ロックコープス〜NE‐YO,コブクロ,flumpool,MayJ. 2015年4月5日放送回

放送日 2015年4月5日(日) 3:50~ 4:50
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
03:50~

2014年9月6日、福島県福島市のあづま総合体育館で「ロックコープス」が開催された。ロックコープスは、ボランティアとライブが融合したアメリカ生まれのプロジェクト。世界9カ国で開催されており、新しい社会貢献の形を生み出した。日本で開催されたのは初めて。そのボランティア回数は144回、参加者数は4478名、労働時間は17912時間にものぼった。ライブで歌を披露したのはNE-YO、コブクロ、flumpool、May J.など。

ロックコープスのステージにやまだひさしとLOVEが登場し、オープニングの挨拶をした。この会場にいるのは、各地のボランティアに参加した人たち。

キーワード
ロックコープス
福島市(福島)
ボランティア
NE-YO
コブクロ
flumpool
May J.

ロックコープス (バラエティ/情報)
03:54~

May J.が被災地で拾われた写真を洗浄・保存するボランティアに参加した。初めてボランティアに参加した。May J.は「一枚しか残っていないものだからすごく大切な宝物だし、持ち主の方に戻ってくれたらいいですよね。しかもキレイな状態で」とコメント。作業を終え、「みんな同じ活動をしてきた人達がその会場に集まるということなので、それだけでつながりがある。みんなのパワーとかエナジーにまけないよう、自分も思いっきり盛り上げたいと思います」とライブについての意気込みを語った。

May J.がロックコープスのステージで「本当の恋」を披露。

キーワード
ボランティア
本当の恋

ロックコープス (バラエティ/情報)
04:06~

ライブとボランティアが融合した「ロックコープス」に参加した人達にインタビュー。「地元福島に色んなアーティストが来てくれるので、これは行くしかないと思った」、「お金を払ってチケットを買うよりも、自分の身体を使って得たものなので、価値がちょっと違う気がします」、「ボランティアをやってみようとか思ってたけど、こういう機会がないと実際にできない」といった意見が出た。またロックコープスの魅力・チカラについて「根本的には誰かの役に立ちたいという想いがあるから、県外の人も参加しているのかな」、「福島に人が集まるのも嬉しいし、福島から発信してる感じも嬉しい」、「被災者でもボランティアは出来るだと思った」などの声があがった。

flumpoolが福島県相馬市の磯部海岸を訪れ、ビーチのゴミや瓦礫の清掃をするボランティアに参加した。ロックコープスについて「僕らもこうやって参加させてもらえるっていうのがすごくフラットなイベントだと思う。いつもと違った一体感のあるライブが出来るんじゃないかなと思ってます」とコメント。

flumpoolがロックコープスのステージで「君に届け」を披露。

flumpoolがロックコープスのステージで「イイじゃない?」を披露。

RockCorpsは2005年からアメリカ、フランス、南アフリカ、イギリス、イスラエル、ベネズエラ、メキシコ、コロンビア、オーストラリアの9カ国で開催され、たくさんのボランティアを実現してきた。そしてアジア初開催の舞台となったのが日本。東日本大震災の被災地復興のためにこのイベントやって来たのだ。RockCorps CEOのスティーブン・グリーンは「我々が福島の地域でRockCorpsを開催するまでの3年間で、2万人を超える方々がボランティアに訪れていました。そして今この時期にRockCorpsを行い、音楽と融合させる新種の方法によって新たなボランティアを誘い込むきっかけになると思ったのです」と語った。

CMのあと、コブクロが登場!

キーワード
ロックコープス
ボランティア
福島県
磯部海岸
相馬市(福島)
flumpool
君に届け
イイじゃない?
RockCorps
東日本大震災
アメリカ
フランス
南アフリカ
イギリス
イスラエル
ベネズエラ
メキシコ
コロンビア
オーストラリア
コブクロ

ロックコープス (バラエティ/情報)
04:22~

コブクロがロックコープスのステージで「君という名の翼」を披露。

コブクロがロックコープスのステージで「今、咲き誇る花たちよ」を披露。

キーワード
コブクロ
君という名の翼
ロックコープス
今、咲き誇る花たちよ

ロックコープス (バラエティ/情報)
04:35~

フジテレビNEXTで放送される「RockCorps 拡大版」の番組宣伝テロップ。

グラミー賞を3度受賞したR&BのレジェンドNE-YO。浪江町から避難してきた方たちが暮らしている福島市の仮説住宅を訪れ、仮設住宅で使用するベンチやテーブルの修復をするボランティアに参加した。ボランティアを終えたNE-YOは「あんな悲劇が起きてもみんな元気いっぱいだね。素晴らしい。日本人はすごい。音楽は地球上で一番影響力のあるメディアだと思う。音楽で世界をポジティブな方向に変えられるってことを皆が理解してくれて嬉しいよ」とコメント。

NE-YOがロックコープスのステージで「Let’s Go」を披露。

NE-YOがロックコープスのステージで「Let Me Love You」を披露。

キーワード
浪江町(福島)
福島市(福島)
Let’s Go
Let Me Love You

エンディング (その他)
04:46~

やまだひさしとLOVEがエンディングの挨拶。LOVEが「すごい熱気だった。一緒に汗を流したお客さんだけあって、最後までエネルギーが上がっていた」と、やまだひさしが「この場をドーンと伝えて、ロックコープスJAPANというのを世界に発信できたら嬉しい」とコメント。

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 4月5日 放送