、人間ですものと話していた。足つぼロードを利用する際の注意点は長時間繰り返すと足底筋膜炎の恐れもあるのでストレッチで予防をすると良いという。

今日11月3日の記念日のヒント。人の名前が由来の食べ物に関する記念日で、今日の日付の読み方が大ヒント。

キーワード
イバンカ・トランプ大統領補佐官
成田空港
帝国ホテル
イバンカ氏
トランプ氏
クシュナー氏
安倍首相
ペンシルバニア大学
インスタグラム
イバンカ大統領補佐官
ミュウミュウ
トランプ大統領
安倍総理大臣
タニタ
クシュナー
東京プリンスホテル
安倍総理
イバンカ氏 インスタグラム
港区(東京)
赤坂(東京)
ペンシルベニア大学
若石健康法
ピコ太郎
安倍首相夫婦
ツイッター
レインボーブリッジ
熊野神社
笹塚NAビル
常楽寺
イヴァンカ・トランプ
ヒラリー・クリントン
フォーブス誌
世界で影響力がある女性100人
川越市(埼玉)
渋谷区(東京)
川崎市(神奈川)
足底筋膜炎
G20
マナフォート
シリア

カッツミーのピカッとNEWSボード (バラエティ/情報)
15:31~

今日はサンドイッチの日。11月3日を「いいサンド」と語呂合わせする。サンドイッチは人の名前が由来で「サンド」に「はさむ」意味はない。由来となった第4代サンドウィッチ伯爵は3度の食事よりギャンブルが好きで、食事の時間が惜しくて干し肉をパンに挟んだものを食べだしたことからサンドイッチが生まれた。三角サンドは日本発祥。2003年に閉店した「フレンパン」が三角サンドを開発し特許申請したが、東京五輪でみんなが三角サンドを食べてほしいと特許放棄し日本中で大ヒットした。なるほどなどと出演者らがコメント。

観光列車とトラック衝突 11人けが

キーワード
サンドウィッチ伯爵
フレンパン
東京オリンピック
サンドウィッチの日
東京五輪
ギャンブル

報道フロアニュース (ニュース)
15:38~

午前10時20分ごろに肥薩線の踏切で観光列車「かわせみやませみ」と大型トラックが衝突し、乗客11人がケガをした。このトラックは重機を載せた大型トラックで、踏切を渡ろうとした所に遮断機が下りて後部と列車が衝突し、現在は八代一人吉駅間で上下線共に運転を見合わせている。

文化勲章を受賞したのは東京理科大学学長の藤嶋昭さんや、歴史学者の斯波義信さんら5人で天皇陛下は1人1人に勲章を手渡した。

伊藤アナは熊本の観光列車が立ち往生したのは普通に渡ろうとしてたが、遮断器が下りてきて渡りきれなくなったからなどと解説した。

週末はWカンキ!?に要注意!

キーワード
かわせみ やませみ
八代市(熊本)
肥薩線
文化勲章
文化勲章親授式
藤嶋昭さん
東京理科大学
斯波義信さん
松原謙一さん
奥谷博さん
芝祐靖さん
大阪大学
陛下

テラカワのお天気マニア (ニュース)
15:43~

気象予報士の寺川さんが江の島の中継映像とともに気象情報などを伝えた。

気象予報士の寺川さんは自身が撮影した空の写真とともに昨日発生した偏西風の影響で週末は寒気と乾気に注意などと伝えた。

キーワード
神奈川県
江の島
偏西風
台風23号

エンディング (その他)
15:49~

安藤アナは今日から3連休が始まり、明日からは冷え込みが厳しくWカンキにも注意などと呼びかけた。

  1. 前回の放送
  2. 11月3日 放送
  3. 次回の放送