タカトシ温水の路線バスの旅 傑作選

放送日 2018年10月20日(土) 15:30~17:30
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
15:30~

オープニング映像。第一弾は奥多摩、今日の第二弾は京都。

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
15:32~

ゲストは遼河はるひ。熊よけの鈴を配布、トシだけ笛だった。山を降りた喫茶店を予約しているため京都バス花背線で移動、大悲山から鞍馬寺を目指す。花背線はバス停区間が長いため、老人らのためにフリー乗降区間を一部儲けている。見通しが悪い山道を走るためメロディを流しながら走行する。木のバス停は苔むし、熊出没注意の張り紙があった。バスは1日4本、次のバスは11時。

バス停となりの「茶店 はしもと」でバスが来るまで待機。山菜などの天ぷらを頂いた。調理師免許の症状と共に店主のお母さんの35歳の頃の写真が飾ってあった。バスの音が聞こえたためお暇し、手を上げてバスに乗車した。

花背線で移動。車内にはタイヤチェーン巻きバイトの大学生がおり、チェーンを巻くと時給が870円から900円に上がると教えてくれた。

この後:熊 出没注意!秘境の集落へ

キーワード
京都府
京都バス
大悲山
鞍馬寺
茶店 はしもと

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
15:45~

大悲山口から百井別れまで移動。百井別れは負のスポットと呼ばれている、地鶏りのすき焼きを予約していると温水が話す。道幅は狭くヘアピンカーブが続いている。次のバスの時間は15時14分。電話すれば送迎してくれるというが電話は圏外、熊出没注意の看板があった。熊避けの鈴を鳴らしながら電波が入る所まで歩き連絡した。

この後:小さな谷間の小さな学校

キーワード
百井別れ
大悲山口

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
15:55~

飲食店から迎えの車で来てくれ、徒歩だとあと1時間かかると教えてくれた。山中の道は国道だが「酷道」と呼ばれているという。

休校になって27年の大原小学校 百井分校があった。平成30年3月に閉校、現在生徒は30人ほどで店主らの時代でも生徒は36人ほど。現在は入れない。

周辺は当時林業が行われていた。現在の人口は25人ほど。料理ができるまでの間町を散策、キャベツの種まきをする農家の男性を発見。このあたりに飲食店は殆ど無い、キャベツの柴づけを作っているがあまり売れないと話してくれた。漬物小屋でキャベツのしば漬けを頂いた。購入方法は里の駅大原か直売。

この後:集落唯一の食事処!地鶏すき焼き

キーワード
酷道
大原小学校 百井分校
キャベツ
キャベツのしば漬け
里の駅 大原

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
16:08~

集落唯一の飲食店「とり幸」は完全予約制。赤かぶの寿司、鶏刺し、地鶏すき焼きなどを頂いた。すき焼きは関西風に三温糖と醤油で味付けする。大きな卵は全員双子だった。

この後:蔵馬名物「木の芽煮」

キーワード
とり幸
地鶏すき焼き
木の芽煮

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
16:16~

とり幸から車でバス停まで送ってもらい百井別れから蔵馬温泉までバス移動、牛若丸が修行したという木の根道を目指す。

蔵馬温泉で下車、蔵馬は京都有数のパワースポットと言われている。「くらま辻井」で名産の木の芽煮を試食、おにぎりに入れたいなどとコメント。木の芽煮は山椒の葉と実に昆布を加え時雨煮にしたもの。紙袋には鞍馬寺が描かれていた。

この後:牛若丸が修行した「木の根道」

蔵馬温泉で下車、蔵馬は京都有数のパワースポットと言われている。手すりなどのない木橋を渡り町に到着。掲示板にも熊出没注意の張り紙があった。毘沙門天を本尊とする鞍馬寺のある鞍馬山は牛若丸の修行地として知られる。また、650万年前に天狗の総帥・護法魔王尊が金星から降臨した場所とも。牛若丸はこの地で7歳から10年間暮らし心技体を鍛え、後に源義経と名を変え武将として活躍した。牛若丸に武芸を授けたのは剣術の神と崇められる陰陽師の鬼一法眼。

牛若丸が修行したという木の根道に到着、地質が硬く地下に張れない根が地表を這っている。牛若丸は16歳でこの地を離れ、平家を滅ぼす最大の功労者・源義経となった。

鞍馬寺門前の精進料理

キーワード
百井別れ
蔵馬温泉
牛若丸
とり幸
蔵馬(京都)
くらま辻井
木の芽煮
鞍馬寺
木の根道
毘沙門天
護法魔王尊
鞍馬山
鬼一法眼

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
16:29~

手すりなどのない木橋を渡り町に到着。掲示板にも熊出没注意の張り紙があった。毘沙門天を本尊とする鞍馬寺のある鞍馬山は牛若丸の修行地として知られる。また、650万年前に天狗の総帥・護法魔王尊が金星から降臨した場所とも。牛若丸はこの地で7歳から10年間暮らし心技体を鍛え、後に源義経と名を変え武将として活躍した。牛若丸に武芸を授けたのは剣術の神と崇められる陰陽師の鬼一法眼。

牛若丸が修行したという木の根道に到着、地質が硬く地下に張れない根が地表を這っている。牛若丸は16歳でこの地を離れ、平家を滅ぼす最大の功労者・源義経となった。

鞍馬山を下山。創業46年・鞍馬寺御用達の食事処「雍州路」でくらま山 精進膳を頂いた。店では手作り雑貨などの販売もある。トシ、温水は精進料理が似合っていた。

大林素子をゲストに迎え、京丹後市から京都バス 経ヶ岬線に乗車し伊根を目指す。乗車前に丹後町を散策。海沿いの町なので民家の壁はタールで黒い。90歳の老女が山から流れる川で洗濯していた。25年間一人暮らし、生まれ育ちも丹後町だという。道の向かいには布団が干されていた。海岸は鳴き砂で踏み歩いているとタカの片足が埋まった。

