KinKi Kidsのブンブブーン 遠藤憲一とベートーベンを学ぼう!

『KinKi Kidsのブンブブーン』(キンキキッズのブンブブーン)は、フジテレビ系列で2014年10月26日から放送されているバラエティ番組。2018年4月14日より毎週土曜日 11:21 - 11:50(JST)に放送されている。KinKi Kidsの冠番組。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年7月17日(日) 13:30~14:00
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
13:30~

本日は、遠藤憲一とベートーヴェン講座。

キーワード
遠藤憲一
ベートーヴェン

遠藤憲一とベートーヴェンを学ぼう! (バラエティ/情報)
13:32~

堂本光一らが挨拶をし、名曲喫茶 カデンツァでゲストの遠藤憲一と待ち合わせ。遠藤憲一はキンキとは初対面だけど、キンキの曲「夢を見れば傷つくこともある」などのプロモーションのナレーションを入れている。その映像が流れた。キンキとやりたいことは「ベートーヴェン交響曲第3番英雄で思わず泣いてしまった理由を解明したい」であった。遠藤憲一が泣いてしまった「英雄」が流れた。堂本光一は「譜面の中にティンパニを割るっていうマークがある」と話しその映像が流れた。

ベートーヴェンを学ぼうということで、本日の先生、青島広志さんが紹介された。ベートーヴェンはどういう人だと思ってますか?と聞かれ、遠藤憲一は「耳が聞こえなくなってしまった」と答え、堂本剛は「毛がダイナミックな人」と答えた。

ベートーヴェンは作曲家が皆体につけていたファッションアイテムを使わなかった一体それは何でしょう?という問題。正解は「カツラ」であった。バッハやモーツァルトはカツラをつけていた。

「運命」の「ダダダダーン」この音は何をイメージして書いたのか?という問題。正解は「ノックの音」であった。

ベートーヴェンは今の音楽家に絶対不可欠な音楽の道具を世の中に広めた人 一体それは何でしょう?と言う問題。正解は「メトロノーム」であった。

ベートヴェンはそれまでの音楽家と全然違うことを行った。モーツァルトのピアノ・ソナタ 第16番は聞いていて心地よい音楽だがベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番悲愴は聞いていて鼓舞される音楽。モーツァルトは貴族のために作曲しベートーヴェンは市民のために作曲をしていた。

青島広志は3人の中で誰が一番美しいと言ったら光一さんが1番美しい。それは絵に書きたくなるからと話し光一のイラストを書いた。ベートーヴェンは、それまで女性的でないといけなかった作曲家というのが男性性を帯びた初めての人物。そのため曲も激しい。

ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」を聞き泣いた理由について解明した。英雄はナポレオンのために作った曲。しかしナポレオンが皇帝に即位したことを知り「奴も俗物に過ぎない」と激怒し贈呈しなかった。遠藤が好きなフレーズは悲しい音で悲壮感が溢れている。ベートーヴェンの鼓舞する音楽に希望を感じ嬉し泣きしてしまったと分析した。

遠藤憲一は「もう一つやりたいことがあり指揮者をやってみたい」と話した。しかしオーケストラ40人以上を呼ぶのに200万円以上かかるという。光一は「視聴者の方とか、指揮者いらないのちゃうんと思ってる人もいる」などと話した。オーケストラを呼ぶことは出来なかったが、バイオリンとチェロの演奏者を呼び指揮者に挑戦した。遠藤憲一は汗だくになりながら「指揮者って大変なんだな、でも命が高ぶる」などと話した。

キーワード
名曲喫茶カデンツァ
夢を見れば傷つくこともある
ベートーヴェン
英雄
ティンパニ
バッハ
モーツァルト
運命
メトロノーム
ピアノ・ソナタ 第16番
ピアノソナタ第8番悲壮
ナポレオン
山田一雄

エンディング (その他)
13:54~

エンディングトークで遠藤憲一は「緊張した、こんなに汗かいたのは何年ぶり?」などと話しドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」の宣伝をした。

KinKi Kids NEW Single「薔薇と太陽」7月20日発売。

キーワード
薔薇と太陽
KinKi Kids
  1. 前回の放送
  2. 7月17日 放送
  3. 次回の放送