ミライ☆モンスター 2019年1月6日放送回

『ミライ☆モンスター』は、フジテレビ系列で2014年4月6日より毎週日曜日 11:15 - 11:45(JST)に放送されているドキュメンタリー番組。開始当初から2017年3月26日まではトヨタ自動車が、同年4月2日から旭化成の一社提供番組となった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月6日(日) 11:15~11:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:15~

オープニング映像。

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:15~

きょうのアスリートは、熊本県八代市・八代白百合学園高等学校に通う女子高校生。クラスで流行っている「ピーマン大先生」のダンスをみんなで踊ってくれた。

きょうの主人公は、バドミントンの郡司莉子さん。五輪出場を目指しているが、日本の女子バドミントンはシングルス世界1位、ダブルス世界3位が日本人、以前紹介した「大堀彩」も活躍するなど層が厚い。莉子さんは6歳で競技スタート、翌年小2で日本一に。4・5・6年と大会を連覇し、小5でU13強化指定選手となった。憧れの選手は山口茜選手で、再春館製薬所に入ると追うようにして熊本の高校に入学したという。

番組では莉子さんの「全日本総合バドミントン選手権大会」出場に密着。憧れの山口茜選手も出場した。選手本人への取材も実現した。

キーワード
バドミントン
奥原希望選手
山口茜選手
大堀彩選手
永原和可那選手
松本麻佑選手
松友美佐紀選手
高橋礼華選手
全日本総合バドミントン選手権大会

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:22~

バドミントンの郡司莉子さんが通う熊本県八代市・八代白百合学園高等学校は、県外から入学した部員7名を含む18名が所属する強豪校。井村勝英監督は、打撃力は部員で一番と実力を認めた。持ち技はテイクバック無しでの強打で、対戦相手は球筋が読めないという。憧れの山口茜選手も同じ技を持つ。監督は莉子さんには弱点もあるといい、自分より上の選手と練習する機会がないため、自分の球を拾われてからのラリーに弱いと答えた。

莉子さんの大会出場の3日前、監督の計らいで再春館製薬所での出稽古が実現。大会出場の4人が社会人と練習し、山口茜選手との対戦も実現した。10分の打ち合いでは実力の差がみられたが、チームメイトからは社会人に負けないスマッシュがあったなどとの評価が聞かれた。

莉子さんが全日本選手権に出場。1回戦の対戦相手は再春館製薬所の選手で、3日前の取材では当たりたくないと語っていた。

郡司莉子さんのバドミントン部・全日本選手権挑戦についてトーク。世界レベルの選手と練習できる環境がすばらしいなどと話した。大物を前にした緊張について、関根勤は「長嶋茂雄」と対面して固まったことがあると答えた。又吉直樹はサッカーををしていたので「三浦知良」を前に固まった、相手が「田原俊彦」のものまねをしてくれたが返事ができなかったと答えた。

莉子さんが全日本選手権に出場。1回戦の対戦相手は再春館製薬所の峰歩美選手、日本ランク7位。高校生相手なら決まるショットを拾われ点差がついていったが、飛距離の読めないショットが決まる場面もみられた。第1セットは峰歩美選手の勝利となった。

キーワード
バドミントン
奥原希望選手
山口茜選手
大堀彩選手
永原和可那選手
松本麻佑選手
松友美佐紀選手
高橋礼華選手
全日本総合バドミントン選手権大会
郡司莉子さん
長嶋茂雄
三浦知良
田原俊彦

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:38~

莉子さんが全日本選手権に出場。再春館製薬所・峰歩美選手との1回戦は13-21、10-21でストレート負け、1回戦敗退となった。莉子さんは試合を振り返り、フィジカルを強化したいと答えた。決勝戦は山口茜選手と奥原希望選手の戦いとなり、フルセットのすえ山口選手が優勝。

郡司莉子さんのバドミントン部・全日本選手権挑戦についてトーク。インタビューからは高3で全日本選手権を勝ちたいとの声が聞かれたといい、先を見据えた考えがすばらしいと話した。山口茜選手のようにクールな性格に変わるのではとの話になり、又吉直樹はサッカーでも「中田英寿」の世代は彼にならってクールな人が多かったと答えた。

又吉直樹主宰の舞台「さよなら、絶景雑技団2019」の案内。日本橋・三越劇場にて3月22~24日上演。

キーワード
全日本総合バドミントン選手権大会
再春館製薬所
山口茜選手
奥原希望選手
郡司莉子さん
さよなら、絶景雑技団2019
三越劇場
山口茜
中田英寿

エンディング (その他)
11:41~

ミライ☆モンスターの次回予告。旭化成グループ・キャンペーンモデルの北向珠夕が告知した。

キーワード
旭化成
  1. 前回の放送
  2. 1月6日 放送
  3. 次回の放送