この後:伊根発祥の絶品「ブリしゃぶ」

キーワード
毘沙門天
護法魔王尊
牛若丸
鞍馬寺
鞍馬山
鬼一法眼
息つぎの水
木の根道
雍州路
くらま山 精進膳
精進料理
京丹後市(京都)
伊根(京都)
京都バス
丹後町(京都)
鳴き砂
ブリしゃぶ

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
16:43~

袖志から蒲入まで丹海バスで移動。フリーバスなのでどこでも乗降できる。トンネルを抜けた断崖の下には青い海が見えた。

蒲入に到着、次のバスは約2時間後。周辺の海でとれた新鮮な漁港めしを求め漁港へ行くと息子が温水さんのファンという女性がいてノートにサインを求められた。昔バレーをやっていたとのことで大林もサインを求められた。漁港めしののぼりが立つ「蒲入水産」では取れたての刺身が楽しめる。試験会場のようなオープン席で漁港めし、伊根町発祥のブリしゃぶをいただいた。

この後:浦島伝説の地で「玉手箱」

キーワード
丹海バス
蒲入
袖志
蒲入(京都)
蒲入水産
漁港めし
ブリしゃぶ

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
16:56~

蒲入から丹海バスで移動、浦島伝説の地である浦嶋神社前で下車。山の斜面に野猿がいた。浦嶋神社は825年建立、丹後の豪族・浦嶋子を祀っている。神社には亀甲紋櫛笥の玉手箱や日本最古の浦島明神縁起絵巻がある。釣りをしていると5色に光る亀を釣り上げる。亀は乙姫で、不老不死の理想郷である竜宮城で300年以上過ごしたというストーリー。浦嶋神社の近くには龍宮城に通じる龍穴がある。神社に参拝、案内板で布引の滝の場所を調べた。

この後:幻の滝「布引の滝」へ

キーワード
丹海バス
蒲入
浦嶋神社前
浦島伝説
浦嶋子
浦嶋神社
浦島明神縁起絵巻
龍穴
布引の滝

番組宣伝 (その他)
17:00~

「超逆境クイズバトル!! 99人の壁」、「映画『ミックス。』」、「新説!所JAPAN」の番組宣伝。

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
17:02~

布引の滝を遠くから発見、おばあちゃんは滝まで道が狭いので30分以上かかる、熊が出るかもと教えてくれた。カラフルな地蔵に安全を祈り、熊よけの鈴を鳴らしながらかつて中学校の通学路だったという道を登ったがバスの時間に間に合いそうになかったため途中で引き返した。布引の滝は山頂から流れ落ちる水が布のように見えたことから命名、雨のあとなど水量が多いときしか見られない。

走ってバスに乗車、浦嶋神社前から丹海バスで伊根に移動。海の上に浮かぶ日本のヴェネツィア、伊根の舟屋に到着。

この後:海に浮かぶ町!「伊根の舟屋」

キーワード
布引の滝
浦嶋神社前
伊根
丹海バス
伊根の舟屋

秘境路線バスで! (バラエティ/情報)
17:13~

伊根町を散策。民家の玄関にあるスピーカーのようなものは下水の空気の取入口。舟屋めぐり遊覧船「亀島丸」は12人乗り、乗車代は1人1000円。おばあちゃんに見送られ出港。海の上から船のガレージ・舟屋を見て回りウミネコにエサをやった。伊根湾には周囲5kmの湾に沿い約230軒の舟屋が建ち並んでいる。江戸時代から続く住居形態が伊根の町では継承されてきた。舟屋を利用したカフェに横付けし撮影交渉、快諾してくれた。

舟屋を利用したカフェ「伊根の舟屋 雅」は観光客に人気。海を望みながら抹茶セットなどをいただいた。2年半前からカフェを始めたという。みたらし団子には丹後のコシヒカリを用いている。おいしいご飯屋さんを紹介してもらった。

「食事処・呑み処 なぎさ」で干しあわび粥、干しなまこ丼などをいただいた。ダシが効いている、元気が出そうなどとコメント。干しなまこは干すのに2ヵ月、戻すのに煮ながら一週間かけており中国では海の黒いダイヤと呼ばれている。

250年を超える老舗「向井酒造」は日本一海に近い酒蔵で女性社氏が活躍している。伊根でとれる赤い古代米で作った「伊根満開」と「さばへしこ」を購入。店向かいの桟橋のデッキでいただいた。へしこは焼きと炙りで味が違う。社氏の向井さんの笑い声に誘われる、いつもライブ会場に来て欲しいとタカトシが話した。

キーワード
伊根町(京都)
亀島丸
伊根の舟屋
伊根湾めぐり遊覧船
伊根湾
伊根の舟屋 雅
抹茶セット(みたらし団子付)
お茶セット
コーヒー
コシヒカリ
食事処・呑み処 なぎさ
干しあわび粥
干しあわび丼
干しなまこ丼
中国
向井酒造
向井久仁子
伊根(京都)
伊根満開
さばへしこ

エンディング (その他)
17:28~

エンディング映像。

番組はFOD配信中。FODの検索窓表示。

キーワード
FOD

スポット

グルメ

茶店 はしもと
向井酒造
とり幸
蒲入水産
食事処・呑み処 なぎさ
くらま辻井
雍州路
里の駅 大原

スクール/教育

大原小学校 百井分校

レジャー/交通

伊根の舟屋
伊根の舟屋 雅
息つぎの水

宗教

鞍馬寺
浦嶋神社
  1. 前回の放送
  2. 10月20日 放送