ミライ☆モンスター 2018年9月30日放送回

『ミライ☆モンスター』は、フジテレビ系列で2014年4月6日より毎週日曜日 11:15 - 11:45(JST)に放送されているドキュメンタリー番組。開始当初から2017年3月26日まではトヨタ自動車が、同年4月2日から旭化成の一社提供番組となった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年9月30日(日) 11:15~11:45
放送局 フジテレビ

番組概要

オープニング (その他)
11:15~

オープニング映像。

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:15~

きょうのミライ☆モンスターはサッカー・小島亨介くん。早稲田大学4年で、ポジションはゴールキーパー。亨介くんは23歳以下の選手から選抜される東京五輪世代の守護神として期待される。亨介くんは15歳から各世代の日本代表に招集。2016年のA U-19選手権では好セーブを連発。6試合中5試合にフル出場し、失点はゼロ。過去の代表選手も叶わなかった初優勝を果たしている。

亨介くんの近い目標は東京五輪。まず代表入りし、チームとしてメダルを取りたいとしている。しかし亨介くんにはオーバーエイジ枠という懸念が。これは3名まで24歳以上の選手の出場権を認める五輪特別ルール。ゴールキーパーは守りの要として経験が求められる。実際に日本代表では2大会で過去の五輪5大会で2度オーバーエイジ枠を使用している。東京でもその可能性は少なくない。つまり亨介くんは多くの名だたる先輩たちとゴールキーパーの座を争わないといけない。

今回は代表合宿招集を前に行われた大学日本一を決めるトーナメントに密着。東京五輪日本代表の座の獲得のため、アピールしたいところ。亨介くんは大会前に「無失点に抑えてチームの勝利に貢献する」と述べていた。

キーワード
小島亨介
東伏見
蕎麦 三晃庵
イベリコ豚とナスのつけ汁せいろとミニカツ丼
早稲田大学
2018 FIFA ワールドカップ
東京五輪
AFC U-19選手権
西東京市(東京)
メキシコ大会
釜本さん
オーバーエイジ枠
長友佑都
本田圭佑
川口能活
川島永嗣
楢崎正剛
曽ヶ端準
シドニー五輪
アテネ五輪
総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:22~

ゴールキーパーの小島亨介君にとって大事な試合、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントが行わなれた。11月には東京五輪に向けた合宿が控えている。早稲田大学はシードに指定され、2回戦から出場。対戦相手は鹿児島代表の鹿屋体育大学。元U-17日本代表の樋口雄太選手からのパス回しは要注意。前半15分亮介くんは失点してしまう。重心が流れてしまい、予測コースと逆にボールがきて動けなかったという。前半20分、仲間に支持を出しつつ見事セーブ。その後も固くゴールを守る。2-1で早稲田リードでむかえた後半14分、樋口選手からのパスという鹿屋の得点パターンとなる。

9月某日の練習。亨介くんが所属する早稲田大学サッカー部は創部されたのが大正時代。以来輝かしい成績をおさめてきた名門。午前10時には練習がスタート。キーパー練習はフィールド選手とはアップから別メニュー。指導をするのは正GKの亨介くん。早大サッカー部は練習メニューを上級生が考えるのが伝統。遠征先での強豪国の練習を大学の練習に取り入れている。さらに相手チームの映像を分析し編集。対戦相手への対策を立てるのも上級生の役目。亨介くんは自ら映像を編集し、分析結果をチームメイトと共有する。

ゴールキーパーを続けている亨介くんの理由について関根さんは「大物だね」など述べた。キーパーの凄さを知ってもらうため、亨介くん目線でシュートを打たれる場面を紹介。映像を見た高橋さんは「怖い!MX4Dみたいでした」など述べていた。トップ選手となるとシュートの速さは時速100km以上。ボールが飛んでくるまで0.5秒。見てから飛んだのでは間に合わないため、蹴る選手の軸足・体勢などを読む必要がある。

Jリーグ・名古屋グランパスに内定している早大4年のMF・相馬勇紀選手は亨介くんは「コース取りがうまい」などと話す。通常は広いゴールに向けて色々な所に打つ選択肢があるが、亨介くんの場合はシュートを打たせるコースを1つに誘導。亨介くんのコース取りの動きを見ると、フェイントで左を空け、ボールを誘う。誘い込んだ方向にダイビングしてセーブをしていた。早大サッカー部監督の外池さんによると亨介くんは手が長いのが特徴だという。ほぼ同じ身長のキーパーと比較すると15cmほどの差があった。

キーパーは1つのミスを責められやすい。ロシアワールドカップでゴールを決めた大迫選手が賞賛されたのに対し、失点した川島選手には辛辣なコメントが寄せられた。亨介くんは「人間なので感情としては出てしまう。ただそれを言われてネガティブになるんじゃなくて、次の試合に向けてどう改善していくかが重要。川島選手は本当に次を見据えて戦っていた」だと話す。亨介くんの言う通り、川島選手はベルギー戦では好セーブを連発し汚名返上。責任重大なゴールキーパーになぜ亨介くんは続けるのか聞くと、亨介くんは「ワクワク感が大きい。プレッシャーがかかった試合の中で自分の力がどれだけ出せるのか。自分への期待、それが一番大きい」など述べていた。

キーワード
東京五輪
総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント
早稲田大学
鹿屋体育大学
樋口雄太選手
阪南大学
小島亨介
東伏見
名古屋グランパスエイト
Jリーグ
2018 FIFAワールドカップロシア
大迫選手
共同通信
中日新聞
川島選手
本田
MX4D

ミライ☆モンスター (バラエティ/情報)
11:37~

総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント2回戦、早稲田大学対鹿屋体育大学。亮介くんの早稲田は2-1でリード。後半14分で、相手の得点パターンである樋口選手からのパスで、強烈なミドルシュートで失点してしまう。試合は3-2で早稲田リードのままアディショナルタイムとなる。残り1分で、痛恨の失点で3-3の同点となる。試合は10分ハーフの延長戦となる。結果、3-4で鹿屋が勝利した。試合後、亮介くんは全国大会採れるチャンスは1回だけなので、リーグ戦とインカレでいい結果を残し続けることが目標としている東京五輪に出てメダルを獲ることにつながってくる、日々の練習の中で自分を高めていかないといけないと話した。

亮介くんは4失点で敗れてしまったが試合後、冷静に自分で分析ができていたので、もっと強くなりそうなどと出演者らが話した。

キーワード
総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント
早稲田大学
鹿屋体育大学
樋口選手
東京五輪

エンディング (その他)
11:41~

ミライ☆モンスターの次回予告。

キーワード
北向珠夕

番組宣伝 (その他)
11:42~

「FNS番組対抗 オールスター秋の祭典 目利き王決定戦」の番組宣伝。

格闘技 ライジンの番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 9月30日 放送
  3. 次回の放送